【悲報】ジャグラーが初心者におすすめできない理由6選←金欠病注意

ジャグラー 初心者 おすすめ

こんにちは、さんパパです!

先日、こんなツイートをしました。

#ジャグラー ってシンプルだけど
初心者向けではなかったりする

勝つにはしっかりとした
準備をしなきゃだめだし
オカルト感覚で台を選んでも
最後は確実に負ける

ジャグラーでスロットを覚え
勝てないから他の機種を知り
知識が増えて立ち回りの幅が
広がって勝ち上がる

こんなパターンが理想かな

月100万稼ぐ専業をやっていたにもかかわらず、ジャグラーではなかなか結果を残すことができなかった僕がその理由を解説しますね。

ジャグラーが初心者におすすめできない理由

ジャグラー 初心者 おすすめ

僕がジャグラーを初心者におすすめしない理由は以下の通り。

ジャグラーを初心者におすすめしない理由
①ほぼ確実に低設定を打たされる

②高設定を打つ準備ができない

③高設定を打ってもハマるとメンタルがブレる

④明確なやめ時がないため判断が難しい

⑤意外とBAR狙いが難しい

⑥勝ちやすい機種はいくらでもある

ジャグラーを初心者におすすめしない理由:①ほぼ確実に低設定を打たされる

どんな優良店でも赤字では経営できないため、島全体の機械割は100%以下です。

例えばイベントでジャグラーに高設定を入れる場合であっても、島全体ではやっぱり機械割が100%以下です。

極端な例を挙げれば

ジャグラー 初心者 おすすめ

みたいな感じです。

いわゆるメリハリ型と呼ばれる設定の投入パターンですが、イベントなどはこういう配分が多いです。

そうなると島の中に勝てる台は1台しかなく、その台に座れるのはしっかりと狙い台を絞ったソコソコ知識のある人である可能性が高いです。

初心者の人はほぼ確実に設定1の台を打たされるので、瞬間的にボーナスを引いて勝てる時間帯があったとしても、長く打てば出玉がなくなって1万円負けるのが典型的なパターンです。

ジャグラーを初心者におすすめしない理由②:高設定を打つ準備ができない

【保存版】ジャグラーで勝つ方法を本気で解説【月10万勝ち可能】』でお話しした通り、ジャグラーは準備をしないと勝つのはほぼ無理です(年間収支は99.9%マイナスになる)

でも、初心者の方はデータを取ったり、狙い台を推測したりといった準備はもちろん、用語1つ取っても分からなかったりすると思います。

そうなるとどうしても感覚に頼って台を選ぶことになり、結果的に低設定を長く打って負けることになってしまうんですよね。

ジャグラーを初心者におすすめしない理由③:高設定を打ってもハマるとメンタルがブレる

ジャグラー 初心者 おすすめ

ジャグラーは設定6だからといってひたすら当たっているわけではなく、時には1000枚クラスのメダルを飲み込まれたりします。

設定判別をしっかり行っていれば、多少、ハマったとしても打ち続けることができるのですが、打ち慣れていないと『勝ってるうちにやめよう』といって、せっかく高設定台に座れてもヘタレやめしてしまうことが多いです。

しかもここでやめればまだいいのですが、人によっては隣の1000ハマりの台に座ってしまうなんてことも起こりえるので、しっかり高設定に座って勝つということを理解できていない初心者の方は苦しいです。

※高設定をすてて1000ハマりに座る人=高校時代の僕のことです(笑)

ジャグラーを初心者におすすめしない理由④:明確なやめ時がないため判断が難しい

ジャグラーはリセット天井、ゾーンといった当たりやすい場所が存在しないため、設定の高低以外、稼働時間かお金が無くなるまで打ち続けるのが基本です。

でも低設定だと分かっていながら『やめて次に座った人が2~3回転でペカってビッグをあてたらどうしよう』といった不安が捨てきれず、ダラダラ打ってしまうことってあると思います。

そういった時にスパッと見切りをつけ、より高設定の可能性が高い台に座れるフットワークの良さは、ある程度の経験者でないと難しく初心者向きではないんですよね。

最低限、『ジャグラーのやめ時ゲーム数は何回転?【僕の目安はこんな感じです】』に書いてある内容は押さえておきましょう。

ジャグラーを初心者におすすめしない理由⑤:意外とBAR狙いが難しい

ジャグラー 初心者 おすすめ

【初心者向け】ジャグラーの打ち方【順押し・逆押し・ぶどう抜き】』で解説した通り、ジャグラーの通常時はBAR図柄をねらって打てばOKです。

が・・・

左リールにBAR図柄は2つあるので、初心者の方にとってはこれが見えずらく、目押しに苦戦する姿をよく見かけます。

目押しをマスターするにはリールが一回転する速度を体に染み込ませる必要があるため、その経験の浅い人にとってはここも登竜門かなと。

ジャグラーを初心者におすすめしない理由⑥:勝ちやすい機種はいくらでもある

勝つという結果を出したいならジャグラーにこだわる必要はないです。

仮にパチンコとスロット合わせて1000台設置されているお店があった時、ジャグラーって多くても50台くらいだと思います。

もし、ジャグラーしか打たないと決めていたら、残りの950台はその時点で対象外ですよね。

スロットで勝つには期待値を追いかける以外に方法はないのですが、ジャグラーしか打てなければ50台の中から勝負できる台を見つけることが必要です。

でもパチンコも含めてあらゆる機種を打てるようになれば1000台の中から勝負できる台を見つければいいということになります。

この場合、どっちが勝負できる台を見つけやすく、勝ちやすいですかってことです。

僕はパチンコも打つし、スロットも打つし、設定狙いも、天井狙いも、ゾーン狙いも、何でもやるので負けることがなく、だからジャグラーに座っても迷うことなくお金をガンガン突っ込むことができます。

そういったスパイラルを生み出すには、あえて勝ちにくいジャグラーではなく、もっと初心者向けの台を打つことも検討した方がいいのかなって思います。

勝つための総合力を身につけたい方は『無料プレゼント』を参考にしてください。

僕なら勝ちやすい機種を攻める

ジャグラー 初心者 おすすめ

僕が初心者なら金銭的な問題から勝ちやすい機種を攻めます。

スロットに関して事例を上げるとすれば下記です。

①設定の分かりやすい台

②リセット恩恵のある台

③天井やゾーンが狙える台

リセット狙いと天井・ゾーン狙いは攻め時とやめどきがハッキリしているので、スロットの練習としては適役です。

ちょこちょこ稼働しながらスロットの経験値を積み、それでいて打つ台がない時はジャグラーのデータを見ながら高設定の挙動やライバルの動きをチェックする。

そうやって自分のスキルを高めていくことが、結果としてジャグラーで結果を残す近道になると思ってます。

ジャグラー初心者が成果を残すためにやること

ジャグラー 初心者 おすすめ

ジャグラーは初心者におすすめできないといいつつ、それでも打ちたいのであれば以下を参考にしましょう。

知識を付けて初心者を抜け出す

繰り返しますがジャグラーは準備の段階で勝ち負けがほぼ決まります。

お店に行って空き台に座ったとしてもそれは機械割が100%を下回っている可能性が特大だと思いましょう。

あなたがジャグラーの設定1を打てばホール側は喜びますが、あなたはお金を回収され続けるだけです。

その現実を回避したいのであれば自分で勉強をして知識を増やすしか方法はないです。

勉強と言っても『適当にググる→よく分からない→初心者向けの攻略法を購入』みたいなのは最悪です。

ほぼ確実に購入費用をぼったくられ、しかも実践費用も負担するという二重の負債がのしかかります。

個人的に攻略法を購入するくらいなら『直接、勝ち方を教えてくれるもの(添削サポートがあるもの)』を購入した方がいいと思います。

人に質問するのは恥ずかしいとか気まずいなどと考えず、分からないものは分からない、勝てないものは勝てないとはっきり伝え、勝つまで付き合ってくれる人は探せば必ずいますからね。

ジャグラーを打ったら1日1つ、何か収穫を得て帰ろう

ジャグラーを打ったら、ただ勝った負けた、ペカったペカらなかったではなく『1日1つ何か収穫を得て帰りましょう』

スロットの期待値を追いかけても勝てない理由
ライバルの顔を覚えた

狙い台の予想をしてみた

設定判別を始めて実践してみた

初めて1枚掛けでぶどうが揃った

設定6っぽいデータを始めて見た

初めてイベントに参加して朝から打った

何でもいいので経験したことをメモして次につなげる。

仕事で言うなら『PDCA活動』ですね。

『稼働日とテーマを決める→稼働する→内容を振り返る→次回につなげる』

いきなり10万もってジャグラーを打ちに行っても、毎日続けたら1ヶ月持たないです。

大切なのは10万円を必然的に11万円にする力です。

そのために1日1日の稼働を大切にしましょうってことです。

【悲報】ジャグラーが初心者におすすめできない理由6選←金欠病注意

ジャグラー 初心者 おすすめ

まとめるとジャグラーで安定した結果を残せるようになった時、あなたは既に初心者を脱しています。

つまり『初心者のままではジャグラーは勝てない、だからお勧めしない』ということです。

1日で僕と同じ力量を身につけることができれば2日目からジャグラーを打ってもいいですが、その時点で初心者ではないので勝つことが可能です。

言い換えれば1年ジャグラーを打ったとしても、勝つための知識がなければそれは初心者と同じことです。

お金が無限に湧き出てくるような状況であれば初心者のまま打っていてもいいと思いますが、それでも設定1ばかり打っていたらハマっている時間の方が長くてつまらないのである程度、自力で高設定に座れる力を身につけた方がいいと僕は思ってますけどね。

というわけで、今回は以上です。

なんか学校の授業みたいな記事になっちゃいましたが、汗水たらしたお金を感情的に使って公開するなら、すこしでも理論的になってお金を残せるようになれば、そっちの方が人生楽しくなるだろうなと思って書いてみました。

パチンコ&スロットの二刀流で勝つための教科書を作りました

パチンコとスロットは理論で勝つものです

新型コロナウイルスによってパチンコ業界はかつてない苦境に立たされています。

営業自粛、世間からのバッシング、20年近く業界を見てきた僕でさえ『このまま滅ぶんじゃないか』と思うくらい厳しい状況です。

ただでさえ安定して勝つことができるのは1割と言われる中、一般ユーザーがホールに行っても、遊ぶことすら許されずに回収されるのがオチです。

そんな中、あなたに与えられた選択肢は3つです。

選択肢①:パチンコ業界はもう終わりだから足を洗う

選択肢②:負けてもいいから気分転換に稼働する

選択肢③:会社の収入も減収になって厳しいから勝ち組になる

僕はパチンコで破産した過去があるので、負けてまで稼働することに意味はないと思ってます。

ですので実質的にとるべき選択肢は①か③と考えていて、①に関しては僕も挑戦しましたが、やめようと思ってやめられるものでもありません。

すると残された選択は③しかなく、そのためには勝ち方を学ぶことが絶対に必要です。

パチンコもスロットも正しい知識を持って稼働すれば、その瞬間から負債を減らし、勝つ可能性をアップすることができるゲームです。

過去には1000万円以上の貯金を失ったという方もいましたが、その人ですら理論を身にまとえばすぐに収支は上昇曲線を描きました。

今の段階で勝ち方を学ぶことで、これから先に失うはずだったお金を手元に残し、さらにホールから資金を回収することも可能です。

以下に僕が15年以上かけて実践してきた勝ち方に関するノウハウや考え方、細かい実践テクニックを解説した教科書や動画をまとめたプレゼントを用意したので1度、手に取ってみてください。

あなたが業界がより一層厳しくなる中、安定した稼働を続けたいと思うなら、その状態の手助けになるはずです。

記事が役立ったらクリックしてね▼

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUT US

パチンコ&スロットの二刀流で2000万以上勝ち続けた元専業パパ。19歳に勝ち始めて以後、15年以上プラス収支継続中。とはいっても最初の1年間は負け続きで、稼働を始めた高校時代に100万以上の負債を負って引きこもりになるなど、勝ち組と負け組の両面を知る。現在はフリーランスとして活動しながらパチンコやスロットで勝ちたいと思う人に向けてブログやメルマガ、オンラインコミュニティで情報を発信しながら自由に暮らしてます。