ジャグラーのやめ時ゲーム数は何回転?【僕の目安はこんな感じです】

ジャグラー やめ時 回転数

こんにちは、さんパパです!

読者さん
✓ジャグラーのやめ時が分かりません

✓ジャグラーでBIGを引いた後の止めどきは何回転?

✓ジャグラーは連チャンする時があるからすぐにやめない方がいい?

こういった疑問にお答えします。

専業をやっていた頃からやめ時については自分なりのルールを作って守っています。

年間収支に直結する部分でもあるので参考にしてください。

ジャグラーのやめ時ゲーム数は何回転?←結論は何回転でもOK

ジャグラー やめ時 回転数

ジャグラーのやめ時は以下の通りです。

ジャグラーのやめ時
①機械割が100%を超えているなら時間の許す限り

②機械割が100%以下と判断したらその瞬間

よく『何回転でやめたらいいですか?』という質問をもらいますが、ジャグラーのやめ時は回転数ではなく設定で判断すべきです。

ジャグラーには天井もなく、1回転目に当たる確率も、100回転目に当たる確率も、1000回転目に当たる確率も同じため『回転数でやめる』という概念自体存在しないと思ってOKです。

これはTwitterでも同じことを呟きましたよね。

ジャグラーは何回転でやめるべき?
という質問を受けましたが視点がずれるかな

ポイントは回転数はなく設定

機械割が100%以上なら
時間の許す限り打つ

機械割が100%以下なら
手持ちが数枚でも撤退

稼働中は感情移入もあって
難しいと思うけど
勝つことを前提に打つなら
正解はこれになります☝️

ジャグラーのやめ時を3つのパターンで考察

ジャグラー やめ時 回転数

以下は状況別に応じて僕がジャグラーをやめる際に意識している基準ですので参考にしてください。

状況別ジャグラーのやめ時
①朝から打つ場合

②夕方から打つ場合

③閉店1時間前から打つ場合

ジャグラーのやめ時①:朝から打つ場合

朝から打つ場合は事前に狙い台があるので、どんなにハマったとしても1000回転までは回します。

そうすると

①これ絶対設定6だろ!

②うーん中間設定くらいかなぁ

③今日はハズレ(明らかに低設定)

といった感じに手ごたえが分かれるため、それぞれの場合で続行可否を決めます。

①と②のパターンの場合

当然、続行ですよね。

次は2000回転まで続行し、設定判別を行います。

そこで自分の基準をクリアすれば3000回転まで続行し、以後、1000回転を目途に設定を判別しながらやめ時を模索していきます。

『この台は高設定だから今日は終日勝負!』と決めたら、時間の許す限り打ち切ります。

途中、1000回転ハマっても、REGが10連ちゃんしても、追加投資をすることになったとしても、高設定だと確信したらゼンツッパ確定です。

③のパターンの場合

これは例えば1000回転回して『BIG0-REG2』みたいな状況の時です。

さんパパ
今日は抽選が悪くて本命台が取れなかった

仕方なく候補に座ったけど、本命台は朝からいい感じで出てる

その一方で自分の台は朝から大ハマり、かつぶどうも全然落ちない

といった状況になったら1000回転の段階であってもやめます。

ジャグラーは確定演出がないので、どんな数値になっても設定6の可能性が0%にはなりません。

だからそこは『この台が設定6だったとして、確率的に目の前の減少が起こりえるだろうか?』という視点で見ていきます。

マイジャグラーの設定6であれば合算で1/120、BIG-REGともに1/240で当たるわけですが、それが朝から1000回転でBIG0とかBIG1になるかと言えば・・・

個人的にはほぼあり得ず、それよりも『低設定の確率の方が圧倒的に高く、さらに本命台が出ているなら、これはもうやめていいだろう』という可能性の方がはるかに高いと判断します。

ちょっとでも怪しいと感じれば2000回転までは回しますが、完全にダメだと思ったら次の台を探す時間も考え、1000回転で見切りをつけます。

ジャグラーのやめ時②:夕方から打つ場合

ジャグラー やめ時 回転数

夕方から打つ場合は設定5以上濃厚の台を打つことになるので、閉店まで打倒すつもりでOK。

一応、小役はカウントして前任者のデータを合わせて設定を判別しますが、お店の癖が分かっていれば外すことは少ないはずです。

万が一、手ごたえが悪くなった場合は上記と同じように1000回転ごとに設定を判別し、やめ時を探る形でいいでしょう。

夕方からジャグラーを打つ条件に付いては『【保存版】ジャグラーで勝つ方法を本気で解説【月10万勝ち可能】』を確認してください。

ジャグラーのやめ時③:閉店1時間前から打つ場合

この時点で台に座るということは『回転数5000回転以上、BIG-REGともに設定6に近い台』のはずですので、蛍の光(閉店の音楽)が流れるまでぶん回しましょう。

ボーナスが無効になるギリギリまで打ってやめればOKです。

あえて言うなら閉店10分前くらいにBIGを引いて即やめすると、得した気分になったりしますね(笑)

ジャグラーのやめ時:一問一答編

ジャグラー やめ時 回転数

ジャグラーのやめ時についてはいろんな考え方があると思うので、一問一答形式でお答えしようと思います。

質問がある方はコメント欄に書いてもらえれば記事内で回答するのでお気軽にどうぞ^^

ジャグラーでBIGを引いた後のやめどきは何回転?

設定を無視してお答えするなら『好きな時』でいいと思います。

1G連の軍艦マーチを期待して1回転でやめるのもいいし、100G以内のジャグ連に期待して100Gでやめるのもいいし、全部飲まれるまで打つのもアリです。

『勝つためにやめる』というなら、やめどきを考える前に打っている台の質を考えることが重要なので『』を参考に台選びから学んでみてください。
【保存版】ジャグラーで勝つ方法を本気で解説【月10万勝ち可能】

ジャグ連で1000枚くらい出た時のやめ時は?

ジャグラー やめ時 回転数

朝から設定狙いをしている時、妙にBIGに偏って1000GでBIG7-REG1みたいなデータになることがあります。

サクッと1000枚くらい出て『設定6なの?』と思いきや、いきなり500GくらいハマってREG単発みたいな。

設定を判別したら中間設定っぽい感じで、このまま続行したら全部飲まれそう・・・。

この場合は1000G単位で判別している感覚を500Gなどに短縮し、いつでも逃げられるようにしておくと良いです。

ジャグラーって1日打っても3000枚出れば上出来なので、ジャグ連かまして1500枚くらい出たら、それで勝ち逃げするのもアリと言えばありです(明らかに設定6を否定している場合のみ)

多くの場合、ピークではやめられず半分程度飲まれてからやめることになりますが、それでも『設定6じゃなくて勝てたのはラッキー』と思って次回にお金を回せばいいと思います。

まとめ:ジャグラーのやめ時ゲーム数は何回転?【僕の目安はこんな感じです】

ジャグラー やめ時 回転数

ジャグラーのやめ時についてまとめると

ジャグラーのやめ時
①機械割が100%を超えているなら時間の許す限り

②機械割が100%以下と判断したらその瞬間

です。

設定も関係なく、お店に行って空き台に座って稼働している場合は、基本的に低設定だと思うので自分の思うタイミングでやめるのがいいでしょう。

勝ちに行く場合は高設定か低設定かをきちんと判別し、設定5以上の手ごたえがあるなら時間の許す限りぶん回す、手ごたえがなければ即撤退という感じです。

ジャグラーって何となくすぐペカりそうな気がするんですけど、ハマるときはBIG間1500Gとかハマるので意外と怖いです。

できる限り高設定に座り、タイムリミットまで打つような立ち回りを心がけてもらえたらと思います。




パチンコ&スロットの二刀流で勝つための教科書を作りました

パチンコとスロットは理論で勝つものです

新型コロナウイルスによってパチンコ業界はかつてない苦境に立たされています。

営業自粛、世間からのバッシング、20年近く業界を見てきた僕でさえ『このまま滅ぶんじゃないか』と思うくらい厳しい状況です。

ただでさえ安定して勝つことができるのは1割と言われる中、一般ユーザーがホールに行っても、遊ぶことすら許されずに回収されるのがオチです。

そんな中、あなたに与えられた選択肢は3つです。

選択肢①:パチンコ業界はもう終わりだから足を洗う

選択肢②:負けてもいいから気分転換に稼働する

選択肢③:会社の収入も減収になって厳しいから勝ち組になる

僕はパチンコで破産した過去があるので、負けてまで稼働することに意味はないと思ってます。

ですので実質的にとるべき選択肢は①か③と考えていて、①に関しては僕も挑戦しましたが、やめようと思ってやめられるものでもありません。

すると残された選択は③しかなく、そのためには勝ち方を学ぶことが絶対に必要です。

パチンコもスロットも正しい知識を持って稼働すれば、その瞬間から負債を減らし、勝つ可能性をアップすることができるゲームです。

過去には1000万円以上の貯金を失ったという方もいましたが、その人ですら理論を身にまとえばすぐに収支は上昇曲線を描きました。

今の段階で勝ち方を学ぶことで、これから先に失うはずだったお金を手元に残し、さらにホールから資金を回収することも可能です。

以下に僕が15年以上かけて実践してきた勝ち方に関するノウハウや考え方、細かい実践テクニックを解説した教科書や動画をまとめたプレゼントを用意したので1度、手に取ってみてください。

あなたが業界がより一層厳しくなる中、安定した稼働を続けたいと思うなら、その状態の手助けになるはずです。

記事が役立ったらクリックしてね▼

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUT US

パチンコ&スロットの二刀流で2000万以上勝ち続けた元専業パパ。19歳に勝ち始めて以後、15年以上プラス収支継続中。とはいっても最初の1年間は負け続きで、稼働を始めた高校時代に100万以上の負債を負って引きこもりになるなど、勝ち組と負け組の両面を知る。現在はフリーランスとして活動しながらパチンコやスロットで勝ちたいと思う人に向けてブログやメルマガ、オンラインコミュニティで情報を発信しながら自由に暮らしてます。