【初心者向け】ジャグラーの打ち方【順押し・逆押し・ぶどう抜き】

ジャグラー 打ち方 初心者

こんにちは、さんパパです!

初心者さん
✓ジャグラーってどうやって打つの?

✓ジャグラーって目押しは必要なの?

✓ジャグラーの1枚掛けってどういう意味?

✓ジャグラーのお得な打ち方ってあるの?

✓ジャグラーの打ち方を具体的に知りたいんだけど?

こういった疑問にお答えします。

この記事を書いている僕は元専業の経験を活かしてブログやメルマガの執筆をしつつ、まだ勝てない人に勝ち方を伝える活動をしています。

シークレットに活動しているコミュニティでは参加者に直接お会いし、隣に座って勝ち方をレクチャーしながら交流を深めたりもしています。

※詳しくは公式メルマガをご覧ください。

【初心者向け】ジャグラーの打ち方

ジャグラー 打ち方 初心者

ジャグラーの打ち方についてこんなツイートをしました。

ジャグラーの打ち方は状況に応じて変化

①通常時
②GOGOランプ点灯時
③ボーナス中

①はBAR狙いの他
逆押しで全小役の奪取が可能

②は中押しでぶどう成立を見抜き
14枚をGETすることが可能

③アイム系はBAR目押し
それ以外は順押しフリー打ち

ジャグラーにも技術介入要素が
いくつかあるんです☝️

ジャグラーはシンプルにペカるのを待つだけではなく、プレイヤーの力量によって確実に差が生まれます。

1回1回の効果は薄いですがシンプルなゲーム性ゆえ、回す回転数も多くなり負債が積もって山となり、収支がマイナスに転落するので気を付けましょう。

ジャグラーの打ち方は以下の3つのパターンに分かれます。

ジャグラーの打ち方
①通常時

②ボーナス成立時(GOGOランプ点灯時)

③ボーナス中

それぞれについて打ち方や狙うべき場所が違うので解説していきますね。

ジャグラーの打ち方初心者編①:通常時の順押し

ジャグラーの通常時は左リールの上段か下段に『BAR図柄』を狙い、中リールと右リールは適当に押せばOKです。

ジャグラー 打ち方 初心者
ジャグラー 打ち方 初心者

※僕がBAR図柄を狙って打っている動画

Youtubeチャンネルの登録はこちらからできます^^

BAR図柄を狙うことによって『チェリーの取りこぼしを防ぐ』ことができます。

ジャグラーは約1/35の確率でチェリーが成立するため、7000回転(ゆっくり1日回すとこれくらいの回転数)回すと約200回成立します。

仮に適当打ちで3回に1回、チェリーを取りこぼしてしまったとすると200÷3=約67回。

チェリーの払い出しは2枚のため、67回×2枚=134枚(等価で約2680円)を失うことになります。

毎日、仕事帰りにちょこっとジャグラーを打ってる人も、年単位で考えたら数万G以上は回していると思うので、そうなると数万円単位で損失を計上していることになります

これは言い換えると『左にBAR図柄を目押しするだけで年間数万円のプラス収支が見込める』ということなので、個人的にはしっかりできるようになった方が、長くジャグラーを打ち続けるためにも良いと思います。

最初は難しいと思いますが、練習すれば目押しは確実に上達するので、ジャグラーを打つのであればBAR図柄は狙えるようにしておきましょう。

ジャグラーの打ち方初心者編②:ボーナス成立時(GOGOランプ点灯時)

GOGOランプが点灯した時は中リールを最初に止め『ぶどう抜き』と呼ばれる方法でボーナスを揃えます。

具体的には『1枚掛けにして中リール上段~中段に7図柄を狙い、7図柄の停止位置によって打ち方を変える』といった形です。

GOGOランプ点灯後、1枚掛けにする理由は

①3枚掛けでボーナスを揃えるよりも2枚お得

②ぶどうが揃えば14枚の払い出しを受けられる

からです。

やり方については以下の通り。

ジャグラー 打ち方 初心者
※ボーナス図柄を狙ってしまうとぶどうが揃わないので必ず左・右リールは7図柄を外して打ちましょう。

ジャグラー 打ち方 初心者
ジャグラー 打ち方 初心者

ジャグラー 打ち方 初心者
ジャグラー 打ち方 初心者

ジャグラーはボーナス図柄とぶどうが同時に成立した場合、ボーナスを優先的に揃える制御になっています。

そのため、ボーナスとぶどうが成立している時にボーナスを狙ってしまうと、本来揃うはずだったぶどうがかき消されてしまいます。

すると1枚がけによるぶどうの獲得枚数14枚がゼロになってしまうため、先にぶどうを揃えてから次のゲームでボーナスを揃えた方が13枚お得になります。

ただし、どのタイミングでボーナスとぶどうが同時に成立したのかを外見から見抜くことはできないため、上記のように特定の場所を目押しすることによって成立役を見抜き、効率よくぶどうとボーナスを揃えてしまおうというわけです。

1日打つと2~3回は1枚掛けでぶどうが揃ったりするので、きっちりやれば20~30枚(等価で600円)くらいの収支向上が期待できます。

ジャグラーの打ち方初心者編③:ボーナス中

ジャグラーのボーナス中は機種によって目押しが必要だったり、不要だったりするので気をつけましょう。

アイムジャグラー系はボーナス中も左図柄にBARを狙わないとチェリーを取りこぼしてしまうため、毎ゲーム目押しが必要です。

※アイムジャグラー系:アイムジャグラーEX、アイムジャグラーAPEXなど

それ以外のジャグラーは取りこぼすことがないので、適当打ちで消化してOKです。

ただ、変則押し(中リールや右リールを最初に押す)すると、小役が揃わないことがあるので注意が必要です。

ボーナス中は2枚掛けで消化するため、変則押しをして小役が揃わなければ2枚損をしてしまいます。

ちょっと注意すれば防げるので無駄な損失を出さないためにもボーナス中は必ず左リールから押しましょう。

【裏技】ジャグラーの通常時に逆押しする方法

ジャグラー 打ち方 初心者

ジャグラーは1/1024という超低い確率ですが、ベルとピエロが成立しています。

左リールにBAR図柄を狙うと実はこの2つは100%取りこぼしてしまうため損をしてしまいます。

ただ、出現率が低いためそこまで気にしなくてOKと言われているのが実情で、僕も気にしていません。

一応、これらをフォローしながら打つ方法もあるので紹介しておきます。

ジャグラーの打ち方番外編:通常時の逆押し版

具体的なやり方は『右リールにぶどう・7・BARを狙い、停止図柄によって打ち方を変える』といった感じです。

ジャグラー 打ち方 逆押し
ジャグラー 打ち方 逆押し
ジャグラー 打ち方 逆押し
ジャグラー 打ち方 逆押し
ジャグラー 打ち方 逆押し
ジャグラー 打ち方 逆押し

通常時に逆押しをすることによってすべての小役を揃えられるため、メダル持ちがよくなって機械割アップの効果が見込めますが、それなりのデメリットもあります。

ジャグラーの打ち方に関するメリットとデメリット

ジャグラー 打ち方 初心者

通常時の打ち方は順押しと逆押しの2パターンあることをお話ししましたのが『結局はどっちがいいの?』といった疑問が残ると思うので解説しておきます。

ジャグラーで順押しをするメリットとデメリット

ジャグラー順押しのメリット
✓目押しが簡単

✓初心者でもできる

✓フルスピードで消化できる

ジャグラー順押しのデメリット
✓ベルとピエロはほぼ揃わない

✓逆押しに比べて機械割が落ちる

ジャグラーで逆押しをするメリットとデメリット

ジャグラー逆押しのメリット
✓すべての小役を獲得できる

✓機械割をアップさせられる

ジャグラー逆押しのデメリット
✓目押しが難しい

✓消化スピードが落ちる

✓気を抜くと取りこぼす

といった感じ。

この記事は初心者向けに書いているので、まずは順押しのBAR狙いができればいいと思います。

逆押しは時間効率も悪く、目押しも難しいのでかなり上級者向けです。

ちなみに僕はどんな場面でも『順押しBAR狙い一択』です。

理由は性格的に逆押しが向いてないから。

ぶっちゃけた話をすれば面倒なのと、ボーナスよりも成立しにくい小役をきっちり毎ゲーム狙う地味な作業ができないからです(集中力が持たない)

だから『機械割は落ちるけど、その分、消化スピードを上げて回転数を稼ぎ、期待値を積めばいい』といった感じで考えてます。

もちろん低設定だとマイナス収支が加速する要因にもなるのですが、早く見切りをつければ次の台に移動して打つ時間も捻出できますからね。

目押しが上手くなってきたら、どうするのかを決める形が良いと思います。

まとめ:【初心者向け】ジャグラーの打ち方【順押し・逆押し・ぶどう抜き】

ジャグラー 打ち方 初心者

ジャグラーの打ち方に関して僕の見解は以下の通り。

ジャグラーの打ち方
①通常時はBAR図柄を狙い、チェリーの取りこぼしを防げばOK

②ボーナス成立時は1枚掛けにして中押し→ぶどう抜きを実施する

③ボーナス中はアイムジャグラー系は左リールBAR狙い、それ以外は順押しフリー打ち

④逆押しに関しては難しいので上記①~③の目押しがきっちりできるようになったら、実践するかどうかを考える(僕は順押しBAR狙い一択)

基本的にこれを守ればジャグラーで勝つための打ち方としては問題ありません。

何も考えず、ただペカるのを待つよりもちょっとだけ打ち方を意識するだけで年間収支は確実にプラスになるので実践してみてください。

慣れてくれば目押しをしている感覚すらなくなってきますので。

というわけで今回は以上です。




パチンコ&スロットの二刀流で勝つための教科書を作りました

パチンコとスロットは理論で勝つものです

新型コロナウイルスによってパチンコ業界はかつてない苦境に立たされています。

営業自粛、世間からのバッシング、20年近く業界を見てきた僕でさえ『このまま滅ぶんじゃないか』と思うくらい厳しい状況です。

ただでさえ安定して勝つことができるのは1割と言われる中、一般ユーザーがホールに行っても、遊ぶことすら許されずに回収されるのがオチです。

そんな中、あなたに与えられた選択肢は3つです。

選択肢①:パチンコ業界はもう終わりだから足を洗う

選択肢②:負けてもいいから気分転換に稼働する

選択肢③:会社の収入も減収になって厳しいから勝ち組になる

僕はパチンコで破産した過去があるので、負けてまで稼働することに意味はないと思ってます。

ですので実質的にとるべき選択肢は①か③と考えていて、①に関しては僕も挑戦しましたが、やめようと思ってやめられるものでもありません。

すると残された選択は③しかなく、そのためには勝ち方を学ぶことが絶対に必要です。

パチンコもスロットも正しい知識を持って稼働すれば、その瞬間から負債を減らし、勝つ可能性をアップすることができるゲームです。

過去には1000万円以上の貯金を失ったという方もいましたが、その人ですら理論を身にまとえばすぐに収支は上昇曲線を描きました。

今の段階で勝ち方を学ぶことで、これから先に失うはずだったお金を手元に残し、さらにホールから資金を回収することも可能です。

以下に僕が15年以上かけて実践してきた勝ち方に関するノウハウや考え方、細かい実践テクニックを解説した教科書や動画をまとめたプレゼントを用意したので1度、手に取ってみてください。

あなたが業界がより一層厳しくなる中、安定した稼働を続けたいと思うなら、その状態の手助けになるはずです。

記事が役立ったらクリックしてね▼

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUT US

パチンコ&スロットの二刀流で2000万以上勝ち続けた元専業パパ。19歳に勝ち始めて以後、15年以上プラス収支継続中。とはいっても最初の1年間は負け続きで、稼働を始めた高校時代に100万以上の負債を負って引きこもりになるなど、勝ち組と負け組の両面を知る。現在はフリーランスとして活動しながらパチンコやスロットで勝ちたいと思う人に向けてブログやメルマガ、オンラインコミュニティで情報を発信しながら自由に暮らしてます。