スロットのリセット狙いとは?【6号機でも余裕で月10万勝てます】

スロット リセット狙い

こんにちは、さんパパです!

読者さん
✓スロットのリセット狙いって何?

✓スロットのリセット狙いは勝てるの?

✓スロットのリセット狙いってどうやるの?

こういった疑問にお答えします。

現在の僕はブログを書いたり、メルマガを書いたり、稼働データを添削したり、ネットで知り合った方と稼働したりしながら自由に暮らしています。

いただいた質問にはほぼ100%お答えするので、気になることがあればお問い合わせフォームからメールをくださいね。

スロットのリセット狙いとは?

スロット リセット狙い

スロットのリセットとは設定変更のことです。

設定を変更することで朝一のモードや初当たりゲーム数が再抽選されるので、機種によってはプレイヤーに有利な条件で打つことができ、それをリセット狙いと呼んでいて、具体的には以下の手順で行います。

スロットリセット狙いのやり方
①朝一恩恵のある機種を調べる

②リセットされそうな台を見つける

③所定ゲーム数まで打ち、ダメなら見切りをつける

スロットリセット狙いのやり方①:朝一恩恵のある機種を調べる

大前提としてスロットのリセット狙いは全機種全台で実践できるわけではなく、特定の機種のみで行うことができます。

リセット狙いができる機種の例
✓ガールズパンツァーG

✓笑うセールスマン3

✓美ら沖

✓グレンラガン

✓聖闘士星矢 海皇覚醒

リセット狙いができない機種の事例
✓リゼロ

✓北斗天昇

✓ディスクアップ

✓エウレカセブン3

✓ジャグラーシリーズ

リセット狙いできる機種については都度、解析情報を調べていくしかありません。

このページの最後で僕が実践した方法を解説しているので参考にしながら実践していきましょう。

スロットリセット狙いのやり方②:リセットされそうな台を見つける

リセット狙いですから当然、お店側が設定変更をしてくれないと意味がありません。

多くのホールは全機種全台をリセットするのではなく、お店ごとに決められたルールに従ってリセットをかけてきます。

いくらリセット恩恵の強い機種でも据え置きであれば期待値のない部分を打たされ、資金を回収されるだけなので、お店ごとにリセットの癖は見抜いておきたいところです。

リセットされそうな台の見抜き方については別途、解説記事を書くのでお待ちください。

スロットリセット狙いのやり方③:所定ゲーム数まで打ち、ダメなら見切りをつける

リセット恩恵があり、かつ、リセットされている可能性の高い台を見つけたら、所定のゲーム数まで打ちましょう。

リセットを狙う機種によって

✓初当たりまで打つのか

✓チャンスゾーンまで打つのか

✓規定ゲーム数まで打つのか

それぞれ変わってきます。

大事なのはしっかりと期待値の出る部分を打ち、期待値がないと判断した時点でスパッと見切りをつけることです。

ここでダラダラ打ってしまうようであれば、リセット狙いで勝つのはほぼ不可能だと考えておきましょう。

スロットのリセット狙のメリットとデメリット

スロット リセット狙い
スロットのリセット狙のメリット
✓リスクが低い

✓短時間で終わる

✓初心者でもできる

✓狙える機種が多い

スロットのリセット狙のデメリット
✓当たらないことがある

✓据え置きの可能性がある

✓旨味ある機種ほどライバルが多い

✓朝一で台を取りに行く必要がある

こんな感じです。

お金を使わずに当たりを狙いに行けるので、資金的に苦しい人が最初の資金を貯める活動としてはいいと思います。

ただ、そこで『もっと打ちたい』と思っていろんな機種に手を出してしまうようでは逆効果なので、しっかりと勝ち方を学んでおく必要はありますけどね。

スロットのリセット狙いで10万勝てた事例

スロット リセット狙い

リセット狙いで勝てる機種は定期的に出てきますが、最近、一番食えたのは『美ら沖』という機種です。

ゲームの流れについて簡単にお伝えすると

①有利区間ランプ点灯時に50%で連チャンモードに移行する

②連チャンモードに移行するとボーナスが1~7個ストックされる

③連チャンモードはほぼ111Gまでにボーナスを放出する

④ストックがゼロになっても連チャンモードは継続し、その場合は109G目に有利区間ランプが消える

⑤109G目に有利区間ランプが消えると、1~2G後に再度、有利区間ランプが点灯しそこから111Gは50%で連チャンモードになる

※美ら沖のゲーム性の詳細は解析サイトを確認してください。

この機種が食えたのはお店側が対策をしていなければ100%、リセットを見抜くことが可能であり、かつ、ゲーム性がシンプルだったからです。

美ら沖のリセット狙いで勝ちまくった時の立ち回り事例

まず、朝一でお店に行き有利区間ランプを確認します。

スロット リセット狙い

ここが消えていた時点で非有利区間確定(=ほぼリセット)なので、1~2G回すと有利区間ランプが点灯します。

※有利区間ランプが消えているとこうなります

スロット リセット狙い

つまり『朝一で有利区間ランプが消えていれば111G以内に50%でボーナスが当たる』ということになります。

これさえ知っておけばあとやることは

①お店に行く

②有利区間ランプを見る

③消えていたら111Gまで回す

④111Gまでに当たった場合は連チャンゾーンを抜けるまで打つ

⑤111Gまでに当たらなかった場合は他の台に移動するか翌日に備えて帰宅する

ということをひたすら繰り返せば、ビックリするくらい勝つことができたということです(美ら沖のリセット期待値は1台当たり5000円)

まとめ:スロットのリセット狙いとは?【6号機でも余裕で月10万勝てます】

スロット リセット狙い

スロットのリセット(=設定変更)狙いとは、機種によってリセット時に恩恵が受けられるので、その恩恵を低投資で狙っていく立ち回りのことです。

今は新台の解析情報がすぐに出回るので、常に情報をチェックしておくことで新台導入当日、もしくは翌日から狙っていくこともできます(むしろ導入直後が一番狙い目)

美ら沖が出た時は『絶対喰える』と思ったので運営しているコミュニティメンバーにも速攻で情報を共有しました。

導入台数が少なかったので全員が狙えたわけではありませんでしたが、動いた人は結果を残すことができたと思います。

僕の地域は導入がソコソコあったので打つことができましたが、途中から甘さに気が付いた専業の人たちが狙いに来たのと、お店側が対策し始めたので美味しい思いができたのは導入から数週間でしたけどね。

それでも投資2,000円前後で毎日1万円持って帰れたら、アルバイトするよりもいい小遣い稼ぎになるんじゃないかなと思います。

定期的にリセットが超甘い機種が登場するので、新台の情報をこまめにチェックすることで先行者利益を勝ち取ることができるのでチェックしてみてください。




パチンコ&スロットの二刀流で勝つための教科書を作りました

パチンコとスロットは理論で勝つものです

新型コロナウイルスによってパチンコ業界はかつてない苦境に立たされています。

営業自粛、世間からのバッシング、20年近く業界を見てきた僕でさえ『このまま滅ぶんじゃないか』と思うくらい厳しい状況です。

ただでさえ安定して勝つことができるのは1割と言われる中、一般ユーザーがホールに行っても、遊ぶことすら許されずに回収されるのがオチです。

そんな中、あなたに与えられた選択肢は3つです。

選択肢①:パチンコ業界はもう終わりだから足を洗う

選択肢②:負けてもいいから気分転換に稼働する

選択肢③:会社の収入も減収になって厳しいから勝ち組になる

僕はパチンコで破産した過去があるので、負けてまで稼働することに意味はないと思ってます。

ですので実質的にとるべき選択肢は①か③と考えていて、①に関しては僕も挑戦しましたが、やめようと思ってやめられるものでもありません。

すると残された選択は③しかなく、そのためには勝ち方を学ぶことが絶対に必要です。

パチンコもスロットも正しい知識を持って稼働すれば、その瞬間から負債を減らし、勝つ可能性をアップすることができるゲームです。

過去には1000万円以上の貯金を失ったという方もいましたが、その人ですら理論を身にまとえばすぐに収支は上昇曲線を描きました。

今の段階で勝ち方を学ぶことで、これから先に失うはずだったお金を手元に残し、さらにホールから資金を回収することも可能です。

以下に僕が15年以上かけて実践してきた勝ち方に関するノウハウや考え方、細かい実践テクニックを解説した教科書や動画をまとめたプレゼントを用意したので1度、手に取ってみてください。

あなたが業界がより一層厳しくなる中、安定した稼働を続けたいと思うなら、その状態の手助けになるはずです。

記事が役立ったらクリックしてね▼

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUT US

パチンコ&スロットの二刀流で2000万以上勝ち続けた元専業パパ。19歳に勝ち始めて以後、15年以上プラス収支継続中。とはいっても最初の1年間は負け続きで、稼働を始めた高校時代に100万以上の負債を負って引きこもりになるなど、勝ち組と負け組の両面を知る。現在はフリーランスとして活動しながらパチンコやスロットで勝ちたいと思う人に向けてブログやメルマガ、オンラインコミュニティで情報を発信しながら自由に暮らしてます。