【動画】ジャグラーは勝ち逃げがいい!?粘ったら3000枚飲まれた・・・

ジャグラー攻略動画
質問者さん
ジャグラーを朝から打って合算89~91で、3000枚ほど午前中に出ていたのに瞬殺で飲まれてREG7連で追加投資という場合はどうしたら…

通常営業の高設定は都市伝説と思ってます。※一部中略

朝一から突き抜ける台の対処法

こんにちは!

機種名が書いていなかったのですが
僕がリサーチしたマイジャグラーⅡを
使って回答していきますね。

最近、僕も本格的にジャグラーを
打ち始めたのですが午前中に2,500枚出て、
すべて飲まれる
ということを経験しました(^^ゞ

その時は一応、イベント日だったのですが
専業者もあまり見られずおそらくガセだったのかなと。

夜、データを見てみましたが
あきらかに設定1で最終的に
マイナスになっていました。

僕はジャグラーに座る際、
小役をカウントしているのですが
ボーナスは当たるけどぶどう確率が悪く、
最後まで上がってきませんでした。

まだジャグラーに関しては
経験不足なこともあったので
ゼンツッパしてみたのですが、
結局はブドウ確率通りだったなと(笑)

そうした経験を踏まえて
回答していきますね。

【動画解説】ジャグラーで3000枚飲まれた時の判断について

ジャグラーで3000枚出たけど、
全部飲まれてしまった場合の
続行可否判断についてまずは
動画で回答してみました^^

動画の内容
ジャグラーを朝から打つ時の条件とは?

お店側がジャグラーに設定6を入れる理由

ジャグラーの設定6を取るためのリサーチ方法

リサーチをすればやめ時が分かる理由とは?

みんなが勘違いしているスロットの設定狙いの本質とは?

元専業者が語るジャグラーで3000枚出た時のやめどき

ジャグラーを打つべき日とは?

ジャグラー設定狙い実践日

ジャグラーで勝つためには高設定を
打つ以外方法はありませんよね。

なので事前にジャグラーに高設定が
入っているかどうかを調べておく
必要があります(リサーチ)

例えば以下はあるお店の
マイジャグラーのデータです。

①イベントのない日のデータ

ジャグラー合算確率

②イベント日のデータ

ジャグラー合算確率

前者はイベントのない休日のデータ、
後者はイベント日のデータですが
明らかに違いが見れとれますよね。

マイジャグラーのスペックは

マイジャグラーのスペック

設定1 BIG 1/287、REG 1/431、合算1/172
設定2 BIG 1/282、REG 1/364、合算1/159
設定3 BIG 1/273、REG 1/341、合算1/151
設定4 BIG 1/264、REG 1/292、合算1/138
設定5 BIG 1/252、REG 1/277、合算1/132
設定6 BIG 1/240、REG 1/240、合算1/120

となっていているので、
設定5,6の目安となるのが
合算確率が1/130を切るかどうかと
REGが1/280を切っているかどうか
です。

イベント日でない場合は合算確率が
1/130を切るような台が1台もなく、
良くて設定4程度ですよね。

逆にイベント日になると1/130程度の台が
1/2程度になっていて、さらに他の台も
REGがしっかりとついてきているので
高設定の匂いがプンプンします。

総回転数(総スタート)についても
どちらも終日の結果ですが、
後者の方が断然、回されていて
結果の信頼度も高いことが分かります。

もし、午前中で3,000枚出て、
飲まれたとしても後者であれば
そこそこ設定に期待できるため
後半盛り返してくる可能性も考えられます。

逆に前者であれば設定に期待できないので
早めに撤退することになりますね。

ただ、ジャグラーに限らずスロットは
イベントだけを見て高設定か否かを
判断することは難しいので、
しっかりと小役などをカウントして
判別していくわけですね。

小役カウンターを使ってジャグラーの設定判別を実践する

小役カウンター

ジャグラーに限らず設定狙いをするなら
小役カウンターを使ってしっかり
小役とボーナス当選契機を見抜き
判別していくことが必要です。

僕の場合、マイジャグラーであれば

①ぶどう
②チェリー
③単独BIG
④チェリー重複BIG
⑤単独REG
⑥チェリー重複REG

をカウントしています。

通常時は逆押しせず、
左リールにBARを狙ってガンガン回し、
ぶどう100個単位で計算しています。

個人的に狙い台に座れたら
2,000回転はかなりの確率で回し、
周りの状況を見ながら自分の台が
当たりかハズレかを見極めて
行く感じになりますね。

例えば2000G回したとき、
BIG10、REG1みたいな結果なら、

さんパパ
出玉はあるけどREGが少ないから
低設定でBIGを引けただけかなー?

みたいに疑います。

そしてぶどうや当選契機を
設定判別ツールに入力して、
設定6の可能性が限りなく低いなら
やめちゃったりするわけです。

質問に回答するポイントは
設定6日かも!とかそのうちREGが伸びて
連チャンするかも!
みたいな期待を
しないということです。

パチンコもスロットもそう都合よく
自分の思った通りに出てくれることはなく、
だいたいの場合、裏切られます(笑)

なので、自分の判断ではなく
あくまで客観的数値を計測し、
その事実に基づいた判断をしてくれる
ツールを信用し、続行か否かを
決めていく感じになります。

負けている人の多くはこの判断を
自分の感覚に頼っていますが、
勝つというこを前提にスロットを
打つならこれは一番やっては
行けない判断になりますね。

イベント日だった場合

ジャグラーイベント

それでは今回の台をケース別に見てみましょう。

まず、イベント日だった場合で午前中に
3000枚出て、すべて飲まれてしまった
場合の判断として、

①その台は狙いだったのかどうか
①小役確率はどうか
②ボーナス合算確率はどうか
③ボーナス当選契機はどうか
④設定判別の結果はどうか
⑤周りの状況はどうか

を見て判断すると思います。

イベント日であれば周囲にお客さんもいて、
必ず小役を計測している人がいるはずです。

その人に出玉が付いて粘っているなら
その台が当たりの可能性が高いので
自分の設定配分が悪ければ撤退です。

逆に自分の台の設定判別の結果が
設定6の可能性を残しているなら
(設定4以上の可能性が50%以上)
全部飲まれても続行すると思います。

さらに全台系イベントであれば
たとえ3,000枚飲まれたとしても
ゼンツッパすると思います。

結局、ジャグラーで勝つには高設定を
ぶん回す以外ないのでね(^^ゞ

出玉は確かに重要ですがもっと大切なのは
粘るべき根拠をどれだけ残しているかです。

というのもジャグラーに座る大前提として
狙い台かどうかの根拠が大切です。

僕の場合、ジャグラーに座る日は決まって
イベント日か設定が入っていることが
前提になっているので、狙い台というものが
必ずある
んですね。

ですからいきなり知らないお店に行って
台に座ったりはせず、しっかりと
リサーチをして狙い台を絞って座る、
という感じになります。

もし、適当に座った台でたまたま出たなら
撤退を前提に判別していくと思います。

通常営業日だった場合

ジャグラーイベント

3,000枚が飲まれてしまった日が
通常営業日、もしくは高設定が
投入されているか分からなければ
やめ時はかなり早いと思います。

例えば初めて行く地域でジャグラーに座り
サクッと3000枚出たとしたら、
スマホで前日や前々日のデータを見て
(見れないならデータカウンターなど)
そのお店のやる気を確認します。

毎日、見せ台と呼ばれる高設定があるなら
自分の台が当たりの可能性もあるので
引き続き判別しながら続行し、その結果、
飲まれてしまっても結果が良好なら続行。

すべての数値が1に落ち着いたなら・・・
撤退ですね(笑)

ジャグラーは勝ち逃げがいい!?粘ったら3000枚飲まれた・・・まとめ

ジャグラーイベント

今回のご質問の件をまとめると、

質問の回答まとめ

①打っている日がイベントか否か

②普段から設定6を使っているかどうか

③打つ際は小役をカウントして判別していく

④狙い台であれば周囲の状況に応じて飲まれても続行する(特に全台系ならゼンツッパ)

④非イベント日やお店の設定状況が分からないのであれば撤退を前提に打つ

と言う感じですかね。

僕はジャグラーを打つ場合、
お店に設定が入っているかどうかを
特に重要視しています。

まったく人のいないガラガラのお店に
設定6があるとは思えませんからね(^^ゞ

設定6がないということは、3000枚を
午前中に吐き出したとしてもそれは
低設定がたまたま出ただけなので、
夜まで粘れば回収される可能性は
かなり高くなります。

ジャグラーで勝つには高設定台を
打つしかないのでしっかり判別をして
ちょっとでも怪しいと思うのであれば
撤退するのもアリかなと思いますね。




パチンコ&スロットの二刀流で勝つための教科書を作りました

パチンコとスロットは理論で勝つものです

新型コロナウイルスによってパチンコ業界はかつてない苦境に立たされています。

営業自粛、世間からのバッシング、20年近く業界を見てきた僕でさえ『このまま滅ぶんじゃないか』と思うくらい厳しい状況です。

ただでさえ安定して勝つことができるのは1割と言われる中、一般ユーザーがホールに行っても、遊ぶことすら許されずに回収されるのがオチです。

そんな中、あなたに与えられた選択肢は3つです。

選択肢①:パチンコ業界はもう終わりだから足を洗う

選択肢②:負けてもいいから気分転換に稼働する

選択肢③:会社の収入も減収になって厳しいから勝ち組になる

僕はパチンコで破産した過去があるので、負けてまで稼働することに意味はないと思ってます。

ですので実質的にとるべき選択肢は①か③と考えていて、①に関しては僕も挑戦しましたが、やめようと思ってやめられるものでもありません。

すると残された選択は③しかなく、そのためには勝ち方を学ぶことが絶対に必要です。

パチンコもスロットも正しい知識を持って稼働すれば、その瞬間から負債を減らし、勝つ可能性をアップすることができるゲームです。

過去には1000万円以上の貯金を失ったという方もいましたが、その人ですら理論を身にまとえばすぐに収支は上昇曲線を描きました。

今の段階で勝ち方を学ぶことで、これから先に失うはずだったお金を手元に残し、さらにホールから資金を回収することも可能です。

以下に僕が15年以上かけて実践してきた勝ち方に関するノウハウや考え方、細かい実践テクニックを解説した教科書や動画をまとめたプレゼントを用意したので1度、手に取ってみてください。

あなたが業界がより一層厳しくなる中、安定した稼働を続けたいと思うなら、その状態の手助けになるはずです。

記事が役立ったらクリックしてね▼

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUT US

パチンコ&スロットの二刀流で2000万以上勝ち続けた元専業パパ。19歳に勝ち始めて以後、15年以上プラス収支継続中。とはいっても最初の1年間は負け続きで、稼働を始めた高校時代に100万以上の負債を負って引きこもりになるなど、勝ち組と負け組の両面を知る。現在はフリーランスとして活動しながらパチンコやスロットで勝ちたいと思う人に向けてブログやメルマガ、オンラインコミュニティで情報を発信しながら自由に暮らしてます。