ジャグラーのチェリー狙いをするメリット【5万円が財布に増えます】

ジャグラー チェリー狙い

こんにちは、さんパパです!

先日、こんなツイートをしました

ジャグラーを打つならちょっと頑張って
BAR図柄をちょっと頑張って
目押しができるようにしよう👏

毎ゲームBARを押すだけで
年間数万円はお得になる

毎回毎回、設定6には座れないけど
毎回毎回、チェリーを取りこぼさずに
負債額を減らすことはできる

細かい視点だけど勝ち負けって
こういう部分の積み重ねが
最後に効いてくるんだよね🖕

ジャグラーのBAR狙いはちょっと難しいですが、できるようになれば5万円が手元に残って自由に使えるようになるため覚えておきましょう。

ジャグラーのチェリー狙いとは?

ジャグラーのチェリー狙いとは左リールの上段か下段にBAR図柄をねらって打つことです。

ジャグラー チェリー 狙い
ジャグラー チェリー 狙い

ジャグラーは左リールに7図柄を狙うとチェリーを取りこぼしてしまうため、毎ゲームBAR図柄を狙い打つことが必要です。

ジャグラー チェリー狙い

打ち方の詳細については『【初心者向け】ジャグラーの打ち方【順押し・逆押し・ぶどう抜き】』を参考にしてください。

ジャグラーのチェリー狙いのメリット

ジャグラーのチェリー狙いをするメリットは以下の通りです。

ジャグラーチェリー狙いメリット
✓チェリーを完全取得することができる

✓設定判別要素として利用できる場合がある

✓適当打ちに比べてメダル持ちがよくなる(=負けにくくなる)

一番のメリットはチェリーを取りこぼすことなくボーナスを待つことができるため、メダルの消費スピードが抑えられ、適当押しに比べて負けにくくなることです。

デメリットは毎ゲーム目押しをするのが面倒くさいといったことくらいですが、慣れれば目押しをしている感覚すらなくなってくるので、個人的にチェリーを狙い打つデメリットはないと思ってます。

チェリーの出現確率

チェリーの出現率は機種によって異なるので、今回はマイジャグラーを事例として考察しましょう。

マイジャグラーのチェリー確率
設定1:1/36.03
設定2:1/35.95
設定3:1/34.69
設定4:1/33.51
設定5:1/33.40
設定6:1/33.23

チェリーの出現率は設定によって異なりますが、おおむね1/35程度と考えておけば問題ないですね。

チェリーを2回に1回取りこぼした場合

ジャグラーのチェリーは適当に押したからといって必ず取りこぼすわけでなく、たまたまBAR付近で押していれば獲得することが可能です。

そのため仮に2回に1回、チェリーを取りこぼした場合について考えてみましょう。

3000回転回した場合

1/35の確率でチェリーが成立するマイジャグラーを3000回転回し、2回に1回チェリーを取りこぼしたとすると・・・

3000回転回した時
■成立するチェリーの数
→3000÷35=約86回

■取りこぼすチェリーの数
→86÷2=43回

■損失枚数
→43×2枚=86枚(=1720円)

7000回転回した場合

1/35の確率でチェリーが成立するマイジャグラーを7000回転回し、2回に1回チェリーを取りこぼしたとすると・・・

3000回転回した時
■成立するチェリーの数
→7000÷35=約200回

■取りこぼすチェリーの数
→200÷2=100回

■損失枚数
→100×2枚=200枚(=4000円)

10000回転回した場合

1/35の確率でチェリーが成立するマイジャグラーを10000回転回し、2回に1回チェリーを取りこぼしたとすると・・・

3000回転回した時
■成立するチェリーの数
→10000÷35=約286回

■取りこぼすチェリーの数
→286÷2=143回

■損失枚数
→143×2枚=286枚(=5720円)

チェリーを3回に1回取りこぼした場合

続いて3回に1回、チェリーを取りこぼした場合について考えてみましょう。

3000回転回した場合

1/35の確率でチェリーが成立するマイジャグラーを3000回転回し、3回に1回チェリーを取りこぼしたとすると・・・

3000回転回した時
■成立するチェリーの数
→3000÷35=約86回

■取りこぼすチェリーの数
→86÷3=29回

■損失枚数
→29×2枚=58枚(=1160円)

7000回転回した場合

1/35の確率でチェリーが成立するマイジャグラーを7000回転回し、3回に1回チェリーを取りこぼしたとすると・・・

3000回転回した時
■成立するチェリーの数
→7000÷35=約200回

■取りこぼすチェリーの数
→200÷3=67回

■損失枚数
→67×2枚=134枚(=2680円)

10000回転回した場合

1/35の確率でチェリーが成立するマイジャグラーを10000回転回し、3回に1回チェリーを取りこぼしたとすると・・・

3000回転回した時
■成立するチェリーの数
→10000÷35=約286回

■取りこぼすチェリーの数
→286÷3=95回

■損失枚数
→95×2枚=190枚(=3800円)

3回に1回、チェリーを取りこぼしたとしても10000回転回すと約4000円の損失につながります。

【エグイ】週3回ほどサラリーマンがジャグラーを打った場合

上記の計算の結果、あなたが仕事帰りに週3回、適当押しでジャグラーを3時間打ったとすると・・・

■週3回×3時間×700回転=6300回転/1週間(1時間当たり700回転回す計算)

となります。

これを月4回繰り返すと・・・

■6300回転×4週間=25200回転/1ヶ月

つまり月25000回転ほどジャグラーを打つことになります。

その場合の損失額は・・・

25000回転回した時
■成立するチェリーの数
→25000÷35=約715回

■取りこぼすチェリーの数
→715÷3=239回

■損失枚数
→239×2枚=478枚(=9560円→年間10万以上の損失!!!)

これは結構、リアルな数字なんじゃないかなと思います。

分かりやすく言うなら奥さんから『今月から小遣いを9500円減らすわね』と言われている感じですね。

そんなことを言われたら夫婦喧嘩に発展しそうですが、ジャグラーのチェリーを狙わないとそれと同等のことが起こりえるってことです。

まとめ:ジャグラーのチェリー狙いをするメリット【5万円が財布に増えます】

ジャグラー チェリー狙い

というわけで、ジャグラーのチェリーはしっかり狙って打ちましょうということです。

ジャグラーのチェリーって1回取りこぼしてもたった2枚で済みますが、出現頻度も高いため適当押しだと確実に損失が積み重なります。

設定6に毎回座ることができなくても、チェリーを毎回狙い打つことは練習すればできるようになります。

お金が無くなってしまったらジャグラーを打ってペカるのを待つこともできなくなるし、そもそも自分の手で負ける確率を増やしたい人なんていないと思います。

これをきっかけに打ち方を見直し、収支の改善につなげてもらえればより楽しいジャグラーが送れる気がします^^




パチンコ&スロットの二刀流で勝つための教科書を作りました

パチンコとスロットは理論で勝つものです

新型コロナウイルスによってパチンコ業界はかつてない苦境に立たされています。

営業自粛、世間からのバッシング、20年近く業界を見てきた僕でさえ『このまま滅ぶんじゃないか』と思うくらい厳しい状況です。

ただでさえ安定して勝つことができるのは1割と言われる中、一般ユーザーがホールに行っても、遊ぶことすら許されずに回収されるのがオチです。

そんな中、あなたに与えられた選択肢は3つです。

選択肢①:パチンコ業界はもう終わりだから足を洗う

選択肢②:負けてもいいから気分転換に稼働する

選択肢③:会社の収入も減収になって厳しいから勝ち組になる

僕はパチンコで破産した過去があるので、負けてまで稼働することに意味はないと思ってます。

ですので実質的にとるべき選択肢は①か③と考えていて、①に関しては僕も挑戦しましたが、やめようと思ってやめられるものでもありません。

すると残された選択は③しかなく、そのためには勝ち方を学ぶことが絶対に必要です。

パチンコもスロットも正しい知識を持って稼働すれば、その瞬間から負債を減らし、勝つ可能性をアップすることができるゲームです。

過去には1000万円以上の貯金を失ったという方もいましたが、その人ですら理論を身にまとえばすぐに収支は上昇曲線を描きました。

今の段階で勝ち方を学ぶことで、これから先に失うはずだったお金を手元に残し、さらにホールから資金を回収することも可能です。

以下に僕が15年以上かけて実践してきた勝ち方に関するノウハウや考え方、細かい実践テクニックを解説した教科書や動画をまとめたプレゼントを用意したので1度、手に取ってみてください。

あなたが業界がより一層厳しくなる中、安定した稼働を続けたいと思うなら、その状態の手助けになるはずです。

記事が役立ったらクリックしてね▼

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUT US

パチンコ&スロットの二刀流で2000万以上勝ち続けた元専業パパ。19歳に勝ち始めて以後、15年以上プラス収支継続中。とはいっても最初の1年間は負け続きで、稼働を始めた高校時代に100万以上の負債を負って引きこもりになるなど、勝ち組と負け組の両面を知る。現在はフリーランスとして活動しながらパチンコやスロットで勝ちたいと思う人に向けてブログやメルマガ、オンラインコミュニティで情報を発信しながら自由に暮らしてます。