パチンコで100万負けた高校生が1,000万稼げた秘密を一挙公開

パチンコで100万負けた高校生が1,000万稼げた秘密を一挙公開
Pocket

僕はパチンコでめっちゃ負けてました。

僕だけでなく父も祖父も祖母も叔父も
みーんなパチンコで負けてました。

パチンコを打つ9割の人は負けている
と言われています。

僕の周りにはパチンコで勝ってる人が
たくさんいましたが、

パチンコ遊戯者全体から見れば
四捨五入で切り捨て程度の人数だったので、

やっぱり9割近くの人たちは
負けているのかなって思います。

僕はパチンコを数年間打ち続け
1000万以上稼いできました。

(ちなみにスロットはもっと稼ぎました)

が…。

決してその道のりが
華やかだったわけではありません。

中学生でパチンコにハマり、

高校生でパチンコ依存症になり、

寝ても覚めてもパチンコのことが
頭から離れなくなり、

友人との付き合いを避け、

家中の貯金箱をぶちこわし、

母親の財布から黙ってお金を借りたことが
何度もありました。

もし、あなたがパチンコで負けていて
当時の僕と同じような現状に苦しみ、
将来にもの凄い不安があっても大丈夫です。

まずは落ち着いてこの記事をゆっくり読み、
パチンコが勝てる概要を理解しましょう。

そしてたくさん貼られている関連記事へと飛び、
より詳細なノウハウも読んでみてください。

きっと、今抱えている不安は希望に変わり、
“やればできるかも知れない”という感覚を
身にまとうことができるはずです。

すでに何十人もの人がパチンコで勝てるようになり、
実績も出ている内容なのであなた自身の未来を
豊かにするためにも頑張っていきましょう!

パチンコは勝てるの?勝てないの?

そもそもなぜパチンコで稼げないのか?というと、

パチンコは確率とによって管理されていて
この2つで勝てるか勝てないかが決まっています。

さらに言うとパチンコの確率は左右できないので、
本質的には1つで勝ち負けが決まり、

パチンコ屋というトータルで見ると
胴元(パチンコ屋)が必ず儲かるように
最初から決まっているのです。

つまり普通にパチンコを打ったら
100%負けることが確定している
ということです。

例えばパチンコの釘は表向きには
調整が禁止されていますが、

実際のお店ではを調整していて
1000円あたりの回転数を管理しています。

お店の裏にはホルコン(ホールコンピューター)
と呼ばれるシステムがあり、

一定の回転数や大当たり出玉を越えると
エラーメッセージが出たりします。

具体的には通常時や大当たり中、
確変・時短中に行う止め打ちをすることで、
そういう現象が起こったりします。

すると店員さんが近くにやって来て

お客様の台はデータ以上が出ております。
普通に打っていただけますでしょうか。

みたいなことを言われるわけです。

つまり、結局はお店側が決めたルールで
パチンコを打つことになってしまうため、
胴元はどうやっても赤字にはなりません。

表向きには運だと言われるパチンコも
ふたを開けてみれば僕ら遊戯者が負けるように
最初からできているできレース
のようなものです。

もっともパチンコ屋が存在する目的は
お客さんに娯楽(=楽しみ)を提供することであり、

慈善事業でもないのですから
利益を追求することは仕方のないことです。

パチンコで楽して金儲け
なんて想いを持っていく人もいるでしょうが、

普通にパチンコを打っていても
勝つことができないのは当然、

だということは頭に入れておいた方がいいと思います。

勝てることを知ること、決してオカルトとして否定しないこと

もしあなたが9割の勝てない人であるなら
これまでにものすごい金額をパチンコ屋に
捧げてきたのではないですか?

最初は1万負け、
取り返そうと3万負け、
熱くなって10万負け、
気がついたら100万以上負けてる…。

こんな感じではないでしょうか?

僕は高校生で100万負けてました。

そして引きこもりです。

一生に一度の青春時代がパーです。

勝つ方法を知らず、
とにかく出そうな台ばかりを打ち、

確率の壁を『当たれ、当たれ』といった
『祈り』で越えようとしていました。

今考えれば笑い話にしか聞こえませんが、
当時は大真面目、ガチでしたよ。

周りからは何度もパチンコなんかやめろ
って言われました。

やらない人からすると
パチンコってイメージ悪いですからね。

たばこ臭くて、
健康に悪くて、
家族の時間を失い、
その日8時間働いて稼いだ1万円を
たった30分で負けてしまいます。

負ければストレスが溜まり
家族や友人にグチをこぼせば
嫌な人は去っていくでしょう。

パチンコで負けているということは
今お金がないと言う問題だけではなく、

人生そのものにも大きな影響を
与えるものになってしまう
のです。

ただそうは言っても逆に考えると
1割の人はパチンコで稼いでいる
ということです。

僕自身パチンコで1,000万も稼いでますし
当時の友人たちはみんな勝っていて、

スロットと合わせて年収1,000万円以上
稼いでいた人もいたはずです。

この記事を読んでいるあなたはもしかしたら
パチンコで負けているかも知れません。

パチンコは絶対に勝てない、
とあきらめているかも知れません。

パチンコなんかやめたいと
思っているかも知れません。

でも、大丈夫ですよ。

僕だってパチンコで負けていたときは

当時通っていた自動車学校の教習代や
大学の交通費、定期の解約などをして、

とにもかくにもパチンコパチンコの
依存症患者
でしたから。

そんな僕でもパチプロと呼ばれる専業で
月収50万とか稼げてましたし、

副業でも安定して10万、20万は
勝つことができましたからね。

大切なのは勝てることを知ることです。

そして自分を信じることです。

あなたが今、パチンコで負けていても
まったく問題ないです。

これから知識を身に付けていけば
パチンコで10万、20万、勝つことは可能です。

ちょっと視野を広げれば
パチンコで勝ってることなんて
まったくたいしたことがないと分かります。

ネットで情報を発信するようになってから
たくさんの人に出会ってきましたが、

僕よりパチンコがうまい人は
ものすごくいました。

自分なんてまだまだだな
そう思ったことも1回や2回ではないです。

ですから、パチンコで稼ぐことって
勝てない人が思っているほど難しくなくて、

勝つための方法さえ知ってしまえば
あなたも毎月10万、20万と稼いでいくことは
十分可能になるのです。

実はパチンコで勝つ人たちの立ち回りには
とある絶対的な共通点があり、
1人として例外はいないのです。
(違法なことをしてない限り)

これからそうしたパチンコで稼ぐための
立ち回りなどについてお話ししていきますが、

僕がお話しすることをきちんと学び、
あなたがそっくりそのまま真似できれば、
あなたは僕と同じレベルで稼ぐことができます。

1度そうなってしまえば
パチンコで月10万、20万、稼ぐことは
無意識レベルで可能になります。

あ、今月は10万勝ちかぁ~。
ちょっと少ないなぁ。

そんな世界が訪れます。

あきらめずについてきてくださいね^^

パチンコで”一生”稼ぎ続ける方法

それは期待値を追いかけ続けることです。

パチンコで勝ち続ける方法

パチンコで負けている人の大半は
期待値の意味を理解していないし、

理解していたとしても
本質的に間違えていたり

そんなものは関係ない、
そうやって疑ったりしています。

期待値とは理論上の収支のことで
極端な話をすれば

パチンコを打てば打つほど
お金が増えていく

ということです。

1つ例を出してみましょう

次の2つの条件でサイコロを振れたとします

①サイコロを降って1の目が出たら1万円もらえ、
2~6の目が出たら1000円支払う

②サイコロを降って1の目が出たら1万円支払い、
2~6の目が出たら1000円もらう

さて、あなたはどっちのサイコロを振りますか?

パッとみると、
②のサイコロを振った方が勝てそうですが、
実際はどうでしょう?

①の場合、勝つのは1の目が時だけ、
すなわち勝つ確率は1/6=16.7%ですね。

②の場合だと2~6の目が出たときに勝てるので、
5/6=83%で勝てちゃいます

ということは・・・?

②の台を打った方がいいね!

と考えるのが普通の人の思考です。

パチプロはもう少し考えます。

サイコロをそれぞれ30回振ったときのことを
考えてみましょう。

①のサイコロの場合

1が出る確率は5/30=16.7%

1以外が出る確率は25/30=83%です。

これは2のサイコロも同じですね。

じゃあ、この時の収支はどうなりますか?

①のサイコロの場合、お金がもらえるのは
1の目が出たときだから理論上は

1の目が5回出る=5万円ですね。

逆にお金を支払うのは
1以外の目が出たときだから理論上は

1の目以外が25回でる=2万5千円です。

つまり①のサイコロを
30回振ったときの理論上の収支は

50000-25000=+25000

となり、なんとプラス収支
期待できてしまうのです!

じゃあ②のサイコロはどうかというと・・・

お金がもらえるのは
2~6の目が出たときなので理論上は、

2~6の目が25回出る=2万5千円です。

逆にお金を支払うのは
1の目が出たときだから理論上は

1の目が5回でる=5万円ですね。

つまり②のサイコロを
30回振ったときの理論上の収支は

25000-50000=-25000

こちらはなんと、
マイナス収支になってしまいました!

ちなみに勝率

①のサイコロ=16.7%

②のサイコロ=83.3%

ですからね?

この事実から導き出される結論は

パチンコで勝つためには目先の利益ではなく、
仕組みを理解しプラス収支になるような台を
打ち続ける必要がある(=期待値を積み上げる)

これしかないのです。

プラスの期待値台を打てば打つだけ、
お金は勝手に増えていくのが、
パチンコで勝つ仕組みなんですね。

パチンコ期待値稼働時のポイント

パチンコで期待値稼働するときの
ポイントは以下の通りです。

※期待値についてはコチラ
↓↓↓
パチンコの期待値ってなんのこと?負けない理由はここにある!

期待値の計算方法を知る

期待値の計算に必要なのは

・通常総回転数
・1000円あたりの回転数
・持ち球比率
・交換率、
・大当たり出玉、
・電サポ増減率、

です。

これらをきちんと測定することで
パチンコを数字のゲームへと変化し、

目の前の台がいくらくれるのかを
知ることができます。

パチンコの実践データを蓄積する

実は期待値を追いかけたからといって
必ず勝てるものではありません。

確率の振れによって負けてしまうことも
十分あり得ます(1,000ハマりした時とか)

これはパチンコで勝つためのもう1つの要素である
確率の問題なのでこればかりはどうしようもなく、
あきらめるしかないんですよね・・。

期待値を追いかけるという人事をつくし、
確率の振れがないよう天命を待つ、
という感じですね。

それと期待値が計算できてもそのデータを
きちんといかさなければ意味がありません。

期待値を追いかけて負けが続くと
最初のうちは不安も出てきますが、

とにかいつかはプラスになるんだ、
という理論を信じて打ち続けましょう。

途中で負けが続いてやめてしまえば
勝利への道は閉ざされてしまいます。

パチンコで勝つためには

①期待値計算できるようになる
②実践データを積み重ねる

この2つは必須となります。

言い換えれば期待値を積み、
実践データを積み重ねていけば
負けたくても負けられなくなります。

なぜか?

先程のサイコロの例と同じように
目の前の人とじゃんけんをして、

あなたが勝ったら100円もらえ、
あなたが負けたら200円支払う、

といったルールで勝負したら
どうなるでしょうか?

1回じゃんけんをすると
勝つ確率50%、負ける確率50%なので、

(100円-200円)÷2=-50円

といった期待値が発生します。

そうなると、

10回じゃんけんすると-500円、
100回じゃんけんすると-5000円、
1000回じゃんけんすると-50000円が

あなたの期待値として積みあがります。

そして実収支はどうなるかというと
いかさまをしない限り、

勝ちと負けは1:1となり
収支面では負け続けることになります。

逆に

あなたが勝ったら200円もらえ、
あなたが負けたら100円支払う、

といった勝負だったらどうでしょうか。

これはじゃんけんを続ければ続けるほど
確率の収束とともに勝ち額が上乗せされ
勝ち続けることが確定
します。

1000回じゃんけんして
100勝900敗とかになることは
あり得ないですよね?

ということは・・・

あらかじめ期待値がプラスの条件で
試行回数を増やし続けると、

これはどうやっても
負けることができなくなるのです。

パチンコもまったく同じように
お店においてある台のほとんどは

あなたが普通に打つと負け、
お店が勝つような①の勝負台ばかりが
設置されている
のです。

だからお店側はお客さんが
お金さえ使ってくれれば、

その分だけ確率の収束が早まり
確実な利益を手にすることができます。

パチプロが生きていけるのも
パチンコ屋というお店全体でみると、

プロが勝つ金額なんて知れているので
おおめに見ているということなんですね。

パチンコで勝つために考え続けたたった1つのこと

パチンコで勝つために考え続けたたった1つのこと

あなたが何の知識も知らず
とりあえず回りそうだから打ってみよう

そう思って打ってる台の大半は
期待値がマイナスの台です。

つまり打てば打つほど負債は増え、
負け続けてしまう
ということです。

僕が負けている状態から抜け出した時
たった1つだけ意識し続けたことがあります。

それは、

1円でもいいから期待値プラスの台を
打ち続けてみる

ということでした。

最初は期待値を見つける台を
探すことすら困難だと思いますが、

きっかけさえ掴むことができれば
安定して見つけられるようになります。

そして期待値の出る台を
見つけられるようになったら、

回転単価5円(通常時を1回転回すと5円増える)程度でも
止め打ちなどの技術レベルが向上すれば
10円とかまで跳ねあがったりします。

パチンコは平均すると1時間で
200回前後回すことができるので、

回転単価10円であれば
時給2000円ということになります。

ただ気を付けてほしいのは
期待値がプラスであれば負けない、
というのは確かにそうなのですが、

それはあくまでも
長期的に見た場合です。

回転単価1円、2円、だと
短期間で安定して勝つのは難しいです。

期待値が低いと収支の波が荒れ、
勝率の低下に繋がります。

メンタル的にも不安な状態が続き
最悪、期待値なんてオカルトだ!といって
立ち回りが乱れてしまうかもしれません。

ですので以下の手順を守りましょう。

①期待値1円以上の台をとにかく見つける
②技術レベルを向上させて期待値を上げる。

この繰り返しを徹底的に意識してください。

できれば勝てるし、
できなければ負けます。

パチンコで勝つか負けるかは
突き詰めていくとすごく論理的で、
とても単純な話なんですね。

ちなみに期待値(回転単価)は
上がれば上がるほど良いのですが、

狙いを高くし過ぎると
打てる台が少なくなり過ぎてしまい
逆に稼げないことに繋がります。

昔は日当5万円(回転単価20円程度)の台も
見つけられましたが今は難しいです。

日当3万円の台を見つけれれれば
かなりの優良台と考えておきましょう。

狙い目としては狙い台を複数作るという意味で
日当2万円(回転単価10円超)程度を見つけたら
きっちり打ち切りましょう
、という感じです。

じゃあもし、
期待値1万円(回転単価5円)の台が
目の前にあったらどうすればいいか?

①他の候補台を探して稼働時間を削る
②確実に期待値を稼ぐために打つ

これはケースバイケースとなりますが
初心者であれば打ってみてもいいでしょう。

1つの機種を打ち込むことで
止め打ちなどのテクニックが向上し、

期待値アップにつなげることは
パチンコで勝つための基本ですからね。

あれこれ迷い続けて稼働時間を減らし、
結局打たずに終わってしまっては
時間の浪費でしかありません。

学んで、打って、考察して、
また打って、考察して・・・

これを繰り返せば
必ず勝てるようになるでしょう。

ちなみに打つと決めたのであれば
メンタル(思考)には気を付けてください。

期待値を深く理解していないと
負けが続くだけで立ち回りが乱れ、
感情論に走ってしまいますので。

感情論は冷静さを失わせ
勝機のない運勝負に身を任せ、

仮に一発逆転できたとしても
次回も同様の行動を繰り返し、

最終的には
全額回収されてしまうのです。

※メンタルに関する参考記事

パチンコで100万負けた考え方!これを真似したらあなたは負けます!!

パチンコで勝つための考え方 まとめ

こういった考え方も含め、
期待値2万円(回転単価10円)
1つの目安として立ち回ってみると、

収支の方は大幅に改善され
勝ち続ける感覚を得られると思います。

確率の収束速度について

それと甘デジとMAXタイプの期待値では
確率の収束にかかる時間が違うので、

甘デジの方が圧倒的に
勝率の高い勝負ができます。

しかし、ほとんどのお店は甘デジの台数が少なく
メインでは扱っていないため、

現実的に拾いやすいのは
ミドルタイプ以上の機種かなと思います。

これについてはこちらの記事が参考になるので
おすすめしておきます。
↓↓↓
仕事帰りのパチンコで負けないために必ず守るべき5つの要素とは?

期待値のある台の見つけ方

パチンコの期待値がある台の見つけ方

期待値のある台を打てば勝てる
というのは分かったけど、

一体どうやってそんな台を
見つけたらいいのですか?

こんな質問をよくもらいますので
ちょっと解説しておこうと思います。

パチスロを打ったことのある人は
ハイエナって聞いたことあります?

スロットは当たりやすいゾーンであったり、
天井と呼ばれる救済処置が備わっていたりします。

この”当たりやすいゾーン”の前で
何も知らないおじさんたちがやめていった台を
少ない投資で当ててしまうという立ち回りです。

ハイエナというとパチスロのイメージが強く
パチンコで実践している人はほとんどいませんが、

実はここが期待値のある台を見つけるための
盲点でもあるのです。

期待値のある台が分からなければ、
データを頼りに台を選びましょう。

僕が良く使っていた1つの例は、

・パチプロっぽい人が打ってる台をメモしておく

・大当たり回数ではなく総回転数に注目、
回転数の多い台(2000回転以上とか)の台を
メモする。

この2つを意識するだけで
期待値のある台に辿り着く可能性は
大幅に向上します!

パチスロのハイエナと違うところは、

パチンコは上手い人(パチプロ)のハイエナ

をします。

パチプロの打つ台=勝てる台
といった考えを逆手に取り、
その台を打って勉強するってことです。

パチプロはパチンコで飯を食ってるわけですから
パチプロを見つける=勝てる台を見つける
ことと同じ意味を持つのです。

そうなると大事になってくるのが、
どんな人がパチプロかを見抜く方法ですよね。

10年以上パチンコで勝ってきた僕の
経験則からプロっぽい人の特徴を書くと、

————————————————

  • 毎日ホールで見かける
  • 同じ台で夜まで粘ってることが多い
  • 大当たり中、電サポ中に止め打ちや捻り打ちをやっている
  • 一人でいて、同じ服装でいることが多い
  • 耳栓、イヤホン、玉カップといった備品を持ってる
  • スマホを見たり、当たるたびにメモをしている

————————————————

こんな感じです。

自分が負けている状態だとパチプロを
見抜くのって難しかったりするのですが、

ちゃんと意識して探してみると
意外と分かったりします。

特に毎日同じ服装でホールに来て、
黙々と打ってる人はプロの可能性が
高いですね(個人的主観(笑))

パチプロを見つけ、
パチプロ行動を観察すれば
自然と勝ち組への道は近くなります。

パチプロが打ってる台

=良台の可能性が高い

=勝てるお店

の可能性が高いからです。

パチプロである以上、
生活がかかっているわけですから、
何かしらの根拠を持って打つわけです。

もちろん細かい理由まで
知ることができませんが、

1つ確かなことは
その台を1日打てば日当が出る
ということです。

だからその台をメモしておき、
プロがやめた後や翌日に打ってみる
というわけです。

僕は最初の頃、閉店1時間前とかでも
自分がパチプロだと思った人がやめた台を
その日に打って確認してました。

よく回るのか、
出玉が多いのか、
玉が増えやすいのか、

そうした部分に注目しながら
データを取るために打ってみると、

言葉には言い表せない手応えを
感じることもたくさんありました。

ただ注意しなければいけないのは、
パチプロは技術介入を使って
日当を出す人が結構います。

さらに翌日だと
釘が締められることもあるので
100%通用する方法ではありませんが、

それでも何も考えず台を選ぶよりも
はるかに高い確率で優良台に座れるはずです。

もし、プロが見つからない場合は
仕事帰りなど平日の夕方にホールへ行き、

回転数がたくさんついている台
探してみてください。

例えば、

大当たり10回で総回転数が3000回

といったデータの台があったとすると、

その台は今日は出なかったけど、
良く回るから粘っていた可能性が高い、

こう考えることができます。

逆に大当たり20回で総回転数が500回

とかしか回っていなければ、

試し打ちかなんかで当たり
即やめした可能性が高い、

といった形で予想することができます。

即やめするということは

1000円で数回しか回らなかった、
大当たり中の玉が少なかったり、
電サポ中に玉が減ったりと、

ぼったくり台の可能性が高いですからね。

これにイベントなどを絡めると
さらに精度は上がります。

今は大々的なイベントは禁止されていますが
お店によっては芸能人やライターを呼んだり、

メールの文章を変えるなど、
こっそりと告知するお店もあったりするので
注目してみるといいでしょう。

あとは毎日打つと釘が閉まるから、
毎月決まった日だけ決めた台を打つ
パチプロも結構います。

いろんなお店を巡回しながら
稼いでいるってことです。

この辺りの情報をチェックするだけでも
パチンコの勝率はぐっと高まるはずです。

ただそうは言っても
あまり露骨にハイエナをすると、

相手側との思わぬトラブル
巻き込まれる可能性もあります。

向こうもプロですから
同業者の動きについては
目を凝らしていますからね。

相手に迷惑がかからないよう
上手く立ち回っていきましょう。

こんな感じでパチンコは
データを数字で管理し、

期待値がプラスの台だけを打つようにすれば
確実に稼げるようになるのです。

パチンコで実際に立ち回った時の具体例

パチンコで勝つ立ち回り
©kyoraku

パチンコで勝つために必要な
基礎理論をお話ししてきましたが、

最後に僕が実際に立ち回ったときの状況を
まとめておきたいと思います。

仕事と子育てでパチンコの稼働時間が激減し、
一線必勝スタイルで立ち回ったときの話です。

まだ、あなたが結果を残せていないのであれば
少なからず参考にはなるはずです。

今からお店に行き、
台を選び、
データを取り、
期待値を計算し、

パチンコってこうすれば
負けずに勝つことができるんだなぁ

って考えながら読んでみてください。

2015年某日。

奥さんが子供を連れて外出し
1日フル稼働ができることとなった
日の出来事をお話ししていきます。

パチンコは準備の段階で
9割勝負が決まっています。

パチプロの多くは明日打つ台の目星を
前日の段階でつけていて、

あとは狙い台が取れるかどうか
しか気にしていないのです。

狙い台か取れれば粘るし、
取れなければ空くまで待つか
別の台を探しに行くか。

やることはいたってシンプルです。

逆に一般人は事前準備を一切せず
とにかく好きな台を打ってしまうため、

期待値マイナスの台を打ち散らかし
夕方には財布の中身が空っぽになり
“明日も仕事かぁ”とうつになって帰るのです。

この日はおよそ1年ぶりの稼働だったので、
目の前にある台はほとんど触ったことがなく、
まっさらな状態からの実践でした。

とりあえず機種を選ばなくては
ならないので、話題の機種を中心に
スペックを見ながら台を選んでいきます。

が・・・。

その前にどのお店で打つのかを
決めなければ行けませんね。

今回僕が選んだのは2.5円のお店、
交換率で言うと40玉ですね。

低換金のお店は換金ギャップで
一定の利益を得ることができるため、

等価に比べて釘が甘く
安定した勝負がしやすいです。

僕の一戦必勝スタイルは
低換金店の甘デジを粘り倒すことで
調子がよければ勝率は9割を越えます。

そうなると副業として十分成り立つので
最終的にはこの域に達することを
目的として欲しいですね。

等価などの高換金店は
通常時の回転数や出玉が悪く、

1000円で10回転くらいしか
回らない台も普通にあります。

パチンコは保留がたまらないとガセ演出が多発し、
回転率が大きく落ちてしまいます。

でも低換金のお店なら
そのあたりはかなり緩和され、

通常時の回転率、
電サポ中の玉増え、

ともに問題がなく、
ストレスフリーの稼働ができるので
このお店を選びました。

今回の僕のように
稼働時間が限られている人には、

甘デジやライトミドルといった
確率の収束しやすい台をオススメします。

大当たり確率が低いものほど
ハマる確率は向上し、

仕事帰りに1度も当たらずに
帰宅することもありますからね。

そして1度大負けてしまうと
それを取り戻すために何日もかかってしまい
立ち回りが乱れる原因にもなります。

負けたお金を回収しに行く時間がないと
その負けをずーっと引きずり、

日常生活にもよろしくない影響が
出てしまうこともあります。

だから稼働時間がとりにくいのであれば
できる限りリスクの高い勝負は避けましょう。

僕なんかも期待値を落としてでも
安定する甘デジを打つこともありました
からね。

最初はそこまでの余裕はないかもしれませんが、
頭の片隅にはいれておいてください。

お店に入って台を見ていくと
想像していたほどいい台がなく、
どうしたものかと困っていました。

前に来たときはプロも何人かいて
打てそうな台が沢山あったのですが、

この1年でお店の状況が
変わってしまったのかもしれません。

仕方がないのでセオリーに従い
データを見ていくことにしました。

ほとんどの台が10回、20回といった
大当たりしかついてなく、

パチプロが打ったような気配も
まったくありませんでした。

そんな中ようやく見つけた1台。

データは10日前まで見れたのですが、
数日前に3000回転ほど回っている
形跡がありました。

このお店は昔からの雰囲気で
お年寄りの常連さんが多く、

朝から晩までガッツリ粘って
抜いていくような人はいません。

つまりこういったデータが出ること自体
かなり不自然な状況だったのです。

だから僕はこう考えたのです。

あぁ、これはパチプロが打ったんだな。

仮にパチプロでなかったとしても
これだけの回転数が付くということは
最低でも半日は稼働しているはず。

ということは普通に回るだろうし
出玉関係も期待できるな、
と。

そして僕はこの台を打つことに決め、
席に座ることにしました。

パチンコを打つと必ず通常時から
はじまると思いますが、

この時はひたすら1,000円あたりの
回転数をカウント
していきます。

期待値計算をする際、
1,000円あたりの回転数は
非常に大切な要素となるのです。

期待値さえ正確に算出できれば
続行かやめるかを数字で
論理的に分析出来てしまうので
必ず回転数はメモしてください。

僕はデータ取りに労力をかけたくないので
スマホのメモ帳を用意して

11#7#9#12#3#4r#33

って感じで記入していきます。

これは最初の500円で11回転回り、
次の500円で7回、
次の500円で9回・・・

最後の500円を使った3回転目で
4Rが当たり、上皿に33玉残っていた、

ということを意味しています。

こうやってどんどんデータを蓄積すると
1,000円あたりの平均回転数が割り出せます。

例えば上の例だと・・・

大当たりした最後の500円を
無視して計算すると、

2000円使って
39回転ほど回っています。

ということは
1000円あたりの回転数は

39回転÷2.0=19.5回転

と言った感じで計算できますね。

同じように大当たり中の出玉と
電サポ中の出玉についても
細かく計算していきます。

パチンコの期待値を計算してみよう

パチンコ期待値計算

期待値を計算するための
データがすべて揃ったら、

大当たり終了後などに手を止め
必ず期待値を計算しておきましょう。

パチンコの期待値を計算するには
ツールを使うのが一番です。

前は無料のものがあったので
そちらをお勧めしていたのですが、

サイトが閉鎖されてしまったため
今はこちらを利用してください。
↓↓↓
パチンコ副収入のすすめ

パチプロであれば
知らない人はいないのでは?

と思うくらいパチプロには
有名なサイトです。

このサイトにログインすると
機種ごとに設定してある

期待値計算ツール
使用できるようになります。

※実際にツールで計算した画面

パチンコ期待値計算

予想期待値と書かれていますが、
これがこの日稼働した台の性能を
表した結果となります。

僕がこの台を打つと回転単価は8.8円で、
計算した時点では約12,000円の
プラス収支が見込める
ということです。

つまり僕が今の実力でこの台を攻略して打つと、

通常回転数が1回転増えるにつれ
8.8円が僕の手元に転がり込んでくる

ということを表しています。

そしてこの8.8円という数字は
人によって大きく異なり、

一般の人が打てばマイナス10円になったり
パチプロが打てばプラス15円になったりと、

打つ人の力量によって
大きく左右されていく
のです。

結果的にこの日は20,000円ほど
勝てたと思います。

期待値はあくまで平均値なので
大当たりの回数が少なかったり、

ラウンドの振り分けに恵まれなければ
負けてしまうこともあります。

それでも高い期待値の台を打っていれば
仮に多少、確率よりも大当たり回数が少なくても
プラス収支で終われたりする
のです。

投資した金額は2000円回収が22,000円。

得意の一戦必勝スタイルで
手堅くお小遣いをゲットしました。

この日の稼働時間を8時間としても
時給2,500円ほどです。

アルバイトするより儲かるなぁ
って思うのも無理ないですよね。

楽して稼げる。

これもパチンコの怖さですね(^^ゞ

ちなみに僕が専業であれば
この日打った台のデータをすべて残し、

今後も使える候補台として
定期的に打ちに行ったと思います。

こんな感じで打てる台をたくさん確保すれば
いつでも好きな時に期待値の出る台を
簡単にゲットすることができます。

この時は既にパチンコを引退していたので
細かいデータ取りはしませんでしたが、

長期的に勝ち続けるためのテクニックとして
覚えておいてください。

データを分析することができれば
パチンコで勝つことなんてわけないです。

多くの人は期待値計算などしないから
負けてしまう
のです。

パチンコで稼ぐメリットの1つに
自由があります。

アルバイトであれば
多少のことは我慢しながら
働き続けなければなりません。

先輩や上司や同僚が嫌でも
お店が忙しく働く人がいなければ
プライベートを削って働かなければなりません。

でもパチンコはすべてが自由なので
体調が悪ければ行かなきゃいいし、
頭が痛くなれば帰れるし、
もっと稼ぎたければ打ち続けることもできます。

自分で自由に決めてください。

僕は学生の頃、時間が有り余っていたので
パチンコを打ちまくって勝ちまくりました。

僕が今までパチンコを教えた人も
理論を理解できた人は例外なく勝ち上がり
自由自在にお金を稼ぎ続けてました。

逆に最初から

自分には無理、
そういう理屈はいらない、

といった人はこれまた
例外なく負け続けています。

だからやることは単純なのです。

すでに勝ち方が確立されているわけですから
きちんとした方法を持って立ち回り、

実践を重ねていけば絶対勝てるので
ある意味やらなきゃ損ですよ。

あなたがどこかのお金持ちのボンボンで
パチンコでいくら負けてもお金が余り、

パチンコ屋に寄付したいと思って
打ち続けているなら別ですが・・・。

僕のような庶民であれば
パチンコで負けてる余裕などないはずです。

期待値稼働さえ知っていれば
新台の情報なんか調べなくても
目の前の情報で勝てますからね。

パチンコの新台情報や演出の確率を
いくら細かく知っていたとしても、

それは楽しみの部分であって
勝つこととは全く関係ありません。

必要なのはパチンコで稼ぐための知識(真実)です。

知ってると知らないとでは
人生が変わるレベルの情報です。

あなたが身につけるべきは
負けている人のうんちくではなく、

パチンコで勝っている人の意見を受け入れ
それを自分のものとすることです。

それができれどんな時代が来ても
パチンコで不用意に負け続けることは
一生ないと自信を持って断言できます。

パチンコで勝つためのまとめ

パチンコで勝つ方法まとめ

お疲れさまでした!

ここまで読んできたあなたは
この記事を読む前に比べて、

パチンコで勝つためのスキルが
大幅にアップしたはずです!

あ、もしかしたら途中からスクロールして
飛ばし飛ばし読んじゃいましたか?(笑)

もしそうだとしたら、
時間を見つけて何度も読み直してくださいね。

パチンコで勝つための方法は
ここに書いたもの以外ありません。

甘い誘惑に騙され、一攫千金をうたう
連チャン誘発打法など存在しないのです。

あなたがパチンコで勝つために
これから実践することを最後にまとめておきます。

①パチンコで負けない知識を身に付ける

パチンコで勝つための最善策は
実は勝つことではなく負けないことです。

パチンコに引き分けはないので
負けなければ勝つしかありません。

負けないためには負けにくい台を
ひたすら打ち続ければ良いわけで、

そのためにどうするかを
きちんと学んでいきましょう。

②パチンコ屋に行く

僕は最初、昔から行っていた
馴染みのお店で打っていました。

初心者の方が最初から優良店を探すことは
難しいので近くのお店でいいと思います。

③狙い台を見つけて打ってみる

狙い台を見つけたら
実際に打って感触を確かめます。

台の選び方はパチプロが見つからなければ
データで推測しながら打ち、
釘などを見て判断していきます。

④期待値を計算する

打ちながらデータを取り
ツールを使って期待値を計算します。

ここがパチンコで勝つための最重要ポイントになるので
必ず計算してください。

⑤打ち倒す

しっかりとデータを取り
期待値が出る台を見つけられたら、

あとはひたすら回転数を稼ぎ
確率を収束させてください。

甘デジであっても1日や2日の稼働では
まったく収束しません。

1つの目安として期待値50万
できれば100万円の期待値を目指して
頑張ってみてください。

パチンコで勝つということが
体で体感できるはずです。

⑥データをまとめる

期待値の出る台を見つけたら
必ずメモを残しておきましょう。

日付、店舗名、機種、交換率、
回転数、出玉、回転単価、
イベント、収支、ライバルの動き、

などなど気が付いたことをメモすることで
あなたのパチンコ収支はより堅実な収入源へと
成長を遂げていくはずです。

パチンコで勝つためには
これらの作業を繰り返すだけです。

僕が今日お話ししたことは

パチンコで勝つための
カンニングペーパー

です。

パチンコで勝つためにやることは
もう分かっているのです。

この記事を読んでしまったあなたは
もうパチンコで負けてお金に悩み
家族に迷惑をかけることはなくなります。

新台の解析情報を毎日調べて
リーチの信頼度を知ることは、

パチンコで勝つことには
まったく関係ありません。

パチンコで勝ちたいのであれば
そういう情報を仕入れる時間を捨て、

もっと収支に直結する情報を
手に入れることに時間を使ってください。

約1年パチンコ打ってない僕が
明日パチンコに行って勝てるというのも
これらの作業が自然とできるからです。

だからあなたもやれば稼げるので
安心してください。

期待値を1年間追い続けて負けたなんて
聞いたことがありませんから。

慣れてしまえばものすごく簡単です。

僕は稼働時間さえ確保できれば
副業であってもパチンコで月10万は
確実に稼ぎ続けることができますが、

他の副業で毎月10万稼ごうと思ったら
相当難しいと思います。

日々の仕事を終えた後に
夜勤のアルバイトをするのであれば

週3日くらいでシフトに入り
眠たい目をこすらなければなりません。

僕からすればアルバイトで拘束されながら
働き続けるより、時間のあるときに稼働して
自由に稼ぐことのできるパチンコの方が
魅力を感じます。

調子が良ければ20万とか稼げますし、
勝率も9割以上を確保できたりします。

パチンコを極めるということは
他の労働に比べはるかに費用対効果の高い
収入源になると思っています。

逆にパチンコで勝てない人たちは
ここまでお話ししてきたことが
一切できていないから負けているのです。

じゃんけんで勝ったら200円支払い、
じゃんけんで負けたら100円もらう、

こんな勝負をずっと続けているから
小さく買って大きく負けてしまい、

いつまでたってもパチンコは勝てないと
愚痴を吐くのです。

つまり彼らは期待値マイナスの台を
祈るようにして打っている
ということです。

当たれ、当たれ、勝たせてくれー!って。

カイジじゃないんだから
そんな祈りは通用しないです(笑)

期待値を追っていても
負けることはあるのです。

だから期待値を追わなくても
勝てることはあります。

でも長い目で見れば負けることは明らかで
期待値を追わずして年単位で勝ち越すことなんて
絶対にできないと断言します。

分からなければじゃんけんのはなしを
思い出してください。

思い出せなければ条件を決めて
身近な人と1,000回くらいじゃんけんを
やってみてください。

回数を重ねれば重ねるだけ
期待値プラスの人が勝つことが体感できます。

それが確率というものです。

今回の記事ではパチンコで勝つ知識を
基礎の基礎からお話ししましたが、
いかがだったでしょうか?

他にも今回の記事でお話しした
パチンコで勝つ方法を論理的に解説した
無料レポートを期間限定で公開しています。

無料レポートは全5部作となっていて
すべて手にしていただくと、

————————————————
パチンコで勝つということを
 基礎の基礎から学ぶことができる

会社の給料以外に安定して稼げる
 副収入を稼ぎ出すことができる

パチンコで勝てないという悩みから
 解放されるため大きなストレスが減る

金銭的な不安がなくなるので
 欲しいものを買ったり大切な人に
 プレゼントを買ってあげることができる

パチンコで勝てない友人や家族を
 助けてあげることができる

日本全国好きなパチンコ屋で
 自由に稼げるようになるので
 いざという時お金に困らない

分からないことがあれば
 僕に質問して聞くことができる

————————————————

こういったメリットが
あなたの手元に無料で渡され、

あなたはパチンコで負けるということが
あり得ないと思えるようになります。

現役のスロプロに見てもらい
絶賛された自信作です。

あなたがもし、人生を苦しめたパチンコで
一花咲かせたいと少しでも思うなら、

僕のプレゼントを受け取ることは
今のあなたにとって最良の選択となるでしょう。

無料プレゼントは
こちらから受け取ることが可能です。
↓↓↓
>>パチンコで勝ち続けた秘密を全部暴露したパチンコ人生逆転の手引書の無料プレゼントはこちら<<

このブログでは他にも
読者からもらった質問に答えたり、

パチンコで勝つためのテクニックや
僕が実際に使っているツールなどを紹介し、

あなたがパチンコで勝つために必要な知識を
惜しみなく公開していますので読んでみてください。

★パチンコQ&A パチンコで勝てない悩みを一発解決
あなたの悩みがきっと解決!パチンコ質問&回答一覧

★パチンコの期待値ってなんのこと?負けない理由はここにある!
パチンコの期待値ってなんのこと?負けない理由はここにある!

Pocket

さんパパ
初心者から上級者まで必見!
ブログの要点だけを確認したい方は
▼こちらから一覧ページにジャンプできます^^▼


パチンコ記事まとめ一覧

さんパパ

月収10万を現実化させる10個のプレゼントを無料で配布してます!
続々と”稼げる自分”に成長する人が誕生しています^^
▼詳細は下記の画像をクリックしてください▼

パチンコメルマガ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

パチンコ&スロット依存症患者のさんパパです。高校生で100万負け人生が破滅、大学生になり独学で勝ち方を学び、パチ&スロで2,000万以上勝ち現役引退。引退後は社蓄リーマンとして10年働き、仕事と育児の傍ら経営学を学び不労所得戦略を身につけ月収40万突破、まもなく脱サラ予定です。