お金をかけずにパチンコで勝つ方法を本気で考えて浮かび出た回答5選

お金をかけずにパチンコで勝つ方法を本気で考えて浮かび出た回答5選

パチンコで勝ちたいけれどお金がない、
できるだけ少ない資金でも勝ちたい、

そういった質問があったので
まとめて回答したいと思います。

正直、資金が少ないと立ち回りの幅が狭まり、
勝つのは難しくなるのですが、

可能性がゼロというわけではないので
できることから始めてみましょう。

①パチンコが勝てる理由を学ぶ

何事もそうですが、
学びがあってはじめて道は開けます。

あなたが今、こうして僕のブログを読むことも
あなた自身が学んでいるということです。

あなたは今の現状に何かしらの不満や
将来への不安、悩みがあり、

もう少し収入を増やしたい
家族を楽にしてあげたい、
自分の趣味にお金を使いたい

だからパチンコで勝ちたい、
もしくはパチンコをやめたい、

そうおもったからネットを使って
お金を稼ぐ方法について調べ、
今、ここに辿り着いているはずです。

つまり、あなたは学びたいんですよね。

お金を稼ぐ手段を。

そしてそれを現実のものにしたい。

それであればやることはとてもシンプルです。

学んで実行する。

これを繰り返せばあなたは自分の力で
稼げるようになります。

あなたは・・・

国語の時間に文字を習うから
日常的な感じや読み書きができて、

算数の時間に掛け算を習うから
お金の計算が頭の中でできて、

英語の時間にアルファベットを習うから
話せなくてもA,B,C,D・・・と知っています。

じゃあ1つ質問です。

あなたはこれまでの人生の中で
お金を使わずにパチンコで稼ぐための
授業を受けましたか?

もしくは独学で勉強しましたか?

ないですよね、そんな授業(笑)

独学で真剣に勉強した人も
ほとんどいないと思います。

だから稼げないんですよね。

パチンコで稼ぐ方法を知らないから。

仕事が終わった帰りにパチ屋に立ち寄って
2,000円しか入ってない財布からお金を抜き取り、

これで当たってくださいね、
これしかお金はないですよ?

とパチンコ台に祈りを捧げても
残念ながら10分後には消えてなくなります。

何も知らない初心者がパチンコで
超簡単に稼げるなんて話はありません。

もし、そんな方法があったとしても
今の情報化社会であればすぐに情報が伝わり
すぐに稼げなくなるでしょう。

あなたがこれからお金を使わずに
パチンコで稼ぐ順番は以下の通りです。

お金がないというハンデを背負っている分、
通る道のりは長くなりますが基本的に
リスクは大幅に削減されるので
費用対効果を考えて取り入れてください。

②パチンコで勝つためのテクニックを学ぶ

パチンコで勝てることを知ったら
勝つためのノウハウを頭に叩き込みましょう。

〇お店選び
〇台選び
〇止め打ち
〇交換率
〇データ
〇釘
〇期待値
〇仕事量
〇収支管理

あなたはパチンコで勝つために
これらの要素がどう関係しているのか、
きちんと説明することができますか?

なぜ、お店選びが大事なのか、
狙い台はどうやって決めるのか、
止め打ちとは何なのか、
交換率はどう関係しているのか、
パチンコのデータはどう見るのか、
パチンコの釘はどうなっていればよいのか、
期待値はいくらなのか、
月間の仕事量はいくらなのか、
期待値と実収支をきちんと管理しているか、

これらの要素をきちんとまとめれば
そもそもパチンコで負けるということは
必然的になくなっていくでしょう。

③学んだテクニックをゲーセンで実践する

いきなりパチ屋で実践してもいいですが、
お金がないという前提なのでまずはゲーセン
止め打ちなどの練習をしてみましょう。

僕の止め打ちの原点は中学生の頃、
ゲーセンにおいてあった初代大工の源さんと
初代モンスターハウスです。

止め打ちといっても所詮は子供の遊びでしたが、
感覚を養うにはもってこいだと思います。

基本的にゲーセンの釘はヘソがガバガバなので
台によっては止め打ちをすると100円で50回転とか回ります(笑)

比較のために打ちっぱなしにした時との回転率差を見てみると
止め打ちの効果を体感できると思いますよ。

④いよいよパチ屋にGo!1パチをガチで打つ

お金が1万円くらい貯まったら
パチ屋に行って1パチで実践してみましょう。

ここでの目的は勝つというよりも
是が非でも期待値プラスの台を見つけ、
終日粘り切ってみること
です。

1度でも終日粘って勝つことができれば
稼働が終わったときに勝てる感覚というのが身につきます。

仮に負けたとしても、いつもは簡単に数万負けてしまうものが
展開によって負けただけで次につながる感覚を養えますし、
何より終日勝負できたことでパチンコの見方が変わります。

明日も同じ台を打てば勝てるんじゃないの?みたいな。

パチンコで勝つためには論理的な知識のほかに
こういった体感的要素も非常に重要です。

オカルトとは違い、これはいけるって思う瞬間が
必ずあるんですよね。

それを1パチで経験し、さらに稼働を続けていくと
おそらくあまり負けないことに気が付くはずです。
(きちんと期待値を終えていれば)

そしたらもうパチンコで勝つための道のりの
95%は終了したと思っていいです。

あなたはすでに勝ち組の世界に入り込んでいるでしょう。

⑤これで完結!10万貯めて4パチ勝負!

1パチで勝てる感覚を養うことができたら
あとは4パチで同じことを実践するだけです。

甘デジやライトミドルであれば10万円もあれば
十分勝負できると思います。

お金がなければアルバイトをするか1パチで稼ぐか、
自己アフィリでも実践して稼いでください。

下手に3万とかで勝負して負けると
気持ちばかりが焦ってよい結果は生まれません。

ここはじっくりお金をためておきましょう。

お金を使わずにパチンコで勝つ方法まとめ

お金を使わずにパチンコで稼ぐ方法について
考察してきましたがまとめると、

①パチンコが勝てる理由を学んで、

②パチンコで勝つためのテクニックを学んで、

③学んだテクニックをゲーセンで実践して、

④1パチで期待値を追いかけ終日勝負し、

⑤勝てる感覚が理解出来たら4パチで勝負、

これが一番現実的かなと思います。

パッと見ると大変そうな道のりに見えますが、
一度極めてしまえばその先は何もすることがありません。

人生で1度だけ腹をくくってパチンコを本気で学ぶか否か、

勝ち組になれば負けることがなくなり好きなものも変える、
負け組のままであればこれから先もお金に困る人生が待っている、

僕だったらたかがパチンコで人生狂いたくないので
死ぬ物狂いで前者の道を選ぶと思います。
(十分人生狂ってますが(笑))

パチンコで勝つ方法を学んだ方が
長い目で見たら明らかに期待値はプラスですからね。




パチンコ&スロットの二刀流で勝つための教科書を作りました

パチンコとスロットは理論で勝つものです

新型コロナウイルスによってパチンコ業界はかつてない苦境に立たされています。

営業自粛、世間からのバッシング、20年近く業界を見てきた僕でさえ『このまま滅ぶんじゃないか』と思うくらい厳しい状況です。

ただでさえ安定して勝つことができるのは1割と言われる中、一般ユーザーがホールに行っても、遊ぶことすら許されずに回収されるのがオチです。

そんな中、あなたに与えられた選択肢は3つです。

選択肢①:パチンコ業界はもう終わりだから足を洗う

選択肢②:負けてもいいから気分転換に稼働する

選択肢③:会社の収入も減収になって厳しいから勝ち組になる

僕はパチンコで破産した過去があるので、負けてまで稼働することに意味はないと思ってます。

ですので実質的にとるべき選択肢は①か③と考えていて、①に関しては僕も挑戦しましたが、やめようと思ってやめられるものでもありません。

すると残された選択は③しかなく、そのためには勝ち方を学ぶことが絶対に必要です。

パチンコもスロットも正しい知識を持って稼働すれば、その瞬間から負債を減らし、勝つ可能性をアップすることができるゲームです。

過去には1000万円以上の貯金を失ったという方もいましたが、その人ですら理論を身にまとえばすぐに収支は上昇曲線を描きました。

今の段階で勝ち方を学ぶことで、これから先に失うはずだったお金を手元に残し、さらにホールから資金を回収することも可能です。

以下に僕が15年以上かけて実践してきた勝ち方に関するノウハウや考え方、細かい実践テクニックを解説した教科書や動画をまとめたプレゼントを用意したので1度、手に取ってみてください。

あなたが業界がより一層厳しくなる中、安定した稼働を続けたいと思うなら、その状態の手助けになるはずです。

記事が役立ったらクリックしてね▼

2 件のコメント

  • 勝ってるうちに帰る。
    パチ屋なんて長居するだけ意味ない。
    2万勝ったら帰るようにしてる。
    理由は閉店まで打って負けて帰りたくないため。
    疲れるだけだしね。
    朝から閉店まで打ってる人いるけどあれはアホがやること、

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUT US

    パチンコ&スロットの二刀流で2000万以上勝ち続けた元専業パパ。19歳に勝ち始めて以後、15年以上プラス収支継続中。とはいっても最初の1年間は負け続きで、稼働を始めた高校時代に100万以上の負債を負って引きこもりになるなど、勝ち組と負け組の両面を知る。現在はフリーランスとして活動しながらパチンコやスロットで勝ちたいと思う人に向けてブログやメルマガ、オンラインコミュニティで情報を発信しながら自由に暮らしてます。