パチンコで100万負けた考え方17選!これを真似したらあなたは負けます!!

さんパパ
こんにちは!

パチンコの完全確率の意味が
難しくて理解できず、

ハマっている台は
そろそろ当たるんだ!

ハマり台を追いかけているうちに
100万以上負けてしまった経験のある
さんパパ(@sanpapa37)です!

パチンコ(スロットも)で勝ちたいなら
実践よりも先に知識や方法を学び、
自分のスキルを向上させてから
実践することが最速の方法
です。

でも残念なことに
勝ち方を学んだからといって、
全員が勝てるわけではないのが
パチンコの面白いところ。
(つまらないところかな?(笑))

例えば、

今日は1万円しか使わない!
今日は絶対に1円パチンコを打つ!
今日は甘デジしか打たない!
今日は約束があるから夕方には帰る!!

そう思っていたとしても
1度も当たらず負債が増えていくと
怒りのボルテージが上がり始め、

予算以上のお金を使ったり、
一発逆転を期待して波の荒い台を
ムキになって追いかけた結果、
惨敗した経験ってありませんか?

僕はしょっちゅうありました(笑)

1,000円だけ!と思って座ったのに
一度ハンドルを握ったが最後、

お金が無くなるまで
台を離れることができなかったり、

ちょろちょろいろんな台に移動して
無駄にかに歩いてみたりと、

期待値もへったくれもない
立ち回りを繰り返していました。

その結果、高校を卒業するころには
100万以上の負債を抱え、
人生1度きりの青春を失い、
公園をふらつき、
部屋に引きこもり、
友人との付き合いもなく、
身も心もリアル腐った死体へと
退化していったのです(笑)

今日は僕がパチンコで
負けていたころに持っていた
考え方(マインド)をできる限り
公開しようと思います。

もし、今、あなたがここに
書いてあることに思い当たる
節があるとすれば、それは

パチンコで勝てない考え方を
持っている可能性が高い

ということです。

つまり、

今日の記事に限っては
なるべく共感しないほうがよい!

ということになるので
気を付けてくださいね(笑)

ハマってる台は当たりやすいんでしょ!?

パチンコハマり台

まだ、パチンコの原理原則を知らないころ、
パチンコが確率で成り立っていることすら
知りませんでした。

単純にハマってる台ほど
当たりやすいと思ってました。

さんパパ
1,000回転もハマってるんだからそろそろ当たるでしょ!

って(笑)

お店に行って今の回転数を見て
一番ハマってる台に座るんです。

1,000円で10回転とかしか回らない
超ボッタクリ台なのに(爆)

結果は聞くまでもないと思いますが
ぜーんぜん勝てなかったです。

この立ち回りだけで数十万
吹っ飛んだような気がします・・・。

それでもたまーに当たったりするから
調子に乗ってどんどんハマり台を狙って
逆噴射(要するに負ける)を繰り返す、
みたいな結果になりました。

ちなみに・・・余談ですけど、
パチンコは完全確率で成り立っています。

大当たり確率1/300のミドルタイプで
2,000回ハマっていていたとしても、
2001回転目に当たる確率は1/300と
変わりません
からね。

これは300枚のクジが入っている箱に
1枚だけ当たりがある状態でクジを引き、

ハズレが出たらそのハズレクジを
箱の中に戻してまたクジ引きをする、

といったゲームと同じことです。

つまり、箱の中にはたえず299枚の
ハズレクジと1枚の当たりくじがあって、
299枚のハズレを引き続ければ
永遠と当らない
ってことです。

これが”ハズレクジを引いたら
そのクジは箱の外に置いて、
次は298枚のハズレクジと
1枚の当たりクジで抽選をする”
というルールだったら
300回転回せば必ず当たるんですが・・・。

それだとパチンコ自体が
成立しないですからね(^^ゞ

当時はこういった確率論や
パチンコの仕様に関する話が分からず、

さんパパ
なんでこんなにハマってるのに自分だけ全然当たらないんだ!

クソォォォォォォ!!!!!

って本気でキレたりしてました(笑)

今思えばお恥ずかしい限りですが、
勝ち方を知らない僕にとっては
本気で考え抜いた立ち回り
だったんですよ(^^ゞ

ハマり台狙い → 当たる → 即やめを繰り返す

ハマり台狙いをしていると、
たまに運悪く当たることがあります(笑)

これが更なる悪循環を呼び

ハマり台狙い → 当たって即やめすれば勝てる

といった超主観的な方程式が
自分の中で成立してしまったりします。

こうなるとまさに呪いの連鎖状態・・・

釘のキツイ全然回らないハマり台を
自分が納得できる回転数までまわし、
当たったら即やめで換金するんです。

等価ならまだしも、
当時は換金ギャップの影響など
まったく気にしていなかったので、
3円交換のお店であっても
出玉で粘らず交換してました。

結局、

回らない台を打つ!
当たってもすぐにやめる!
換金ギャップでも負ける!

といったトリプルコンボで
負け組代表のような立ち回り
連日炸裂させていたのです。

さすがにパチンコで結果が出ない人でも
こんな立ち回りをしていたら負けるだろうと
想像がつくのではと思いますが・・・。

僕は本気だったんですよね(^^ゞ

これで勝てるだろうって。

パチンコ屋の角台はアツい!!

パチンコ角台

当時の僕が通っていたホールは
月に数回、角台を特別開放する
イベントがやっていました。

当時の僕は
特別開放台(抽選台)=座れば勝てる
と思っていたんですよ。

抽選で当たった人がドル箱積んで
爆裂させているのを何回か見ていたのと、
僕のじいちゃんが

じいちゃん
この店は角台が出るんだよ

と言い続けていたこともあって
僕は本気で角台が出ると思っていました。

そんな人間が抽選台の爆裂を見れば、
もう信じちゃいますよね。

さんパパ
おぉ!!!

やっぱ角台が出るんだなぁ!

って。

だからしばらくは、
“パチンコを打つ時は角台”と
決めていた時期がありました。

んが・・・

普通に考えてそんなことが
起こり得るはずがない(笑)

さっき言った通り、
パチンコは完全確率なので、
角台だけ特別抽選されて
大当たり確率が10倍になる、
みたいなことはないですから。

じいちゃんが話していたことは
全部オカルトだったわけです。

特別開放台の正体は釘を甘くして
よく回る調整にしていただけでした。

抽選台でも一度も当たらずに閉店し、
おばちゃんがブチ切れている光景も
何度か目にしました。

そんな時は

じいちゃん
あのおばさんは態度が悪いから店員に目を付けられて出ないように操作されているんだな~

と、帰りの車でじいちゃんが
つぶやいていました。

すると僕はまた、
それを信じて行動するんです(爆)

具体的には店員が会釈をしたら
自分も会釈をし返してみたり、
店員が島の向こうからきたら
わざと席に座って通路を開けたり。

こんなこと本気でするんですよ?

完全にアホです(笑)

別に店員に愛想よくしたからと言って
確率が変わって出るわけでもないのに。

当時はじいちゃんくらいしか
パチンコ仲間もいなかったので、
何でも信じちゃったんですよね・・・。

いくら昔のことだとは言え、
なんか書いていてだんだん
恥ずかしくなってきました(笑)

保留玉を満タンにしないと当たらないと思っていた

パチンコ画像

これはパチンコマダムの影響です(爆)

あれは高校の学校帰りのこと・・・

初代CR大工の源さんを打っていた時、
超激熱リーチを外したことがありました。

信頼度で言うと60%を超えていたはずです。

当時の僕は100%当たるものだと信じ、
脳内メルヘン状態で演出を見つめ、
確変が連チャンしてドル箱を積み
ウハウハな状態を連想しながら
心臓バクバク状態だったのに・・・。

まさかの

ハ・ズ・レ

その一部始終を
隣で見ていたおばちゃんが、

おばちゃん
そこのランプ(保留ランプ)を満タンにしないからよ!

それを全部つけなきゃ当たらないのよ!

と、僕に話しかけてきました。

さんパパ
え!?そうなんですか!

それは知らなかったです!!

僕にも純粋無垢な時期があったんですね。

明らかにトータルで負けていると思われる
見ず知らずのおばちゃんの言葉を信じ、
それからというもの
必死に保留ランプを点灯させ、
4つ点いた時にリーチがかかるだけで
ガッツポーズをしたこともありました。

一応、保留満タン状態だと
時間短縮機能が発動して、
リーチの全体的な信頼度があがる台も
あるにはあったので(初代花の慶次とか)
100%オカルトではないのですが・・・

無駄玉がめちゃくちゃ発生するので
収支的には超マイナスでしたね。

回る台ではなく当たる台が優秀台!!

パチンコ当たり

当時は釘を読むことなんて
まったくできませんでしたが、
下手くそなりに釘を見て台ごとの
ボーダーくらいは把握していました。

把握していたと言っても
出玉とかそういう面は一切気にせず、

さんパパ
とりあえず1,000円で20回回ればパチンコは勝てるんだ!

といった程度の知識です。

逆に1回でもボーダーを下回ったり、
1万円くらい使って当たらないと、

さんパパ
この台は波が悪いからダメだな

といって台を移動しまくっていました。

当時の僕の認識では
パチンコで勝つ=連チャンさせる
という思考を持っていたので、

さんパパ
よく回る台よりもよく当たる台こそ優秀台!

だったのです(もちろん間違いですよ!)

だからどんなによく回る台であっても
5千円くらい打って当たらないと
すぐに台を移動してしまうのです。

そしてこの負の連鎖が止まるのは
お金が無くなるかラッキーで当たるか、
このどちらかに該当するまで
ずーっと続きます。

お店からすると当時の僕は
まさにお客様は神様という言葉が
ピッタリの存在だったことでしょう(笑)

出玉が飲まれるのが嫌で当たると即やめを繰り返していた

パチンコ勝ちたい

たまに低投資で出玉ができても、
その玉が飲まれるのが嫌だったんですよね。

たとえ1,000円でも勝っていれば
それだけで満足して帰れる日もありました。

でも逆に、出玉で粘って飲まれてしまうと

さんパパ
あそこでやめておけば勝ってたのに・・・

と後悔して何日も引きずっていました。

僕はとにかく勝ちたかったんですよ。

負けたくなかった。

人に自分が負けていることを
知られたくなかった。

常連のおばちゃんに

おばちゃん
あんなに出てたのに飲まれちゃったの!?

やめておけばよかったのにー

って言われるのが嫌だった。

だからハマり台を狙って
大当たりするとすぐに頭を切り替え

さんパパ
時短が終わったらすぐにやめよう

といったことばっかり
考えていました。

パチンコでまともに勝つことすら
できていない状態なのに、
周りの目線まで気にするとか

どんだけうぬぼれてんだ!

って感じですよねー。

今なら2,000円勝ってるからやめるかな

パチンコやめる

これも上と似たようなものですが、
目先の利益しか考えていなかったので、
収支がプラスになったらいつやめるか?
そればかりを考えていました。

さんパパ
今、1万円使ってるからやめれば2万勝ち。

100回くらい回して当たらなくても1万5千円くらいは勝ってるから、ちょっとだけ回そうかなぁ

みたいな。

勝ち負けの判断基準が期待値ではなく
目先の利益しか見ていなかったので、
小さく勝って大きく負ける
といったことの繰り返しでした。

一見すると勝ち逃げは有効な手段で
理に叶ったような立ち回りなのですが、

そもそも打てば必ず当たる、
ということが保証されない状態で、
最初から当たったことを考えて
やめ時を探るとか不可能

です。

1,000円で当たったらやめよう、
って考えてその通りになるなら
パチンコ屋は潰れちゃうので(笑)

だから勝ち逃げをするにしても、
その根底には期待値の概念があって、

パチプロ
今日はたまたま引きが良くて期待値以上に勝ったけど約束もあるし今日はやめよう

という形にしないと。

期待値がマイナス状態で勝ち逃げしても
そのままラッキーって感じで稼働してたら、
1ヶ月後には全部回収されちゃうので
気を付けてくださいね。

1日中パチンコの事しか考えていなかった

パチンコで負ける思考

当時の僕はパチンコジャンキーだったので

家でも、
学校でも、
風呂でも、
寝る時でも、
テスト中でも、
友達と遊んでる時でも、

気が付けばパチンコの事しか
考えていなかったです。

さんパパ
昨日はあの台が出たから、今日はこの台が出ると思うんだけどなぁ。

あーでもこっちの台は3日連続でてないからそろそろ爆連するかも知れないし、どっち打つかなぁ~

そうやって連日、
爆裂台の予想をしてました。
(予想が当たった記憶はないですがwww)

だけど超不思議なことに、
パチンコのことを考えれば考えるほど
根拠のない自信があふれ出てきました。

朝起きたら雑誌を読み、

前日の店の雰囲気から
その日の狙い台を決め、

狙い台を打ってみるも
数千円でダメだと判断し、

次々といろんな台を乱れ打って
お金だけがどんどん減り続け、

明日はあの台が爆発すると
予想しながら床に就くのです。

その結果ですね・・・

時間もお金も友人も
みんな離れていきました(大泣)

あそこでやめていれば・・・

パチンコたられば

パチンカー必殺のオカルト

たら・れば

を連日繰り返していました。

あそこでやめていれば・・・
あの台を打っていたら・・・
今日打ちに行けていれば・・・
あの親父が座らなければ・・・
あの台を打っていなければ・・・
あと1回連チャンしていたら・・・
学校が休みで朝からいけたら・・・
呼び出しの電話がなかったら・・・

毎日こんなことを
ぶつぶつ言っていた気がします。

あとは、

さんパパ
今日は運が悪かっただけで、明日は勝てるはずなんだよなぁ。

あのリーチが当たってれば今日は勝っていたんだから

と、何の根拠もない考えをひたすら
自分に言い聞かせていましたね。

好きな台の方が当たりやすい、
みたいな理由で打ったりしたことも
数えきれないくらいありましたけど、
やっぱり行きつく先は感情論なので
最後は誰かの養分でした。

時間がない時のパチンコは勝てるからわざと時間のない時に稼働していた(笑)

パチンコ時間がない

パチンコって時間がない時に限って
連チャンが止まらなかったりしませんか?

閉店が近い時
約束の時間が迫ってる時
仕事の休憩中に打ってる時、
親戚の集まりを抜け出した時、
奥さんからブチ切れLINEが届いた時(笑)

不思議なことにこういう時って
普段当たらないような演出でも
いきなり当たって爆連する・・・
みたいなことが起こるんですよ。

しかも!!

当時、僕が信頼しきっていた
じいちゃんも同じようなことを
語っていたので・・・

僕は信じて行動しましたよ!!www

意図的に夜の21時頃、
ふら~っとパチンコ屋に行って
打ってみたんです。

さんパパ
今日は時間がないから出るでしょ~

って。

でもね・・・。

意図的に作り出した時間のない状態では
まったく効き目がありませんでした(爆)

確変が単発で終わった台は時短中にデモ画面を出すと流れが変わる

パチンコ負ける思考

当時読んでいた攻略本に
デモ出し攻略法というものがありました。

簡単に言うとパチンコには波があって、
その波を出るように変えれば勝てる、
みたいなめっちゃくちゃな理論です(爆)

その時に書かれていた方法は

怪しい攻略法
確変が単発で終わってしまったら時短中に10分くらい台を放置してデモ画面を出して台を休ませたら波が変わって大連チャンしました!!

という投稿でした。

それを見た僕は

さんパパ
へぇ~、これだったら簡単だし、自分にもできるかな

どんな台でもいいんならやってみる価値はありそうだぁ

ってことで何度か実践。

ただの時間のムダでした(爆)

大当たり確率付近はチャンスゾーン!?

パチンコ負ける思考

パチンコはそれぞれスペックがあって、
大当たり確率が100分の1みたいに
決まっていますよね。

さっきも言った通り、
確率のことを知らなかった僕は

さんパパ
この台は大当たり確率が300分の1だから300回転付近で大当たりしやすいんだ!

という謎の理論で立ち回り
負債を増やしまくっていました。

実はこの背景にも攻略本の影響があって、

“本日の好調台”
“本日の不調台”

みたいなデータを参考に

怪しい攻略法
大当たり確率付近で当たると連チャンしやすい!

という法則があったんです。
(ウソっぱちですが(笑))

それで上のデータ表示機を見て
スロットで言うところの
ゾーン狙い的な立ち回り
1人孤独に続けておりました。

あの攻略本は数百円でしたが、
その影響で抱えた負債は10万以上に
膨れ上がったのは言うまでもありません。

やめるかなーって思ったら激熱リーチが来て・・・

さんパパ
今日は予定の1万を使ったし、これ以上はお金を使えないからおとなしく帰ろう。

そうやって最後の500円をプッシュすると、
急に画面がざわつきはじめ・・・

リーーーーーチ

みたいな声とともに激熱予告が。

それまで意気消沈していた気分が
急に盛り上がりはじめ手に汗握る瞬間!!

も・・・

普通にプラス1コマでハズレ、
身も心もがっくり。

そのまま席を立って帰宅・・・

となればよかったのですが、
そのリーチを見たことによって
やる気が復活(笑)

さんパパ
この台はまだやる気があるみたいだし次同じリーチが来たら当たるだろう

と言って追加投資決定。

1時間後

さんパパ
はぁ。。。

結局3万負けちゃったよ。

あの時あんなリーチが来なければ・・・

とぶつくさつぶやいて帰宅した回数

不明。

最初の1,000円でめっちゃ回る台に騙されクソ台にお金を使いまくる

パチンコ負ける思考

釘は読めなくてもヘソが開いてる、
みたいなことはなんとなく分かりました。

自分の親指を目安にヘソを見極めて
玉をはじいてみると・・・
ポコポコへそに玉が入って
めっちゃ回るじゃないですか!!

普段は15回転くらいしか回らないのに
その日は25回転くらい回る!

さんパパ
おお、この台はマジでいい台だ!

そう思って続行した瞬間・・・

次の1,000円で画面ストップ(笑)

さんパパ
あれ、全然回らないなぁー。

でも、さっきあれだけ回ったし、
たまたま回らないだけか、

と言って続行するのだけど・・・。

さっきがたまたま回っただけで回らない今が普通なんだよー

だってその台、回収台だからー

という突っ込みをしてくれる人が
身近にいなかったので永遠と
いつか回るいつか回ると信じて
お金を貢ぎ回収代とお友達になるのでした。

持ち玉になると回転数落ちるでしょ

パチンコ負ける思考

持ち玉になると
回転数の把握が難しくなって
数え方もどんぶり勘定になります。

なんとなくへそに保留がついていれば
周っているような感じがするのですが、
ひとたび液晶が止まったりすると
出玉で打つと回らなくなるみたいな考えが
脳裏をよぎるようになります。

で、玉が減ることに恐怖して
等価でもないのに現金投資をする(爆)

1プッシュの怖さを知らないものだから、
500円使うごとに100円マイナスという事実を
気にすることなくお金を使いまくる。

これじゃあせっかく出玉になっても
交換率の優位性を活かしきれないから
最後は負けちゃいますよね。

ちなみに持ち玉でも現金投資でも
回転率は変わらない
です。

厳密に言えば上皿が満タンだと
玉の重さで台が手前に傾いて
ワープから玉がこぼれやすくなる、
みたいなカイジの沼攻略みたい傾斜は
考えられなくもないですが・・・

そこまで気にしている人は
まぁいないでしょうね(^^ゞ

心配なら上皿と下皿の玉を全部抜いて、
125玉ずつ上皿に乗せて打てば、
現金投資と変わりませんから^^

大当たり・電サポ中は高速消化命(笑)

パチンコ止め打ち

パチンコって保留が少なくなると
ガセリーチの頻度が増える台が多いです。

その傾向って確変中でも同じで

保留が無くなる

変動が長くなる

ガセリーチが増える

という感じになります。

逆に保留が常に満タンであれば

サクサク消化する

変動が短い

リーチになると当たりやすい

となるので、保留が満タンの方が
リーチになった時の信頼度が高いんです。

それを僕は勘違いして

さんパパ
電サポ中は打ちっぱなしで保留満タンの方が当たりやすい!

と思ってました。

だから止め打ちなんかもせずに
ずっと打ちっぱなしだったので
無駄玉をたくさん放出し、
苦しい勝負を続けていました。

ちなみにご存知かと思いますが
パチンコって大当たりするとすぐに
アタッカーが開くわけでありませんよね?

大当たりのラウンド中も
アタッカーが閉じる時間があって、
さらに電サポ中も無駄玉の
発生ポイントはたくさんあります。

今でこそ、そういった細かい知識を
知っていますが、時はそんなことも
ほとんど知りませんでした。

さすがにアタッカーが開いてから打つ、
ということはしていたと思いますが、
大当たり中や電サポ中に
止め打ちするなんてほぼ知らず。

人によって出玉に差があることすら
知らなかったんですから、
このあたりでプロと大きな差がついて
負の期待値を積んでいたんでしょう。

勝つスキルが身についていない自分が
勝てなかったのも納得ですね。

他の人は連チャンするのになんで俺だけ連チャンしないんだ!!!

パチンコ単発
さんパパ
俺が勝てないのは連チャンしないからなんだよなー

せっかく当たっても単発なんだもん。勝てる訳ないじゃん

あの人は連チャンしてるのになんで俺だけ単発なんだろう?

この店はいつも負けるからやっぱ店が悪いのかな

そう言って自分が負けている理由を
他人に押し付けていました。

特に店員がインカムで何かを話した後に
単発で終了したりすると、

さんパパ
(遠隔操作)やられたわ

と、ふて腐ったことがありました。
(以下の記事内容に続く(笑))

最後はやっぱりこれ!遠隔してるだろ!!

パチンコ遠隔操作

僕は遠隔操作を信じていました。

じいちゃんが

じいちゃん
この店は7時になると仕事帰りの人に出すために当たりやすく操作しているんだよ

と言っていたからです。

だから全然当たらなかったり、
負けが続いている時は、
気も立っていたのですぐに

さんパパ
遠隔だ!
って騒いでました。

さんパパ
5,000円も使ったのにあたらないなんて絶対におかしい。

確率的に当たるはずなんだ!

と、誰に話すわけでもなく、
独り言でつぶやきまくっていました。

さらにその遠隔思考がエスカレートすると、

さんパパ
もうこの店では打たない!

だって当たらないように制御されてるから!

みたいな感じで店を変えたこともあり、
この遠隔思考はかなり重症化していたと
思います。

勝てるようになって期待値理論を学んでから
遠隔操作はないって納得しましたが、
やっぱり負けている状況だとなかなか
(期待値を)信じきれないのかなって思います。

僕の考える遠隔操作の真相ついては
こちらの記事で全部話してるので
気になる人は読んでみてください。
↓↓↓

パチンコで100万負けた考え方17選!これを真似したらあなたは負けます!! まとめ

パチンコ負ける思考

僕がパチンコで負けていた時
勝つために持っていた考え方は、

さんパパ
ハマってる台は当たりやすいんでしょ!?

ハマり台狙い → 当たる → 即やめを繰り返す

保留玉を満タンにしないと当たらないと思っていた

回る台ではなく当たる台が優秀台!!

出玉が飲まれるのが嫌で勝ち逃げばかり考えていた

今なら2,000円勝ってるからやめるかなと目先の利益ばかり見ていた

“たら・れば”を連発していた

なんで俺だけ連チャンしないんだ!って切れていた

時間がない時のパチンコは勝てると思っていた

デモ画面を出すと波が変わって連チャンすると思っていた

大当たり確率付近の回転数は当たりやすいと思ってゾーン狙いしていた

激熱リーチに騙されて追加投資していた

最初の1,000円でよく回ったボッタクリ台に騙されていた

持ち玉柚木になると回転数が落ちると思ってやめていた

大当たり中などの止め打ちを知らずに打ちっぱなしで消化していた

遠隔操作を信じていた

こんな感じです。

あなたがパチンコで負けているなら
1つや2つあてはまると思います。

冒頭でもお話しした通り、

あなたがパチンコで勝ちたいのであれば
今日の内容は当てはまってはいけない

のです。

間違っても

おぉ、俺もさんパパと同じような立ち回りを繰り返してるよ!

このままいけばいつかは勝てるんだろうな!

なんて思わないように(爆)

僕の真似をするのであれば
以下の記事を読んでください。
↓↓↓

これらの情報はパチンコで勝つために
必要な情報ばかりです。

当時はこんな風にパチンコで勝つための
情報を教えてくれるブログとかも
当時はまったくなかったので、
結構な遠回りをしました。

でもこういった苦しい下済み生活が
あったからこそ今の自分があるわけで、

まわりが廃業していくなか
僕が生き残り続けられたのは
この時の経験がかなり大きい

と思います。

今の時代は携帯1つあれば、
すべての情報が無料ですぐに見られます。

こうやってパチンコで勝っていた人の
生々しい情報を手にすることもできます。

でもその反面、情報が増えすぎて
どれが本物なのかを見失う
といった
リスクも生まれていたりします。

最初に間違った情報を掴んでしまうと
それだけであなたの勝つ可能性は
限りなくゼロになっていきます。

遠隔操作や攻略法、オカルトといった
勝つために関係のない情報を信じるか、
自分にできることを確実に実践する
スキルを身に付けていくべきか。

そういった感性も勝ちあがるには
身に付けておくことが大事ですので、
僕のメルマガを利用しながら
稼げる自分に成長してみてください。

あ、そういえばタイトルに
“17選”って書いてましたけど、
18個あったのは気にしないでください(笑)

パチンコやスロットで月10万円稼ぐために才能なんて一切不要!

パチンコスロット勝つ

神アツ

パチンコやスロットで2,000万以上勝ち続けた
秘密を語った無料メルマガを発行しています。

登録していただくと10秒以内に
パチンコ&スロットで勝ち続ける
100ページに渡る勝つための教科書を
無料で差し上げています。

このレポートをきっかけに

■スロットを打ったことのない
初心者が2週間で13万稼いだり、

■同じくスロットを打ったことのない
初心者が初月から+25万を達成したり、

■パチンコで20万負けていた主婦の方が
2ヶ月で10万発の貯玉を貯めてみたり、

■Aタイプばかり打っていたサラリーマンが
立ち回りを改善して万枚突破したり、

といった実例が多数出ています。

論より証拠を示しましょう!

まずは下記のページを読んで
どんな内容が話されているのか
確認してみてください。

また、教科書を呼んだ読者の方からも
たくさん感想をいただいているので、
登録することが不安な人はそちらを
読んでから登録してみてください。

※登録は無料で役に立たなければ
3秒で配信解除できます。

安心してご登録ください^^

記事が役立ったらクリックしてね▼

8 件のコメント

    • ありがとうございます^^

      基本的に僕の考え方は”勝つ”ではなく”負けない”なんですよね。

      負けない=勝つしかないじゃないですか!

      引き分けって基本ないので(笑)

      みんな勝ちたい、勝ちたい、って思うんですけど、それだと常に大振りしてる四番バッターみたいな感じで、ホームラン(10万勝ち)か三振(10万負け)みたいになって、明らかに三振の方が多いですよね。

      だからホームランは無くてもコツコツ、それこそバントヒットでもいいから塁に出る(負けない)ようにして、チーム(全体の収支)に貢献をする。

      打線(日々の稼働)が繋がることでたまーに大勝もするけど、基本は1点差のゲームを拾いに行く感じがいいと思うんですよね。

      負けまくっている時は必ずその原因があるので、それが何かを突き止め、原因を除去しない限り基本同じことを繰り返すので、そのきっかけにしてもらえたら嬉しいですね^^

  • やはりパチンコは同じことの繰り返しですからね
    わずかですがサンパパさんのような強い信念のもとでパチンコをやってる人々が
    支持されていくといいとおもいます。といってもパチンコ業界なんて基本どうにもならない
    連中ですが。終わりの時までほどほどに付き合っていこうとおもいます。

    • 僕は強い信念というか、過去のトラウマの影響でパチンコやスロットと付き合っている感じですね。

      負けたら人生終わるんだってことを知っているので・・・。

      そこまで夢中にならなければよかったんですけど、僕はハマってしまいました。

      >といってもパチンコ業界なんて基本どうにもならない連中ですが

      う~ん、僕はそうは思わないですね。

      良い人もたくさんいるし、正直、頭の多い人は多いと思います。

      少なくともパチプロになるのは結構大変なことなので、それで食っていけるのはテクニックだけではなく、いろんな戦術を知っていないと無理ですから。

      本来、サラリーマンをやっていても十分、管理職以上の能力はあると思う人もいるし、起業家として成功してい人もたくさんいます。

      パチンカーを擁護するわけではありませんが、良い面、悪い面の両面を見ると、また違った視点でみられるのかなと思います。

  • あーこれはかなり共感できますね。とりあえずさんぱぱさんのいうとおり
    『期待値』を追ってますが。これがかなりの難物で果たしてうまくいってるのか
    不安になります。それだけリスクも伴うということなんでしょうけど
    自分との戦いになりそうです。コツコツ首位打者を狙うさんぱぱさんにアドバイスがいただけたら
    光栄です。

    • パチンコで勝つのはおっしゃる通り自分との闘いですね。

      期待値を追いかけても負けることは普通にありますし、今の機種だったら北斗無双とか普通に5万とか負けちゃいます。

      で、大切なのはその先ですよね。

      確率なのでそういうこともあると言って同じことを繰り返すか、期待値なんて関係ないと言って立ち回りを乱すか。

      パチンコの勝ち方を知っていても勝てないのはこういったメンタルの部分がかなり強かったりもします。

      ですのである程度の軍資金は用意しておかないと、結果的に不安から短期的な勝負に移って負けてしまうというわけです。

      期待値があるか否かはツールを信じるしかなく、そのデータは自分が残しているので自分を信じるしかないと思います(^^ゞ

      不安なら1円パチンコで同様のことを実践して、5万発くらい勝てるまでやってみてはどうでしょう。

      その期間は練習だと思ってタダ働き、5万発を偶然ではなく意図的に貯められれば、あとはそれを4パチで実践するだけです。

      今はお金を使わずに練習できるコーナーもあるので良いと思います。

      期待値のある台が近くにあることが大前提ですが・・・

  • おそらく。さんぱぱさんの言うとおり。
    ぱちたいがーにはこれがあてはまっていました。
    学ばない→他人のせいにする→負ける→以下ループ→いずれ破産する。
    自分を見つめなおすということは見つめなおせない人間には大変ということです。
    やはりパチンコはギャンブルの世界だし→運任せ→期待値は嘘→インチキ→でも行く。パチンコ屋ご用達のウルトラカモ完成!!!
    八方塞りだったんでしょうね。打ち子をやらないかって誘われたこともあるし
    まぁそういう世界ってことなんでしょうね。負け組はカモだから勝ち方は教えない。じじばばあなどの近隣トラブルもありましたしね。
    まぁ嫌な思い出ばかりが植えつけられた奴が成長するのもご愛嬌。
    未来にむかってポップステップジャンプでございます!

    • 責任転嫁した時点で成長が止まり、結果も出なくなるのでその点は気を付けたほうがいいですね。

      人生はすべて選択で成り立っているので、起きた原因を他人ではなく自分で処理できるようになれば次の対策や予測が立てられ、結果も思うようなものに近づいていくと思います。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    パチンコ&スロット依存症患者のさんパパです。高校生で100万負け人生が破滅、大学生になり独学で勝ち方を学び、パチ&スロで2,000万以上勝ち現役引退。引退後は社蓄リーマンとして10年働き、仕事と育児の傍ら経営学を学び不労所得戦略を身につけ月収40万突破、まもなく脱サラ予定です。