パチンコのオカルトまとめ【デモ出し・激熱ハズレなど真相を大暴露】

パチンコ オカルト まとめ

こんにちは、さんパパです!

パチンカー
✓魚群が外れた台はハマるからやめた方がいいよね?

✓昨日出てる台は今日はハマるんじゃないの?

✓雑誌に当たりやすい回転数が書いてあったけどあれって本当?

こういったパチンコのオカルト理論の真相についてお話ししていこうと思います。

現在の僕はフリーランスとして活動しながら、イベント日を中心にホールへ行って稼働しています。

もう10年以上前ですが月100万円以上を安定して稼ぐ専業をやっていたこともあります。

ウソだと思われる方は僕のプロフィールを読んでみてください。

すでにパチンコで生計を立てることからは卒業しているので、過去、僕と同じように負けて困っている人に向けて勝つための情報をシェアしていきますね。

パチンコのオカルトまとめ【デモ出し・激熱ハズレなど真相を大暴露】

パチンコ オカルト まとめ

パチンコのオカルト理論とは要するに『思い込み』のことです。

『海物語に座って1回転目でリーチがかかったらその台は調子がいい』とか『サムが出て2連チャンで終わったら次はハマる』など理論的な根拠がないにもかかわらず『こうだ!』と決めつけてしまうわけですね。

オカルトを持つこと自体はパチンコを楽しむためにも必要だと思うのですが、あまりにも度が過ぎると、本来の目的である『パチンコで勝つ』こととはかけ離れた方向へと進んでいきます。

その結果、長いスパンで見た時にパチンコで勝つことが不可能になってしまうので、僕がこれまで相談された内容や過去の経験にもとづいて一問一答形式でお話しします。

パチンコのオカルト①:昨日出てる台は今日はハマる

さんパパ
この台は昨日、大当たりが50回を超えていて、3万発も出てるから今日はハマるんじゃないの?

パチンコの台を選ぶ時、何となく前日・前々日のデータを見て当たっていない台を選んだりしませんか?

僕もそういった思い込みをずっと持っていたのですが、結論として関係ありません。

パチンコはヘソに玉が入った瞬間、一定の確率で大当たり抽選しているので、たくさん連チャンした後も大ハマりした後も当たる確率は一定で、出る台はめちゃくちゃ出るし、ハマる台は1,000回転でも2,000回転でもハマったりします。

大当たり抽選の仕組みについては『パチンコの大当たり抽選の仕組みを簡単解説【元専業者の一問一答付き】』を参考にしてください。

パチンコのオカルト②:魚群がハズレた台はハマるからやめた方がいい

さんパパ
うわー、魚群がハズレたよ!!!

もうこの台はダメだ。

メッチャハマって大負けする。

移動しよ。

激熱リーチがハズレるとショックで台を移動した経験ってありませんか?

僕は結構あるんですけど、その根拠は海物語の魚群がハズレたら台を移動した方がいいとパチンコで負けていたじいちゃんに教えられたからです。

パチンコで勝ち続けるまで結構、長い間信じていたのですが、これもまったくのウソです(笑)

パチンコはヘソに入った瞬間、大当たりかハズレかの抽選をしていて、演出についてはハズレモードの中から選択されるだけなので、根本的な部分が違います。

この詳細についても『パチンコの大当たり抽選の仕組みを簡単解説【元専業者の一問一答付き】』にまとめてあるのでご覧ください。

パチンコのオカルト③:雑誌に当たりやすい回転数が書いてあったけどあれって本当?

パチンコ負ける思考
雑誌
あの人気機種で必勝法発見!?

250Gから320Gまでに大当たりすれば確変が10連チャンしやすい!

衝撃のデータがコレ!!!

僕が高校生の頃、こんな感じの雑誌が販売されていて

さんパパ
あ、この台って雑誌に書いてあったやつじゃん!

回転数もピッタリだし320Gまで回してみよう!

という謎の理論で立ち回り負債を増やしまくっていました。

パチンコはスロットと違って当たりやすいゾーンなどは存在しないため、この手の情報はすべて偶然による偏りでしかありません。

仮にそういった当たりやすいゾーンが存在したとしたら、それは欠陥台として撤去の対象になるため、そういった情報を信じるのはやめておきましょう。

パチンコのオカルト④:ハマってる台は当たりやすいんでしょ!?

さんパパ
お、この台、1,200回転もハマってるよ。

1/300で当たるわけだから、さすがにそろそろ当たるでしょ!?

パチンコの原理原則を知らないころ、パチンコが確率で成り立っていることすら知らず、ハマってる台ほど当たりやすいと思ってましたが、これは間違った考え方でした。

パチンコは完全確率で成り立っています。

大当たり確率1/300のミドルタイプで2,000回ハマっていていたとしても、2001回転目に当たる確率は1/300決して当たりやすいわけではありません。

これは300枚のクジが入っている箱に1枚だけ当たりがある状態でクジを引き、ハズレが出たらそのハズレクジを箱の中に戻してまたクジ引きをするといったゲームと同じことです。

箱の中にはたえず299枚のハズレクジと1枚の当たりくじがあって、299枚のハズレを引き続ければ永遠と当らないわけです。

だから1,000回転ハマっていても、2,000回転ハマっていても、当たりやすいといった理論は通用せず、ひたすらお金を貢いで負け続けたという苦い経験があります。

よって『ハマってるし、そろそろ当たりそうだから打ってみよう』といった考えで台を選んで打つのは、ホールにお金を貢ぐ可能性が高くなるのでやめておきましょう。

パチンコのオカルト⑤:角台や目立つ台は出やすい!?

おじいちゃん
この店は角台が出るんだよ

僕のおじいちゃんが頻繁に言っていたオカルトなのですが、一応、根拠はありました。

当時の僕が通っていたホールは月に数回、角台を特別開放するイベントがやっていました。

当時の僕は特別開放台(抽選台)=座れば勝てると思っていたんです。

抽選で当たった人がドル箱積んで爆裂させているのを何回か見ていたのとおじいちゃんからの洗脳もあって僕は本気で角台が出ると思っていました。

だからしばらくは『パチンコを打つ時は角台』と決めていた時期があったくらいです。

が・・・

全然、勝てなかったんですよね(^^;

さっき言った通りパチンコは完全確率なので、角台だけ特別抽選されて大当たり確率が10倍になるみたいなことはないわけです。

特別開放台がよく出ていた本当の理由は釘を甘くしてよく回る調整にしていたからです。

事実、抽選台でも一度も当たらずに閉店し、おばちゃんがブチ切れている光景も何度か目にしました。

パチンコはどの台も同じ確率で大当たり抽選されているので、角台や目立つ台が特別に大当たりしやすいなどはありません。

あるとすれば目立つ位置の釘を甘くし、長時間お客さんに粘ってもらって稼働率を上げ、活気のあるお店に見せることくらいです。

パチンコのオカルト⑥:保留玉を満タンにしないと当たらないと思っていた

さんパパ
リーチの時に保留ランプが満タンじゃないと激熱リーチもハズレちゃう

これはパチンコマダムの影響です(笑)

あれは高校の学校帰りのこと、初代CR大工の源さんを打っていた時、超激熱の高速コンベアリーチを外したことがありました。

パチンコ オカルト まとめ

信頼度で言うと70%を超えていたと思います。

当時の僕は100%当たるものだと信じ、脳内メルヘン状態で演出を見つめ、確変が連チャンしてドル箱を積み、ウハウハな状態を連想しながら心臓バクバク状態だったのに『まさかのハズレ』

その一部始終を隣で見ていたおばちゃんが、

おばちゃん
そこのランプ(保留ランプ)を満タンにしないからよ!

そのランプを全部つけなきゃ当たらないのよ!

と、僕に話しかけてきました。

さんパパ
え!?そうなんですか!

それは知らなかったです!!

僕にも純粋無垢な時期があったんですね。

明らかにトータルで負けていると思われる見ず知らずのおばちゃんの言葉を信じ、それからというもの必死に保留ランプを点灯させ、4つ点いた時にリーチがかかるだけでガッツポーズをしたこともありました。

一応、保留満タン状態だと時間短縮機能が発動して、リーチの全体的な信頼度があがる台もあるにはあったので(初代花の慶次とか)100%オカルトではないのですが・・・

無駄玉がめちゃくちゃ発生するので収支的には超マイナスでした。

もちろんパチンコは回転が始まった時点で大当たりするか否かが決まっているので、保留の残り数によって当たりハズレが変わることはありません。

パチンコのオカルト⑦:確変が単発で終わった台は時短中にデモ画面を出すと流れが変わる

当時読んでいたパチンコの攻略雑誌に『デモ出し攻略法』というものがありました。

簡単に言うと『パチンコには波があって、その波を出る方向に変えれば勝てる』といった理論です。

その時に書かれていた方法は

怪しい攻略法
確変が単発で終わってしまったら時短中に10分くらい台を放置してデモ画面を出して台を休ませたら波が変わって大連チャンしました!!

という投稿でした。

それを見た僕は

さんパパ
へぇ~、これだったら簡単だし、自分にもできるかな

どんな台でもいいんならやってみる価値はありそうだぁ

ってことで何度か実践してみましたが、結論として時間の無駄でした。

釘などを見て台を選ぶわけでもないので、1,000円で10回転くらいの台を打っていたらいくらお金があっても足りないし、条件にあう台を作り出すまでに破産してしまいました。

デモ出しは今でもオカルト論として持っている人が多いですが、これが通用するならずっとデモ出しすれば確変が永久に継続することになるので、それが現実的に起こるかと考えれば答えは見えてくると思います。

パチンコのオカルト⑧:お店が遠隔操作をして大当たりを止めている

僕は高校生の頃、遠隔操作を信じていました。

おじいちゃんが

じいちゃん
この店は7時になると仕事帰りの人に出すために当たりやすく操作しているんだよ

といつも言っていたからです。

だから全然当たらなかったり負けが続いている時は、気も立っていたのですぐに

さんパパ
遠隔だ!
って騒いでました。

さんパパ
5,000円も使ったのにあたらないなんて絶対におかしい。

確率的に当たるはずなんだ!

と、誰に話すわけでもなく独り言でつぶやきまくっていました。

さらにその遠隔思考がエスカレートすると、

さんパパ
もうこの店では打たない!

だって当たらないように制御されてるから!

みたいな感じで店を変えたこともあり、この遠隔思考はかなり重症化していたと思います。

結論として今のパチンコホールにおいて遠隔操作は行われていないので気にする必要はありません。

詳細は『パチンコの遠隔操作について元専業者が動画で真相をぶっちゃけ!』でお話ししているので参考にしてください。

パチンコのオカルト⑨:時間がない時のパチンコは不思議と連ちゃんが止まらない

パチンコって時間がない時に限って連チャンが止まらなかったりしませんか?

閉店が近い時

約束の時間が迫ってる時

仕事の休憩中に打ってる時

親戚の集まりを抜け出した時

奥さんからの帰宅命令が届いた時(笑)

不思議なことにこういった時間のない時って、普段当たらないような演出でもいきなり当たって連チャンが続いたりするんですけど、結論としては偶然です。

というのも『時間がない時ほど連チャンする』といったオカルトを信じ、夜の21時からパチンコを打ちまくったことがあるんです。

さんパパ
今日は時間がないから出るでしょ~
という感じで。

結果、普通に何も当たらず1万円負けて帰宅することが数回続き、勝つことなくチャレンジは終わりました。

パチンコのオカルト⑩:雨の日のパチンコは出るって聞いたけど本当?

友人
雨の日のパチンコは出るといったことを聞いたのですが本当?

友人がよく行っていたのですが、雨の日だからと言ってパチンコが出るということはないです。

それはこれまでお伝えした通り、パチンコが確率で抽選されているので、雨の日だから当たりやすくなるといったことがないからです。

じゃあなぜ、このようなオカルトが出てくるのかというと、雨の日は大工さんなどの仕事が休みになり、いつもよりお客さんが増えたりしました。

すると当然、お店全体の稼働が上がるので錯覚的に出ているように見えるわけです。

おそらくこれが『雨の日は出る』といったオカルトにつながっているのだと思いますが、個々に見れば決して当たりやすい(=出る)わけではありません。

パチンコで結果を残したければ理論で立ち回る以外道はない

パチンコ オカルト まとめ

パチンコで勝つ理論とは期待値のことです。

僕は期待値理論を利用してパチンコやスロットはもちろん、みんなが汗水たらして70歳近くまで働き続けるサラリーマンを30代前半でセミリタイアし、老後の暮らしを手に入れました。

結局のところ、自分が求める結果が欲しければ、それを手にするために原因を分析し、逆算的に歩んでいくことが不可欠です。

感情的に『この台はそろそろ当たる』『もうこの台は出ない』などと考えても、何回かに一回はそれが実現することはあったとして、年間収支を見た時にマイナスであれば意味がないですからね。

パチンコで勝ち続けている人は常に『勝つ理論』に沿って台を選び、やめ時を決めています。

その中でオカルトを持つのはアリだと思いますが、本気で勝ちたいと思っているにもかかわらず、理論は面倒だと最初から目をそらし、オカルト全開で立ち回るのはホールにお金を寄付しているのと何も変わらないということです。

僕が実践している勝つための理論とは?

理論と言ってもひとことではとても言い表せられないので、参考記事を以下に載せておきますね。

個別に見ていくのが大変な人はメルマガでもらえるプレゼントを受け取れば1から順に学ぶことができます。

現時点でパチンコで負けて悩んでいるなら、今のまま稼働しても負け続ける未来が変わることはないので、これを機にオカルト理論から期待値理論へと切り替えるのがおすすめです。

これまで100人以上の負けている方に勝つための理論を伝えてきましたが、勝ちあがった人は全員、期待値理論で立ち回っています。

最初は大変だと思いますが、1度、勝ち方を身につけたらそれでおしまいなので実践する価値は十分だと思います。

まとめ:パチンコを楽しみたいなら勝つための立ち回りは必要です

あなたがパチンコで勝ちたければ以下の考え方は頭の中から排除しておきましょう。

パチンコのオカルト①:昨日出てる台は今日はハマる

パチンコのオカルト②:魚群がハズレた台はハマるからやめた方がいい

パチンコのオカルト③:雑誌に当たりやすい回転数が書いてあったけどあれって本当?

パチンコのオカルト④:ハマってる台は当たりやすいんでしょ!?

パチンコのオカルト⑤:角台や目立つ台は出やすい!?

パチンコのオカルト⑥:保留玉を満タンにしないと当たらないと思っていた

パチンコのオカルト⑦:確変が単発で終わった台は時短中にデモ画面を出すと流れが変わる

パチンコのオカルト⑧:お店が遠隔操作をして大当たりを止めている

パチンコのオカルト⑨:時間がない時のパチンコは不思議と連ちゃんが止まらない

パチンコのオカルト⑩:雨の日のパチンコは出るって聞いたけど本当?

これらはすべて勝つこととは関係のないオカルトなので今後は気にしないほうがいいです。

自分の感情に沿って好きな台を打って結果を残し続けるのは難しいです。

でも、しっかりとスキルを身につけて、勝つ立ち回りを継続すれば誰でも勝つことは可能です。

2020年3月時点においても現役で活動しているプロはいますし、彼らがくいっぱぐれる気配もありません。

立ち回りをガラッと変えるのは労力のかかることですが、1週間もすれば慣れてくると思います。

ぜひこれをきっかけに理論を学んでみることをオススメします。

パチンコ&スロットの二刀流で月10万勝ち続ける教科書を無料プレゼント中!

毎月、パチンコやスロットで勝ち続けている人を輩出している教科書を購読してみませんか?

この教科書に出会ったことをきっかけに

スロットを1度も打ったことのない学生さんが2週間で13万円のプラス収支を達成したり、

同じく目押しすらできないサラリーマンパパが初月から+26万円を達成したり、

3ヶ月で20万以上負けていた主婦の方が2ヶ月で10万発の貯玉をためることに成功したり、

30年パチンコで負け続けていた人が3ヶ月で+25,000発&スロットで+5,000枚を達成という二刀流を極めたり、

仕事帰りにジャグラーやHANABIなどのAタイプを打って毎月3万負けていたサラリーマンが半年で+70万達成したり

どうやっても勝つことができなかった副業サラリーマンがパチンコの基礎を身につけてから稼働した結果、月+13万のプラス収支を達成したり、

稼働すればするほど負けていたサラリーマンが300台以上スロットを打って+55万以上の収支を達成したり

と、ここから勝ち組に駆け上った人はもはや計測不能です(笑)

が!!!

そうはいっても超怪しいと思うのでその根拠を最初にお伝えしますね^^

以下のページにパチンコやスロットで勝つために必要な手順をたった180秒で解説した動画を用意したので、まずはそちらを見てみてください。

(クリックで動画視聴ページに飛びます)

実際に教科書を見た方から
777件以上の喜びの感想
をいただいています!

記事が役立ったらクリックしてね▼

8 件のコメント

    • ありがとうございます^^

      基本的に僕の考え方は”勝つ”ではなく”負けない”なんですよね。

      負けない=勝つしかないじゃないですか!

      引き分けって基本ないので(笑)

      みんな勝ちたい、勝ちたい、って思うんですけど、それだと常に大振りしてる四番バッターみたいな感じで、ホームラン(10万勝ち)か三振(10万負け)みたいになって、明らかに三振の方が多いですよね。

      だからホームランは無くてもコツコツ、それこそバントヒットでもいいから塁に出る(負けない)ようにして、チーム(全体の収支)に貢献をする。

      打線(日々の稼働)が繋がることでたまーに大勝もするけど、基本は1点差のゲームを拾いに行く感じがいいと思うんですよね。

      負けまくっている時は必ずその原因があるので、それが何かを突き止め、原因を除去しない限り基本同じことを繰り返すので、そのきっかけにしてもらえたら嬉しいですね^^

  • やはりパチンコは同じことの繰り返しですからね
    わずかですがサンパパさんのような強い信念のもとでパチンコをやってる人々が
    支持されていくといいとおもいます。といってもパチンコ業界なんて基本どうにもならない
    連中ですが。終わりの時までほどほどに付き合っていこうとおもいます。

    • 僕は強い信念というか、過去のトラウマの影響でパチンコやスロットと付き合っている感じですね。

      負けたら人生終わるんだってことを知っているので・・・。

      そこまで夢中にならなければよかったんですけど、僕はハマってしまいました。

      >といってもパチンコ業界なんて基本どうにもならない連中ですが

      う~ん、僕はそうは思わないですね。

      良い人もたくさんいるし、正直、頭の多い人は多いと思います。

      少なくともパチプロになるのは結構大変なことなので、それで食っていけるのはテクニックだけではなく、いろんな戦術を知っていないと無理ですから。

      本来、サラリーマンをやっていても十分、管理職以上の能力はあると思う人もいるし、起業家として成功してい人もたくさんいます。

      パチンカーを擁護するわけではありませんが、良い面、悪い面の両面を見ると、また違った視点でみられるのかなと思います。

  • あーこれはかなり共感できますね。とりあえずさんぱぱさんのいうとおり
    『期待値』を追ってますが。これがかなりの難物で果たしてうまくいってるのか
    不安になります。それだけリスクも伴うということなんでしょうけど
    自分との戦いになりそうです。コツコツ首位打者を狙うさんぱぱさんにアドバイスがいただけたら
    光栄です。

    • パチンコで勝つのはおっしゃる通り自分との闘いですね。

      期待値を追いかけても負けることは普通にありますし、今の機種だったら北斗無双とか普通に5万とか負けちゃいます。

      で、大切なのはその先ですよね。

      確率なのでそういうこともあると言って同じことを繰り返すか、期待値なんて関係ないと言って立ち回りを乱すか。

      パチンコの勝ち方を知っていても勝てないのはこういったメンタルの部分がかなり強かったりもします。

      ですのである程度の軍資金は用意しておかないと、結果的に不安から短期的な勝負に移って負けてしまうというわけです。

      期待値があるか否かはツールを信じるしかなく、そのデータは自分が残しているので自分を信じるしかないと思います(^^ゞ

      不安なら1円パチンコで同様のことを実践して、5万発くらい勝てるまでやってみてはどうでしょう。

      その期間は練習だと思ってタダ働き、5万発を偶然ではなく意図的に貯められれば、あとはそれを4パチで実践するだけです。

      今はお金を使わずに練習できるコーナーもあるので良いと思います。

      期待値のある台が近くにあることが大前提ですが・・・

  • おそらく。さんぱぱさんの言うとおり。
    ぱちたいがーにはこれがあてはまっていました。
    学ばない→他人のせいにする→負ける→以下ループ→いずれ破産する。
    自分を見つめなおすということは見つめなおせない人間には大変ということです。
    やはりパチンコはギャンブルの世界だし→運任せ→期待値は嘘→インチキ→でも行く。パチンコ屋ご用達のウルトラカモ完成!!!
    八方塞りだったんでしょうね。打ち子をやらないかって誘われたこともあるし
    まぁそういう世界ってことなんでしょうね。負け組はカモだから勝ち方は教えない。じじばばあなどの近隣トラブルもありましたしね。
    まぁ嫌な思い出ばかりが植えつけられた奴が成長するのもご愛嬌。
    未来にむかってポップステップジャンプでございます!

    • 責任転嫁した時点で成長が止まり、結果も出なくなるのでその点は気を付けたほうがいいですね。

      人生はすべて選択で成り立っているので、起きた原因を他人ではなく自分で処理できるようになれば次の対策や予測が立てられ、結果も思うようなものに近づいていくと思います。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUT US

    パチンコ&スロットの二刀流で2000万以上勝ち続けた元専業パパ。19歳に勝ち始めて以後、15年以上プラス収支継続中。とはいっても最初の1年間は負け続きで、稼働を始めた高校時代に100万以上の負債を負って引きこもりになるなど、勝ち組と負け組の両面を知る。現在はフリーランスとして活動しながらパチンコやスロットで勝ちたいと思う人に向けてブログやメルマガ、オンラインコミュニティで情報を発信しながら自由に暮らしてます。