パチンコの立ち回り方法や優良台を見極めるヒントとは?

さんパパ
こんにちは!

海物語を打ったら2回転目に
魚群が流れて隣のおじさんに
ガン見されたさんパパです!

座ってすぐアツいリーチがくると
隣の人に超見られたりしません?

こっちはずっと打ってるのに
何でいきなり当たるんだよ!

みたいな空気を出されたり(笑)

まぁ、気持ちは分かるんですけど
誰にでもそういう経験ってあるので
お互い様だと思うんですけどね。

1年間ホールに通い続けて
1度も1万円以内に当たらない、
とかムリゲーじゃないですか。

だからいつかは自分もバシッと
低投資で当たって勝てる日が
来るわけです。

ただ、その日までにたくさん
負けているとその日が来た時に
回収しきれないので累計収支が
マイナスになっちゃうと。

そこをプラスに変えたいなら
できるだけ無駄なお金を
使わないように止め打ちなどの
技術をコツコツやることです。

結果的に2回転目で発生した
魚群はあたって5,000発ほど
出てくれました。

即ヤメすれば2万勝ちでしたが
そういう立ち回りは卒業したので
夜まで粘りましたけどね。

ということで今日もいただいた
質問に回答していきます!

パチンコの立ち回りや台を見極める方法のヒントは?

読者さん
おはようございます、いつもメルマガありがとうございます。

年齢は50歳で27年ほどパチンコをやっていますが、最近は、特に粘れば粘るほど勝てないし2万円ぐらい使って単発で終了という事が回りを見ていても多いなと思います。

ちなみに、2千円ぐらいで当たって1万発とかのが多い気がしました。

メルマガを見るようになって1週間ホールを下見&実践したとろ、やはり20台打ち歩き2千円で14000発出て、2万円使い53000円換金しました。

立ち回りの方法とか台の選び方見きわめる方法など何かヒントなるようなものがあれば教えてもらえませんか。

12月パチンコファンとしては、一番の稼ぎ時なので頑張りたいと思います。

パチンコは粘っても単発で終了する!?低投資で当たったほうが爆連するのでは?

年齢は、50歳で27年ほどパチンコをやっていますが、最近は、特に粘れば粘るほど勝てないし2万円ぐらい使って単発で終了という事が回りを見ていても多いなと思います。ちなみに、2千円ぐらいで当たって1万発とかのが多い気がしました。メルマガを見るようになって1週間ホールを下見&実践したとろ、やはり20台打ち歩き2千円で14000発出て、2万円使い53000円換金しました。

パチンコを打って1つの台を
粘れば粘るほど勝てない理由として
考えられるのは2つほどあります。

①期待値がマイナスの台を打っている
②期待値がプラスだけど下振れしている

基本的にパチンコで勝てない人の
ほぼ全員に共通するのが期待値が
マイナスの台を打っている
ことです。

例えば粘れば粘るほど勝てない、
というのはどれくらい粘る、
という意味でしょうか?

僕の言う粘るとは1日中回す、
ということで金額的な話をすると
10万円突っ込むという意味です。

例えば一般的な台を終日勝負(12時間)すると
通常回転数はだいたい2,000回転くらい
回すことができます(機種によって変わります)

すると1,000円で20回転回る機種なら
10万円を使い切ったら終わりですよね。
(だいたい夜の21時くらいになる)

だから等価交換お店で打つなら
10万円財布に入れて無くなるまで打ち、
25000発以上出れば勝ち、出なければ負け、
という単純な勝負になります。
(実際は貯玉再プレイします)

期待値がしっかり積めている台なら
理論上は27,500発~30,000発くらいが
手元に残るはずなので日当1~2万円を
手にできるという意味です。

もちろん毎回、きれいにそういった
収支に落ち着くわけではなく、例えば

パチプロ
今日は10万使って5万回収で収支は-5万円だった。

でも、昨日はたくさん当たりが引けて10万使って20万回収できた。

2日の収支は+5万円で1日当たり+25,000円の勝ち。

積んだ期待値が30,000円だからまずまずかな

みたいな収支計算をして
稼働を積み重ねていく感じです。

ですので、粘れば粘るほど勝てないのは
おそらく期待値がマイナスか、
試行回転数不足が原因かなと思います。

あと、低投資で当たって万発出たりするのは
単に運が良かっただけで、長いこと打つと
必ず負けるようにできています。

今まで27年パチンコで負けてきたのは
そうしたラッキーを何度も経験し、
その印象が捨てきれないからかなと思います。

今の収支がプラスになっていて、
今後も継続的に勝てるのであれば
例えば低投資で当たる→即ヤメ、
という立ち回りでいいと思いますが、
それで今まで負けてきたのであれば
それはタダのラッキーとして捉え、
基礎から見直すのが良いと思います。

パチンコで勝つにはパチンコをシステムとして考える

立ち回りの方法とか台の選び方見きわめる方法など何かヒントなるようなものがあれば教えてもらえませんか。12月パチンコファンとしては、一番の稼ぎ時なので頑張りたいと思います。

立ち回りの方法や台の選び方は
こちらの記事から順番に見ると
分かりやすいかなと思います。
↓↓↓

パチンコはノウハウだけ知っても
それを実践しきるだけのメンタルが
備わっていないと勝つのは難しい
です。

勝てる技術を持っている人でも
その技術を活かしきれない台を打っていれば
トータルで勝つのは絶望的になるし、
逆に技術はソコソコでも情報を整理して
分析すれば勝てる人もいます。

僕は毎日パチンコを打つわけではないので
技術は専業レベルには程遠いです。

その代わり情報を分析することは
他の誰よりも実践してるはずなので
地元の店であればどこに行けば
勝てる台(期待値がプラスの台)が
あるのかを知っています。

知識が少ないい状態で勝ちたい人の多くは
プロセスではなく結果にこだわるのですが、
大切なのは台を選ぶ根拠です。

ちょっと難しいんですけど、
パチンコやスロットって
ボーダーや機械割があるので
100万入れたら98万出るとか
100万入れたら119万出るみたいに
決まってるんですよね。

これをシステムって呼んだりするのですが、
パチンコもスロットもシステムなんです。

お店にある台は多くの台は100万入れると
90万くらいしか出ないようになってるから
1年単位でみるとみんな負けます。

でも1日単位で見れば
勝つ日もあったりします。

このたまに勝つというのが厄介
勝ち続けることが難しい理由なのですが
勝ちたいのであればパチンコの仕組みを
しっかり理解してみるといいです。

例えば今までの収支表があって
投資と回収額が分かるのであれば、
見ているといいと思います。

う~ん、今までの収支は累計1000万投資して900万の回収でトータル100万の負けかぁ。

でも、たまに1000円で10万勝つ日もあるんだよなぁ~。

みたいな結果になってると思います。

それっていうのは目には見えないですが、
実は打つ前から決まっていて、それを
具現化したものが期待値です。

だから期待値を計算して積み上げて、
試行回数を重ねていけば収支は
期待値に収束して1,000万突っ込むと
手元に1100万残って年間100万勝ち、
みたいになるわけです。

先程、1日10万使うと言いましたが、
パチプロの人が月25日稼働すれば
約250万の投資、年間3,000万です。

仮に1日15,000万円の期待値を積めば
15,000万×25日×12ヶ月=450万

つまり3,000万投資して3,450万回収、
という形になるのでこの人の年収は
450万前後ということになります。

もちろんきっちり3450万勝てるのではなく
そこが正規分布の中心となって左右に
振れますが、それだけプラスになっていれば
年単位でマイナスになることはまずないです。

※正規分布のイメージ図

正規分布

パチンコの期待値とは?【元専業の僕が詳しく解説します】より引用

逆に負けている人はグラフの中心地が
マイナスになっているので、短期でみれば
上振れしてプラスになることがあっても
長期的にはマイナスになるということです。

少し難しいですが理屈としてはこんな感じで
何となくわかる程度でよいと思います。

パチプロでもこの知識を知らない人は
たくさんいますし、むしろ実践第一で
立ち回ってる人の方が多いです。

それで勝てるならそれでいいし、
勝てないなら立ち回りを見直すためにも
理屈から学ぶのが良いと思います。

まとめると

さんパパ
少額投資で当たったほうがたくさん出るという話ではなく、期待値がプラスの台を打ち続けることの方がトータル収支には大事なんですよ~

そのためにはデータを取ることが必要でそれはこちらのページから学んで、さらにそれを実現するメンタル(思考)を手引書で身に付けてくださいね

ということです。

それと12月が稼ぎ時手というのは
休みになるからという意味ですかね?

12月の年末年始は一般的に回収なので、
そのまき餌として出すなら今週か
来週くらいまでじゃないですかね?

以下の記事も参考にしてみてください!
↓↓↓

要チェック!




パチンコ&スロットの二刀流で勝つための教科書を作りました

パチンコとスロットは理論で勝つものです

新型コロナウイルスによってパチンコ業界はかつてない苦境に立たされています。

営業自粛、世間からのバッシング、20年近く業界を見てきた僕でさえ『このまま滅ぶんじゃないか』と思うくらい厳しい状況です。

ただでさえ安定して勝つことができるのは1割と言われる中、一般ユーザーがホールに行っても、遊ぶことすら許されずに回収されるのがオチです。

そんな中、あなたに与えられた選択肢は3つです。

選択肢①:パチンコ業界はもう終わりだから足を洗う

選択肢②:負けてもいいから気分転換に稼働する

選択肢③:会社の収入も減収になって厳しいから勝ち組になる

僕はパチンコで破産した過去があるので、負けてまで稼働することに意味はないと思ってます。

ですので実質的にとるべき選択肢は①か③と考えていて、①に関しては僕も挑戦しましたが、やめようと思ってやめられるものでもありません。

すると残された選択は③しかなく、そのためには勝ち方を学ぶことが絶対に必要です。

パチンコもスロットも正しい知識を持って稼働すれば、その瞬間から負債を減らし、勝つ可能性をアップすることができるゲームです。

過去には1000万円以上の貯金を失ったという方もいましたが、その人ですら理論を身にまとえばすぐに収支は上昇曲線を描きました。

今の段階で勝ち方を学ぶことで、これから先に失うはずだったお金を手元に残し、さらにホールから資金を回収することも可能です。

以下に僕が15年以上かけて実践してきた勝ち方に関するノウハウや考え方、細かい実践テクニックを解説した教科書や動画をまとめたプレゼントを用意したので1度、手に取ってみてください。

あなたが業界がより一層厳しくなる中、安定した稼働を続けたいと思うなら、その状態の手助けになるはずです。

記事が役立ったらクリックしてね▼

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUT US

パチンコ&スロットの二刀流で2000万以上勝ち続けた元専業パパ。19歳に勝ち始めて以後、15年以上プラス収支継続中。とはいっても最初の1年間は負け続きで、稼働を始めた高校時代に100万以上の負債を負って引きこもりになるなど、勝ち組と負け組の両面を知る。現在はフリーランスとして活動しながらパチンコやスロットで勝ちたいと思う人に向けてブログやメルマガ、オンラインコミュニティで情報を発信しながら自由に暮らしてます。