パチンコの甘デジは勝てるのか【←はい。ただし条件が3つあります】

パチンコの甘デジは勝てる理由について解説した記事のアイキャッチ画像

こんにちは、さんパパです!

気が付けば勝ち組になってから18年経ちました。1度、勝ち方を学びきると後が楽だなとしみじみ思います。

読者さん
✓甘デジは本当に勝てるの

✓確かに当たりやすいけど出玉も少なく勝てない気がする

✓釘も渋くて回らない台が多いし、それならミドルを打った方が夢があるんじゃないか

といった疑問にお答えします。

確かにミドルの方が一撃万発の夢はありますが、希望的観測だけで理想と現実が一致しないのは世の常です。

コツコツ甘デジで勝つ世界も楽しいですよ。

パチンコの甘デジは勝てるのか←勝てますけど条件があります

パチンコの甘デジは勝てるのか←勝てますけど条件があります

パチンコの甘デジで勝つための条件は以下の3つです。

パチンコの甘デジで勝つための条件
条件①:設置台数が島単位であること

条件②:技術介入が使えること

条件③:勝つスキルを身につけていること

条件①と条件②は両方を満たす必要はありませんが、条件③は必須です。

条件①:設置台数が島単位であること

島単位で導入されている甘デジは、お店側も力を入れるケースが多いため釘の調整がされやすく、イベント時などに狙いやすいです。

一般的にパチンコはスペックが甘くなればなるほど釘の調整は厳しくなります。1/300スペックと1/100スペックであれば、単純に後者の方が3倍ほど大当たりしやすく、出玉につながる時間も多くなり、うまい技術を持った人は出玉を増やしたり、本来減るはずの玉を現状維持したりできるためお店の利益は減ります。

そのため甘デジはミドルスペックに比べて辛めの調整をしている店が多いのが現実で、断言はしませんがバラエティーコーナーにポツンとある台の釘が開くことはほぼないと思っていいです。

よって甘デジを狙うのであれば島単位で導入されている台をイベント時などに狙うのが王道になりますね。

条件②:技術介入が使えること

釘が甘くてよく回る台ならいいのですが、そういう台は見つからないと思うので、甘デジで勝つには技術介入が必須です。

上記の通りで、最低限の止め打ちなどは覚えておく必要があるでしょう。

■甘デジを楽しみに来た休日サラリーマン
→10時間打った結果、1万円負けて帰宅

■甘デジで勝つことを目的に来たプロ
→10時間打った結果、1万勝って帰宅

特に甘デジは技術の差が出やすく、打ち手によって日当2万円以上の開きがでることも珍しくありません。

さらに言うと一般の人が打つと期待値がまったく出ない台であっても、プロレベルの人が打つと日当レベルの期待値が出る台に化けることもあります。この場合に限ってはバラエティーコーナーにひっそりと置いてある機種が優良台に変わるので、釘がさらに渋くならない限り打てたりします。

椅子に座って1日打つだけで手元に残るお金が1万円以上変わるなら、できることはやったほうがいいですよね。

条件③:勝つスキルを身につけていること

甘デジに限らずパチンコで勝ちたいのであればスキルを身につけることは必須です。

知識も技術もなくお店が用意した回収台にお金を入れれば、一撃性のない台ほど負ける確率は上がっていきますので。

本質的な話をすると甘デジで勝てるのかを考えるより、自分はパチンコで勝つためのスキルを身につけているのかを先に考えた方が良いです。身についているなら行動すればよく、身についていなければ稼働する前に勝つための知識を身につけることが先であり、順序が逆な時点で何を打っても勝てません。

この話に関してはブログ内でも繰り返しお伝えしているので、下記の記事やメルマガを熟読してください(必須です)

パチンコの甘デジで勝てる理由を実際の事例で解説

パチンコの甘デジで勝てる理由を実際の事例で解説

僕は専業をやめてから副業パチンカーとして稼働していましたが、その頃は甘デジ専門でした。

通っていたのは自宅から1時間ほど離れた2.5円交換のお店だったのですが、その時の勝率は90%を超えていたのでその理由についてお話しします。

勝率90%を叩き出した甘デジ:CR リング 呪いの7日間 FPW

勝率90%を叩き出した甘デジ:CR リング 呪いの7日間 FPW

CR リング 呪いの7日間 FPW スペック

■大当たり確率
1/99.9

■高確率時
1/29.56

■小当たり確率
ヘソ=1/75.0
電チュー=無し

■確変割合
100%(ST35回転)

■賞球数
3&10&12

■電サポ
0/35回

■大当たり出玉
約1335個(右/14R9C)
約475個(右/5R9C)
約190個(右/2R9C)

■当たり内訳
ヘソ
14R確変=10%(ST35回)
5R確変=45%(ST35回)
2R確変=25%(ST35回)
潜確5R=10%
(出玉無/サポ無ST35回/初回潜伏)
潜確2R=10%
(出玉無/サポ無ST35回/初回潜伏)
電チュー
14R確変=10%(ST35回)
5R確変=55%(ST35回)
2R確変=30%(ST35回)
突確2R=5%(出玉無/ST35回)

2012年に登場した甘デジですが、この機種が勝てた理由は以下の通りです。

リング甘デジが勝てた理由
理由①:設置台数が多かった

理由②:大当たり中の捻り打ちで玉が増えた

理由③:電サポ中の止め打ちで玉がモリモリ増えた

理由④:逆捻り打ちを使うことで保留を貯められた

順番に解説していきます。

理由①:設置台数が多かった

この機種が勝てたのは技術介入要素が高かったのが一番の理由ですが、それと同時にどのお店に行っても設置されていたので状況的にも恵まれていました。

島単位で導入していたお店も少なくなく、5台あれば1台くらいは技術でカバーできたりしたので、仕事帰りにホールによって稼働したりすることもできたと思います。

当時の僕は仕事と子育てに追われていたため、終日稼働できる日は月に1度あるかないかといった感じでしたので、上記のホールに行って開店から閉店までタコ粘りしていました。

理由②:大当たり中の捻り打ちで出が増えた

大当たり消化中にワンツー打法を使うことで出玉の上乗せが可能でした。

※ワンツー打法のイメージ(13秒くらいのところでハンドルを捻っていますよね)

2.5円交換のお店だとアタッカーの削りもほぼなく、3~5割ほど捻り打ちでオーバー入賞させることができたので、大当たり1回当たり数十発増やせました。

捻り打ちの効果については『パチンコの打ち方(ストローク)と捻り打ち方法【動画と画像で徹底解説】』を参考にしてください。

理由③:電サポ中の止め打ちで玉が増えた

電サポ中は右打ち消化ですが、電サポの開放に合わせて2発打つだけで玉がモリモリ増えました。

パチンコ玉の画像

ロングリーチがかかったりするとその間に玉をガンガン増やせるので、電サポ中にリーチがかかればかかるほど旨味の増す面白い機種です。

電サポは35回転でしたが玉が増える時は下皿からあふれるくらい玉が増え、店員さんに何か言われないかドキドキしたのは懐かしい思い出ですね^^

ちなみに僕はやっていませんでしたが、電サポ中に捻り打ちを使うことでもっと玉を増やせる上級者もいました。
※電サポ中の捻り打ち:参考動画

理由④:逆捻り打ちを使うことで保留を貯められた

これは専業レベルでないと知らない知識なのですが、この機種は電チューがヘソの真下にあるので左から打っても電チューに玉が入る形状でした。

甘デジ:CR リング 呪いの7日間 FPW電サポ

そのため電サポが開いている時に左打ちしたとしても、何発かに1発は電サポに玉が入るので以下のような打ち方が可能でした。

リング 呪いの7日間逆捻り打ち
■電チューが開く→右に2発、左に1発

■電チューが開く→右に2発、左に1発

■電チューが開く→右に2発、左に1発

まず電チューが開いたら右に2発打つことによってスルーを通りながら電チューへと玉が向かいます。

この機種の一般的な止め打ちはそこで打ち出しを止め、次の電チュー開放に移行したタイミングで2発打つことを繰り返すのですが、逆捻り打ちは右に2発打った後、止めることなく左にハンドルを戻して1発打ちます。

これによってヘソを狙いながら、入らなかった場合も下の電チューで死に玉を回避でき、さらに電サポ終了後は保留満タン状態からスタートすることが可能でした。

仮に1日電サポ抜けが20回あるとすれば80回転ほどを出玉を一切使わずに回すことができたので、これによって期待値を大きく上乗せすることができました。

動画を探したのですがなかったので、イメージとしては下記の動画の捻り打ちに加え、さらに左に1発打つ感じです。

この動画の打ち方だけでも慣れないと難しいですが、パチンコを生業としてる人はこれくらいやってます。

もちろんここまでやってる人は稀ですが、何もせずに打ちっぱなしてる人との差は何となく分かりますよね。

まとめ:甘デジは期待値がでれば安定して勝てる

というわけでポイントをまとめておきます。

記事のポイント
■甘デジは勝てるけど条件がある

■設置台数が島単位であること

■技術介入が使えること

■勝つスキルを身につけていること

■僕が甘デジで勝率90%を叩き出したのはすべての条件を満たしたお店を探して稼働していたから

最後にあなたができることから始めよう

この記事の内容は中級者~上級者向けなので、初心者の人にとっては刺激も強かったと思います。

■捻り打ちなんかできない

■言われたことを実践する自信がない

■甘デジで勝つためにここまでするのか

■もはや何を言ってるのか意味すら分からない

もしかしたら、そういう気持ちになったかも知れませんが大丈夫です。

今は規制も厳しくなって上記のような技術を使える台は少なくなり、逆にパチンコにも設定や天井が付いたりと時代は技術介入から知識介入の時代へと変化しています。

これは言い換えると技術で喰ってきたプロがきつくなり、一般の人にもチャンスありの時代がやってきたということです。

もちろん止め打ちの重要性が低くなるわけではありませんが、勝つための知識を身にまとえる力をつけておくだけでも勝ち上がるはずですので、あきらめずに勝つためのスキルを身につけていきましょう。

それではまた^^




パチンコ&スロットの二刀流で勝つための教科書を作りました

パチンコとスロットは理論で勝つものです

新型コロナウイルスによってパチンコ業界はかつてない苦境に立たされています。

営業自粛、世間からのバッシング、20年近く業界を見てきた僕でさえ『このまま滅ぶんじゃないか』と思うくらい厳しい状況です。

ただでさえ安定して勝つことができるのは1割と言われる中、一般ユーザーがホールに行っても、遊ぶことすら許されずに回収されるのがオチです。

そんな中、あなたに与えられた選択肢は3つです。

選択肢①:パチンコ業界はもう終わりだから足を洗う

選択肢②:負けてもいいから気分転換に稼働する

選択肢③:会社の収入も減収になって厳しいから勝ち組になる

僕はパチンコで破産した過去があるので、負けてまで稼働することに意味はないと思ってます。

ですので実質的にとるべき選択肢は①か③と考えていて、①に関しては僕も挑戦しましたが、やめようと思ってやめられるものでもありません。

すると残された選択は③しかなく、そのためには勝ち方を学ぶことが絶対に必要です。

パチンコもスロットも正しい知識を持って稼働すれば、その瞬間から負債を減らし、勝つ可能性をアップすることができるゲームです。

過去には1000万円以上の貯金を失ったという方もいましたが、その人ですら理論を身にまとえばすぐに収支は上昇曲線を描きました。

今の段階で勝ち方を学ぶことで、これから先に失うはずだったお金を手元に残し、さらにホールから資金を回収することも可能です。

以下に僕が15年以上かけて実践してきた勝ち方に関するノウハウや考え方、細かい実践テクニックを解説した教科書や動画をまとめたプレゼントを用意したので1度、手に取ってみてください。

あなたが業界がより一層厳しくなる中、安定した稼働を続けたいと思うなら、その状態の手助けになるはずです。

記事が役立ったらクリックしてね▼

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUT US

パチンコ&スロットの二刀流で2000万以上勝ち続けた元専業パパ。19歳に勝ち始めて以後、15年以上プラス収支継続中。とはいっても最初の1年間は負け続きで、稼働を始めた高校時代に100万以上の負債を負って引きこもりになるなど、勝ち組と負け組の両面を知る。現在はフリーランスとして活動しながらパチンコやスロットで勝ちたいと思う人に向けてブログやメルマガ、オンラインコミュニティで情報を発信しながら自由に暮らしてます。