パチンコで当たらない台が他人が打つと爆裂する理由【超現実的です】

パチンコで当たらない理由を解説した記事のアイキャッチ画像

こんにちは、さんパパです!

読者さん
✓パチンコを打っているけど自分の台だけ全然当たらない

✓他の人が座るとすぐに当たって連チャンし始めたり、自分がやめた台を見るとすぐに当たって連チャンしてたりする

✓台移動しようか迷ったいたら他の人が座って当たり、思い切って台移動すると前に打っていた台が当たっている

こういった疑問を解決したいと思います。

パチンコスロット歴18年→詳細はプロフィールで公開しています。

現在は起業家として活動しながら稼働しつつ、本気でパチンコやスロットで勝ちたい!という方に勝ち方を教えたりもしています。

パチンコで当たらない台が他の人が打つと爆裂する理由

パチンコで当たらない台が他の人が打つと爆裂する理由

結論は偶然です。

パチンコの大当たりは操作できない

■自分がミドルスペックを打っていた場合
→1/300の抽選を突破できずにハマった

■自分がライトミドルを打っていた場合
→1/199の抽選を突破できずにハマった

■自分が甘デジを打っていた場合
→1/99の抽選を突破できずにハマった

例えば上記のような感じです。

あなたが1/300スペックの北斗無双を打って1000ハマってやめた、次に座ったおばちゃんが1001回転目に当たって確変を引いたのであれば、あなたは299/300のハズレを引き続け、おばちゃんは1/300の当たりを引いたということです。

パチンコにおいて1/300を引き当てる方法は存在せず、誰もがみんな平等に大当たりの抽選を受け、当たった・ハズレたをひたすら繰り返しています。

詳しくは『パチンコの大当たり抽選の仕組みを簡単解説【元専業者の一問一答付き】』をご覧ください。

甘デジで1,000ハマり、ミドルで10,000ハマり、ひたすら単発続き←実現できますか?

甘デジで1,000ハマり、ミドルで10,000ハマり、ひたすら単発続き←実現できますか?

パチンコはすぐに当たらないことがよくある一方で、ひたすらハズレ続けることもありません。

上記の通りで確変に関しても当たるたびに単発しか引けない、2連チャン以上しないっていうのも不可能です。

長くパチンコを打ち続けていればいつかは当たるし、いつかは連チャンするし、それが今日はAさんの番で、その次はBさんで、1ヵ月に1回くらい自分に回ってくるという感じに思っておきましょう。

当たらないと思ってやめた台を常にチェックしてみる

自分がやめた台を他の人が座って連チャンしたと言っても、それが毎回起こるかと言えばそうではないはずです。

恐らくですが、自分が打っていた台を出されたこと(=ハイエナされたこと)を覚えてはいても、出されなかったことって覚えてないと思います。

これまでの話に納得がいかないのであれば自分がやめた台の回転数をメモしておくといいと思います。

■6月19日

■海物語4

■大当たり回数:20回

■やめた時の回転数:250回転

面倒なら写メだけでもしておきましょう。

あとは家に帰って自分が打った台のデータを確認することを1ヶ月程度続ければ、自分が打っていた台が毎回出されていたわけではなく、しっかりハマっていたりすることがあることに気が付けます。

つまり言いたいのは、自分が打ってすぐに当たることもあればハマることもあり、他の人が座ってすぐに当たることもあればハマることもあるということ。そしてその部分にいくら意識を集中させてもあなたの収支がプラスになることはないということです。

じゃあ、パチンコで当たりを引くためにはどうしたらいいのでしょうか?

やみくもにパチンコを打ち続けても当たらない話

やみくもにパチンコを打ち続けても当たらない話

パチンコで当たらない最大の理由は回転数不足です。

上記でお伝えしたようにパチンコで一番当たりにくいミドルスペックでも10,000回転ハマりがないことを考えれば、いつかは当たります。

ですので解決策は『ひたすらパチンコを打ち続ければいい』ということになるのですが、残念ながらそれをやるとお金がパンクします。

その理由は以下の2つです。

お金がパンクする理由
理由①:パチンコで勝つスキルがない

理由②:パチンコで勝ち続けられる地域ではない

理由①:パチンコで勝つスキルがない

冷静に考えて欲しいのですが、パチンコ屋はお客さんからの売り上げでお店を経営していますよね。

つまりお店に設置されている台の多くはお店側が儲かるように仕組まれた台であって、その台にジャブジャブお金を使っている時点で破産は時間の問題です。

パチンコで当たりを引ける人はできるだけお金を使わない台でより多くの抽選機会を作り出し、長時間パチンコを打ち続けることで当たりを引き寄せています。

理由②:パチンコで勝ち続けられる地域ではない

パチンコは地域やお店、曜日によって出玉や回転率に差があります。

そのためいろんなお店を回ってプレイヤーに有利な条件の台を探すことは、パチンコで勝つために必須の条件ですが、厳しい地域だとどこに行っても打てる台がないことも起こりえます。

この場合は不利な条件でパチンコを打たざるを得ないので、スペックの甘い台を打ったり、交換率を下げて回転数をより多く稼げるお店に足を運ぶことが必要です。

そして残念ですがイベントもなく、交換率も等価で、釘の開け閉めも一切行われていない地域では、パチンコを打つこと自体が負け戦です。

ちなみに僕は負けてまでパチンコを打ちたいとは思わないのでスロットを打つか、違う地域に行くか、稼働をやめると思います。

パチンコで当たらない問題を解決するためのコツ

パチンコで当たらない問題を解決するためのコツ

結論は『ひたすら回す』なのですが、お金の問題を解決する必要があるので、それを含めて3つほど紹介します。

当たらない問題を解決するためのコツ
コツ①:お金を使わないパチンコ術を身に着ける

コツ②:レートをぎりぎりまで下げて打つ

コツ③:スペックを下げて打つ

コツ①:お金を使わないパチンコ術を身に着ける

要するに『パチンコの勝ち方を身につけましょう』ということです。

後述しますが、レートを下げるにしろ、スペックを下げるにしろ、勝ち方を知らなければいずれお金は無くなり、パチンコが打てなくなります。そしたら当然、大当たりを引くこともできなくなるので、勝ち方を学ぶことは避けて通れません。

あなたが大当たりとは別にパチンコで負けているという現実に悩んでいるなら『パチンコで勝てない理由【お店も必死/人生マジで終わります】』を熟読してください。

全てはそこから始まります。

コツ②:レートをぎりぎりまで下げて打つ

レートを下げることで同じ1万円でもたくさん回すことができるので、大当たりの可能性を上げられます。

ちなみにこういったことを言うと

■俺は4パチを打ちたいんだ

■一撃3万発出して10万勝ちしたいんだ

■ちまちま1パチなんか打ってられるか

みたいなことをいう人がいますが高望みしすぎです。

当たりを引く前にお金が無くなったら本末転倒なわけで、先にやるべきは勝ち方の取得です。勝てるようになれば好きなだけパチンコを打つことができるので、当たりなんか好きなだけ引けます。

僕は専業時代にパチンコを打ち過ぎてホールに行きたくなくなったことがありましたからね。

何事も限界を超えると飽きてくるので、まずはその状態を目指すのが先です。

コツ③:スペックを下げて打つ

僕は副業時代のメイン機種は2.5円交換の甘デジでした。

上記の通りですが、スペックを下げれば当たりやすいのは当然の話でして、無理に当たりが取れないミドルタイプを打つ必要はないということです。

繰り返しますがパチンコで当たりを引くには打ち続けるしかなく、そのためには破産リスクを抑えることが必要で、そのための最善策を取り続けなければなりません。

ずっとミドルを打ってた人が甘デジを打つと物足りなさを感じるかもですが、逆に甘デジを打ち慣れるとミドルは怖くて打てなくなるので、1度打ってみるといいですよ。

まとめ:Twitterで無料相談を受け付けます

というわけで今回はこれで終わりますが、最後に1つお知らせです。

上記の通りで、Twitterで『パチンコやスロットで勝つための無料相談』に乗ります。

今まではメルマガ読者さんがメインでしたが、登録に抵抗を感じていた方がいるようなので、こちらでも受け付けます。

尚、高額な商材やコンサルなどを売りつけたりしないので安心してください。攻略法関係の教材が今でも売られているようですが興味もないですし、すべては経験則から回答します。僕の信頼性についてはブログの内容から判断してください。

最初は相談も少ないと思いますが、多くなってきたらツイートを消す可能性もあり、そしたら終了のサインですのでそこはご了承ください。

それではまた^^




パチンコ&スロットの二刀流で勝つための教科書を作りました

パチンコとスロットは理論で勝つものです

新型コロナウイルスによってパチンコ業界はかつてない苦境に立たされています。

営業自粛、世間からのバッシング、20年近く業界を見てきた僕でさえ『このまま滅ぶんじゃないか』と思うくらい厳しい状況です。

ただでさえ安定して勝つことができるのは1割と言われる中、一般ユーザーがホールに行っても、遊ぶことすら許されずに回収されるのがオチです。

そんな中、あなたに与えられた選択肢は3つです。

選択肢①:パチンコ業界はもう終わりだから足を洗う

選択肢②:負けてもいいから気分転換に稼働する

選択肢③:会社の収入も減収になって厳しいから勝ち組になる

僕はパチンコで破産した過去があるので、負けてまで稼働することに意味はないと思ってます。

ですので実質的にとるべき選択肢は①か③と考えていて、①に関しては僕も挑戦しましたが、やめようと思ってやめられるものでもありません。

すると残された選択は③しかなく、そのためには勝ち方を学ぶことが絶対に必要です。

パチンコもスロットも正しい知識を持って稼働すれば、その瞬間から負債を減らし、勝つ可能性をアップすることができるゲームです。

過去には1000万円以上の貯金を失ったという方もいましたが、その人ですら理論を身にまとえばすぐに収支は上昇曲線を描きました。

今の段階で勝ち方を学ぶことで、これから先に失うはずだったお金を手元に残し、さらにホールから資金を回収することも可能です。

以下に僕が15年以上かけて実践してきた勝ち方に関するノウハウや考え方、細かい実践テクニックを解説した教科書や動画をまとめたプレゼントを用意したので1度、手に取ってみてください。

あなたが業界がより一層厳しくなる中、安定した稼働を続けたいと思うなら、その状態の手助けになるはずです。

記事が役立ったらクリックしてね▼

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUT US

パチンコ&スロットの二刀流で2000万以上勝ち続けた元専業パパ。19歳に勝ち始めて以後、15年以上プラス収支継続中。とはいっても最初の1年間は負け続きで、稼働を始めた高校時代に100万以上の負債を負って引きこもりになるなど、勝ち組と負け組の両面を知る。現在はフリーランスとして活動しながらパチンコやスロットで勝ちたいと思う人に向けてブログやメルマガ、オンラインコミュニティで情報を発信しながら自由に暮らしてます。