パチンコの仮面ライダー轟音がめっちゃ勝てる話【立ち回りも公開】

パチンコの仮面ライダー轟音がめっちゃ勝てる話について解説した記事のアイキャッチ画像

こんにちは、さんパパです!

パチンコの仮面ライダーがめっちゃ勝てると以下のツイートをしました。

パチンコ仮面ライダーの遊タイムは導入直後はバブルでしたね👏

稼働も落ちてきたからハマり台狙いは難しくなるかもだけど、回る台で深めから狙っていくならまだいける💪

みんな遊タイムまでの残りゲーム数ばかり見てるから、回転数から期待値をはじけば勝てる台は結構みつかると思いますよ😊

上記について詳しく解説します。

トレンド的なネタなのでいつまで続くかは不明ですが、しばらくは使えると思うので参考にしてください。

パチンコの仮面ライダー轟音がめっちゃ勝てる話

パチンコの仮面ライダー轟音がめっちゃ勝てる話

パチンコの仮面ライダー轟音が勝てる理由は以下の通りです。

パチンコの仮面ライダー轟音が勝てる理由
理由①:遊タイムが搭載されている

理由②:大量導入されてるお店が多い

理由③:宵越し対策してないお店がある

それぞれ解説します

パチンコの仮面ライダー轟音が勝てる理由①:遊タイムが搭載されている

勝ちやすい最大の理由は遊タイムが搭載されているからですね。

仮面ライダーの等価ボーダーは17.5Gですが、これは0Gから打ち切った時の話になります。

仮に1000円で17.5回転回る台を500Gから打つと、期待値は3500円を超えてきます。

つまり同じ回転数回るとすれば、ハマってる台を打つほど勝ちやすいことになるのです。

パチンコの仮面ライダー轟音が勝てる理由②:大量導入されてるお店が多い

遊タイム搭載機種の場合、ハマってる台を打てば勝ちやすいのは仮面ライダーに限った話ではないのですが、この機種は大量導入しているお店が多いんです。

これまで登場した遊タイム搭載機種の中で一番流行ったのは仕置人ターボだと思いますが、それでも1つのホールに数台がいいとこだと思います。

ですが、仮面ライダーに関しては10台以上導入しているお店も多く、メイン機種として期待しているホールが多いのも事実です。

導入の多いお店であれば力を入れてくるお店も必ずあり、それだけ狙える場面も出てくると思うので、いろんなホールをリサーチすることで稼働できる台を見つけることができます。

パチンコの仮面ライダー轟音が勝てる理由③:宵越し対策してないお店がある

いくつかホールを覗いてみたところ、何店舗か宵越し対策をしていないお店がありました。

仮面ライダーは朝一100回転回すと左側の液晶に遊タイムまでの残り回転数が表示されるのですが、ここが『850』以外だと据え置きが確定します。

つまり『前日の回転数を引き継いでいる=リセットしないお店』なので、朝一からおいしい台を打つことが可能になるわけです。

パチンコの仮面ライダー轟音で勝つための立ち回り

パチンコの仮面ライダー轟音で勝つための立ち回り

パチンコの仮面ライダー轟音の導入から2週間、僕が立ち回っていた方法は以下の通りです。

パチンコの仮面ライダー轟音で勝つための立ち回り
立ち回り①:自分が打ち始める回転数を決めておく

立ち回り②:朝一から狙う

立ち回り③:止め打ちはしっかりやる

順番に解説します。

仮面ライダー轟音で勝つための立ち回り①:自分が打ち始める回転数を決めておく

以下は仮面ライダー轟音の遊タイムを狙った期待値の一覧表です。

上記を見ると、例えば1000円あたりの回転数が17回転であれば、遊タイム発動まで残り500Gの台を打てば期待値は3300円です。

これが残り400回転になると期待値は5400円まで跳ね上がるわけですが、ここで大事なのは『自分は期待値いくらのラインから狙っていくのか?』という線引きです。

僕の場合は期待値3000円が目安で、それ以下の場合は期待値がプラスであっても打つことはありません。

仮面ライダー轟音で勝つための立ち回り②:朝一から狙う

あらかじめ通える範囲のお店を周り『リセットするのか否かをリサーチしておく』ことで朝一から遊タイムを狙うことができます。

■前日600Gで閉店した台
→翌日350Gで遊タイム発動

■前日800Gで閉店した台
→翌日150Gで遊タイム発動

上記の通りで、据え置きが分かっているお店なら目には見えないお宝台を朝から打てます。

注意点:ST抜けの場合は天井が120G伸びる

1つ注意点ですが、前回の当たりがST抜けの場合、表示されてるゲーム数に120回転を追加した回転数が遊タイム発動回転数となります。

■前回単発で終わってる台
→遊タイム発動は950Gor1070G

■前回連ちゃんorST単発で終わってる台
→遊タイム発動は1070G

連ちゃん後は必ず遊タイム発動が1070Gになりますが、単発の場合は時短120とST抜けの違いが分からないので、万全を喫するなら閉店間際にお店へ行って確認するのがベストです。

仮面ライダー轟音で勝つための立ち回り③:止め打ちはしっかりやる

通常時・大当たり中・電サポ中の止め打ちはしっかりやりましょう。

通常時の止め打ち

通常時はステージ止めと保留3止めをやればOKです。

さらに追加で再度画面にある3つのカスタマイズも以下のようにセットしましょう。

■信頼度UPカスタマイズ
→色保留灼熱モード+全部onにする

■ゲーム性カスタマイズ
→全部onにする

■機能性カスタマイズ
→BGM以外全部onにする

上記の通りに設定することで変動時のエアバイブはもちろん、青保留が出ただけでほぼ当たるため、いち早く大当たりを察知して無駄玉の防止につながります。

また『保3バイブ』をonにすると保留が3つたまると『ブル』っと台が震えるため、その瞬間手を放し、保留2になったら打つを繰り返すのも有効なので実践しましょう。

大当たり中の止め打ち

大当たり中は上アタッカーと下アタッカーに別れ、振り分けは以下の通りです。

■2R,3R当たり
→上アタッカーのみ開放

■10R当たり
→最初の3ラウンドは上、後半7ラウンドは下アタッカーが開放

上記の通りですので、それぞれ下記のように打ち方を変えましょう。

■上アタッカーの場合
→10発ピッタリ発射して止める

■下アタッカーの場合
→3発入ったら発射を止める
→10発にならない場合は不足分+1玉打つ

大当たり中の捻り打ちは効果が薄いので、無駄玉の防止に重点を置けば大丈夫です。

下アタッカーはポケットに吸い込まれて8カウントや9カウントで止まってしまうこともあるので、フルオープンしないよう注意が必要です。

例えば『3発入った打ち出しを時点で止める→残りのアタッカーに玉が吸い込まれて9カウントになった→2発発射して止める』という感じですね。

電サポ中の止め打ち

『電サポの上にある光がピカピカ光ったら1秒止める→打ち出す』を繰り返せばOKです。

参考になる動画があったので下記をご覧ください。

パチンコの仮面ライダー轟音で立ち回る注意点

パチンコの仮面ライダー轟音で立ち回る注意点

最後に仮面ライダー轟音で立ち回る際の注意点についてお話ししておきます。

パチンコの仮面ライダー轟音で立ち回る注意点
注意点①:露骨な張り付きはしない

注意点②:打った台のデータは必ず残す(特に回転数)

注意点③:宵越しを狙う時は事前にチェックしておく

仮面ライダー轟音で立ち回る注意点①:露骨な張り付きはしない

スロットで立ち回ってる人は経験ありだと思いますが、天井に近い台が出てきたりすると急にウロウロし始める人がいたりします。

>1週見て回るくらいならいいですが、2,3分おきにウロチョロしたり、近くでスマホ見ながら立ってたりっていうのはモラル的にもNGです。

そもそもですが、遊タイムまでの残り回数はガッツリ表示されているので、そう簡単に辞めていかないです。

僕が昼間見て回った限り、最高でも430Gという台しか見つけられませんでしたし、その台も速攻で他の人が座ってました。

場合によってはお宝台が空く可能性もありますが、同じホールでずっと張り付いていたら目立ちますし、トラブルの原因にもなるので他の稼働をしながら、隙間時間に見て回る感じにしておきましょう。

仮面ライダー轟音で立ち回る注意点②:打った台のデータは必ず残す(特に回転数)

稼働したデータはしっかり残しておきましょう。

特に1000円で何回転回ったのかは自分しか知りえない貴重な情報です。

例えば上記の期待値表から期待値3000円ラインを抜粋すると以下の通りです。

■1000円で15回転回る台
→残り430Gから打てる

■1000円で17回転回る台
→残り500Gから打てる

■1000円で20回転回る台
→残り700Gから打てる

上記の通りで回転数さえ分かっていれば、期待値を算出できるので狙い目を調整することができます。

『前に打ったらあの台は1000円で20回回ったから、残り600回転でも十分打てる』という感じですね。

参考:僕がメモしてるデータ公開

参考までに僕がメモしてるデータを載せておきます。

仮面ライダー(遊タイムまで残り400(宵越し500+当日50))

投資:625発

回収:378発

収支:-247発

※約17回転/1K

上記の通りで、これに加えて店舗名や台版もメモしておけば、次回の打ち始め回転数を見積もることが可能です。

仮面ライダー轟音で立ち回る注意点③:宵越しを狙う時は事前にチェックしておく

繰り返しになりますが、宵越しを狙う時は事前にチェックしておきましょう。

やり方は以下の2つです。

■自分で100回転回してみる

■当日100回転超えてる台の遊タイムを見て計算する

自分で回すとお金がかかるので、他の人が打った人台をこっそり覗くのが良いと思います。

仮面ライダー轟音遊タイム据え置き

例えば上記は当日大当たり(TOTAL BONUS)が0の状態で253回転回って放置されていた台ですが『遊タイムまで残り682』と表示されています。

この場合『253回転+682回転=935回転』となり、本来の天井(950G)になりませんよね。

つまり『この台はリセットされていない=据え置き確定』となります。

基本的には『全台リセット』『全台据え置き』のどちらかだと思うので、それぞれのホールに行って確認してみてください。

旬は今月中か!?稼働はいずれなくなりそう

というわけで『仮面ライダー轟音がめっちゃ勝てる話』についてでした。

今日で導入から2週間ですが、徐々に稼働の方が下がって来ています。

もう少ししてからこの記事を書こうかなと思ったのですが、完全に旬が過ぎ去った後で書くのも残念なので今、公開しました。

すでに遊タイム狙いで立ち回ってる人もいるかもですが、まだ遊タイムの存在や狙い方を知らなかった人は、これを機に期待値理論も覚えておきましょう。

また、パチンコにおいても情報化社会の波が押し寄せ、従来とは違う、スロットの立ち回りを活かした打ち方が必要とされ始めています。

従来からスロットを打ってる人は比較的簡単かもですが、パチンコ一本の人は辛いですよね。

僕のメルマガではパチンコだけでなくスロットに関しても勝つ方法を語っているので、良かったら勉強のために読んでみてください。

近いうちに遊タイムについて書くので、この記事が役に立った人は僕のブログをブックマークしておいてくださいね^^

それではまた!




パチンコ&スロットの二刀流で勝つための教科書を作りました

パチンコとスロットは理論で勝つものです

新型コロナウイルスによってパチンコ業界はかつてない苦境に立たされています。

営業自粛、世間からのバッシング、20年近く業界を見てきた僕でさえ『このまま滅ぶんじゃないか』と思うくらい厳しい状況です。

ただでさえ安定して勝つことができるのは1割と言われる中、一般ユーザーがホールに行っても、遊ぶことすら許されずに回収されるのがオチです。

そんな中、あなたに与えられた選択肢は3つです。

選択肢①:パチンコ業界はもう終わりだから足を洗う

選択肢②:負けてもいいから気分転換に稼働する

選択肢③:会社の収入も減収になって厳しいから勝ち組になる

僕はパチンコで破産した過去があるので、負けてまで稼働することに意味はないと思ってます。

ですので実質的にとるべき選択肢は①か③と考えていて、①に関しては僕も挑戦しましたが、やめようと思ってやめられるものでもありません。

すると残された選択は③しかなく、そのためには勝ち方を学ぶことが絶対に必要です。

パチンコもスロットも正しい知識を持って稼働すれば、その瞬間から負債を減らし、勝つ可能性をアップすることができるゲームです。

過去には1000万円以上の貯金を失ったという方もいましたが、その人ですら理論を身にまとえばすぐに収支は上昇曲線を描きました。

今の段階で勝ち方を学ぶことで、これから先に失うはずだったお金を手元に残し、さらにホールから資金を回収することも可能です。

以下に僕が15年以上かけて実践してきた勝ち方に関するノウハウや考え方、細かい実践テクニックを解説した教科書や動画をまとめたプレゼントを用意したので1度、手に取ってみてください。

あなたが業界がより一層厳しくなる中、安定した稼働を続けたいと思うなら、その状態の手助けになるはずです。

記事が役立ったらクリックしてね▼

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUT US

パチンコ&スロットの二刀流で2000万以上勝ち続けた元専業パパ。19歳に勝ち始めて以後、15年以上プラス収支継続中。とはいっても最初の1年間は負け続きで、稼働を始めた高校時代に100万以上の負債を負って引きこもりになるなど、勝ち組と負け組の両面を知る。現在はフリーランスとして活動しながらパチンコやスロットで勝ちたいと思う人に向けてブログやメルマガ、オンラインコミュニティで情報を発信しながら自由に暮らしてます。