【バジリスク絆2】設定4を9,000回転ぶん回してみた←グラフ付

バジリスク絆2 設定4

こんにちは!

バジリスク絆2の設定狙いをしてきたので稼働結果と内容、および設定判別のポイントについてまとめておきます。

普段はキッツキツの地元ホールですが、絆2だけはガンガン設定が入っているのでこれは全国的にもそうだと思います。

この時期に絆2をベタピン(全台設定1)なんかで営業するお店はマジで危ないので行かない方が良く、しっかりリサーチすれば設定6を使ってる店が必ずあるので、参考にしてください。

※僕が実践している設定狙いの舞台裏についてはこのページの最下部に載せておきました。

バジリスク絆2の設定4を9,000回転ぶん回してみた

バジリスク絆2 設定4

稼働する前にバジリスク絆2にはユニメモという『稼働した結果を記録する機能』がついてます。

これを使うと総回転数、小役確率、BCやBTなどの詳細な情報が分かるので、稼働する前に登録しておくといいです(下記画像参照)

バジリスク絆2 ユニメモ

バジリスク絆2におけるメインの設定判別方法は弦之介BCの撃破人数ですが、弱チェリーにも設定差があるようなので一応の目安にはなります。

何より自分が打ったその日のデータはもちろん、継続的に打ち続ければその累計データも見られるので普通に面白いです。

バジリスク絆では20万回転くらい回しましたが、フリーズを1度も引けなかったので、絆2では絶対に引きたいと思ってるし(笑)

バジリスク絆2設定判別開始!序盤からスルーの連続でクソ台認定しかける(笑)

いざ、実践を開始するといきなり高確っぽいステージから始まり、サクッとBC当選。

バジリスク絆2 設定4

前作同様、絆2でも源之助BCにて設定示唆が出るようで、詳細は下記の通り。

絆2 源之助BC 設定示唆
222人撃破
⇒設定2以上確定

333人撃破
⇒設定3以上確定

246人撃破
⇒偶数設定確定

444人撃破
⇒設定4以上確定

456人撃破
⇒設定4以上確定

555人撃破
⇒設定5以上確定

666人撃破
⇒設定6確定

分かりやすいと言えば分かりやすいですよね。

とりあえずゾロ目撃破が出れば設定示唆になるので、設定狙いを実践するときは選んでおいた方がいいです。

で、今回のBCですが、残念ながらBTに入らずスルー・・・

以後、立て続けにBCを引くもBTには全く入らず、

15G→BCスカ
32G→BCスカ
31G→BCスカ
55G→BCスカ
178G→BCスカ

と気が付けば6スルー(笑)

バジリスク絆2 設定4

参考までにBC→BT突入率の概算を見ると

BC当選時のBT突入確率
設定1:1/3.77
設定2:1/3.41
設定3:1/3.41
設定4:1/2.90
設定5:1/2.96
設定6:1/2.14

といった感じで設定6なら2回に1回はBC→BTへ突入する感じ。

実際、朝から立て続けにBC→BTへつながる台が2つ隣にあって、明らかにほかの台と違う挙動を示す。

その結果、この時点で設定6はないと判断し、スルー天井行ったらやめようと思う(笑)

んが!!!

7回目のBCで台に異変が。

それまで聞いたことのない音とともに発生し、撃破したのがコレ。

バジリスク絆2 設定示唆

この時はあまり意味がよく分かってなく、

さんパパ
ん?

これって設定示唆だよね?

111撃破ってことは設定1!?

と本気で思いました(笑)

普通に設定1確定演出とか、誰も打たないからあるわけないですよねwww

すると立て続けに

バジリスク絆2 設定示唆
バジリスク絆2 設定示唆

と撃破数が増えていく。

さんパパ
なるほど

今回はこうやって設定示唆があるんだな。

ってことは流れ的に設定6なんじゃないの?

と思いながらレバーを叩くと・・・

バジリスク絆2 設定4

まで到達。

さんパパ
え~

朝から6スルーもして高設定なのかぁ

これでなかったら絶対やめてたわ

と思いながら再度レバーを叩くも、555撃破までは至らず。

さんパパ
これは絶対に罠だよな~

解析もハッキリ出てないし、設定4以上濃厚とかで実は低設定もあるんじゃないの?

と解析を疑いだす(笑)

それでもブログのネタにはなるかなと思ってゼンツッパを決意することに。

絆2初のBTは2連!ここから怒涛の連ちゃんを期待するもまたもやスルー地獄に・・・

バジリスク絆2 BT終了画面

バジリスク絆2初BTは2連の260枚で終了。

高設定示唆が出ているので次のBTは早いと思ったのですが・・・

またもやスルー地獄に苦しめられることに。

90G→BCスカ
35G→BCスカ
121G→BCスカ
188G→BCスカ
11G→BCスカ
220G→BCスカ

と気が付けば6スルー(笑)

ユニメモもひどいことに。

バジリスク絆2 ユニメモ

赤異色BC:7回

青異色BC:6回

BT突入回数:1回(笑)

444撃破が出てなければ絶対にやめてる流れでしたが、夜まで打つうちには1回くらい見せ場も来るだろうと耐える。

次のBCからBTへとつながり、これがちょっと出て回復。

バジリスク絆2 BT終了画面

今回の絆はメダル持ちがいいので500枚でもかなり大きな上乗せなんですよね。

実際、200ハマってBC→BT→500枚とか出るとグラフは伸びていくので。

このあたりは6号機特有の感じがあって、設定6はまず負けないんだろうなーと思える部分でもありました。

これは設定6もあり得るの!?台が一変、BC→BT連発モードへ

バジリスク絆2 BT朧

前作の絆で嫌というほど味わった偶数示唆→ダラダラ飲まれて5万負けるというパターンが頭によぎるも、ここは突っ張らなきゃいけないと腹をくくって回し始めたのが功を奏したのか、ここから台が豹変。

90G→BC→BT

バジリスク絆2 BT終了画面

45G→BC→スカ
10G→BC→BT

バジリスク絆2 BT終了画面

35G→BC→BT

バジリスク絆2 BT終了画面

33G→BC→BT

バジリスク絆2 BT終了画面

151G→BC→BT

バジリスク絆2 BT終了画面

とBC→BTの連打で気が付けばあっという間に出玉は2,000枚に到達。

さんパパ
なんだコレ(笑)

かなり長い間スロットを打ってきましたが、ここまで台の挙動が変わるのも珍しいくらい、朝とは違う挙動に驚きつつも、終日粘るだけの出玉を確保できたことに安堵。

勝負は後半戦へと続いていくのですが、実はこの後もこれといったトリガーを引くことができず、ダラダラグラフが伸びて稼働は終わりました(^^;

同じことを書いてもつまらないと思うので、ここからは実際にバジリスク絆2の設定4を体験しての感想と狙い方について考察しておこうかなと思います。

バジリスク絆2 推定設定4を9,000回転ぶん回した考察

まず、今回のスランプグラフはこんな感じでした。

バジリスク絆2 設定4 グラフ

序盤の展開がウソのように後半はきれいに伸び、設定6もあるのでは?と思うくらいの挙動でした。

今回が初打ちだったので低設定を打ったことがなく何とも言えませんが、初代からの流れを踏まえると以下のようなところが高設定だったかなと思います。

■チェリーから夕方背景によく行く(佐屋路&七里の渡しステージ)

■夕方背景でチェリーを引くと超高確へよく行く(吉田宿ステージ)

■高確確定っぽい場面で何も引かずにBC当選

■BT終了→高確→即当たり→BT再突入が何度かあった

高確ステージから何も引かずにBC当たりという流れが何度もあったので、おそらくここに設定差があると思います。

あと、BCやBT終了後に高確から始まり、不思議とすぐに巻物や強チェリーを引いてBC当たりという流れも多かったです。

巻物などは単なる偶然(引き)なのかもしれませんが、BCやBT直後の高確示唆はかなりあったので、やめ時に関しては即やめというよりも高確フォローを含めて数回転回すのもアリだと思います。

小役確率についてはユニメモがあったのでカウントしなかったのですが、最後にデータを取るのを忘れてしまいありません( ノД`)シクシク…

なかなか終日、回したデータを残せることがないので、これは結構へこみましたが・・・

ユニメモやってる人なら1度は経験することなのでね。。。←いまだにちょっと未練が残ってる。

今度は頑張って設定6に座ってきます(笑)

今回のバジリスク絆2が設定4だと思った理由

バジリスク絆2

序盤の展開をのぞいて後半は最大4スルーと設定6もあるのでは?と思っていますが、設定示唆が444と246、それぞれ1回しか出なかったことから、おそらく設定6ではないんじゃないかなと思ってます。

リゼロや北斗を打ってきましたが、どちらも設定5、設定6に座った時はそれぞれの確定演出が発生しているし、逆に微妙だなーと思って粘った時の確定演出は246などで止まることがほとんどです。

そのためバジリスク絆2においても設定6であれば、遅かれ早かれ終日回す間に確定演出が1回は出るだろうと思ってます。

にもかかわらず設定6どころか、設定5すら示唆がなかったことを考えると、これは設定4の可能性が高いのだろうなというのが僕の結論です。

バジリスク絆2の設定狙いをした根拠

バジリスク絆2 BT 城背景

せっかくなので立ち回りの裏側も少しお話ししますね。

基本的に僕は設定狙いをする際、『スロットの設定狙いのやり方【月10万勝つならこのレベルで十分】』を参考に事前調査をします。

設定狙いをするのに設定が入っていなければツモれる確率はゼロ%ですからね(^^;

今回、バジリスク絆2を打ったお店は平常営業で特にイベントも行っていませんでした。

個人的に決して優良店と言える感じではなく、今年はこのお店で1度も設定狙いをやったことはないくらい僕としては評価の低いお店です。

にもかかわらず、なぜこのお店に行ったのか?

それは『バジリスク絆2が業界の未来を担う可能性を持った台』だからです。

分かりやすく言うなら『期待されている台』といった方がいいでしょうね。

皆さんの地元ホールにも6号機の人気機種であるリゼロや北斗が設置されていると思いますが、平日ってどんな感じですか?

夕方まで回転数がゼロだったり、空き台になってる台も3Gやめだったり、高設定が使われていたら専業者が朝からぶん回して他の台が空き台、みたいな感じじゃないですか?

これが今のスロット業界の現状なんですよね。

リゼロも最初こそ斬新なシステムで爆発的な人気になりましたが、設定6があからさまに分かってしまう状況から、それ以外の台は稼働しなくなりました。

北斗はそれを少しは改善した作りになっていますが、それでもやっぱり有利区間移行後の200Gはほぼ当たらないといった部分があって平日の稼働は控えめ。

それに比べバジリスク絆2はある意味、どこからでもチャンスがあり、かつ、自力感もあり、リゼロや北斗で感じられたやらせ感があまりないです。

さらに5号機の中で一番人気が出た機種と言ってもいいバジリスク絆の後継機ということもあって、注目度も他の機種の数倍はありました。

ゆえにホールとしては絆2にこけてもらっては困るし、ここでお客さんをつなぎ止めることができないと、本当にガラガラ閉店になりかねないわけです。

だから絆2に設定を入れないわけがないし、新台導入直後からいろんな店舗で設定を入れてくることはほぼ分かりきっていました。

詳細についてはこの前書いた記事の通りです→【今だけ】バジリスク絆2の立ち回り←並ばずに10万勝てる秘密暴露

だから僕も数年ぶりに新台の抽選から参加したのですが、ハズレまくって台に座れず・・・ということが続き、スランプグラフを見ては打ちたいな~と思ってたんです。

それがこの日は番号も良く、なおかつ、新装から数日経ったこともあって台のデータやお店の傾向も分かっていたこともあり、狙い台を絞ることもできました。

つまり狙うべくして狙い、座るべくして座ったということです。

とはいえ、序盤のスルー地獄で辞めようと思ったのは事実ですし、444撃破が出なくても2回目のBTまでは粘ったと思いますが、それも朝から6スルー→6スルーを喰らったらその時点でやめたと思います。

そしてその後の右肩に伸びていくグラフを見て意味不明になっていたと(笑)

やめる根拠のもう1つは朝からBC→BTに入っていた台が対抗台だったというのもあります。

結果的には確定演出に助けられた感はあるのですが、台選びについてはしっかりと裏側に根拠をもって立ち回っているので、いくらバジリスク絆2バブルだと言っても適当にホールに行ってツモれるほど甘くないのは覚えておいた方がいいかなと思います。

バジリスク絆2バブルはいつまで続くのか?

バジリスク絆2

バジリスク絆2バブル=設定5,6が導入される時期という観点で見ると、個人的には平常営業で設定5,6が入るのは今週末までかなと思ってます。

来週あたりから徐々に設定のベースが下がっていき、その後はイベント日以外に設定6にはなかなかお目にかかれないだろうと。

これは過去の経験的にそうなっている感じなので、的外れな予想ではないと思ってます。

もちろん非等価のお店や激戦区であれば話は別ですが、僕の地元はそんなに優良店が揃ってるわけでもないので、イベント日以外バジリスク絆2の設定6を掴むとか無理です。

今週は絆2が導入されて初めての週末のため『打ちたいと思う人がたくさんいる→出玉をアピールする』という意味でチャンスがあるかなと思うだけで、旬が過ぎればいくら期待された台でも平日から設定6は使えません。

そのためホール選びは慎重に行う必要がありますし、新台導入から稼働する前日までのデータを見て設定6っぽいグラフ(=平行から右肩上がりに伸びて3,000枚~5,000枚出てる)があることが大前提です。

※バジリスク絆2の設定6と思われる台のスランプグラフ

バジリスク絆2 設定6 グラフ
バジリスク絆2 設定6 グラフ

設定1らしき台のグラフも見えてますが、ひたすら右下に下がりっぱなしだったので、そういう台ばかりのお店はヤバいですね。

※バジリスク絆2の設定1と思われる台のスランプグラフ

バジリスク絆2 設定1 グラフ
バジリスク絆2 設定1 グラフ

6号機の設定6は右肩上がりのグラフを描きやすいので、そういった台があるお店で稼働することで、少しでも勝つチャンスを上げられると思います。

【バジリスク絆2】設定4を9,000回転ぶん回してみた←グラフ付まとめ

バジリスク絆2

有利区間や2,400枚規制がある中でよくここまで仕上げてきたなぁというのが率直な感想です。

打っていて面白かったですし、音楽が流れた時のイケイケ感は絆そのものだなと感じました。

ただ、通常時はやはり作業間満載+BTに入ってもほとんどが300枚以下で終わってしまうため、1日打つ間に数回ある誤爆チャンスを待つ感じですね。

今回は誤爆トリガーとなる朧チャンスにも入らなかったので、そのあたりが絡んでくればもっと面白くなるかなと思います。

これは個人的に思うことですが朝からBCスルー連発で1,000枚以上飲み込まれたら、その時点でかなりヤバいと判断しますね(6号機だからこそ判断できる部分でもあります)

設定判別に関しては両隣の挙動も見ていましたが、低設定はBCスルーが頻発する+BTに入っても単発終了が多かったので、基本的にはスルー連発したらやめ時を模索する感じでいいと思います。

僕のパターンは高設定においてもあまりないスタートだと思うし、逆にこのスタートを切って良くここまで伸びたと思います。

また、設定判別をする場合、BCは必ず源之助を選んだ方がいいですね。

設定2,4,6示唆出ている台もありましたし(出てなかった)、設定を狙いに行ってるのであれば少しでも早く判別するための可能性を上げたいところなので。

モード狙いをする場合などは朧でいいと思いますが、0スルー狙いなど以外は天井まで打ちきりだと思うので、あまり関係ないかもしれませんね。

スロットの設定狙いについては以下の記事の僕のやり方をまとめているので『設定6に座りたい!!!』と思う人は参考にしてください。




パチンコ&スロットの二刀流で勝つための教科書を作りました

パチンコとスロットは理論で勝つものです

新型コロナウイルスによってパチンコ業界はかつてない苦境に立たされています。

営業自粛、世間からのバッシング、20年近く業界を見てきた僕でさえ『このまま滅ぶんじゃないか』と思うくらい厳しい状況です。

ただでさえ安定して勝つことができるのは1割と言われる中、一般ユーザーがホールに行っても、遊ぶことすら許されずに回収されるのがオチです。

そんな中、あなたに与えられた選択肢は3つです。

選択肢①:パチンコ業界はもう終わりだから足を洗う

選択肢②:負けてもいいから気分転換に稼働する

選択肢③:会社の収入も減収になって厳しいから勝ち組になる

僕はパチンコで破産した過去があるので、負けてまで稼働することに意味はないと思ってます。

ですので実質的にとるべき選択肢は①か③と考えていて、①に関しては僕も挑戦しましたが、やめようと思ってやめられるものでもありません。

すると残された選択は③しかなく、そのためには勝ち方を学ぶことが絶対に必要です。

パチンコもスロットも正しい知識を持って稼働すれば、その瞬間から負債を減らし、勝つ可能性をアップすることができるゲームです。

過去には1000万円以上の貯金を失ったという方もいましたが、その人ですら理論を身にまとえばすぐに収支は上昇曲線を描きました。

今の段階で勝ち方を学ぶことで、これから先に失うはずだったお金を手元に残し、さらにホールから資金を回収することも可能です。

以下に僕が15年以上かけて実践してきた勝ち方に関するノウハウや考え方、細かい実践テクニックを解説した教科書や動画をまとめたプレゼントを用意したので1度、手に取ってみてください。

あなたが業界がより一層厳しくなる中、安定した稼働を続けたいと思うなら、その状態の手助けになるはずです。

記事が役立ったらクリックしてね▼

4 件のコメント

  • 昨日絆2でた444撃破246撃破確認して終日粘るつりも2000ゲーム以上消化してまー2000枚(涙)最後BC6回目有利区間天井青同色BT無しで心折れて財布もカラでやめた。

  • 結局何処のホールも4ばっかり入れて稼働飛びましたね。

    特定日以外は全台1セット有利区間消化して放置。
    特定日には高設定入れますけど全台4で終わりだから殆どユーザーに避けられてます、。

    メリハリの無い設定はユーザーから一番嫌われるやり方ですからね。

    • こんにちは!おっしゃる通りですね(^^;

      この前も456確定出ましたが4でしたし、6は見かけなくなりました。

      僕の地域も平日は有利区間消化で放置、店によっては終日0回転もあるので狙えたものではありません(笑)

      6号機は息の長い機種は出にくいと思うので、瞬間的なバブル狙いが一番でしょうね^^

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUT US

    パチンコ&スロットの二刀流で2000万以上勝ち続けた元専業パパ。19歳に勝ち始めて以後、15年以上プラス収支継続中。とはいっても最初の1年間は負け続きで、稼働を始めた高校時代に100万以上の負債を負って引きこもりになるなど、勝ち組と負け組の両面を知る。現在はフリーランスとして活動しながらパチンコやスロットで勝ちたいと思う人に向けてブログやメルマガ、オンラインコミュニティで情報を発信しながら自由に暮らしてます。