スロットの設定狙いで勝てない理由【一問一答で完全解決します】

スロット 設定狙い 勝てない

こんにちは、さんパパです!

昨年はネットで知り合った10人以上の方に直接お会いし、隣で稼働しながら勝ち方をレクチャーしました。

今年も新型コロナが落ち着いたらいろんな方にお会いしたいと思ってます。

さて、今回の記事では

読者さん
✓スロットの設定狙いをしてるけどぜんぜん勝てない

✓データを取っても設定を使ってない気がする

✓ライバルがいて狙い台を確保することができない

こういった疑問にお答えします。

スロットの設定狙いで勝てないなら
立ち回りをしっかり見直すべき

スロットは妥協すればするほど
勝ちにくくなるゲームだから
最後はマインドが超大事👏

スロットを打つ目的が
ハッキリしている人ほど
何をやっても勝ち続けてる

これはほかの分野で
成功してる人も同じです☝️

勝てている人はどんな立ち回りをしても結果が出るし、勝てない人は超頑張っても負け続けます。

両方の経験してきた中で分かったことをまとめました。

スロットの設定狙いで勝てない人は準備が足りないだけ

スロット 設定狙い 勝てない

多くの専業者を見てきて思うのはスロットの設定狙いで勝っている人はスロットを仕事だと考えて稼働してます。

✓イベント調査

✓データ分析

✓お店選び

✓狙い台絞り

✓設定判別

✓やめどき

それぞれ感覚ではなく理論的な根拠に基づいているので、仮に負けたとしても被害は小さく、かつ、設定6に座れる可能性が高いのでトータル収支がプラスにシフトしていきます。

逆にスロットの設定狙いで勝てない人はこういった準備に時間を使わず『とりあえず休みの日にイベントがやっているから打ちに行こうかな?』といった感じが多いです。

両者を比較した時、スロットの設定狙いで勝てるか勝てないかの一番大きな理由は『準備』であり、この部分を改善しない限り結果を出すことは難しいです。

尚、『稼働する時間がない』といった理由から設定狙いで勝てない人もいると思うのですが、根本的にスロットは労働対価として報酬を得るので、稼働時間がなければ勝つことはできませんのでそこはご理解ください(設定6が使われているけど勝てない人に向けてのお話になります)

スロットの設定狙いで勝てない人が見直すべきポイント

スロット 設定狙い 勝てない

スロットの設定狙いで勝てない人は以下のポイントをチェックしましょう。

①期待値理論を覚える

②稼働するお店や狙い台を絞る

③実践ホールと狙い台を絞る

④設定判別を確実に行う

⑤やめ時を守りむだ打ちをしない

これさえ準備しておけばスロットの設定狙いで勝つことは可能です。

スロット設定狙いで勝てない人の改善点①:期待値理論を覚える

スロットの設定狙いに関わらず、勝ち続けるには期待値理論をもとに立ち回るしか方法はありません。

攻略情報や遠隔操作オカルトと呼ばれる理論もたくさん耳にしてきましたが、僕はそれらの情報で成果を出すことはできませんでしたし、それらで勝ち続けている人を見たこともありません。

設定狙いに関わらず勝つことができていないのであれば、そもそも勝つための知識が足りないことが原因の可能性が高いので下記のページから期待値の基礎について学んでおきましょう。

パチンコの期待値とは?【元専業の僕が詳しく解説します】

スロット設定狙いで勝てない人の改善点②:稼働するお店や狙い台を絞る

期待値理論を学んだら稼働するお店と狙い台を絞り込んでいきます。

リサーチと呼ばれる作業になりますが、スロットの設定狙いで勝っている人は何かしらのデータをもとに稼働するお店を決め、行動しています。

スロットの設定狙いで勝つには設定6を投入されているお店、投入される可能性の高い日に稼働することが最低条件なので、ここでその情報を洗い出して稼働日を決める形です。

具体的なやり方は以下の記事を参考にしてください。

スロット設定狙いで勝てない人の改善点③:設定判別をする

狙い台を絞って台に座ったら、その台が本当に設定6なのかどうかを確認していきます。

しっかりと準備ができていればこの時点で設定6に座れている可能性が2~3割はあるはずです。

設定狙いで勝てない多くの人は『イベントだから、新台だから』といった理由で空いている台を適当にキープして打ち始めるから勝つことができないんです。

僕はどれだけ狙い台に自信があったとしても入場抽選で悪い番号を引き、狙い台を取ることができなかったらその機種の島では打たず、他の機種の狙い台を取りに行きます。

そして自信の有無は置いておき、分析の結果から予想した台に座って設定判別を開始します。

これが実践できれば設定6である可能性が少ない台にお金を入れる機会が減るので、自然と自分の財布から出るお金が減り、得られるお金が増えます。

設定判別の方法は以下の記事を読めば解決できますのでご覧ください。

スロット設定狙いで勝てない人の改善点④:やめ時を守る

スロットの設定狙いで勝てない人はやめどきを間違えていることが多いです。

よくあるやめ時の間違い
✓高設定だと分かっているのに出ないからといってやめてしまう

✓設定6が絶対にあると思い込んで無理やり打って、ガセイベントに踊らされる

✓あきらかに設定6ではないと分かっているのに、もうちょっと打ちたいといった理由で続けてしまう

これらはスロットの設定狙いで勝てない人がおちいりやすいポイントでもあるため、しっかりと改善しておきましょう。

詳しくは下記の記事を参考にしてください。

スロットの設定狙いで勝てない人へのアドバイス

スロット 設定狙い 勝てない

これまで数百件以上、スロットの設定狙いについてアドバイスをしてきた経験があるので、それらをポイントとしてまとめておきたいと思います。

設定狙いで勝てない質問①:データを取っても設定を使ってない

『近隣店舗のイベントを調査してデータを取っているのですが、設定6らしき台が見つからないです。このような状況でも設定狙いで勝つことができるのですか?』

→結論として設定狙いできる地域のデータを取るのがいいですね。

地域によってはスロットの設定狙いができない場所もあります。

✓パチンコ屋がほとんどない

✓設定配分にメリハリがない

✓稼働が少なくデータが取れない

これらの地域は設定狙いで勝つのは難しいと思うので、対策としては遠征になります。

ガチで専業生活してる人は定期的に勝ちやすい地域へ引っ越していたりするので。

会社員など家庭のある方でそこまでできないという方は設定狙い以外の立ち回りを実践するのもアリかなと思います。

設定狙いで勝てない質問②:どこまでデータを取ればいいのか?

『設定狙いで勝つためにデータを取ると言ってましたが、具体的にどんなデータを取ればいいのですか?』

→これについては『スロットの設定狙いのデータ取り方法を公開【簡単すぎて地味です】』の方に詳しく書いてあるので参考にしてください。

設定狙いで勝てない質問③:ライバルがいて狙い台を確保することができない

『狙い台を絞ってもライバルがいて台を確保することができません』

ライバルはどの地域に行ってもいるので気にしても仕方ないと思います。

個人的に『設定6を取るのは順番』だと思っていて、自分が取れれば今日は自分の番、ライバルが座っていたら『今日は君の番だね』と思ってます。

僕の地域は設定6を狙えるお店が1店舗しかなく、しかも軍団がたくさん詰めかけてくるのでいつも抽選ではじかれます(笑)

だからといって設定6に座れないかというとそうでもなく、スロットコーナーのほぼ全機種の中から設定6を探し当てるので月に数回は座れます。

それはお店の癖、イベントなどさらにワンランク上のスキルが要求されるのでちょっと難しいのですが、そういったライバルが見ていない部分を見ながら立ち回ることで狙い台を増やし、座る可能性を高くできるのではないかなと思います。

設定狙いで勝てない質問④:仕事が忙しくて終日稼働ができない

『設定6を使う日が分かっても仕事があるので稼働できるか分かりません』

→冒頭でお伝えした通り、スロットは労働対価として勝つことができるので稼働時間がない時点で勝つのは難しいです(月0時間で10万勝つとか無理です)

よって設定狙い以外の立ち回りを覚え、そちらで対応するのが一番ではないかなと思います。

僕はパチンコも打てるので入場抽選の番号によっては、時間をかけて予想した台をあきらめてパチンコに向かうこともあります。

上記でお伝えした通り、僕はライバル豊富な地域で立ち回っているので王道戦略では限界があり、小回りの利く立ち回りが求められます。

言い換えれば臨機応変力がないと設定狙いはもちろん、スロットで勝つこと自体難しくなるので、期待値理論を始めとした総合力を身につけ、別の立ち回りを実践しつつ、設定狙いできるチャンスが来たら行うのがいいのと思います。

設定狙いで勝てない質問⑤:朝から行けないので技術介入のある機種を打ってますが勝てません

『仕事があるので夕方から高設定らしい台が空いていれば打っているのですが、あまり勝てません。ディスクアップなど設定1でも機械割が103%を超えるので、今のまま打ち続ければ勝てるのでしょうか?』

→今のご時世、夕方から設定狙いをするのは難しいです。

大きな理由は『プレイヤーのレベルが上がっている』からです。

今、朝から技術介入系の台に座る人は高確率で設定を判別しています。

そのため、設定6っぽいデータでも実は低設定の上振れということがよくあるんです。

加えてディスクアップなど完全攻略で機械割103%と思っている人が多いですが、現実的に完全攻略はムリです。

ビタ押し精度95%あれば超凄いですし、ずっと打っていたら小役を取りこぼすこともあります。

そういう部分で機械割はどんどん下がって103%届かないというのが現実なんです。

確かにそこそこの目押し力+データが良ければ勝てる気がするのは分かるのですが、それでもやはりお店が設定6を使っているからこそであり、そういった台を定期的に打たないと収支を伸ばすのは難しいと思います。

まとめ:スロットの設定狙いで勝てない理由【一問一答で完全解決します】

スロットの設定狙いで勝てない人は以下のポイントを見直しましょう。

①期待値理論を覚える

②稼働するお店や狙い台を絞る

③実践ホールと狙い台を絞る

④設定判別を確実に行う

⑤やめ時を守りむだ打ちをしない

どれも基本的なことばかりですが、初心者の人が実践するとなるとなかなか難しいと思います。

そういった場合は僕がお配りしている無料プレゼントで基礎知識をつけてから実践するのがオススメです。

1度身につけた基礎学力は一生、あなたの資産として残り続けるので、その後はその力を応用するだけで勝ち続けることができます。

僕が直接、立ち回りのアドバイスをしたり、稼働の結果を添削したり、リアルにお会いしてあなたの隣で稼働しながら勝ち方をお伝えする限定コミュニティの案内などもあるので、興味があれば下記からメルマガに登録してみてください^^

さんパパから直接指導を受けられる!?
さんパパの公式メルマガ登録ページ




パチンコ&スロットの二刀流で勝つための教科書を作りました

パチンコとスロットは理論で勝つものです

新型コロナウイルスによってパチンコ業界はかつてない苦境に立たされています。

営業自粛、世間からのバッシング、20年近く業界を見てきた僕でさえ『このまま滅ぶんじゃないか』と思うくらい厳しい状況です。

ただでさえ安定して勝つことができるのは1割と言われる中、一般ユーザーがホールに行っても、遊ぶことすら許されずに回収されるのがオチです。

そんな中、あなたに与えられた選択肢は3つです。

選択肢①:パチンコ業界はもう終わりだから足を洗う

選択肢②:負けてもいいから気分転換に稼働する

選択肢③:会社の収入も減収になって厳しいから勝ち組になる

僕はパチンコで破産した過去があるので、負けてまで稼働することに意味はないと思ってます。

ですので実質的にとるべき選択肢は①か③と考えていて、①に関しては僕も挑戦しましたが、やめようと思ってやめられるものでもありません。

すると残された選択は③しかなく、そのためには勝ち方を学ぶことが絶対に必要です。

パチンコもスロットも正しい知識を持って稼働すれば、その瞬間から負債を減らし、勝つ可能性をアップすることができるゲームです。

過去には1000万円以上の貯金を失ったという方もいましたが、その人ですら理論を身にまとえばすぐに収支は上昇曲線を描きました。

今の段階で勝ち方を学ぶことで、これから先に失うはずだったお金を手元に残し、さらにホールから資金を回収することも可能です。

以下に僕が15年以上かけて実践してきた勝ち方に関するノウハウや考え方、細かい実践テクニックを解説した教科書や動画をまとめたプレゼントを用意したので1度、手に取ってみてください。

あなたが業界がより一層厳しくなる中、安定した稼働を続けたいと思うなら、その状態の手助けになるはずです。

記事が役立ったらクリックしてね▼

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUT US

パチンコ&スロットの二刀流で2000万以上勝ち続けた元専業パパ。19歳に勝ち始めて以後、15年以上プラス収支継続中。とはいっても最初の1年間は負け続きで、稼働を始めた高校時代に100万以上の負債を負って引きこもりになるなど、勝ち組と負け組の両面を知る。現在はフリーランスとして活動しながらパチンコやスロットで勝ちたいと思う人に向けてブログやメルマガ、オンラインコミュニティで情報を発信しながら自由に暮らしてます。