スロットの設定狙いのデータ取り方法を公開【簡単すぎて地味です】

スロット データ 取り方

こんにちは、さんパパです!

読者さん
✓スロットの設定狙いをするためにデータを取りたいんだけど、どうやって取ったらいいの?

✓データ取りはメイン機種だけでいいの?それとも全機種・全台のデータを取るの?

✓専業の人はどんな感じのデータを取っているの?

こういった疑問について実際のデータを公開しながら解説していきます。

現在の僕はフリーランスとして活動しながら、イベント日を中心にホールへ行って稼働しています。

もう10年以上前ですが月100万円以上を安定して稼ぐ専業をやっていたこともあります。

ウソだと思うかもしれませんが、その根拠についてプロフィールメルマガで情報公開しているので参考にしてください。

すでにスロットで生計を立てることからは卒業しているので、過去、僕と同じように負けて困っている人に向けて勝つための情報をシェアしていきますね。

スロットの設定狙いのデータ取り方法を公開【簡単すぎて地味です】

スロット データ 取り方

スロットの設定狙いをするためのデータ取りはシンプル、かつ、地味です。

地味過ぎてやらない人が多いですが、やると明らかに傾向が見えてくるので個人的にはやった方がいいと思ってます。

まず、用意するものとやり方は以下の通り。

スロットのデータ取りに用意するもの
✓パソコンorスマホ

✓エクセル(ノートでも可)

スロットのデータ取りのやり方
①オンラインデータが見られるお店を調べる

②設定が入りそうなお店を決める

③データを取る機種を決める

④データを取ってまとめる

順番に解説していきます。

スロットの設定狙いのデータ取り手順①:オンラインデータが見られるお店を調べる

設定狙いのデータ取りは基本的にネットで検索できる『オンラインデータ』を使って行います。

オンラインデータが見られるサイトの代表例
サイトセブン

マルハンアプリ

台データオンライン

※上記に乗ってない場合は『店舗名+データ』で検索し、お店独自でデータを公開していないか確認する

代表的なデータを確認できるサイトは上記の通りですが、もし近くの店舗が載っていなければ『店舗名+データ』で検索すれば出てくることがあるので、ググってみてください。

尚、オンラインデータが見られないお店については店舗に行って直接、データを確認するしかありません。

スロットの設定狙いのデータ取り手順②:設定が入りそうなお店を決める

これは無駄な作業を省くという意味で『このお店にはほぼ設定6は入らないだろう』と思える店舗を除外しておくことです。

例えば僕の場合、イベントを一切やらずにいつもガラガラなお店は、仮に設定6が入ったとしても傾向を探ることができないためデータ取りの対象外にしています。

スロット データ 取り方

上記のようなデータが毎日続いていたら、稼働がほぼないのと同じことなので、データを取ったも傾向が見えないですよね。

だからある程度、しっかり稼働がついて、メリハリのあるお店に絞ってデータを取るようにします。

スロットの設定狙いのデータ取り手順③:データを取る機種を決める

次にデータを取る機種を決めましょう。

僕のおすすめはホールのメイン機種(4台以上設置)+ジャグラーです。

メイン機種はホールが一番力を入れている機種なので設定が入りやすく、ジャグラーはどのお店も設置台数に対してウエイトが高いので設定を入れている可能性が高いです。

逆にバラエティーコーナーなどに1,2台しかない機種は、基本的に設定が入ることがないので対象外です。

個人的にジャグラーに設定が一切入らないお店がAT機にガンガン設定6を投入するという傾向を見たことがないので、設定狙いをするならジャグラーの島もしっかり見ておいた方がいいと思います。

そういった理由から僕の場合2020年3月時点においてデータを取っているのは

✓バジリスク絆2

✓北斗天昇

✓リゼロ

✓ジャグラー

✓アクロス系Aタイプ(ディスクアップなど)

です(※いずれも4台以上設置されています)

お店によって設定台数が違うと思うので、例えばバジリスク絆10台、リゼロ2台という編成であれば、リゼロのデータは取らなくていいと思います。

スロットの設定狙いのデータ取り手順④:データを取る

データを取るお店と機種を決めたら実際にデータを取っていきましょう。

お店が公開している数値を1つ1つ、手入力していくだけです。

以下、僕が取っているデータの一部です。

スロット データ 取り方
スロット データ 取り方

僕の場合は『BB数・RB数・総回転数・合算確率』を見ています。

本当はスランプグラフや差枚数などを残せばより精度は高くなるのですが、手間が増えてしまうのでそこまではしていません。

データの取り方はいろいろあると思うので、上記を参考にしながらご自身のできる範囲でアレンジしてもらえればと思います。

スロットの設定狙いのデータ取りにおけるポイント

スロット データ 取り方

設定狙いのデータ取りのポイントは以下の通りです。

①できることから始め、長く継続する

②データから設定6を看破できるスキルを身につける

③データを取るだけでなく予想する癖をつける

できることから始め、長く継続する

データ取りに関して一番重要だと思っていることは必要な情報をシンプルに集めることです。

僕も経験があるのですが、データ取りを始めて設定6に座れるようになった頃、めちゃくちゃ興奮してお店にあるほぼ全台のデータを取ろうとしたんです。

最初はモチベーションも高いのでしっかり作業して、スランプグラフの画像をお店のデータロボから印刷して貼り付けたりもしました。

でも、数日も経たないうちに面倒くさくなって、結局、やらなくなってしまったんです。

これって私生活でもあると思うんですけど、何かに挑戦しようと思って始めても、仕事や勉強が忙しくて作業する時間がないと、だんだんやらなくなって挫折しちゃったりしますよね(筋トレとかダイエットなど)

それだと結果的に失敗してしまうので、だったらやれることをコツコツやるのが一番いいという結論に至るわけです。

僕の場合は上記のデータを取るくらいなら継続できたので、今もやっているという感じです。

正直、データを取るのって簡単そうに見えてめちゃくちゃ大変です。

継続するのが。

専業の時はエクセルが使えなかったのでノートに書いたりしてましたが、好きだからこそできたわけであって、嫌いな人からしたら苦行でしかなかったと思います。

そのためできるだけ情報を絞り、自分が設定狙いをする際に必要な情報を瞬時に取り出せればOKという感じにしておきましょう。

尚、データを取るといっても毎日取るわけではなく、1週間分をまとめて取ったりします。

所要時間は1時間かからない程度ですね。

データから設定6を看破できるスキルを身につける

データ取りの目的はそのデータを使って自分が設定6に座る確率を高めることですので、当然、データから設定6を看破できるだけのスキルを身につけておく必要があります。

以前、コミュニティに参加されている方から『ミリオンゴット凱旋で万枚オーバーしている台があったので、このお店は設定6を使ってると思います』というメールをいただいたのですが、実際のデータを見たところこんなグラフでした。

スロット データ 取り方

凱旋は設定1でも一撃万枚がでるスペックのため、このデータから設定6であることを見抜くことは不可能です。

各機種に合わせて設定6がどのような動きをして、どんな特徴があるのか?

そういった部分をしっかり押さえておかないと、データを取っても大きな効果は期待できません。

設定6の見分け方については『スロットの設定6の見分け方【事実の積み重ねでほぼ看破できます】』の記事を参考にしてください。

データを取るだけでなく予想する癖をつける

設定狙いのデータが溜まってきたら、どの台に設定6が投入されるのかを予想しましょう。

ここである程度の精度で設定6っぽいデータを予想できるようになれば、次回の同じイベント日などに稼働すれば、一定の確率で設定6に座ることができます。

逆にお店側が設定6を使っているのが分かっているにもかかわらず、予想が全然当たらない場合はさらにデータを蓄積し、お店の癖を見抜く作業が必要です。

この段階までくると稼働したい気持ちが強くなりすぎてしまい、当日、設定が入ってないと分かりつつも未練打ちをする原因になったりもするので『ダメならきっぱりやめる』ということも同時に頭に入れておくとよいです。

お店の癖を見抜く方法については『スロットの高設定が入りやすい場所を暴露【時効なので裏話もします】』で詳しく解説しています。

まとめ:スロットの設定狙いのデータ取り方法を公開【簡単すぎて地味です】

スロット データ 取り方

スロットの設定狙いをする上でのデータ取りは以下の方法で行っています。

スロットのデータ取りに用意するもの
✓パソコンorスマホ

✓エクセル(ノートでも可)

スロットのデータ取りのやり方
①オンラインデータが見られるお店を調べる

②設定が入りそうなお店を決める

③データを取る機種を決める

④データを取ってまとめる

オンラインデータが見られるサイトの代表例
サイトセブン

マルハンアプリ

台データオンライン

※上記に乗ってない場合は『店舗名+データ』で検索し、お店独自でデータを公開していないか確認する

スロットのデータを取るかどうかは個人の判断によって分かれると思います。

『そんなことをしなくても勝てる』という人もいれば『そこまでやってるの?』と驚かれることもあります。

僕はとにもかくにも目の前にある事実を積み重ねて設定6を奪取するのですが、スロッターの中でも僕のようなタイプはちょっと珍しいかもしれません。

専業の友人もデータは取ってましたが、蓄積というよりかは数日間のスランプグラフから狙い台を絞る程度だったので。

データ取りに関してはこれが正解というものは存在しないので、僕の事例を参考にできる範囲で実践し、設定6の奪取率UPにつなげてもらえれば幸いです^^




パチンコ&スロットの二刀流で勝つための教科書を作りました

パチンコとスロットは理論で勝つものです

新型コロナウイルスによってパチンコ業界はかつてない苦境に立たされています。

営業自粛、世間からのバッシング、20年近く業界を見てきた僕でさえ『このまま滅ぶんじゃないか』と思うくらい厳しい状況です。

ただでさえ安定して勝つことができるのは1割と言われる中、一般ユーザーがホールに行っても、遊ぶことすら許されずに回収されるのがオチです。

そんな中、あなたに与えられた選択肢は3つです。

選択肢①:パチンコ業界はもう終わりだから足を洗う

選択肢②:負けてもいいから気分転換に稼働する

選択肢③:会社の収入も減収になって厳しいから勝ち組になる

僕はパチンコで破産した過去があるので、負けてまで稼働することに意味はないと思ってます。

ですので実質的にとるべき選択肢は①か③と考えていて、①に関しては僕も挑戦しましたが、やめようと思ってやめられるものでもありません。

すると残された選択は③しかなく、そのためには勝ち方を学ぶことが絶対に必要です。

パチンコもスロットも正しい知識を持って稼働すれば、その瞬間から負債を減らし、勝つ可能性をアップすることができるゲームです。

過去には1000万円以上の貯金を失ったという方もいましたが、その人ですら理論を身にまとえばすぐに収支は上昇曲線を描きました。

今の段階で勝ち方を学ぶことで、これから先に失うはずだったお金を手元に残し、さらにホールから資金を回収することも可能です。

以下に僕が15年以上かけて実践してきた勝ち方に関するノウハウや考え方、細かい実践テクニックを解説した教科書や動画をまとめたプレゼントを用意したので1度、手に取ってみてください。

あなたが業界がより一層厳しくなる中、安定した稼働を続けたいと思うなら、その状態の手助けになるはずです。

記事が役立ったらクリックしてね▼

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUT US

パチンコ&スロットの二刀流で2000万以上勝ち続けた元専業パパ。19歳に勝ち始めて以後、15年以上プラス収支継続中。とはいっても最初の1年間は負け続きで、稼働を始めた高校時代に100万以上の負債を負って引きこもりになるなど、勝ち組と負け組の両面を知る。現在はフリーランスとして活動しながらパチンコやスロットで勝ちたいと思う人に向けてブログやメルマガ、オンラインコミュニティで情報を発信しながら自由に暮らしてます。