【重要】新型コロナがパチンコ店で流行する前に備ておくべきこと

パチンコ店 コロナウイスル

こんにちは、さんパパです!

パチンコホールにおいても新型コロナの患者さんが確認されていますね。

和歌山県ではパチンコ店が臨時休業になり、今日も警視庁から通達が出ていました。

警察庁保安課、新型コロナウイルス感染症対策でパチンコのハンドル・ボタン等の消毒呼びかけ2020.02.28

警察庁保安課はこのほど、業界14団体で構成するパチンコ・パチスロ産業21世紀会(21世紀会)に対し、「新型コロナウイルス感染症の発生を踏まえた感染防止の措置について(依頼)」と題した文書を送付し、遊技機のハンドル等を消毒するなど、新型コロナウイルス感染症の感染を防止する措置を適切に講じるよう求めた。

新型コロナウイルス感染症対策については、国内の複数地域で感染経路が明らかではない患者が散発的に発生し、一部地域には小季語患者クラスター(集団)が把握されている状態になっており、まさに今が、今後の国内での健康被害を最小限に抑える上で極めて重要な時期とされている。

また、感染経路の1つとされている接触感染の防止には、手が頻繁に触れる場所を消毒することが有効と考えられており、警察庁保安課は不特定多数が利用するパチンコのハンドルやパチスロのボタン等を消毒するなどの措置を適切に講じるよう求めている。

パチンコ業界 最新ニュースサイト パチンコ・パチスロ情報島より引用

もう他人事ではなくなっているのが現実なので、僕が行っている具体的な対策と考え方についてお伝えしようと思います。

※本記事の見解は僕の個人的な意見であり『僕はこう考えて行動している』というだけです。

これから先の現実がどうなるかはふたを開けてみなければ分からないので、実践する場合は自己責任でお願いします。

新型コロナがパチンコ店で流行する前に備ておくべきこと【僕は実施済み】

パチンコ店 コロナウイスル

僕が新型コロナの流行によって考えているのは以下のシナリオです。

①パチンコ店が休業になる

②いくつかの店舗はそのまま閉店する

それらを想定した上で取るべき行動としては

③パチンコの貯玉はできる限りおろしておく

④稼働するなら感染することを前提にする

という感じ。

順番に見ていきましょう。

①新型コロナの影響でパチンコ店が休業になる

まず、現実的に考えられるのがパチンコ店の休業です。

既にパチンコ店で新型コロナの感染者を確認、臨時休業したお店もあります。

すでに営業再開されているようですが、今後は感染者がいなくても休業に追い込まれる可能性が出てきました。

その一番の理由が全国の小学校・中学校・高校を休校にするという発表です。

安倍総理 全国の小中高などに「臨時休校」を要請 春休み前倒しへ

安倍総理大臣は27日、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、3月2日月曜日から全国の小学校・中学校・高校・特別支援学校を臨時休校にするよう要請した。

【映像】記者が解説「全国で休校」総理決断の背景は

安倍総理大臣は政府の新型コロナウィルス対策本部で、感染の拡大を防ぐため来週月曜日から全国の学校を臨時休校にするよう要請した。全国の小学校・中学校・高校と特別支援学校について春休みを前倒しし、来週月曜日から臨時休校にするよう要請しました。また、卒業式を開催する場合は十分な対策をしたうえで行う必要があると述べた。

なお、厚生労働省は保育園については一斉休園の要請をしないとしており、学童保育も開所してもらう方針だという。(ANNニュース)

Yahooニュースより引用

これまでコンサートの延期やプロ野球オープン戦の無観客試合など、人が集まる場所のイベント行事を中止にする報道はありましたが、政府が直接、子供たちの教育場所を休みにして欲しいという通達は聞いたことがありません。

3月といえば卒業式があり、4月になれば入学式があり、子供たちにとっては一生に一度の行事や友人との最後の別れを楽しむ時期であるにもかかわらず、とにかく感染の流行を阻止するためできる限りの対策をするという方針が強く見て取れます。

その結果、上記の発表の翌日には『ディズニーランドとディズニーシーが2月29日~3月15日まで閉園する』との発表もありました。

ディズニーランド&ディズニーシー、29日から3月15日まで臨時休園

東京ディズニーリゾートを運営するオリエンタルランドは28日、新型コロナウイルス感染症対策本部にて政府に要請された方針に従い、2月29日から3月15日まで東京ディズニーランドと東京ディズニーシー(千葉・浦安市)を臨時休園することを発表した。

再開日は3月16日を予定しているが「関係行政機関等と密に連絡をとり、あらためてお知らせする予定です」とした。

購入された休園期間中のチケットは、東京ディズニーリゾートのオフィシャルサイト【https://www.tokyodisneyresort.jp/】で対応が発表される。

コロナウイルス感染拡大をめぐって、サンリオはピューロランド(東京・多摩市)とハーモニーランド(大分・速見郡日出町)を22日から3月12日まで臨時休館することを発表していた。

Yahooニュースより引用

これらのことから今後、多くの不特定多数の人が集まる場所は次々と行事の中止や営業休止になっていくと考えられ、パチンコ店も例外ではないと思ってます。

②体力のないパチンコ店は休業ではなく閉店に追い込まれる可能性も

新型コロナの影響から休業せざるを得ない場合、経営が苦しくなるパチンコ店はそのまま閉店に追い込まれるかもしれません。

というのも、お店が開かなければパチンコ店は利益を出すことができませんし、だからと言って給料を払えませんでは社員の方の生活が成り立たなくなってしまいます。

数週間程度で新型コロナの流行が止まればいいですが、今のところそのような兆候はまったく見られず、長期にわたって休業を余儀なくされた場合、体力的に厳しいホールは営業を再開できない可能性があることは想定しておくべきです。

③貯玉はできる限りおろしておく

ホールの休業や閉店を想定した対策としては『貯玉をおろしておく』ことです。

休業であれば営業再開した時に使えると思いますが、パチンコ店が閉店してしまった場合、どうなるかは分かりません。

一応、パチンコ店の貯玉については『一般社団法人貯玉補償基金』という場所があって、万が一、パチンコ店が倒産して貯玉がおろせなくなった時は100万円を上限に保証してもらえます。

が、金銭への交換は不可で交換できるのは決められた商品のみです。

実際に貯玉してあったパチンコ店が閉店し、貯玉保証を受けた方の記事があったので気になる方は見ておきましょう。

■パチンコ店が閉店したので貯玉補償を受けた時のお話。

④稼働するなら新型コロナに感染することを前提にする

こんな時期ですから『パチンコ屋に行くな!』というのが正論なのは十分、承知しています。

とはいえ、それが通用しないのがパチンカーですので、稼働することを前提にお話しすると『稼働するなら感染するつもりでいましょう』というのがもっとも負担の少ない考え方です。

新型コロナの厄介なところは『自覚症状がないうちに感染して人にうつす』ということです。

インフルエンザみたいに熱が38℃まで上がれば嫌でも家で寝てると思うのですが、症状がなければ当然、外出もするし、パチンコ店へ行く人もいます。

そしてパチンコを打てばハンドルにウイルスが付着するし、スロットを打てばメダルにもウイルスが付着します。

加えてコロナウイルスは目からも感染すると言われているので、もはや感染を防ぐのは無理な状況まで来ているのが事実です。

よって『知らない所で新型コロナに感染する→症状がない→パチンコ店に来る→ウイルスを置いていく→新型コロナに感染する』ということが遅かれ早かれ起こるでしょう。

個人的に『パチンコ店は天井も高いし、空調設備も他の飲食店などに比べて数倍性能がいいので大丈夫なのでは?』と思ったりもしているのですが、こればっかりは分かりません。

そのような状況の中、自分だけ感染を防ぐのは絶望的に無理なので、稼働するなら新型コロナにかかることを前提にしたほうが精神的に楽です(かからなければラッキーという感じ)

パチンコ店が新型コロナで休業する前にやった個人的な対策

パチンコ店 コロナウイスル

僕が実際に行った新型コロナに関する対策について書いておきます。

お店ごとに貯玉の残高を調整

上記でお伝えした通り貯玉の保証は100万円まではしてもらえるみたいですが、正直、手間もかかりそうですし、面倒な印象だし、そもそもパチンコ店が加入していないと保証されないようなので、それなら今のうちに貯玉を交換しておくのが吉だと思ってます。

とはいえ『非等価のお店であれば再プレイ用の貯玉がないと次の稼働が苦しくなる』という人もいると思うので、そういう人はケースバイケースで対応すればいいでしょう。

具体的には店舗によって以下の2通りに分けます。

対応1.お店が大手で潰れる心配がない場合

貯玉をおろさない、もしくは少しだけ貯玉をおろしておく

対応2.いつもガラガラでちょっとヤバそうなお店

貯玉を全額、もしくはギリギリまでおろしておく

地域一番店だったり、全国展開しているチェーン店は倒産のリスクはほぼないと思うので、貯玉はそのままにしておく。

逆に普段からお客さんがあまり入っていないパチンコ店はちょっと危ないかなと思って貯玉を大きくおろしてます(というかもともとそういうお店のカードにはあまり入れてない)

新型コロナによるパチンコ店の休業→閉店の流れは少ないと思いますが、事態の収束が見えない以上、どの店舗にも閉店リスクはあります。

人によっては数万発を貯玉カードに入れていたりすると思うので、これを機に整理しておくといいと思います。

僕の貯玉カードはゼロではないですが、数万発とかも入っていません(全店舗)

万が一、潰れてゼロになったら『まぁ、仕方ないか』と諦められるくらいの残高です。

もし、ゼロになってしまったら悔いが残ると思ってる人は、お達しが来る前にホールに行っておろしておいた方がいいと思います。

稼働する場合は石鹸をつけて超手を洗いまくる

これは新型コロナ対策というか、もともとやっていたことなのですが、パチンコ店に行くときは家にいる数倍くらい手を洗ってます。

終日稼働するときは10回とか洗っていると思います。

パチンコ店って意外と手を洗ってない人が多くてビックリするんですが、僕はトイレに行ったら石鹸をつけて手首まで洗ってます。

加えてホールを出る時も必ずトイレで手を洗ってから帰宅します。

僕の中でこれはデフォルトだと思っていたのですが、意外とそうではないらしいので一応書いておきます。

効果の方は不明ですが、20年近くパチンコ店に通ってもインフルエンザなどの病気をもらったことが1度もないので、一定の効果はあるのかなと思ってます。

新型コロナに対する個人的な見解と対策

パチンコ店 コロナウイスル

以下は余談なので気になる人だけ読んでください。

個人的に新型コロナはまだまだ収束することなく、広がりを続けていくと思ってます。

今は日本の感染者の数が少ないように見えていますが、あれは検査をしていないからで、国民全員を検査したら簡単に10倍とかの患者数に化けるはずです。

つまり、もう個人単位で予防できる状況ではないというのが正直なところ。

学校に行っても、病院に行っても、タクシーに乗っても、電車に乗っても、スーパーに行っても、コンビニに行ってもうつる可能性があるわけで、パチンコ店うんぬんの話ではないです。

すると論議は自然と『感染したらどうする?』という方向へ向かっていくわけで、その対策(=薬)が今はないんです。

つまりやれることは『感染しても死なないようにする』ことぐらい。

それが何かっていうと

①しっかりとした食事

②十分な睡眠

③不用意な稼働(外出)は避ける

ことです。

超原始的な方法ですが、現状、新型コロナに対抗する手段はこれしかありません。

僕も家族や高齢の親戚がいるのでいろいろ調べまくってはいるのですが、情報がなく、薬もないです。

よってパチンコ店を含めて、事態が鎮静化に向かうまではあまり外に出歩かない方がいいというのが現時点における最終的な結論です。

これから夏場に向かってウイルスの広がりが収まってくれればいいんですけどね。

それすら情報がないので、今は対処療法として学校を休みにしたり、人が集まる場所の制限をかけたりということしかできていません。

遅かれ早かれパチンコ店にも新型コロナの影響が出てくると思うので、心配な人は準備をしておきましょう。

パチンコ&スロットの二刀流で月10万勝ち続ける教科書を無料プレゼント中!

毎月、パチンコやスロットで勝ち続けている人を輩出している教科書を購読してみませんか?

この教科書に出会ったことをきっかけに

スロットを1度も打ったことのない学生さんが2週間で13万円のプラス収支を達成したり、

同じく目押しすらできないサラリーマンパパが初月から+26万円を達成したり、

3ヶ月で20万以上負けていた主婦の方が2ヶ月で10万発の貯玉をためることに成功したり、

30年パチンコで負け続けていた人が3ヶ月で+25,000発&スロットで+5,000枚を達成という二刀流を極めたり、

仕事帰りにジャグラーやHANABIなどのAタイプを打って毎月3万負けていたサラリーマンが半年で+70万達成したり

どうやっても勝つことができなかった副業サラリーマンがパチンコの基礎を身につけてから稼働した結果、月+13万のプラス収支を達成したり、

稼働すればするほど負けていたサラリーマンが300台以上スロットを打って+55万以上の収支を達成したり

と、ここから勝ち組に駆け上った人はもはや計測不能です(笑)

が!!!

そうはいっても超怪しいと思うのでその根拠を最初にお伝えしますね^^

以下のページにパチンコやスロットで勝つために必要な手順をたった180秒で解説した動画を用意したので、まずはそちらを見てみてください。

(クリックで動画視聴ページに飛びます)

実際に教科書を見た方から
777件以上の喜びの感想
をいただいています!

記事が役立ったらクリックしてね▼

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUT US

パチンコ&スロットの二刀流で2000万以上勝ち続けた元専業パパ。19歳に勝ち始めて以後、15年以上プラス収支継続中。とはいっても最初の1年間は負け続きで、稼働を始めた高校時代に100万以上の負債を負って引きこもりになるなど、勝ち組と負け組の両面を知る。現在はフリーランスとして活動しながらパチンコやスロットで勝ちたいと思う人に向けてブログやメルマガ、オンラインコミュニティで情報を発信しながら自由に暮らしてます。