パチンコの台選びはココを見る!釘を見るのは一瞬だけ!

さんパパ
こんにちは!

パチンコホールに行ったら
お店のドアが開かないので
自動ドアのボタンを連打してたら
“本日15:00オープン”
という張り紙がしてあって
超恥ずかしかったさんパパです!

僕は地元のホールにしか
顔を出さないので普段、
ホールの営業時間とか
気にしないんですよね。

だから空いてると思って
ホールに行ったら入れ替え日で
時差オープンのため入れず・・・
みたいなことが何回かありました。

で、実際に時差オープンだから
アツいのかな~と思っていくと
超平常営業(笑)

1円も使わずに帰宅しましたが
もし、僕が今ほどの知識がなければ
きっとアツいイベントだと思って
いろんな台に手を出して
数万円負けていたはずです。
(高校時代に経験ありwww)

そういった負けないスキル
1度身に付けていけば2度と
使えなくなることはないので
最初は面倒かもしれないけど
覚えておくといいですね。

年間数十万単位の経済効果は
簡単に出てくると思います。

さて、今日はパチンコ台の
選び方について読者の方から
質問をいただいたので
お答えしていきたいと思います!

台を絞る際はヘソをパッとみてから、他の釘をみているのでしょうか?

質問者
釘読みの記事読ませていただきました。

とても参考になります。

質問なのですが、さんパパさんはまず台を絞る際は、ヘソをパッとみてから、他の釘をみているのでしょうか?

自分の場合ヘソをみて、ヘソが空いている台の釘をじっくり読んでいますが、ヘソが多少閉まっていても回る台を見落としてしまったりする可能性もあるので気になりました。

1台1台はじからはじまでじっくり見ているとさすがにすごい時間がかかってしまうので、教えて頂きたいです。

釘を見る時は角から3台くらいをざっと見る程度

僕は釘の見方をしっかり書いてますけど、
実はそんなにじっくり見ていないです(笑)
↓↓↓

というのもおっしゃる通り、
全台を見ていたら時間がかかるし、
そもそも論として台ごとの調整が
そんなに変わらなかったりする
ので。

角から3台くらいをざっと見て

さんパパ
◎おぉ!めっちゃ開いてる!!
さんパパ
△うーん、打つ価値はあるかな・・・
さんパパ
×クソ(笑)

みたいな感じで判断してます。

で、その3台が打てそうであれば
島全体を確認する→他の釘を見る、
というケースが多いです。

釘にはヘソとスルーを重要視していて
電サポ中に枯れちゃったりする台は
出玉が削られるので敬遠しがちです。

上皿の玉がガンガン減っていくのは
見ていて大きなストレスなので。

自分が下手という理由もあります(笑)

最近は1玉賞球の台ばかりなので
枯れ過ぎってことはないですけどね。

それでもお店によっては通常時は
ソコソコ回る調整にして電サポ中に
出玉を削ったりすることがあるので
気を付けたほうが良いかなと思います。

基本的にイベントなどで調整するのは
ヘソ・寄り釘くらいじゃないですかね。

今は釘調整もうるさくなっているので
昔ほど露骨な調整はしていないのが
最近の傾向かなと思ってます。

責めるよりも守ったほうが勝ちやすい

パチンコ負けない

ヘソが多少閉まっていても回る台を
見落としてしまったりする可能性も
あるので気になりました。

個人的に気になった質問は↑ここ↑
だったりするのですが、

回りそうな台を探すのではなく
回る台だけ見つけたほうが良い

です。

僕も1,000回くらいは同じような
気持ちで台を選んで打ったことがあります。
↑↑↑
大げさではなく本当に・・・。

さんパパ
この台は他の台に比べてスルーが開いてるように見える

この台は他の台に比べて寄りが良いように見える

この台は他の台に比べて鎧釘がプラスに見える

みたいな感じで半ば
無理やり打つ根拠を作って
稼働してしまうんです。

パチンコってすごくシビアなので
500円無駄なお金を使ってしまうと
得られる利益が500円減るんです。
(当たり前ですけど(笑))

だから出来る限り無駄な投資は避け
勝つ見込みの高い台だけを打つことが
一番の肝になってきます。

そのためには打つ理由を作るのではなく
自然と打つ理由が出てくる台を選んで
打つことが大切になるんですね。

以前、スロットの稼働記事を公開しましたが
1ヶ月ほど近場のお店を周った結果、
打ちたいと思える台はゼロでした。
↓↓↓

パチンコ・スロット実践結果 2017年11月、12月分
パチンコ・スロット実践結果 2017年11月、12月分

パチンコ・スロット実践結果 2017年11月、12月分

ですからこの期間、
パチンコは打ってません。

どうしても打ちたいのであれば
イベントのやっている地域に行くか、
負け覚悟で打つしかないわけです。

給料日前でお金もないし、2,000円くらいで当たって4,5万勝てないかなぁ~

みたいな希望的観測で勝てるほど
パチンコって甘くないですから。

仮に運よく勝てたとしても
いつか、必ず、同じ場面がやってきて
同じことを繰り返して回収されます。

たった1回でもラッキーで勝てると
その残像がずーーっと付きまとい、

今日は出るんじゃないかな?

誰かに出されるんじゃないかな?

出されたらいやだなぁ・・・

みたいな不安な気持ちが
頭から離れなくなっちゃいます。

ですから

ヘソが開いてないけど回るかも知れないから1万円入れてみるかなぁ

といった薄い可能性を探すのではなく

今日はイベントだしヘソも明らかに開いてる気がする!

これは絶対回るでしょ!

みたいな台が見つかるまで打たない、
というのが僕の中では正解かなぁ
と思うんですけどね。

※あくまで勝ちにこだわる場合です

パチンコの台選びは総合的に見て判断することが大事

パチンコ台選び

参考までにお伝えしておくと
パチンコ台を選ぶときは釘の前に
いくつかの情報を目安にします。

そのお店のメイン機種はなんなのか?

例えば一番オーソドックスなのは
そのお店のメイン機種はなんなのか?
に注目することです。

パチンコ屋の運営目的は営利なので
やはり目玉商品がないとお客さんは
やってきてくれません。

ですからお店ごとに“強化機種”
みたいなものがあることが多くて、
まずはその台を見るといいですね。

強化機種が超キツキツ調整で、
その裏の島が大解放!なんて店は
ほとんどないと思うので・・・。

イベント日はいつなのか?

今はイベントがなくなってしまったので
前ほど露骨に分からなくなりましたが、
それでも何らかの形で告知をして
今日はアツいですよ!といった
情報を流すお店はたくさんあります。

今だったらライターイベントや
時差オープンがその類ですかね。

経営側の心理として単発的な利益よりも
長期的な利益を重視するなら

イベントで集客

ある程度還元する

リピーターを生む

回収する

という思考が生まれるので
狙い目ではあると思います。

もちろん平気でガセイベントを
決行する店もありますが・・・。

そんな時はさっきみたいに
角から3台くらいのヘソを見て
クソかどうかを確認してください(笑)
↓↓↓

※イベントに関する参考記事

過去のデータはどうなのか?

僕は昔からデータ(情報)をベースに
確率論的に立ち回ってきたので
データランプを良く使っていました。
↓↓↓

詳細は上記を参考にして欲しいのですが
簡単に解説をすると、

①大当たり回数をざっと見る
↓↓↓
②0回、2回、4回、28回、0回
みたいなデータがあったとする
↓↓↓
③28回当たっているデータを確認
(前日の総回転数)
↓↓↓
④2,000回転以上回っている
(連チャン→即ヤメでない)
↓↓↓
⑤よく回るから粘ったのでは?
↓↓↓
⑥釘確認
↓↓↓
⑦打ってみる

といった流れです。

要するに打つ前にデータを見て、
1つでも稼働できる根拠を増やせば
仮に回らなかったとしても他の台を
適当に打つより良台に辿り着く
可能性はグンとあがりますよね。

そうやって1つ1つ勝つ根拠、
もっといえば負けない理由を
積み重ねていった方が、
釘だけを見て判断するよりも
良台に辿り着けると思います!




パチンコ&スロットの二刀流で勝つための教科書を作りました

パチンコとスロットは理論で勝つものです

新型コロナウイルスによってパチンコ業界はかつてない苦境に立たされています。

営業自粛、世間からのバッシング、20年近く業界を見てきた僕でさえ『このまま滅ぶんじゃないか』と思うくらい厳しい状況です。

ただでさえ安定して勝つことができるのは1割と言われる中、一般ユーザーがホールに行っても、遊ぶことすら許されずに回収されるのがオチです。

そんな中、あなたに与えられた選択肢は3つです。

選択肢①:パチンコ業界はもう終わりだから足を洗う

選択肢②:負けてもいいから気分転換に稼働する

選択肢③:会社の収入も減収になって厳しいから勝ち組になる

僕はパチンコで破産した過去があるので、負けてまで稼働することに意味はないと思ってます。

ですので実質的にとるべき選択肢は①か③と考えていて、①に関しては僕も挑戦しましたが、やめようと思ってやめられるものでもありません。

すると残された選択は③しかなく、そのためには勝ち方を学ぶことが絶対に必要です。

パチンコもスロットも正しい知識を持って稼働すれば、その瞬間から負債を減らし、勝つ可能性をアップすることができるゲームです。

過去には1000万円以上の貯金を失ったという方もいましたが、その人ですら理論を身にまとえばすぐに収支は上昇曲線を描きました。

今の段階で勝ち方を学ぶことで、これから先に失うはずだったお金を手元に残し、さらにホールから資金を回収することも可能です。

以下に僕が15年以上かけて実践してきた勝ち方に関するノウハウや考え方、細かい実践テクニックを解説した教科書や動画をまとめたプレゼントを用意したので1度、手に取ってみてください。

あなたが業界がより一層厳しくなる中、安定した稼働を続けたいと思うなら、その状態の手助けになるはずです。

記事が役立ったらクリックしてね▼

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUT US

パチンコ&スロットの二刀流で2000万以上勝ち続けた元専業パパ。19歳に勝ち始めて以後、15年以上プラス収支継続中。とはいっても最初の1年間は負け続きで、稼働を始めた高校時代に100万以上の負債を負って引きこもりになるなど、勝ち組と負け組の両面を知る。現在はフリーランスとして活動しながらパチンコやスロットで勝ちたいと思う人に向けてブログやメルマガ、オンラインコミュニティで情報を発信しながら自由に暮らしてます。