パチプロ軍団に個人が勝てるのか?→はい、軍団も結局は・・・なので

パチプロ軍団
パチプロ軍団

パチプロ軍団

一般の人にはあまり知られていませんが
世の中にはそういった人たちが存在します。

まぁ、普通にパチンコで勝ってる人の
集まりのことですけどね(笑)

彼らが集まると”軍団”なんて
呼ばれたりするわけです。

そんな彼らの強みは
パチンコで勝つ情報が入手しやすいこと。

規模を広げれば自分の地域だけではなく
あらゆる場所の情報が手に入るので、

常にグランドオープンやイベントで
期待値のある台に座れたりするんです。

さらにパチンコは1人で打つよりも
集団で打った方がより安定して勝てます。

理由は確率の収束が早いから
1日単位で勝ち続けられるってことです。

1人では2,000回程度しか
回せなかったとしても、

10人いれば2万回転回すことができて10日分の稼働を
たった1日で済ませることができますよね?

仮に1日10時間、月200時間稼働して
月収40万のパチプロがいたとすると、

1人で打った場合20日稼働で40万の利益
10人で打った場合2日で40万の利益

もちろん10人で打つわけですから
取れる利益は1/10になるので
金額的には変わりません。

でも、安定度が全然違うんですよ。

パチンコは確率の収束につれて
期待値が積み重なって利益が出るので、

収束を早めれば早めるほど
積みあがる期待値も増え、

安定した勝利を
手にすることができます。

だから極端な話、
1人では展開負けすることがあっても、

10人で打てばその展開負けを
他の人がカバーすることができるので
常勝も可能になるんですよね。

おそらく集団で打ってる人は
負け知らずなんじゃないかと思います。

実力が本物であれば(笑)

そんな軍団がいる中で
個人で勝負して勝てるのですか??

という質問を以前いただきましたので
回答を載せておきたいと思います。

【質問】

数の力で仕事になる軍団ではなく、
個人単独で勝ち目はあるでしょうか?

軍団も分解すれば”個”である

先ほどお話しした通り、
軍団だから有利というのは
期待値がたくさん積めるからです。

期待値のない台ばかりであれば
軍団員はただのお荷物ですからね(笑)

すなわち軍団が勝てるということは
軍団を形成する軍団員1人1人が
期待値を積んでいる
と言うことです。

彼らも根本は個人で戦っているわけですから
十分勝てる可能性はあると思います。

というか個人の集まりが軍団なので
結局は個人で勝つしかない
ってことです。

もちろん情報収集の段階では
軍団の方が圧倒的に有利ですが
僕はあんまり気にしないです。

自分なりのルールに従って
打つ・打たないを判断する、

これの繰り返しですからね。

パチンコを引退してから半年ぶりくらいに
友人に誘われてホールに行きましたが
やはり打てそうな台は何台かありました。

たまたまかも知れませんが
色々なお店を周っていけば
勝機はあると思います。

逆に個人で勝てなければ
軍団は解散しなければならず、

その存在事態が無くなって
しまうのではないでしょうか。

軍団にはデメリットもある

僕も軍団とは言いませんが
数人の友人と一緒にお店を周り
打ちまくっていた時期がありました。

で・・・。

今だから言えることなんですけど
毎日一緒に打っていると、

だんだん相手のいやな部分が
見えてきちゃうんですよ。

例えば最初は丁寧にやっていた止め打ちを
適当にやっていたり、

もっと粘るべき台を早々に切り上げて
帰ってしまったり。

自分は勝とうと思って必死にやってるのに
なんであの人はちゃんとやらないんだろう
って。

仕事でもありますよね?

俺はこんなに遅くまで残って働いているのに、
なんであいつはいつも早く帰るんだ!

みたいな。

それと同じ感じです。

もちろん期待値は積んでいるので
勝てることは勝てるんですよ?

1人で打つよりも安定するし
負けることはありません。

でも明らかに期待値は落ちて
1ヶ月単位で見ると数万以上は
欠損しているはずです。

そうすると起こりますよね、

揉め事が・・・。

こうなってくると本当に面倒です。

昨日までめちゃくちゃ仲良かった二人が
急に口すら聞かなくなって、

そのうちどちらか一方が
お店に来なくなって、

気がつけば10年たった…
みたいなこともありました。

僕は性格的にサバサバしているので
そうなったら『じゃあ別々に打とう』と言って
すぐに別れてしまうタイプなのですが、
感情的になる人もいることはいます。

というか多いです(笑)

どうしてもお金が絡んできますからね。

トラブルは付きものです。

閉店後のパチ屋の前で
怒鳴りあった人もいましたし。

集団になるとパチンコ以外の部分で
負担が出てくるデメリットがあります。

さらには全員が全員、ずっと
パチンコを打ってるわけではないので
必ず人の入れ替わりがあります。

そうなると新しい人を
教育する必要があるのですが、

なかには勝ち方を学んで
バックれる人も・・・。

人材育成は仕事においても
重要な業務の1つですけど、

ようやく育った人が
他の会社に行くのって
よくあるパターンですからね。

それは仕方のないことです。

話しをもとに戻しますが、
結局、軍団とは言っても
分解すると個人になるわけで、

個人で勝てる人がいるなら
自分1人で打っても勝てる
と思います。

先ほどいった通り個人で勝てなければ
軍団も存在できないからです。

もし、軍団員を見つけることができたら
その人の動きを観察することで
おいしい台を見つけることもできますからね。




パチンコ&スロットの二刀流で勝つための教科書を作りました

パチンコとスロットは理論で勝つものです

新型コロナウイルスによってパチンコ業界はかつてない苦境に立たされています。

営業自粛、世間からのバッシング、20年近く業界を見てきた僕でさえ『このまま滅ぶんじゃないか』と思うくらい厳しい状況です。

ただでさえ安定して勝つことができるのは1割と言われる中、一般ユーザーがホールに行っても、遊ぶことすら許されずに回収されるのがオチです。

そんな中、あなたに与えられた選択肢は3つです。

選択肢①:パチンコ業界はもう終わりだから足を洗う

選択肢②:負けてもいいから気分転換に稼働する

選択肢③:会社の収入も減収になって厳しいから勝ち組になる

僕はパチンコで破産した過去があるので、負けてまで稼働することに意味はないと思ってます。

ですので実質的にとるべき選択肢は①か③と考えていて、①に関しては僕も挑戦しましたが、やめようと思ってやめられるものでもありません。

すると残された選択は③しかなく、そのためには勝ち方を学ぶことが絶対に必要です。

パチンコもスロットも正しい知識を持って稼働すれば、その瞬間から負債を減らし、勝つ可能性をアップすることができるゲームです。

過去には1000万円以上の貯金を失ったという方もいましたが、その人ですら理論を身にまとえばすぐに収支は上昇曲線を描きました。

今の段階で勝ち方を学ぶことで、これから先に失うはずだったお金を手元に残し、さらにホールから資金を回収することも可能です。

以下に僕が15年以上かけて実践してきた勝ち方に関するノウハウや考え方、細かい実践テクニックを解説した教科書や動画をまとめたプレゼントを用意したので1度、手に取ってみてください。

あなたが業界がより一層厳しくなる中、安定した稼働を続けたいと思うなら、その状態の手助けになるはずです。

記事が役立ったらクリックしてね▼

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUT US

パチンコ&スロットの二刀流で2000万以上勝ち続けた元専業パパ。19歳に勝ち始めて以後、15年以上プラス収支継続中。とはいっても最初の1年間は負け続きで、稼働を始めた高校時代に100万以上の負債を負って引きこもりになるなど、勝ち組と負け組の両面を知る。現在はフリーランスとして活動しながらパチンコやスロットで勝ちたいと思う人に向けてブログやメルマガ、オンラインコミュニティで情報を発信しながら自由に暮らしてます。