スロット収支の付け方【項目・メリット・おすすめアプリもご紹介】

スロット 収支 付け方

こんにちは、さんパパです!

読者さん
スロットの収支はなんでつけるの?

スロットの収支はどうやってつけるの?

スロットの収支をつけても負けてるんだけど?

こういった疑問にお答えします。

スロットの収支は
負けてる人ほどつけるべき

というのも勝つためには
期待値を追いかけるしかなく
自分が打ってる台の質を
常にチェックすることが必要

全然でねー
どうでもいいやー

って感情的になったら
店の思うつぼ

お店じゃなくて自分に財布に
お金が入る台かをチェックしよう👍

スロットの収支をつけると立ち回りの内容がはっきり見えてくるので、立ち回りを改善しやすくなり、結果的に勝ち組へと駆け上りやすくなります。

スロット収支の付け方

スロット 収支 付け方

収支をつける項目

スロットの収支は場合分けして管理するとよいです。

設定狙いの場合
■打った日にち

■打った機種

■打ったホール

■打った時間

■稼働結果

■狙った根拠

■ライバルや設定状況

天井狙いの場合
■打った日にち

■打った機種

■打ったホール

■打った時間

■稼働結果

あまり細かく取っても続かなければ意味がないのでこれくらいで大丈夫です。

特に設定狙いは収支も大事ですが、狙った根拠やライバルの状況、高設定の入った場所などもメモしておきましょう。

これによって次回以降、狙うべきか否かが見えてくるので、自分なりに設定をツモりやすいお店というものが出てきたりします。

スロットの収支をつけるメリット

スロットの収支をつけるメリットは以下の通りです。

スロットの収支をつけるメリット
■立ち回りの改善に役立つ

■お金の管理をきちんとできる

■自分が打ってる台の質が分かる

■お店の癖を見抜くヒントになる

■熱くならずに冷静に立ち回れる

■ちゃんと期待値を追えているのかが分かる

一番のメリットは自分の立ち回りを改善できることです。

僕は『スロットで勝つことができないのですが、何が悪いのか分かりません』という人から稼働内容を記した収支表を見せてもらえれば、なぜ勝つことができないのかがほぼ一瞬で分かります。

そしてその原因となる部分を改善していくことで収支をプラスにすることができるのですが、収支表がなく、感覚で立ち回っていたら、どういった台を打っているのかが分からないので改善のしようがありません。

僕が改善できないものを勝つことができない人が自力で改善することは絶望的に無理なので、勝つことを目的にスロットを打つのであれば収支はしっかりとつけておきましょう。

スロットの収支をつける方法

スロットの収支をつけるにはエクセルかアプリを使うのが便利です。

アプリでつける

今はアプリでスロットの収支をつけてる人が多いと思います。

一番使われてるのは『pShare』というアプリです。

スロット専業の人はこれを使ってる人も多いです。

と言いながら僕は使ったことがなくて、その理由はiPhone専用アプリだったから。

最近はandroidに対応したアプリも出ているので、僕と同じ理由で使えなかった人は利用するといいと思います。

エクセルでつける

エクセルは細かいことをメモしやすいので個人的にはオススメ。

勝ち方を教えてる人から稼働の内容を送ってもらう場合は、詳細を知りたいのでエクセルを使って管理をしてもらってます。

スマホでエクセルが使えたりもするので、稼働の合間にメモすることも簡単にできますからね。

ノートでつける

これはパソコンが使えなかった専業時代にやってました。

大学ノートを買ってきて、自分で線を引いてそこにメモするだけです。

スマホ(当時はガラケー)に稼働内容をメモし、それを書き写す感じですね。

スロット収支はいつまでつける?

スロット 収支 付け方

スロットの収支はいつまでつければいいですか?という質問をいただくので回答しておきます。

負けちゃってる人

ずっとつけましょう。

今まで収支をつけていなかった人はすぐにつけましょう。

過去、数百人の勝てない方から相談を受け『収支表を見せてください』と伝えた時、しっかりとした収支表が出てきた記憶はほぼないです。

収支をつける理由については上記でお話しした通りです。

スロットで結果を残したいなら、目の前の現実から目をそらさず、事実を淡々をメモしていくことが大切です。

勝つことができている人

これは僕の持論ですが、スロットで安定した結果を残せている人は任意でいいと思ってます。

つけたい人はつければいいし、面倒な人はやめればいいと。

僕も副業時代は細かい収支をつけてなかったので。

月の初めにカードに入ってる貯メダルの枚数をメモして、それが月の終わりに増えてるか減ってるかを見る感じでした。

15年近く打っていれば期待値を追うことでトータル収支がプラスになることは分かりきっているので、収支をつけるのも面倒なんですよね。

だから『自分は何を打っても勝てる!』と思ってる人は別につけなくてもいいのかなと思います。

まとめ:スロット収支の付け方【項目・メリット・おすすめアプリもご紹介】

スロット 収支 付け方

スロットの収支は

スロット収支項目
■打った日にち

■打った機種

■打ったホール

■打った時間

■稼働結果

■狙った根拠

■ライバルや設定状況

をつけておけば十分です。

負けてる人ほど立ち回りを見直すために必ずつけるべきで、期待値理論が染み込んでる人はつけなくてもいいと思います。

収支をつける最大の理由は自分の立ち回りを改善し、より良い結果を生み出すためです。

スロットで負けてる人が勝つためには立ち回りの改善が必須で、そのためには過去の事実を知ることが必要で、そのために収支をつける感じです。

放っておいても打てば勝てる状態の人は、収支をつける時間が面倒になってくるのでやらない人も実は多いです。

ただ専業の人はそれで喰っていくしかないから、最低限打った台や期待値、実収支やライバルの状況などメモしておいた方がいいと思います。

今回は以上です。

パチンコ&スロットの二刀流で月10万勝ち続ける教科書を無料プレゼント中!

毎月、パチンコやスロットで勝ち続けている人を輩出している教科書を購読してみませんか?

この教科書に出会ったことをきっかけに

スロットを1度も打ったことのない学生さんが2週間で13万円のプラス収支を達成したり、

同じく目押しすらできないサラリーマンパパが初月から+26万円を達成したり、

3ヶ月で20万以上負けていた主婦の方が2ヶ月で10万発の貯玉をためることに成功したり、

30年パチンコで負け続けていた人が3ヶ月で+25,000発&スロットで+5,000枚を達成という二刀流を極めたり、

仕事帰りにジャグラーやHANABIなどのAタイプを打って毎月3万負けていたサラリーマンが半年で+70万達成したり

どうやっても勝つことができなかった副業サラリーマンがパチンコの基礎を身につけてから稼働した結果、月+13万のプラス収支を達成したり、

稼働すればするほど負けていたサラリーマンが300台以上スロットを打って+55万以上の収支を達成したり

と、ここから勝ち組に駆け上った人はもはや計測不能です(笑)

が!!!

そうはいっても超怪しいと思うのでその根拠を最初にお伝えしますね^^

以下のページにパチンコやスロットで勝つために必要な手順をたった180秒で解説した動画を用意したので、まずはそちらを見てみてください。

(クリックで動画視聴ページに飛びます)

実際に教科書を見た方から
777件以上の喜びの感想
をいただいています!

記事が役立ったらクリックしてね▼

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUT US

パチンコ&スロットの二刀流で2000万以上勝ち続けた元専業パパ。19歳に勝ち始めて以後、15年以上プラス収支継続中。とはいっても最初の1年間は負け続きで、稼働を始めた高校時代に100万以上の負債を負って引きこもりになるなど、勝ち組と負け組の両面を知る。現在はフリーランスとして活動しながらパチンコやスロットで勝ちたいと思う人に向けてブログやメルマガ、オンラインコミュニティで情報を発信しながら自由に暮らしてます。