パチンコは大当たりの回数が多い台が良い台なのでしょうか?

質問者さん
パチンコってやっぱり大当たりが多い方が良い台なんでしょうか?

パチンコの良い台(=勝てる)とは?

パチンコで負けている人の多くはパチンコで勝つ=たくさん当たりを引くことだと思っていますが、本質的には逆なんですよね。

勝っている人ほど使っている金額が少ないので、結果的に収支がプラスになってるって感じです。

止め打ちの記事でもお話ししていますが、パチンコって打ち方によって持ち玉を減らす速度を抑えることができるんです。

例えば1分間ハンドルを捻ると100発ほど発射されるのですが、リーチなどによって30秒止めることができれば発射は50発まで抑えられ、等価であれば200円の節約になります。

この時、100発打った人と50発打った人が同時に大当たりしたとすると、大当たりまでに使った玉は50発の差となり、大当たり終了後に換金したら50発しか使ってない人の方が200円多く勝ってますよね?

この差を広げるのが超上手い人のことをパチプロとか専業なんて呼んでいますね。

つまり、パチンコのよい台っていうのは大当たりをたくさんするような台ではなく、お金を使わずに良く回る台であったり、大当たり中や電サポ中に出玉が多く取れる、もしくは玉が減っていかないような台ってことですね。

そうやってお金を使わずに遊戯していれば自然と粘れる機会も多くなり、それに合わせて通常回転数が増え、大当たり回数も増えていくので、たくさん当たっている台=いい台と言えばそういえますが、1回転目で10連チャンして1万発でた台がいい台かというとそういうことはないということは覚えておきましょう。

設定付きパチンコの場合は大当たりがたくさんしている台がいい場合もある

最近、設定付きパチンコが登場していますが、この設定付きパチンコに限ってはたくさん大当たりしている台=いい台=高設定という可能性があるので良い台かも知れません。

以下は先日打ったウルトラマンセブン2甘デジのスペックです。

ウルトラセブン2甘デジスペック

設定1:1/99.9 (1/82.4)
設定2:1/98.0 (1/80.8)
設定3:1/96.0 (1/79.1)
設定4:1/93.9 (1/77.5)
設定5:1/91.9 (1/75.9)
設定6:1/89.9 (1/74.2)

※()内は確変中の大当たり確率

設定1よりも設定6の方が通常時、確変中共に当たりやすくなっているので、同じ回転数を回せば設定6の方がたくさん当たることが多いです。

よってたくさん大当たりしている台=良い台という図式が成り立つのですが・・・。

パチンコの場合、設定が良くても釘が悪いと勝負になりません。

先程のウルトラマンセブン2甘デジのボーダーは以下の通りで

ウルトラセブン2甘デジボーダー

設定1:17.5(18.5)
設定2:16.5(17.4)
設定3:15.4(16.3)
設定4:14.4(15.2)
設定5:13.4(14.1)
設定6:12.5(13.1)

※()内は出玉5%減

設定1だと18回転、設定6だと13回転くらいになってますね。

今、仮に設定1の台と設定6の台が目の前にあったとして、設定1は1000円で20回転回り、設定6は1000円で10回転しか回らなかったらどうでしょう?

等価交換、出玉は標準、電サポ増減ゼロだとして、通常時2000回転回した時の期待値を計算すると、

■設定1で20回転/1000円回る台

■設定6で10回転/1000円回る台

といった感じで設定1のほうが良い台ってことになります。

いくら設定6とはいえ、1000円で10回転しか回らなければ、2000回転回しただけで平均3900円も負けちゃうわけです。

そんな台を設定6だからとぶん回したところで、長期的に見て勝つことが絶望的なのは分かりますよね(^^ゞ

それでも大当たりはしやすいので設定1よりはハマらずにあたっていくと思いますが、実際に打ってみたら全然回らないからやめた・・・みたいになるんです。

だから基本的にパチンコの良い台・悪い台っていうのは大当たりの回数よりも、良く回るのか、大当たり中の出玉はしっかりとれるのか、電サポ中に玉が減らないのかという部分を見ていった方がいいということになりますね。

パチンコの良い台はどこにあるの?

パチンコの良い台は大当たりしている台よりもお金を使わずに遊戯できる台ということは分かったと思いますが、じゃあそういった台がどこにあるのか?って話しですよね。

基本的に平常営業のお店に行ってもいい台を見つけることは難しく、今の時代の専業者はイベントを中心に立ち回っていることが多いです。
↓↓↓

ネットで情報を見つけ、お店に行って、釘を見て打つかどうかを判断しながら、期待値を計算して、時間のある限り粘るって感じです。

仕事をしている人だと朝からいける機会も少ないと思うので、そういった場合は低換金のお店で貯玉再プレイなどをするといいかも知れませんね。

僕の地域は等価のお店ばかりなので、正直、通常営業日に打てる台はほとんどないです(^^ゞ

打てる台がないとうのは期待値がプラスの台がないというわけではなく、日当として考えると割に合わないというイメージです。

例えば昔はイベント日でなくても日当2~3万円くらい出せる台が複数店舗にあったものが、今の時代は日当1万円程度になり、しかも打てる店舗が決まっている感じです。

これがイベントになると釘が開くので1.5~2万円くらいになったりするわけですね。

僕の場合、パチンコがダメならスロットを打つので地元から離れることはないのですが、仮にパチンコだけの専業をやるとしたらイベントを中心に期待値の出る台を探していくと思います。

最初から良い台を探すのは難しいと思うので、まずは1パチなどの低レートからボーダー(回転単価0円以上)の台を見つけられるようにしていくのがいいと思います。

経験を積むことによってパチンコの勝ち方や期待値稼働が分かるようになり、その結果、得られるものはきっとありますから^^

パチンコは大当たりの回数が多い台が良い台なのでしょうか?まとめ

パチンコの良い台についてのまとめ

■パチンコの良い台はたくさん当たっている台ではなく、お金を使わずに遊戯できる台

■良い台は止め打ちなどによって自分で作り出すことができる(=パチプロ)(止め打ち記事参照)

■設定付きパチンコに限っては良く当たっている台=設定が高い可能性がある

■設定が良い台であっても回らない台は普通に負けてしまうので注意が必要

■良い台を探す基本はイベントで旧イベント日などをリサーチして狙ってみる(イベント記事参照)

パチンコの良い台・悪い台はやはりをベースに見ていきましょう。

打つ前の段階でどの台がいっぱい当たるかは誰にもわからないので、そこを突き詰めてもあまり意味がないです。

パチンコは勝ち方を覚えると期待値しか目に入らなくなり、それ以外に良い台・悪い台の判断要素がなくなってくるので、まずは期待値理論をしっかり身に付けるといいかなと思いますね。

パチンコ&スロットの二刀流で月10万勝ち続ける教科書を無料プレゼント中!

パチンコスロット勝つ方法

毎月、パチンコやスロットで勝ち続けている人を輩出している教科書を購読してみませんか?

この教科書に出会ったことをきっかけに

スロットを1度も打ったことのない学生さんが2週間で13万円のプラス収支を達成したり、

同じく目押しすらできないサラリーマンパパが初月から+26万円を達成したり、

3ヶ月で20万以上負けていた主婦の方が2ヶ月で10万発の貯玉をためることに成功したり、

30年パチンコで負け続けていた人が3ヶ月で+25,000発&スロットで+5,000枚を達成という二刀流を極めたり、

仕事帰りにジャグラーやHANABIなどのAタイプを打って毎月3万負けていたサラリーマンが半年で+70万達成したり

どうやっても勝つことができなかった副業サラリーマンがパチンコの基礎を身につけてから稼働した結果、月+13万のプラス収支を達成したり、

稼働すればするほど負けていたサラリーマンが300台以上スロットを打って+55万以上の収支を達成したり

と、ここから勝ち組に駆け上った人はもはや計測不能です(笑)

が!!!

そうはいっても超怪しいと思うので証拠をお見せしましょう。

以下のページにパチンコやスロットで勝つために必要な手順をたった180秒で解説した動画を用意したので、まずはそちらを見てみてください。
パチンコスロット勝つ方法

(クリックで動画視聴ページに飛びます)

実際に教科書を見た方から
500件以上の喜びの感想
をいただいています!

記事が役立ったらクリックしてね▼

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

パチンコ&スロット依存症患者のさんパパです。高校生で100万負け人生が破滅、大学生になり独学で勝ち方を学び、パチ&スロで2,000万以上勝ち現役引退。引退後は社蓄リーマンとして10年働き、仕事と育児の傍ら経営学を学び不労所得戦略を身につけ月収40万突破、まもなく脱サラ予定です。