パチンコの釘はどれが一番大事なの?釘読みの優先順位はこう決めよう!

パチンコの釘はどれが一番大事なの?釘読みの優先順位はこう決めよう!

パチンコを打つ前に釘ってみてますか?

僕がパチンコで負けていたころ
釘を見るといったヘソ以外に見る場所はなく、
とにもかくにもヘソの大きさばかりを気にしていました。

が・・・

見たところでヘソが大きいのか小さいのか、
その判断すれできませんでしたが(笑)

今回はパチンコ釘の見方について
質問をもらったので回答したいと思います。

【質問】

釘に関して一つ質問があります。

全部の釘が良好なんて事は無いと思ってるのですが、
その場合優先順位としてどの釘から見て
台を判断していけばよろしいでしょうか?

よろしくお願いします。

パチンコ釘の調整方法

【さんパパの回答】

ご質問にもあったように
パチ屋にあるパチンコ台は
ほとんどがマイナス調整です。

なんの技術もなく打てば
期待値がプラスの台なんて
1台もないと思っておきましょう。

パチンコの基本的な勝ち方は

打ち出しの玉を押さえて
出玉を最大限とる

ということの繰り返しです。

そしてこの2つの要素を決めるのが
パチンコ釘の役割です。

そう考えるとパチンコ釘調整として
3つのパターンが考えられます。

①通常時の回転数を上げて出玉を減らす

②通常時の回転数を下げて出玉を増やす

③回らないし、出玉も少ない(爆)

多くのお店がこのような調整で
営業をしているはずです。

よく回るけどスルーが悪くて
上皿の玉がなくなってしまう。

全然回らないけど
大当たり中の出玉と電サポ中は
出玉を多くとりやすい。

通常時は回らないし
スルーは通らないボッタクリ台(笑)

このような調整をされているなかから
台を選ぶポイントをお話すれば

パチンコで期待値を取るために
他人とどこで差を付けていくのか?

ということだけなのです。

どこの釘を優先的にみるか?

例えば僕が稼働していた時は
電サポ中の玉増えが一番差がつく
と考えていたので、

出玉関連の釘を中心(特にスルー)
見ていました。

止め打ちや捻り打ちを使って
出玉を増やすことができれば、

それだけボーダーを下げることができて
自分に有利な条件で打つことができますからね。

ですので個人的な釘の見方の順番は

①スルー

②アタッカー

③ヘソ付近

④鎧周辺

あとは適当に(笑)

といった感じです。

どんな台でも共通ですが
一般の人と一番差がつくのは
電サポ中と大当たり中だと思います。

電サポ中は打ちっぱなしだと
出玉が減ってしまう台であっても
止め打ちをすることで現状維持、
もしくは玉が増えることもありますからね。

もし、まだパチンコ初心者で
あまりで玉を多く取れないのであれば、

ヘソとジャンプ釘を見ながら
ヘソに向かうための釘を中心に
見ていくのがいいと思います。

釘読みの基本は減算方式

パチンコの釘はすべてがプラス調整
といったことはあり得ません

お店側も利益を出さなければ
営業ができなくなってしまうからです。

ヘソがいいけどワープが悪い、
スルーはいいけどアタッカーが悪い、
寄りはいいけど道釘は悪い、

そんなことを気にしていたら
打つ台なんか見つかりませんよね。

パチンコの釘はマイナスでも
仕方がない部分は必ずあります。

ですので全部の箇所で100点を取ることは
考えないように
しておきましょう。

自分の技術を経験を考え
自分ができる範囲で行動することです。

止め打ちが得意でなければ
通常時によく回る台を探すために
ヘソ釘、鎧釘、ワープ釘、ジャンプ釘を
重点的に見てみる。

逆に止め打ちでガンガン出玉を取れるなら
スルーや電サポ周りが中心になるでしょう。

一番大事なのは釘を読むことではなく
どのような調整になっていれば

お金を使わずに勝負できるか、
たくさんのお金を回収できるか、

といったことを考え、
それを実現するために釘を読む
ということを忘れないでください。

極論を言えば釘が読めなくても
勝つ台に座ることは可能です。

ただ、それだとどうしても
無駄なお金を使うことになってしまい、

優良台に座れたとしても
それまでに使ったお金を回収できず
トータルでは大きく負けてしまいます。

それを少しでも防止するために釘を読み、
それが少しでも防止できるのであれば
パチンコの勝率は確実に上がっていきます。

釘読みの詳細については下記を見れば
すべてが完璧に分かるのでぜひ、読んでみてください。
↓↓↓
パチンコ釘の読み方【永久保存版!】1,000万稼いだ元専業者が全部ぶっちゃけ!勝ちたいなら知っておくべき12の釘読みのテクニック!




パチンコ&スロットの二刀流で勝つための教科書を作りました

パチンコとスロットは理論で勝つものです

新型コロナウイルスによってパチンコ業界はかつてない苦境に立たされています。

営業自粛、世間からのバッシング、20年近く業界を見てきた僕でさえ『このまま滅ぶんじゃないか』と思うくらい厳しい状況です。

ただでさえ安定して勝つことができるのは1割と言われる中、一般ユーザーがホールに行っても、遊ぶことすら許されずに回収されるのがオチです。

そんな中、あなたに与えられた選択肢は3つです。

選択肢①:パチンコ業界はもう終わりだから足を洗う

選択肢②:負けてもいいから気分転換に稼働する

選択肢③:会社の収入も減収になって厳しいから勝ち組になる

僕はパチンコで破産した過去があるので、負けてまで稼働することに意味はないと思ってます。

ですので実質的にとるべき選択肢は①か③と考えていて、①に関しては僕も挑戦しましたが、やめようと思ってやめられるものでもありません。

すると残された選択は③しかなく、そのためには勝ち方を学ぶことが絶対に必要です。

パチンコもスロットも正しい知識を持って稼働すれば、その瞬間から負債を減らし、勝つ可能性をアップすることができるゲームです。

過去には1000万円以上の貯金を失ったという方もいましたが、その人ですら理論を身にまとえばすぐに収支は上昇曲線を描きました。

今の段階で勝ち方を学ぶことで、これから先に失うはずだったお金を手元に残し、さらにホールから資金を回収することも可能です。

以下に僕が15年以上かけて実践してきた勝ち方に関するノウハウや考え方、細かい実践テクニックを解説した教科書や動画をまとめたプレゼントを用意したので1度、手に取ってみてください。

あなたが業界がより一層厳しくなる中、安定した稼働を続けたいと思うなら、その状態の手助けになるはずです。

記事が役立ったらクリックしてね▼

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUT US

パチンコ&スロットの二刀流で2000万以上勝ち続けた元専業パパ。19歳に勝ち始めて以後、15年以上プラス収支継続中。とはいっても最初の1年間は負け続きで、稼働を始めた高校時代に100万以上の負債を負って引きこもりになるなど、勝ち組と負け組の両面を知る。現在はフリーランスとして活動しながらパチンコやスロットで勝ちたいと思う人に向けてブログやメルマガ、オンラインコミュニティで情報を発信しながら自由に暮らしてます。