パチンコの交換率を調べる5つの方法【スマホがあれば大丈夫です】

こんにちは、さんパパです!

読者さん
✓パチンコの交換率ってどうやって調べるの?

✓ホールのどこを見ても交換率が書いてない

✓店員さんに聞いても教えてくれないんだけど

こういった問題を解決していきます。

僕は地元にあるお店の交換率はすべて把握していますが、初めて行く地域の交換率はまったく分からないです。

それでもポイントさえ押さえておけば簡単に見つけることができるので、その情報をシェアしますね。

パチンコの交換率とは?

パチンコ 交換率 調べ方

本題に入る前にパチンコの交換率についてお話ししておきます。

既に知っている方は読み飛ばして、交換率の調べ方の方に進んでください。

パチンコってホールから玉を借りるときは1玉4円(もしくは1円など)ですが、景品に変えるときは1玉3円とか3.5円、1パチなら0.8円とかに下がってしまう場合があります。

これを交換率(もしくは換金率)と呼んでいます。

借りた玉と同じレートで景品交換してくれることを等価交換、それ以外のことを非等価と呼び、非等価については3円交換とか33玉交換といった呼ばれ方をするのが一般的です。

等価交換と非等価の違いとは?

パチンコは法律上ギャンブルではありません。

そのためパチンコ屋は直接お客さんにお金を払わず、出玉を特殊景品というものに変えてお金に交換できる仕組みをとっています。

※特殊景品の例

パチンコ交換率、特殊景品

この仕組みを三店方式と呼んでいて図で表すとこんな感じになります。
↓↓↓
パチンコ三店方式

①お客さんとパチンコ屋:出玉と特殊景品の交換

②お客さんと交換所:特殊景品と現金交換

③交換所とパチンコ屋:特殊景品と現金交換

交換率とは一言で言うと『出玉を特殊景品に換える際、何玉あれば100円の特殊景品がもらえるか?』をまとめたものとなります。

等価交換のお店であれば『100円÷4円=25玉』となるので、100円の特殊景品をもらうには
25玉が必要になる
ということです。

だから500円を使うと125玉出てきて、それをそのまま交換すればまた500円として戻ってきます。

これが3円交換になると玉を借りる時は1玉4円の価値なので4円×25玉=100円で変わらないのですが、『特殊景品に換えるときは1玉3円の価値になってしまうので、100円÷3円=33.3玉』必要になります。

ですので500円の玉を借りてそのまま交換すると『125玉×3円=375円』にしかならないのです。

つまり『100円につき約8発多く出さないと収支がマイナスになってしまう』ことになります。

なので事前に交換率を把握していないと、出玉に対してもらえるお金が少なくなり、結果的に負けてしまう事態になりかねないので、知っておく必要があるわけですね。

パチンコの交換率を調べる5つの方法

パチンコ 交換率 調べ方

それでは本題に入りますが、結論としてパチンコの交換率を調べる方法は以下の5つです。

パチンコの交換率を調べる5つの方法
方法①:ネットで調べる

方法②:店員さんに聞いてみる

方法③:常連っぽい人に聞いてみる

方法④:1000円分の玉を流して交換する

方法⑤:人が流しているのを遠目で見る

順番に見ていきましょう。

パチンコ交換率の調べ方①:ネットで調べる

ぶっちゃけてしまうと、今の時代は余程小さな店舗でない限り、ネットを使えば交換率を調べることが可能です。

僕も初めて行くお店の交換率を調べる時はネットで検索してほぼ終わりです。

パチンコ屋の交換率を調べるには『パチンコ 交換率 一覧』とか『ホール名 交換率』といった感じでググれば出てきます。

パチンコ交換率、換金率一覧

あるいは全国にあるお店の交換率を口コミなどから募集し、まとめたサイトもあるのでそれを見るのもいいでしょう。

ネットで交換率を調べる注意点としては

■自分のお店が載っていない可能性がある

■交換率が間違っていることがある

ことは頭に入れておきましょう。

1回程度の稼働であれば交換率が間違っていたとしても大きな損失につながらないはずなので『ネットでググって情報を調べ、実際に稼働して確かめる』形でいいと思います。

パチンコ交換率の調べ方②:店員さんに聞いてみる

パチンコ屋店員

意外かもしれませんが、実は店員さんに交換率を聞いても教えてくれないことがほとんどです。

その理由は先程お話ししたようにパチンコ屋が直接、出玉を現金に換えることが禁止されているからです。

あくまでパチンコ屋は景品と交換しているといった名目で運営しているため、現金について聞くのはタブーになっています。

そこで質問の方法を少し変え『特殊景品の大を取るためには何玉必要ですか?』と聞いてみましょう。

これであれば景品を取るために必要な玉数を聞いているので、教えてくれる場合があります。

仮に特殊景品の大が5,000円だとして、それを取るために

1,250発必要なら、5,000÷1,250=4円=等価交換

1,500発必要なら、5,000÷1,500=3.3円交換

2,000発必要なら、5,000÷2,000=2.5円交換

といった感じで計算すれば分かります。

ただ、店員さんがアルバイトだったりすると交換率そのものを理解してない人がいたりするので注意が必要です。

パチンコ交換率の調べ方③:常連っぽい人に聞いてみる

パチンコ 交換率 調べ方

海物語の島などに行くと近所のおじちゃんやおばちゃんが来ていたりすると思うので、その人の近くに座って『この店って交換率いくらですか?』と聞いてみると教えてくれたりします。

当然、聞く相手をしっかり見極めることが重要です。

1,000ハマりを喰らって明らかにイライラしてそうな人に聞いても怒られる可能性があるので、話しかけやすそうだったり、出玉をたくさん積んで陽気に打ってるような人がいたらチャンスありかなと思います。

ただ、年配の方は交換率の概念自体を知らずに打ってる可能性もあるので、一発で教えてもらえないことがあることは理解しておきましょう。

パチンコ交換率の調べ方④:1000円分の玉を流してみる

パチンコ玉流す

交換率を調べる一番確実な方法は『自分で玉を借りて交換してみる』ことです。

具体的には1,000円分玉を借り、それをそのまま交換すればいいですね。

1,000円がそのまま戻ってくれば等価交換、500円とあまり玉になったら換金ギャップありです。

500円分の特殊景品を得るのに必要な玉数

■4.00 円交換=125玉

■3.85 円交換=130玉

■3.70 円交換=135玉

■3.57 円交換=140玉

■3.45 円交換=145玉

■3.33 円交換=150玉

■3.23 円交換=155玉

■3.13 円交換=160玉

■3.03 円交換=165玉

■2.50 円交換=200玉

例えば1,000円分の玉を交換して500円+余り100発だった場合、500円の特殊景品と交換するのに必要な玉数は『250玉-100玉=150玉』となるので3.33円交換となります。

確実性はありますが、面倒くさいのと等価でない場合、赤字になってしまうデメリットがあるので実用度は低いですね。

パチンコ交換率の調べ方⑤:人が流しているのを遠目で見る

パチンコ交換率

『ネットで調べても分からない、店員さんも教えてくれない、常連さんに聞くのも嫌、お金も使いたくない』という人の最後の手段はのぞき見です(笑)

パチンコやめるとき、あなたはどうやって行動しますか?

店員さん呼んで、ジェットカウンターで玉を流して、お姉さんの待つカウンターに行って、景品交換所に向かいますよね。

そう、出玉を流した人の多くはそのまま現金に交換して帰宅します。

これを利用し、玉を流しているお客さんを見つけて出玉数を横目でチェックします。

そしてそのお客さんがカウンターでもらう特殊景品の数を確認すれば、だいたいの交換率が把握できます。

10,000発流して特殊景品の合計が40,000円になっていたら40,000÷10,000=4円=等価交換

10,000発流して特殊景品の合計が33,000円になっていたら33,000÷10,000=3.3円交換

10,000発流して特殊景品の合計が25,000円になっていたら25,000÷5000=2.5円価交換

といった感じで計算できます。

貯玉カードを使っていると余り玉で誤差が出たりしますがその影響によって特殊景品の数大きく変わるわけではないので大丈夫だと思います。

これを実践するのであれば相手の迷惑にならない範囲でこっそりと行うことですね。

さりげなく横目で出玉チェックしてさりげなく交換したお金と確認する、そしてざっくりとした交換率を把握するといった感じです。

僕が行ったことのないお店の交換率を調べるとしたら

パチンコ 交換率 調べ方

僕が行ったことのないパチンコ屋の交換率を調べるとしたらまずはネットを使って調べます。

仮にそこで情報があれば、とりあえずその情報を信じてお店の交換率を把握しておきます(ざっくり等価か非等価くらいでもOK)

実はパチンコの交換率って店舗ごともそうですが、地域によって決まっていたりすることも多いです。

例えば東京は等価交換が禁止なので、非等価であることを前提として釘を見たりします。

加えてその地域の常連になるのであればしっかりと交換率をチェックする必要がありますが、1回程度の稼働であれば事前に調べた交換率と違っていても損出はたかが知れているので、実際に打ってしまうと思います。

もちろん交換する際に確認はしますが、稼働前からギチギチに調べまくるといったことは時間的にももったいないのでしないと思います。

パチンコの交換率一覧表

最後に交換率の計算式と出玉を100円の特殊景品に交換する際、何玉必要なのかをまとめておきます。

覚える必要はありませんが、自分のお店が何円交換なのかを知りたいときに利用してください。

4.0円パチンコの交換率一覧

25玉 = 4.00 円(等価)
26玉 = 3.85 円
27玉 = 3.70 円
28玉 = 3.57 円
29玉 = 3.45 円
30玉 = 3.33 円
31玉 = 3.23 円
32玉 = 3.13 円
33玉 = 3.03 円
34玉 = 2.94 円
35玉 = 2.86 円
36玉 = 2.78 円
37玉 = 2.70 円
38玉 = 2.63 円
39玉 = 2.56 円
40玉 = 2.50 円

最もメジャーな4.0円レートのお店です。

このお店で1,000円を投入すると250発の出玉が出て遊戯できます(1玉4円×250発=1,000円)

交換する時は等価であれば1玉4.0円ですが、30玉交換のお店だと1玉3.33円の価値となり、差額は換金ギャップとしてパチンコ屋の利益になります。

僕が副業時代に行っていたホールは40玉交換だったので100円の特殊景品と交換するには40玉必要ということになりますね。

交換率を自分で計算したい人は下記のような計算式を書いてみると分かりやすいかなと思います。

100円÷40玉=2.5円

こんな感じで40玉交換であれば2.5円交換であることが分かりますね。

以下、貸し玉と交換率の違いによる一覧を記載しておきます。

4.32円パチンコの交換率一覧

23.2玉(等価)
25玉 = 4.00 円
26玉 = 3.85 円
27玉 = 3.70 円
28玉 = 3.57 円
29玉 = 3.45 円
30玉 = 3.33 円
31玉 = 3.23 円
32玉 = 3.13 円
33玉 = 3.03 円

4.32円パチンコっていうのは1,000円を投入すると231発の出玉が出て遊戯できるお店のことです(1玉4.32円×231発≒1,000円)

4.16円パチンコの交換率一覧

24.0玉(等価)
25玉 = 4.00 円
26玉 = 3.85 円
27玉 = 3.70 円
28玉 = 3.57 円
29玉 = 3.45 円
30玉 = 3.33 円
31玉 = 3.23 円
32玉 = 3.13 円
33玉 = 3.03 円

4.16円パチンコっていうのは1,000円を投入すると240発の出玉が出て遊戯できるお店のことです(1玉4.16円×240発≒1,000円)

1円パチンコの交換率一覧

ちなみに1円パチンコの場合も同様に100円の特殊景品と交換するのに何玉必要か?を考えれば交換率が出すことができます。

100玉 = 1.00 円(等価)
101玉 = 0.99 円
102玉 = 0.98 円
103玉 = 0.97 円
104玉 = 0.96 円
105玉 = 0.95 円
106玉 = 0.94 円
107玉 = 0.93 円
108玉 = 0.93 円
109玉 = 0.92 円
110玉 = 0.91 円
111玉 = 0.90 円
112玉 = 0.89 円
113玉 = 0.88 円
114玉 = 0.87 円
115玉 = 0.87 円

先程と同じように計算をすると仮に115玉交換のお店の場合『100円÷115玉=0.87円』となるので、このお店は0.87円交換であることが分かりますね。

パチンコの交換率を調べる5つの方法【スマホがあれば大丈夫です】:まとめ

パチンコ換金率

パチンコの交換率の調べ方は以下の通りです。

パチンコの交換率を調べる5つの方法
方法①:ネットで調べる

方法②:店員さんに聞いてみる

方法③:常連っぽい人に聞いてみる

方法④:1000円分の玉を流して交換する

方法⑤:人が流しているのを遠目で見る

基本的にネットで調べれば分かると思いますし、分からなければそれ以外の方法を使うことで把握することが可能です。

交換率はそう頻繁に変わるものではないため、1度調べておけばずっと使える情報なので、普段通っているお店や地元ホールくらいは覚えておきましょう。

交換率が分からないと期待値計算することもできないため、パチンコで勝つことが難しくなってしまうのでね(^^;

次回はステップ7としてパチンコの持ち玉についてお話をしていきます。

交換率と非常に関連が強く、換金ギャップのあるお店ではこの持ち玉をどれだけ有効に活用できるかで勝負が決まります。

僕が2.5円のお店で立ち回っていた理由も分かると思うのでこのまま次に進んでいきましょう。

★パチンコ初心者勝ち方講座★
パチンコで勝つ知識(マインド)編
STEP1.誰もが納得!パチンコが勝てるたった1つの方法がシンプルすぎてヤバい
STEP2.パチンコの期待値とは?【元専業の僕が詳しく解説します】
STEP3.パチンコのイベント日を調べる7つの方法【超簡単、すぐにできます】
STEP4.パチンコ屋のルールとマナー19選!【いまさら聞けない疑問を全部解決】
パチンコで勝つ実践(テクニック)編
STEP5.パチンコのやり方を初めての人向けに解説【よくある質問にも回答】
STEP6.5分で分かるパチンコの交換率(換金率)計算と立ち回り戦術を徹底解説!
STEP7.パチンコの持ち玉って何?低換金店必勝の秘密はここにあった!
STEP8.【必見】パチンコの止め打ちで日給8000円UP←今すぐできます!
STEP9.パチンコ釘の読み方【永久保存版!】1,000万稼いだ元専業者が全部ぶっちゃけ!勝ちたいなら知っておくべき12の釘読みのテクニック!
STEP10.パチンコの期待値計算方法【ツールを使えば知識不要です】
STEP11.パチンコ収支がマイナスでもしっかり管理すれば必ず勝ちあがれる理由とは?
パチンコの先の世界へ(←NEW)
STEP12.パチンコで勝ち続けることの【超絶リスク】とその解決策は絶対に知っておこう!




パチンコ&スロットの二刀流で勝つための教科書を作りました

パチンコとスロットは理論で勝つものです

新型コロナウイルスによってパチンコ業界はかつてない苦境に立たされています。

営業自粛、世間からのバッシング、20年近く業界を見てきた僕でさえ『このまま滅ぶんじゃないか』と思うくらい厳しい状況です。

ただでさえ安定して勝つことができるのは1割と言われる中、一般ユーザーがホールに行っても、遊ぶことすら許されずに回収されるのがオチです。

そんな中、あなたに与えられた選択肢は3つです。

選択肢①:パチンコ業界はもう終わりだから足を洗う

選択肢②:負けてもいいから気分転換に稼働する

選択肢③:会社の収入も減収になって厳しいから勝ち組になる

僕はパチンコで破産した過去があるので、負けてまで稼働することに意味はないと思ってます。

ですので実質的にとるべき選択肢は①か③と考えていて、①に関しては僕も挑戦しましたが、やめようと思ってやめられるものでもありません。

すると残された選択は③しかなく、そのためには勝ち方を学ぶことが絶対に必要です。

パチンコもスロットも正しい知識を持って稼働すれば、その瞬間から負債を減らし、勝つ可能性をアップすることができるゲームです。

過去には1000万円以上の貯金を失ったという方もいましたが、その人ですら理論を身にまとえばすぐに収支は上昇曲線を描きました。

今の段階で勝ち方を学ぶことで、これから先に失うはずだったお金を手元に残し、さらにホールから資金を回収することも可能です。

以下に僕が15年以上かけて実践してきた勝ち方に関するノウハウや考え方、細かい実践テクニックを解説した教科書や動画をまとめたプレゼントを用意したので1度、手に取ってみてください。

あなたが業界がより一層厳しくなる中、安定した稼働を続けたいと思うなら、その状態の手助けになるはずです。

記事が役立ったらクリックしてね▼

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUT US

パチンコ&スロットの二刀流で2000万以上勝ち続けた元専業パパ。19歳に勝ち始めて以後、15年以上プラス収支継続中。とはいっても最初の1年間は負け続きで、稼働を始めた高校時代に100万以上の負債を負って引きこもりになるなど、勝ち組と負け組の両面を知る。現在はフリーランスとして活動しながらパチンコやスロットで勝ちたいと思う人に向けてブログやメルマガ、オンラインコミュニティで情報を発信しながら自由に暮らしてます。