ゴールデンウィーク中にパチンコやスロットで負けてしまう人が陥る思考パターンとは?

さんパパ
こんにちは!

凱旋打ったら天井間際の
小役ラッシュで2.5万負けた
さんパパ(@sanpapa37)です!

最近、凱旋ばっかり打ってます(笑)

理由として波が荒い機種が好きなのと
3万入れて天井間際に演出が急に
ざわつき始めて変な汗が出る感じの
ドキドキ感に痺れるから(笑)

この前なんてホントに悲惨。

リセット天井まで残り20G、
据え置き天井まで残り180G、
みたいな場面で立て続けに
レア役ラッシュ。

当たると思ってなかったので
写真は撮らなかったけど、

981Gで右斜め黄7
982Gで中段リプ
987Gでチャンス目
989Gで右斜め黄7
990Gで右斜め黄7
1008Gで1揃い→単発(泣)

みたいな感じでした。

レバーオンで吹雪演出が
2連続で来た時はさすがに
笑っちゃいましたね。
(15枚役が揃うやつ)

遠隔来た~!!みたいな(笑)

そして隣にいた若い女性の
可愛そうに・・・みたいな
冷たい視線がG数に注がれる
あの寂しさが何とも・・・。

一刻も早くその場から立ち去りたい
恥ずかしさを持ちながらきっちり
100G消化して帰宅。

70分で2.5万ほど負けましたが、
ネタになったのでまぁ良し(強がり)

天井間際にざわついて、
GG発動した瞬間100G間、
レア役なしって・・・

メーカーもお店にやさしい機種を
うまく作るものですね!

といったグチはこれくらいにして(笑)、
目前に迫ったゴールデンウィーク中の
立ち回りについて書いておこうと思います。

GW中のパチンコ屋が出ないのは当たり前

GWパチンコ屋勝てない

もうすぐゴールデンウィークですね!

普段は会社の中でストレスを抱えている
サラリーマンもたまには仕事のことを忘れて
パチンコ!!と言いたいところですが。

あっという間に数万負けて、
ストレス倍増、心は凍結・・・

なんて話はよくあることです。

パチンコ業界において年末年始、
ゴールデンウィーク、そしてお盆は
三大回収期と呼ばれ出ない!!!!!
というのが一般的です。

なぜかと言えば、

廃人天使
放っておいてもお客さんが来るんだからわざわざ出す必要なんてないでしょ~

っていうビジネスとしては
当たり前の概念があるからです。

パチンコユーザーは減ったといっても
1千万人程度はいますからね。
(参考:パチンコホールの売上、参加人口、活動回数)

その人たちがほぼ同時に休みに入れば当然、
パチンコ屋は普段よりお客さんが多い。

お客さんが多いってことは
たいして出すような調整にしなくても
島の何台かは誤爆して箱を積むから
出ているようにも見えるんです。

GWパチンコ出玉

こんなには出ないけどwww

で、それを見た人が

若きさんパパ
あれ、この島なんだかめっちゃ出てる。お、1台空き台があるなぁ。何か出そうだし座ってみるか。

といった感じで着席してくれるんです。

でね、また面白いことに
ここでも心理的な要因があって、

若きさんパパ
おいおい、この台全然回らないじゃん。これって俺の台だけなの?

みんなこんな台打ってんの?それともたまたま?

やっぱりやめようかな。

みたいになって

若きさんパパ
あれ、あのおっさん、こっちをじろじろ見てる。

たぶん俺がやめると思ってるんだろうな

誰がどくもんか!このまま続行じゃあ!

といった感じになって1万円を
使ってくれると。

そんなことを何百人が繰り返し、
たまたま当たりを引いた人だけが
偶然の誤爆によって勝つことができ、
それを見かけた人はまたお金を使うと。

これがGW中に負けちゃう人が
良くやってしまう負けパターンです。

身に覚えがある人はきっといるはず。

だって僕がずっとこのタイプだったから(爆)

ちなみにGW中のパチンコは出ないわけではない

GWパチンコスロットでない

勘違いの内容に伝えておくと
ゴールデンウィーク中のパチンコは
別に出ないわけではないです。

だって

ゴールデンウィーク中のパチンコも
大当たりする確率は変わらない!

のでね。

じゃあなんで負けてしまうのかっていうと
普段よりもお金を使う金額が増えるからです。

パチンコなんか超分かりやすいです。

①1,000円で10回転の台、
②1,000円で20回転の台、
③1,000円で30回転の台、

同じ機種に上記の3つがあった場合、
300回転回した時の投資金額は

①3万円
②1.5万円
③1万円

になりますよね。

で、それぞれ出玉が2万円として
収支を計算すると

①-1万円
②+5千円
③+2万円

となって最終的な利益に
大きな差が出てきます。

ゴールデンウィーク中などは
特に①の調整台が多く存在し、
普段よりもたくさんお金を使う
=勝ちにくい
ということです。

つまりGW中のパチンコは

出ない=当たらない

ではなく

出ない=釘が渋い=回らない&出玉少ない

であることを覚えておくと良いでしょう。

僕のじいちゃんなんかはいつも、

さんパパじいちゃん
連休中はボタンで出さないようにしてるんや!

みたいなことを言っていましたが、
そんなことはないです(^_^;)

釘の甘い台に座ることが出来れば
通常営業と何も変わらない

ってことです。

ちなみにスロットの場合は
普段以上に設定1が多いだけ、
という話になります。
(設定1というより低設定かな)

設定が低い=機械割が低い=出ない
という簡単な図式になるので、

人がたくさん来る

設定1を用意する

全体的には出ていないけど
なかには間違って出る台もある

あの店は設定を使っている?
みたいな勘違いをする人がいる

翌日もにぎわう・・・

みたいなイメージです。

結局、パチンコ屋って釘や設定が
超ダメダメだったとしても、
確変やATの連チャンなどによって
グラフがピーンと右肩上がりに
伸びていったりしますからね。

スロットスランプグラフ

↑超出ているように見える。

それを見たら

若きさんパパ
俺も出したい!
って思うのがパチンカーや
スロッターです(笑)

そしてたまーにその当たりの台に
座ってしまうからたちが悪い。

運よくGW中に勝てたとしても
また時間ができた時にホールに行って
最後は利子をつけて回収されると。

だから本質的なことを知らずに
お店に行って勝った・負けたを
繰り返していたも、長い目で見ると
負けることは必然になっちゃうんです。

この思考パターンを覚えておくだけでも
立ち回る時の冷静さを保てると思うので
参考にしてもらえたらと。

ちなみにGW中の立ち回りについては
基本的に年末やお盆時期と変わらないので
こちらの記事を参考にしてみてください!
↓↓↓

パチンコ&スロットの二刀流で月10万勝ち続ける教科書を無料プレゼント中!

パチンコスロット勝つ方法

毎月、パチンコやスロットで勝ち続けている人を輩出している教科書を購読してみませんか?

この教科書に出会ったことをきっかけに

スロットを1度も打ったことのない学生さんが2週間で13万円のプラス収支を達成したり、

同じく目押しすらできないサラリーマンパパが初月から+26万円を達成したり、

3ヶ月で20万以上負けていた主婦の方が2ヶ月で10万発の貯玉をためることに成功したり、

30年パチンコで負け続けていた人が3ヶ月で+25,000発&スロットで+5,000枚を達成という二刀流を極めたり、

仕事帰りにジャグラーやHANABIなどのAタイプを打って毎月3万負けていたサラリーマンが半年で+70万達成したり

どうやっても勝つことができなかった副業サラリーマンがパチンコの基礎を身につけてから稼働した結果、月+13万のプラス収支を達成したり、

稼働すればするほど負けていたサラリーマンが300台以上スロットを打って+55万以上の収支を達成したり

と、ここから勝ち組に駆け上った人はもはや計測不能です(笑)

が!!!

そうはいっても超怪しいと思うので証拠をお見せしましょう。

以下のページにパチンコやスロットで勝つために必要な手順をたった180秒で解説した動画を用意したので、まずはそちらを見てみてください。
パチンコスロット勝つ方法

(クリックで動画視聴ページに飛びます)

実際に教科書を見た方から
500件以上の喜びの感想
をいただいています!

記事が役立ったらクリックしてね▼

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

パチンコ&スロット依存症患者のさんパパです。高校生で100万負け人生が破滅、大学生になり独学で勝ち方を学び、パチ&スロで2,000万以上勝ち現役引退。引退後は社蓄リーマンとして10年働き、仕事と育児の傍ら経営学を学び不労所得戦略を身につけ月収40万突破、まもなく脱サラ予定です。