パチンコの新台で勝てる台とは【機種よりも本質を知ることが超大事】

パチンコ新台勝ち方

こんにちは、さんパパです!

質問をいただいたので回答していきますね^^

読者さん
パチンコを良く打っています。

新台が好きなので良く打っているのですが、収支の方はマイナスが続いています。

好きな台を打って勝つのは難しいのでしょうか?

パチンコの新台で勝てる台の特徴などがあれば教えて欲しいです

パチンコの好きな台を打ちたいなら最初はとにかく勝ちにこだわるべき

僕も最近、新台ではないですけど打ちたい機種を打ってます。

勝利至上主義だった専業時代とはえらい違いで自分でも驚いてます(笑)

先日、久々にTwitterでこんなことを呟きました。

最近は打ちたい機種を打ってる

もちろん期待値は意識してね

負けてた頃は勝ちたいと思いつつも

打ちたい気持ちが優先してた

今は打ちたいと思ったら

その機種のどの台を打てば

勝ちながら打てるかを考えてる

パチンコもスロットも

楽しみながら勝つのが一番だけど

そのためには優先順位が必要

パチンコもスロットも楽しみながら勝てればそれが一番いいんですけど、現実はそう都合よく物事は進んでくれません。

好きな機種を打っても、釘が渋かったり設定が悪ければ勝つのは難しいですからね。

だからと言って何も考えずに座っていたらホールの養分になって終わりなので、そうならないためにどうするか?

結論を話すと『最初は新台・旧台にかかわらず、とにかく勝ちにこだわるべき』ですね。

あなたがパチンコ(スロットも含む)で勝てずに悩んでいるなら、おそらく金銭的にも悩んでいると思うので、好きな台を打っていたらお金が無くなって稼働そのものができなくなります。

パチンコは負けてる人にとって『お金がかかりすぎる趣味』です。

ちょっと時間ができたからホールに行ってくると言ってお店に行き、稼働した結果、数時間で3万負けたなんてことが日常的に起こります。

3万ってサラリーマンなら1ヶ月分のお小遣いですよね。

それで30日しのげるはずだったお金がたった数時間でなくなるわけです。

この時点で金銭感覚がちょっとマヒしてます。

だからまずはその感覚を正常に戻し、お金は大切であるということを肝に銘じ、そのお金を減らさないことに集中しましょう。

お金の減らない立ち回りからパチンコで勝つ立ち回りへとステップアップする

パチンコ新台勝てる台

ご自身のトータル収支がマイナスだと思うのであれば、その立ち回りを継続した結果やってくる未来は『負けが増える』という現実です。

これは単発的に10万勝ったところで月末、もしくは年末にはその10万円プラスアルファの手持ち資金が回収されていた僕の経験からも事実です。

ですのでお金の減りが少なくなったら次にやるべきは勝ち方を学ぶこと。

もうちょっというなら『お金を使わずに遊戯する方法を学び、結果的に収支がプラスになっている方法を実践する』という感じです。

例えばパチンコの勝ち方を学んだことがない人であれば、

台によって釘が違う、
台によって出玉が違う、
台によって回転数が違う、
台によって電サポ増減が違う、
人によって勝てる台が勝てない台になる、

といったことを知らないと思います。

そういった人が勝ち方を学ぶことによって、今までの稼働と比較した結果、負けるスピードが大きく減るといったことは良くある話です。

場合によってはそのまま勝ち組に駆け上るケースも珍しくはないので、まずは勝ち方を覚えましょう。

パチンコの勝ち方については以下の記事やメルマガで解説しているので参考にしてください。

誰もが納得!パチンコが勝てるたった1つの方法がシンプルすぎてヤバい※パチンコの勝ち方について順番に解説しています。

パチンコ&スロットで月10万稼ぎ続ける人生逆転メルマガ※パチンコやスロットで月10万勝つための情報を発信しています(すべて僕が執筆しています)

パチンコの勝ち方を学ぶコツ

パチンコの勝ち方を学ぶコツは2つです。

パチンコの勝ち方を学ぶコツ
①勝ってる人の立ち回りを真似する

②勝ってる人に稼働を見てもらう

繰り返しますが、現時点でソコソコのパチンコキャリアがあり、トータル収支がマイナスだと思うのであれば、今のまま稼働を続けても負債が増えるだけですので、それを改善するには勝っている人を真似する以外に方法はありません。

僕の場合はゲームセンターで知り合った自称スロプロの人にクランキーコンドルというスロットの目押しや設定班別方法を教えてもらった結果、中学生にもかかわらずスロットの設定判別ができるようになってました(詳細記事:パチンコ依存症になった原因は幼少期の頃の家庭環境だった?)

当時はホールに行くことができなかったので実機では打っていませんが、そういった勝っている人の情報を知ることで一般の人はあっさりとごぼう抜きできます。

年齢とか全然関係ありません。

純粋に知ってるかどうかの問題であり、それを知らないのであれば知っている人から学びましょう。

パチンコの勝ち方を学ぶ人を選ぶポイント

パチンコ新台勝てる台

パチンコの勝ち方を学ぶ注意点はしっかりと『根拠ある説明をしているか、継続性はあるのか、自分自身で納得できるか、現役で稼働している人か』この4つを見ておくことです。

パチンコの勝ち方を学ぶ注意点

①根拠ある説明をしているか

②継続性はあるのか

③自分自身で納得できるか

④現役で稼働している人か

個人的な経験則ですが、これまで100人以上の勝ち組と呼ばれる人に出会ってきましたが、期待値理論以外で勝ってる人を僕は見たことがないです(期待値理論についてはこちら:パチンコの期待値とは?【元専業の僕が詳しく解説します】)

自分で打つにしろ、人に打ってもらうにしろ、朝から打つにしろ、夜から打つにしろ、勝っている人の背景には必ず理論的な根拠があります。

パチンコはメーカーからスペックと呼ばれる数値が出ているので、それを分析することによって論理づけて勝つ立ち回りを実現することが可能です。

それにもかかわらず理論をすっ飛ばし、結果だけにフォーカスしているのは個人的にはどうなのかなと思います(いわゆる攻略法的なものです)

加えて『その機種がなくなってしまったら稼げません』とか『次の新台の攻略法はこれですのでお金ください』では困るので、継続的に使える情報であることも大事です。

僕は19歳の時に勝ち上がったのですが以降、15年以上同じ理論で立ち回っています。

言い換えればパチンコはどんな機種が出てきても勝つための基本的な考えは不変であり、この先も変わらないということです。

最後に勝ち方を学ぶなら現役で稼働している人から学びましょう。

パチンコの勝ち方は不変だと言っても、立ち回り方は変わってきています。

例えば僕が高校生の頃はイベントなど関係なしに、毎日ホールに行けば打てる台(=期待値の出る台=勝てる台)がゴロゴロしていたのですが、最近はそういうことも少なくなりました。

つまりこちらから勝てる台が存在するお店に行くことが必要になったし、場合によってはパチンコだけでなくスロットを打つことも必要です(あくまでプラス収支にこだわる場合)

勝つための本質は変わらずとも立ち回り方法は日々変化しているので、そのあたりの情報をタイムリーにキャッチできる人からしっかり学んでおきましょう。

パチンコの勝ち方を学ぶだけでは稼げません

パチンコ新台勝てる台
勝ち方を学んだのに勝てません、そういった質問をもらいますが、その原因として多いのは以下。

パチンコの勝ち方を学んでも勝てない人の特徴

①やるべきことをやってない

②稼働量(試行回数)不足

パチンコの勝ち方を学んでも勝てない人の原因で一番多いのがやるべきことをやってないケースです。

例えば『パチンコで勝つためには我流でなく僕の真似をしてください』と言ってるにもかかわらず『打つ台がなかったのでとりあえず打ってみました』といった連絡を受けることが過去に何度もあったのですが、その時点で勝つ行動から逸脱していますよね。

感情的に言えば『パチンコで勝つ!』ではなく『パチンコを打ちたい』にシフトしているということです。

パチンコを打ちたい!という想いだけで勝てればパチンコ屋は一瞬で潰れてしまうので、勝ちたいと打ちたいは別物として考えましょう。

次に勝てない原因として多いのが稼働量不足。

これで多いのはその日に勝ったか負けたかの報告をするケースです。

特に終日すら打たず『2万円打ったのにあたらず負けちゃいました』といった感じですね。

パチンコって例えばミドルであれば初当たり確率が1/300とかです。

つまり300個の目があるサイコロを振って当たるのは1つしかないんだからほぼハズレなわけです。

それが確率通り1/300に収まるには最低でも10万回くら振り続けないとダメで、数百回、回した程度で勝ち負けを判断すること自体が無謀ですよね。

月に10日以上稼働できているなら毎月の収支、月10日以下の稼働であれば年間の収支がプラスになっているかどうかを確認するようにしないと勝ち続けるのは難しいです。

僕もトータルで勝つことはできますけど、毎日100%勝つことは絶対にできませんのでね。

パチンコで勝てるようになったら好きな台を打とう

パチンコ新台勝てる台

さて、やっと質問の回答ですがパチンコの新台で勝てる台は一言でいうと『分かりません』

それはスペックによっても違うし、お店によっても違うし、打ち手の技術によっても違うからです。

スペックが辛くても釘が開いて、打つ人の技術が上手ければ勝てますし、スペックが甘くてもまったく回らなければ勝つのは難しいです。

つまりどの新台なら勝てるのか?ではなく、その新台で勝つために必要な動きをしているか?ということが本質的な問題となるわけです。

同じ新台でも1000円で20回回るお店と1000円で15回しか回らないお店は実在しますし、そういった些細な部分で収支はコロッと変わってきます。

僕が新台を打つなら例えば交換率を落として釘の開いてるお店まで通ったり、旧イベント日などで釘が少しでも開いてる可能性のある日を狙ったりとお店や打つべき日を絞ります。

加えてその機種に関する止め打ちなどの技術介入情報もしっかりと頭に叩き込んでから打つと思います。

それをするだけで仮に負けてしまったとしても、何もせずに打つより負ける速度は減りますし、負ける速度が減るということは勝つ可能性が上がるということです。

そしたらあとはその技術に磨きをかければ、好きな新台を打って勝つことも可能になってくると思います。

ただ、最近はバラエティーに1台だけ新台を導入するケースなどもあり、導入から撤去まで釘が全く開かないこともあるのでそこは注意してください。

パチンコの新台で勝てる台とは【必要なのは勝ち組思考】まとめ

パチンコ新台勝てる台

パチンコは新台・旧台にかかわらず勝つための本質は同じです。

新台で勝ちたければ自分が少しでも勝つ可能性の高い場所に出向き、技術でカバーすることが必須であり、それを妥協すればした分だけ収支は確実にマイナスになることは覚えておくといいですね。

個人的には『パチンコで勝ちたい』『パチンコを打ちたい』として考えるのがいいと思ってます。

『好きな機種を打って勝ちたい』というのは、パチンコで勝つスキルが身についている人だからこそできる方法であり、勝つことができないのであれば機種を問わず、安定して稼働できるようになって(お金に苦労しなくなって)から、実践するべきだと思います。

物事にはすべて順序があり、みんなが理想とする世界へ到達するにはそれ相応の道のりがありますからね。

ちゃんと学んで実践すれば数ヵ月後には新台を打っていい勝負ができるようになっていると思うので、コツコツと積み重ねていきましょう^^




パチンコ&スロットの二刀流で勝つための教科書を作りました

パチンコとスロットは理論で勝つものです

新型コロナウイルスによってパチンコ業界はかつてない苦境に立たされています。

営業自粛、世間からのバッシング、20年近く業界を見てきた僕でさえ『このまま滅ぶんじゃないか』と思うくらい厳しい状況です。

ただでさえ安定して勝つことができるのは1割と言われる中、一般ユーザーがホールに行っても、遊ぶことすら許されずに回収されるのがオチです。

そんな中、あなたに与えられた選択肢は3つです。

選択肢①:パチンコ業界はもう終わりだから足を洗う

選択肢②:負けてもいいから気分転換に稼働する

選択肢③:会社の収入も減収になって厳しいから勝ち組になる

僕はパチンコで破産した過去があるので、負けてまで稼働することに意味はないと思ってます。

ですので実質的にとるべき選択肢は①か③と考えていて、①に関しては僕も挑戦しましたが、やめようと思ってやめられるものでもありません。

すると残された選択は③しかなく、そのためには勝ち方を学ぶことが絶対に必要です。

パチンコもスロットも正しい知識を持って稼働すれば、その瞬間から負債を減らし、勝つ可能性をアップすることができるゲームです。

過去には1000万円以上の貯金を失ったという方もいましたが、その人ですら理論を身にまとえばすぐに収支は上昇曲線を描きました。

今の段階で勝ち方を学ぶことで、これから先に失うはずだったお金を手元に残し、さらにホールから資金を回収することも可能です。

以下に僕が15年以上かけて実践してきた勝ち方に関するノウハウや考え方、細かい実践テクニックを解説した教科書や動画をまとめたプレゼントを用意したので1度、手に取ってみてください。

あなたが業界がより一層厳しくなる中、安定した稼働を続けたいと思うなら、その状態の手助けになるはずです。

記事が役立ったらクリックしてね▼

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUT US

パチンコ&スロットの二刀流で2000万以上勝ち続けた元専業パパ。19歳に勝ち始めて以後、15年以上プラス収支継続中。とはいっても最初の1年間は負け続きで、稼働を始めた高校時代に100万以上の負債を負って引きこもりになるなど、勝ち組と負け組の両面を知る。現在はフリーランスとして活動しながらパチンコやスロットで勝ちたいと思う人に向けてブログやメルマガ、オンラインコミュニティで情報を発信しながら自由に暮らしてます。