7月7日に800人並んだパチンコ店へ突撃した結果…

スロット稼働日記

こんにちは!

少し遅くなりましたけど、
7月7日の実践結果と個人的に
思ったことを書いておきますね。

今年のは7月7日は日曜日ということもあって
想像を絶するお客さんが全国のホールに
集結していた感じです。

朝、抽選に並んでいる時Twitterを
見てましたが入場規制されてるお店や
警察沙汰になった店もあったようですね(^^ゞ

で、この光景を見てふと思ったんですけど、

さんパパ
これだけの人が押し寄せてくるってことは、業界の人気もまだまだなんじゃないの?

ってことです。

今年は7月7日が日曜日ということもあって
例年以上にお客さんが来たんだと思いますが
言い換えれば今の時代でもタイミングさえ
重なればこれだけの人を呼び込める

ってことですよね。

僕の地元も普段はすごく多い日でも
100人~200人くらいしか並ばないですが
当日は推定700~800人程並んでました。

お店に入って打ち始められたのも
開店予定時刻より30分近く経っていて
店員さんもてんやわんやって感じだったので(笑)

で、思うのがこれだけの人がホールに行って
稼働したらそりゃ売り上げも上がるよねってこと。

売上が上がればホールは還元するし、
還元すればお店は増えるしっていう好循環。

実際、当日は設定6が1機種に1台は入っていて
凱旋、ハーデス、バジリスク絆は万枚を
突破している台も数台ありました。

さんパパ
でも、この好循環をパチンコ規制で抑えてしまっているから業界が衰退しまくってるって言われてるけど、それを開放すればこの業界は再び軌道に乗ってV字回復するポテンシャルはあるんだなーっ

って現地に行って思ったりしていました。

10年前はこの騒ぎが定期的に起こってたから
今は閑散としているイメージなんですけど、
ホールがやる気になればこうなるよと。

平日の稼働が増えないと売上が伸びないから
出すのが難しいのも分かるし、イベントの
告知ができない以上、設定配分を示して
お客さんを呼べないからお店が苦労するのも
ものすごーく分かる。

だからこそある程度、
規制緩和すればこれだけの人が
お金を使いたがってるわけだから
経済も活性化していい気がするんですけど。

まぁ、逆にそうなってしまったのが
初代ミリオンゴットなどが登場した
4号機全盛時代で、負けて困る人が増える、
という問題が発生したり、専業者が増えて
労働力が減るみたいな現実が再発するから
それはないと思うけど・・・。

そんな感じのことをTwitterや当日の朝、
並びながら友人と話していました。

7月7日の稼働結果

さてさて、7月7日の稼働結果なんですけど、
地元で1番出すと思われるお店に行って
引いた抽選は300番。

当日はバジリスク絆、凱旋、ハーデス、
番長3のハイスペック機を打つつもりで
並んでいたのですが、スロットは
300台もないのでこの時点でアウト(笑)

一緒に稼働する予定の人は630番くらいで
遊技台を確保できるかすら分からない状況(爆)

仕方がないのでスロットはあきらめ、
パチンコの島に向かっていくも北斗無双、
花の慶次漆黒、大海物語4は満席。

で、ギリギリ空いていたのが
旧大海Blackライト。

大海Black
大海Black

・・・

・・・・・

・・・・・・・

さんパパ
これ、据え置きだよね・・・

思った以上にヘソが開いてなくて
他の台を見ても微妙な感じ。

というか、いつも見ている釘と
ほとんど変わっていない気がする。

つまり、この機種は回収台である可能性が
めちゃくちゃ高い
ってこと。

さんパパ
えー、7月7日でこの釘かよー。

今日、ヤバい(回収)んじゃないか?

そう思って違う島に行こうと
思ったのですが・・・

すでに店内は人でごった返していて
どこに空き台があるのかもわからないし、
次々と後続の人が押し寄せてくる。

この台を明け渡したら速攻で取られるし、
かと言って自分が他の台を取れる保証もない。

この時点で打たずに帰宅するという
選択肢もあることはあったのですが、
一応、打つだけ打ってみようかなと思い
一緒に打つ方を待つことにしたのですが

・・・

・・・・・

・・・・・・・

待っても待ってもやってこない(笑)

周囲は整理券を持った人がウロウロして
空き台を探して走り回って探してる。

最初に入場してさっさと打ち始めた人は
もう当たりを引いている人もいる(笑)

そんな状況で待つこと10分くらいして
やっと連れの人と合流。

が・・・

当然ながら彼が来た時はもう何も空いてない
状況だったので僕が取った海物語を彼に
打ってもらい僕は別の店舗に移動。

この店も人であふれかえっているといった
情報を友人から教えてもらっていたけど、
とりあえず行ってみようと事でいってみると・・・

奇跡的にスロットに空き台が!!!

さんパパ
おぉ!!!スロット空いてるじゃん!!!

ジャグラーだけど(笑)

年に1度のお祭りでジャグラーを打つのは
ちょっと残念な気がしたのですが、
他に空き台もないのでとりあえずキープ。

パチンコを見に行ったけどやっぱり無双や
大海4に空き台はなく、バラエティーは
打てる釘じゃなかったのでパチンコは断念。

ジャグラーも狙い台とかではなかったから
普段なら絶対に座らないんだけど、
何か打たなきゃネタにもならないってことで
久々に期待値ガン無視で着席(笑)

ジャグラーペカる
ジャグラーペカる

結果、投資850枚、回収778枚で終了(^^ゞ

最初の初当たりがいきなり500Gを
超える展開でもうあきらめムード。

2つ隣りの台は100G以内にBIG6発と裏モノ?
って感じの勢いでボーナスの連打。

他にも合算1/100を切ってる台が数台あって、
残り物には福があると思って座った
僕の台は1番最後に初当たりを引くことに。

さんパパ
みんなちゃんと1番出ない台を残してくれてるんだなー

と思いながら当たり前のように揃った
REGボーナスを消化。

ぶどうも全然落ちないし、
高設定特有のにおいも全くせず、
ぜーんぜん出る気がしなかったので
BIGがちょっと連チャンしたところでやめ。

特に見せ場も何もなく-2000円って感じで
今年のお祭りは幕を閉じました(笑)

その後はホールを徘徊してたんですけど、
稼働率95%って感じで空き台はほぼなく、
空いてる台は明らかに設定1のにおいを
プンプンさせた回収台ばかり。

パチンコもミドルはほぼ満台、
バラエティーにちょっと空き台があるけど
釘はいつもと変わらずって感じで打てず。

仕方なく最初のホールに戻ってみたけど、
稼働率はまさかの100%(笑)

600台くらいある店だと思うのですが、
本当に1台も空き台がなかったです(^^ゞ

さんパパ
こりゃスゲーわ・・・

写メでもしようかなって思ったけど、
さすがにまずいと思ったのでやめて
そのまま帰宅することにしました。

他にも行くお店があったんですけど、
これだけの人を見てしまうと
もうどこに行っても人ばっかりで
逆に疲れそうだったので(^^ゞ

抽選負け(抽選が悪くて台が取れない)は
ほぼほぼ覚悟していたしそうなったら下手に
手を出さずに撤退と決めていたのでね。
(ジャグラー打っちゃったけど(笑))

お店が出す日に打つというのは鉄則ですけど
だからと言って適当に台を選んで打てば
いくら勝てるスキルを持った人でも
運頼みになって勝てなくなるよーという
典型的な事例
だったかなと思います。

今年の経験を活かして来年の勝率アップにつなげていく

たまに

読者さん
さんパパさんはどうしてそんなに勝てる台に座れるのですか?

という質問をいただいたりしますが、
それはしっかり準備をしているからです。

そういった準備をしなければいくら僕でも
今日みたいな結果になって惨敗です(^^ゞ
(スロットの設定狙いの場合)

行き当たりばったりで空いている台に座って
勝てるほどパチンコもスロットも甘くないし
それは7月7日のアツい日であっても同じです。

ということは、パチンコやスロットで
勝てない人が根拠なく稼働しても
それはより一層、勝つ可能性が
減ってしまう
ってことでもあります。

7月7日は確かに設定を入れていたし、
パチンコもメイン機種には専業の人が
座っていたのでいい調整の台は
あったんだと思います。

その反面、出てない台はエグイ吸い込み方で
1台で10万以上負けてる台もありました。

お店もいくらイベント日だとしても
出せる資金には限界があるし、
言い換えればそういった日に便乗して
回収に出る店もあります。

そのあたりをしっかり見極めておかないと
浅はかにこの日は出ると信じていくと
思わぬ大敗をしてしまうことになります。

それを防ぐには未然に
どういった傾向にあるのかを
あらかじめ知っておくことが必要ですよね。

例えば

①今年の7月7日にたくさん人が集まった
お店の出玉状況はどうだったのか?

②7月7日だけどイベント日ではないため
あまり人が集まらなかったお店の
出玉状況はどうだったのか?

ということを比較してみるわけです。

その結果、総合的に出ていたのは
イベント日のお店だったけど、
イベントじゃないお店は他店の溢れた
お客さんを拾おうとしていつもよりも
良い調整にしていたということが
分かったとしたら・・・。

仮に前者のホールに800人並んで後者のお店は
50人くらいしか並ばなければ勝てる可能性が
高いのは後者のお店になりえますよね?

(もちろん事前の下見は必要です)

ってことは来年はあえて人の多いホールに
行かずに、そういったイベント日では
ないけど出している実績のある店に行けば
狙い台を取ってツモれるチャンスが出る、
ということになります。

実は僕、イベント翌日の7月8日に
ふらふらっと地元にあるお店を
回ってきた
んですよね。

オンラインで見られるお店はスマホで見て、
見られないお店だけ行った感じですけど。

そしたら旧イベント日とかではないお店でも
その日はしっかりスロットの設定を
入れていることが分かって7月7日の選択は
ちょっと失敗したかなって気がしました。

最初からこっちのお店に来ていれば
狙い台を取ることは十分できたので。
(7月7日の抽選は30人くらいだったそうです)

なので逆に言うと、来年の7月7日は
この店も狙えるってことが分かったので
それだけでも十分な収穫なんですよ。

今年のお祭りは終わっちゃいましたけど、
そうやって地元のお店を見るだけでも
人よりもワンランク上の立ち回りを
実現できるので覚えておくといいでしょう。

(パチンコについては釘が換えられている
可能性が高いので微妙ですが(^^ゞ)

パチンコスロットで勝てない人が最初に見るべき動画を撮ってみました

それと最後に

読者さん
パチンコやスロットでどうしても勝てない・・・

7月7日に久々に打ちに行ったら楽しくてまた、ホールに通うようになったけどお金が心配・・・

という人が最初に見るべき動画を撮ったので
本気でパチやスロで勝ちたいと思った方
見ておくといいと思います。

結局、パチンコやスロットで勝つ!
と決めた以上は必ず稼働しなければならず、
その時点で金銭的なリスクが発生します。

でも、いきなりホールに行って勝てるほど
パチンコホールも優しくはないので(笑)、
やるべきことはやっておきましょう、
ということです。

【動画で語っている内容】

0:56 パチンコやスロットでとにかく勝てない!という人が『絶対』最初にやるべきこととは?

1:05 さんパパがパチンコやスロットの勝ち方を教える際、1番最初に伝えていること

2:12 1000円で10万勝つことで逆に不幸になってしまう理由とは?

3:19 パチンコやスロットに関わらず何かで成功するために欠かせない○○○○とは?

4:29 パチンコやスロットで勝つための情報を詳しく学ぶ方法とは?

5:07 初心者でも月50万稼げます!みたいな攻略法に対する元専業者の見解

動画はこちらの記事の目次の下にあるので
参考にしてください^^
↓↓↓




パチンコ&スロットの二刀流で勝つための教科書を作りました

パチンコとスロットは理論で勝つものです

新型コロナウイルスによってパチンコ業界はかつてない苦境に立たされています。

営業自粛、世間からのバッシング、20年近く業界を見てきた僕でさえ『このまま滅ぶんじゃないか』と思うくらい厳しい状況です。

ただでさえ安定して勝つことができるのは1割と言われる中、一般ユーザーがホールに行っても、遊ぶことすら許されずに回収されるのがオチです。

そんな中、あなたに与えられた選択肢は3つです。

選択肢①:パチンコ業界はもう終わりだから足を洗う

選択肢②:負けてもいいから気分転換に稼働する

選択肢③:会社の収入も減収になって厳しいから勝ち組になる

僕はパチンコで破産した過去があるので、負けてまで稼働することに意味はないと思ってます。

ですので実質的にとるべき選択肢は①か③と考えていて、①に関しては僕も挑戦しましたが、やめようと思ってやめられるものでもありません。

すると残された選択は③しかなく、そのためには勝ち方を学ぶことが絶対に必要です。

パチンコもスロットも正しい知識を持って稼働すれば、その瞬間から負債を減らし、勝つ可能性をアップすることができるゲームです。

過去には1000万円以上の貯金を失ったという方もいましたが、その人ですら理論を身にまとえばすぐに収支は上昇曲線を描きました。

今の段階で勝ち方を学ぶことで、これから先に失うはずだったお金を手元に残し、さらにホールから資金を回収することも可能です。

以下に僕が15年以上かけて実践してきた勝ち方に関するノウハウや考え方、細かい実践テクニックを解説した教科書や動画をまとめたプレゼントを用意したので1度、手に取ってみてください。

あなたが業界がより一層厳しくなる中、安定した稼働を続けたいと思うなら、その状態の手助けになるはずです。

記事が役立ったらクリックしてね▼

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUT US

パチンコ&スロットの二刀流で2000万以上勝ち続けた元専業パパ。19歳に勝ち始めて以後、15年以上プラス収支継続中。とはいっても最初の1年間は負け続きで、稼働を始めた高校時代に100万以上の負債を負って引きこもりになるなど、勝ち組と負け組の両面を知る。現在はフリーランスとして活動しながらパチンコやスロットで勝ちたいと思う人に向けてブログやメルマガ、オンラインコミュニティで情報を発信しながら自由に暮らしてます。