バジリスク絆の6スルーで負けカエルに助けられた日の稼働結果

さんパパ
こんにちは!

稼働日記を書いていたら
稼働したくなったさんパパです!

パチンコやスロットって
1度打たなくなるとそこまで
“行きたい!”って思わないんですが、

1度行き始めてしまうと
“明日も行こう”みたいな気持ちに
変化しちゃうんですよね。

世間ではこれを“依存症”
呼ぶのでしょう。

そして僕は再び”依存症”に
なりつつあるのを実感してると(笑)

モンハン月下雷鳴 当日0、宵越し715G

モンハン月下雷鳴の当日0、宵越し715G

この台はモバ7というアプリで
一撃万枚を出したことがある台(笑)

宵越し天井前にビンゴで当たって
単発終了。-42枚也

凱旋 当日0、宵越し885G

またまた懲りずに凱旋。

前回とは違うお店で1,000G越えを
据え置いたことのある実績店。

前日も明らかに低設定で
普通に据え置きだと思ったら・・・。

仮天突破!(3回目)

※1,,2回目はこちら
↓↓↓

もう凱旋の宵越しは狙わないと
心に決め淡々と消化すること23K。

天国っぽいところで当たって単発。

-942K也(棒読み)

バジリスク絆6スルー天井狙い

絆はどこに行っても稼働がいいので
めっちゃ狙いやすいですね。

息の長い機種なので知識のある人も
増えているけど(自分もその1人w)、
5スルー程度ならよく見かける。

だからといって安易に手を出すと
平気で2万、3万とられたあげく、
1時間以上の時間的損出もあるので
狙いはしっかりしないと危険。

この日はベタピン店の6スルーを
朝から狙い打つことに。

たぶん据え置きで3発目のBCで
BTに当選するもBCの当たりが遅く
-725枚也。

僕が使ったのは17k程だったけど、
たぶん最初から突っ張っていたら
5万以上は入っていたと思います。

要するにBT終了→次回BTまで追いかける、
といったことをしてたら5万近く負けたと。

そう考えると資金的に苦しい人が
スルー天井する場合はしっかりと
最大でいくら使うかを逆算した方が良い
と思います。

Questioner
あと3万あるから
次のBTまで行けるでしょ。

なんて安易な考えて打つと、
どえらい目に合うかもしれないので。

キンパル6スルー、宵越し882

凱旋の仮天突破×3のおかげで
気が付けば負債は4,000枚目前。

さすがにそろそろ勝ちたいなぁ~
と思いながら座ったのがコレ。
↓↓↓
キンパルスルー天井狙い

バラエティーコーナーに
ひっそりと置いてあったキンパル。

4日間くらい大当たり0で放置され
累計は882Gになっていたので、
懐かしさを踏まえて打ってみることに。

時折聞こえてくる

ケロケロ~

という音に負けまくっていた
高校時代の記憶がよみがえる。

さんパパ
あの頃は本当に
なーんにも知らずに
好きな台打ってたもんなぁ。

オオハナ(大花火)の設定1を
ハマってるからそろそろ当たる!
なんて考えてカニ歩きしてたっけ。

今は4,000枚飲まれても
何も考えずに期待値のある台を
打ってるだけだもん。

スリルという意味では
当時の方がはるかに高くて
出た時の喜びも大きかったし、
面白かったよなぁ~。

なんてことを考えながら
11K使ったところでREG当選。

あまりの出玉の少なさに軽くビビるも
32G以内の連チャンに期待して回すと・・・

キンパルスルー天井狙い
さんパパ
おぉ!

めっちゃ懐かしいカエル5連。

32G以内にカエルが3連すると
ドヤ顔で回してたよなぁ。

たまにガセって1人でブツブツ言いながら
128まで回してやめてみたり(笑)

といろんなことをまたも考えながら
連チャンモード突入。

初代同様にストックを
放出しているかのごとく
連チャンが止まらない!

けど・・・

出玉もすごく少ない!!

BGI1発で200枚くらいしか
増えないんですね・・・。

結局、連チャンは10まで
伸びてくれたのですが・・・

キンパルスルー天井狙い

う~ん。

もう少し出玉があっても
イイとは思うんだけど・・・

と個人的に思いながらも
久々のキンパルを楽しめたことが
収支よりも大きな収穫でした。

【追伸】
ちなみに絆やキンパル、
沖ドキなどのスルー狙いに関しては
サイトセブンを使うとこんな感じで
スルー台をすぐに見つけられます。
↓↓↓
バジリスク絆スルー天井狙い

※赤はBB、黒はAT

絆だけを調べるのであれば
1店舗3分くらいで終わります。

PC版よりスマホの方が
見やすいのでお勧めですね。

2018年 スロット収支

【2018年累計】
-2672枚

【2018年1月】
-2672枚

2018年のスロット稼働日記はこちら




パチンコ&スロットの二刀流で勝つための教科書を作りました

パチンコとスロットは理論で勝つものです

新型コロナウイルスによってパチンコ業界はかつてない苦境に立たされています。

営業自粛、世間からのバッシング、20年近く業界を見てきた僕でさえ『このまま滅ぶんじゃないか』と思うくらい厳しい状況です。

ただでさえ安定して勝つことができるのは1割と言われる中、一般ユーザーがホールに行っても、遊ぶことすら許されずに回収されるのがオチです。

そんな中、あなたに与えられた選択肢は3つです。

選択肢①:パチンコ業界はもう終わりだから足を洗う

選択肢②:負けてもいいから気分転換に稼働する

選択肢③:会社の収入も減収になって厳しいから勝ち組になる

僕はパチンコで破産した過去があるので、負けてまで稼働することに意味はないと思ってます。

ですので実質的にとるべき選択肢は①か③と考えていて、①に関しては僕も挑戦しましたが、やめようと思ってやめられるものでもありません。

すると残された選択は③しかなく、そのためには勝ち方を学ぶことが絶対に必要です。

パチンコもスロットも正しい知識を持って稼働すれば、その瞬間から負債を減らし、勝つ可能性をアップすることができるゲームです。

過去には1000万円以上の貯金を失ったという方もいましたが、その人ですら理論を身にまとえばすぐに収支は上昇曲線を描きました。

今の段階で勝ち方を学ぶことで、これから先に失うはずだったお金を手元に残し、さらにホールから資金を回収することも可能です。

以下に僕が15年以上かけて実践してきた勝ち方に関するノウハウや考え方、細かい実践テクニックを解説した教科書や動画をまとめたプレゼントを用意したので1度、手に取ってみてください。

あなたが業界がより一層厳しくなる中、安定した稼働を続けたいと思うなら、その状態の手助けになるはずです。

記事が役立ったらクリックしてね▼

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUT US

パチンコ&スロットの二刀流で2000万以上勝ち続けた元専業パパ。19歳に勝ち始めて以後、15年以上プラス収支継続中。とはいっても最初の1年間は負け続きで、稼働を始めた高校時代に100万以上の負債を負って引きこもりになるなど、勝ち組と負け組の両面を知る。現在はフリーランスとして活動しながらパチンコやスロットで勝ちたいと思う人に向けてブログやメルマガ、オンラインコミュニティで情報を発信しながら自由に暮らしてます。