パチンコの期待値を追いかけても勝てない時の4つの原因と対処法とは?

パチンコ質問&回答
Pocket

パチンコで勝つには
期待値を追いかけることが
一番手っ取り早い方法です。

とはいえ、期待値を追っても
勝てない時期
と言うものが必ず来ます。

欠損という呼ばれ方をしますが、
要は確率のばらつきによって起こる
展開負けのこと
です。

じゃんけんでいうなら
10回連続で負ける、

サイコロで言うなら
10回連続で1の目が出ない、

ルーレットなら
赤いマスにばっかりとまる、

といったケースですね。

実際に僕も副業で稼働時間が減ってからは
月単位で負けたこともあります。

どんなに期待値を積んでも
1ヶ月の稼働時間が5時間では勝てません。

朝から1000ハマったら
その月は負け越し確定ですから(笑)

期待値を積んでいるのに勝てない理由は
いくつか考えられます。

言い換えるとそれらをすべて解決すれば
勝つことができる
ということです。

今日はそんな期待値欠損が続いたときの
原因と対処法を書いてみようと思います。

①期待値計算が間違っている

まず最初に確認するのは
期待値計算が間違っていないかを
確認することが必要ですね。

期待値を計算するには

・総回転数
・1000円あたりの回転数
・交換率
・大当たり出玉
・電サポ増減数

これらのデータを取る必要があります。

特に、

通常時の回転数を数える、
大当たり時の出玉を数える、
電サポ中の増減を数えらる、、

というところは間違えると
計算結果に大きく反映されます。

甘デジの場合、電サポ1回転当たりの
増減が1玉違ってしまうと…

1日回して電サポが1,000回転であれば
4,000円の結果に影響します。

大当たり中の出玉や回転率にしても
同様に影響度は大きくなり、

甘めに計算していると期待値を
積んでいるのに稼げない、

ということが考えられますね。

まずはそれぞれの数字をきちんと
管理できているのかを確認してみてください。

(詳細は無料メルマガでお伝えしています)

②データ取りを途中でやめてしまう

期待値計算に必要なデータは
どのくらいとっていますか?

前に僕が話を聞いた人は
持ち玉になると回転数が数えられず
分からなくなってしまうので、

初当たりまでの回転数だけで
平均回転数を計算して期待値を出してました。

データでいうと200回転とか
そのくらいの平均値だったと思います。

パチンコは同じ玉を投資しても
回転数にバラつきが出ます。

最初の1,000円で25回回っても
次の1,000円では15回しか回らなかったり。

たまたまよく回るときに当たり、
その回転数で期待値を計算すると
実際より高い数値が出てしまいます。

あらかじめ低めの回転数で
計算していれば大丈夫かもしれませんが、
最低でも1,000回転くらいのデータをとって
平均回転数を計算することをおすすめします。
(自信がないなら1日中とるくらいのつもりで!)

これはもちろん大当たり中や電サポ中も
同じことが言えますね。

電サポ中の出玉増減が技術の向上によって
増加すれば当然期待値は増えますが、

逆になれていない状態だと
玉が減ってしまうことも普通にあります。

そうすると結局平均して増減はどれくらい?
って聞かれたときに答えられないですよね。

そしたら答えられるまでデータを取りましょう、
というのが対策になります。

データが分かれば結構何でも分かるので
手間だと思ってもここは踏ん張りどころです。

③波の荒い機種ばかりを打っている

波の荒い台は確率の収束に
時間がかかります。

そうなると当然、勝ち負けを繰り返し
最後は勝っていたとしても短期で見ると
負け続けることが必ずあります。

専業から副業に切り替えた頃は
夕方からの短時間勝負にも関わらず、

MAXタイプばかりを打ちまくり
10万以上負けてげんなりしました(泣)

今は見かけなくなりましたが、
出玉なし確変、通常を引くと
当たっても玉が出てこないんですよ(笑)

その代わり瞬発力があったので
1時間で2万発とか出ましたけどね。

スランプグラフがギザギザなので
下降の場所ばかり打っていると
期待値を追っても勝てないと
思ってしまうかもしれません。

対策としては機種選択が大事で
MAXやミドルよりも甘デジに近い方が
安定した勝負がしやすいです。
(確率が収束しやすいから)

僕は副業で立ち回っている時、
終日勝負は必ず2.5円のお店で
甘デジを打っていましたが、

かなり安定した成績で勝率は9割、
ほぼ負け知らず
でした。

その代わり1回の稼働で10万円などの
大勝もないですけどね。

期待値稼働で結果が出ない場合は
換金率を落として安定度を高めることも
非常に有効な手段の1つです。

④積んでいる期待値が少ない

これは確率が収束していない
ということです。

例えば期待値プラスマイナスゼロの台を
半永久的に打ち続けることができたとすると
最終的な収支はプラスマイナスゼロに近づきます。

つまり勝つか負けるかは
どちらに確率がかたよったか?です。

それがプラスの期待値を積むことによって
平均値がプラス側にシフトしていきます。

回転単価1円の台を1,000回転打てば
期待収支は+1,000円です。

そうすると+1,000円を中心として
データがばらつくのでプラス収支の
範囲が広がったことになります。

でも、その範囲はわずかであり、
確率のブレによってあっさありと
マイナス側に転落しちゃうわけです。

だから積んでいる期待値が少ないと
必然的に運勝負に近くなる、

つまり勝ったり負けたりを繰り返すことに繋がり
勝てないケースが出てきます。

対策としては単純に稼働しまくるか
単価を上げる努力をするしかないですね。

安い台であっても連日打っていれば
いつかは必ず勝つことができますし、

回転単価を上げることができれば
負ける範囲が狭まるので少ない回転数で
落ち着かせることも可能です。

パチンコの期待値を追いかけても勝てない原因と対処法 まとめ

パチンコは理論上勝てると言っても
毎日勝てるわけではありません。

スロット・競馬・競艇・株・FX・・・
どんな勝負事でも同じです。

あくまで技術によって勝率を高め
繰り返し行うことで確率を収束させ
利益を掴んでいくということです。

パチンコで言うなら

①期待値計算の正確性
②データ取りの正確性
③収束しやすい機種選択
④ひたすら期待値を積む

これらを抑えることで
実現させることができます。

面倒臭いと思うかなるほどと思うか、
実はこの時点で差が出ているんですよね。

普通の人は面倒って思いますし
僕だって機序を書きながら
面倒だなーって思います(笑)

だからこそ、自分がパチンコに対して
何を求めるかが重要
なんですよね。

勝ちたいのか、
楽しみたいのか、
負けたいのか・・・

そこをはっきりしておかないと、

期待値を積んでも勝てない!

結局パチンコは運だ!

そう言って負け続けてしまいます。

それでもいいなら何も言いませんが
パチンコで負け続けると

お金、
友人、
恋人、
家族、
休日、
時間、

失うものは多いのでご注意を・・・。

Pocket

さんパパ
初心者から上級者まで必見!
ブログの要点だけを確認したい方は
▼こちらから一覧ページにジャンプできます^^▼


パチンコ記事まとめ一覧

さんパパ

月収10万を現実化させる10個のプレゼントを無料で配布してます!
続々と”稼げる自分”に成長する人が誕生しています^^
▼詳細は下記の画像をクリックしてください▼

パチンコメルマガ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

パチンコ&スロット依存症患者のさんパパです。高校生で100万負け人生が破滅、大学生になり独学で勝ち方を学び、パチ&スロで2,000万以上勝ち現役引退。引退後は社蓄リーマンとして10年働き、仕事と育児の傍ら経営学を学び不労所得戦略を身につけ月収40万突破、まもなく脱サラ予定です。