パチンコの期待値が理解できないのですが、どの台に座ったらいいですか?

読者さん
パチンコの期待値があまり理解できません。

期待値を追うことについて書いてありましたが、正直ホールに行ってもどの台に座ればいいかわからなくなります。

どうすれば根拠を見つけられるのでしょうか?

パチンコの期待値理論について理解していること

パチンコの期待値を追いかけるためには、いくつかのことを順番に実践していく必要があります。

まず、大前提として期待値とは何か?ということがしっかり理解できているかどうかが重要ですね。

パチンコ(スロットも)で勝つにはとにもかくにも『期待値』を追いかけるしかなく、ぶっちゃけた話し『プラスの期待値だけしっかり追えてれば収支は勝手にプラスになる』んです。

その理由についてはメルマガでお配りしているスロパチ人生逆転の手引書やこちらの記事で解説しているので、1度だけではなく繰り返し読んで、分からないことがあれば再度、質問していただければと思います。
↓↓↓

釘の見方をしっかり理解していること

パチンコで勝つためにはたくさん大当たりさせることが重要だと思ってる人が多いのですが、本質はまったくのです。

大当たりは結果論であり、重要なのは1回転でも多く回る台を打ち続けることです。

一般の人よりも1回転でも多く回る台を打つことができれば、一般の人よりも投資するお金を減らすことができるので、最終的に勝てる可能性は高くなりますよね?

大当たりするかどうかは日によって変わってくるため、どの台が当たるのかをあらかじめ把握するのは不可能ですが、釘を見て

さんパパ
あきらかにこの台は回らないでしょ

と判断することは可能です。

仮に今まで、何も考えずに適当な台に座って回らないと困っていた人が、釘の見方を覚え、いわゆる『クソ台』にお金を使わなくなるだけでも、年間の収支はプラスに向けて大きく変化することになります。

それを判断するためにパチンコ釘の見方を覚える必要があるってことですね。

覚えると言っても0.1mm単位まで見極めるみたいな難しいものではなく『プラス調整』『マイナス調整』『以前に比べて釘が開いた・閉じた』といったことが分かる程度で大丈夫です。

慣れてくると釘を見るだけでだいたいの回転数が予測できるので、お金を使わなくてもその台を打った方がいいのか否かを判断することができます。

釘の見方についてはこちらの記事で解説してるので参考にしてください。
↓↓↓

イベント日に釘を見て打てそうかどうかを判断する

期待値理論を理解して釘の見方を覚えたら、ひとまず実践に移るわけですが、パチンコで一番重要なのは1000円でどれくらい回るか?ということです。

厳密に言えば大当たり中の出玉や電サポ増減も大事なのですが、いくら電サポ中に玉が増える台でも通常時に全く回らないような調整であれば意味がありません。

例えばいまだにホールのメイン機種として使われている北斗無双であれば、等価交換でのボーダーが17回転ほどなので、1000円で20回転以上回る台を見つけられれば日当を出すことはできます。

が・・・

そういった台はいきなりお店に行ってもないことがほとんどです。

なぜならお店側もそんな甘い調整にしたら利益を出すことができないので、ヘソや寄りなどをマイナス調整にして、回転数をボーダーギリギリ~ボーダー以下まで下げるわけです。

さらに雑誌などで取り上げられているボーダーには必ず標準出玉などの記載があり、仮に電サポ中、打ちっぱなしをして上皿の玉が空っぽになんてなってしまえば、標準出玉よりも得られる出玉が減ってしまうため、ボーダーは18回転などに上がってしまいます。

そうやってジリジリとお客さんの出玉を削り取るなどしてお店は利益を得ているわけですが、パチンコで勝てない人はそういった厳しい状況の中、お店に行って一生懸命釘を見て勝とうとします。

んが・・・

実はその時点で勝つことは難しいんですね。

しっかりとお店をリサーチして、自分が少しでも有利な条件で打てる日はないかな?といったことを普段から確認する必要があると。

代表的なのがイベント日ですが、今は大々的なイベントも禁止になっているため、旧イベント日などをリサーチして打つことが必要になってきます。

その方法についてはこちらの記事で解説しているので参考にしてみてください。
↓↓↓

打てそうな台があったら打ってみる

期待値をマスターし、釘の見方を覚え、リサーチを終え、打つための準備が整ったら1度、稼働してみてもいいと思います。

例えば7の付く日がイベントでその日に北斗無双を打つ!と決めていたのであれば、前日の夜に北斗無双の島を見てヘソや寄り釘をチェックしてみましょう。

だいたいのお店がイベント時はヘソを開けるくらいの調整しかしてこないので、あらかじめ寄りの良い台を見ておき、当日はその中から台を選ぶと良かったりしますね。

細かいことを言えばステージからの入賞率も差があるのでそれも打ちながら確認した方がいいのですが、最初はそこまではできないと思うので前日と当日のチェックだけでいいと思います。

で、イベント日の朝、お店に行ってヘソが前日より開いてると思ったらやっと稼働してOKって感じですね。

朝一から行く場合、おそらく入場抽選や並びがあると思うので、その際、専業っぽい人がいるかを確認しておくと尚良いと思います。

パチンコは勝っている人がいるお店でないと勝つのは厳しいので、人を見て判断することも良くあります。

専業者の特徴についてはこちらの記事を参考にしてください。
↓↓↓

パチンコの期待値がある台をお金を使わずに調べる方法

一般的に期待を追いかけられる台を見つける方法は上記の手順になりますが、自分で期待値のある台を見つけるデメリットとして良台に辿り着くまでにお金を使ってしまうことが挙げられます。

せっかく台を絞って稼働できる準備が整ったとしても、実際に打ってみたら思うように期待値が出なくて嫌になってしまう人は意外と多く、僕もそういった事が過去にありました。

そこでお金を使わずに期待値をざっくりと計算できる方法を考え付いたのですが、面倒くさがらずにしっかり実践すれば、それなりにいい台を見つけることができたりもします。

やり方についてはこちらの記事で解説しているので参考にしてください。
↓↓↓

これだけでも何も考えずに打つより、根拠を持って稼働することができるはずです^^

稼働したデータはしっかりと残して次につなげる

稼働を終えたら必ずデータを残しておきましょう(期待値計算に必要な数値)

データの蓄積はやっていない人が多いのですが、やっておくと後々の稼働が有利になります。

例えば地元にA店、B店、C店というお店があったとして、7の付く日はA店の111番台、5の付く日はB店の222番台、3の付く日はC店の333番台が日当15000円くらい出る、ということが分かっていたとしたらどうでしょう?

わざわざ前日に確認しに行く必要もなく、7の日になったらA店に行って111番台を打ってみて、前回のデータと比較すれば期待値の有無を簡単に判断することができますよね。

経験を積めばヘソを見れば、それだけで打てるかどうかが分かるようにもなるでしょう。

収支やデータの取り方についてはこちらの記事を参考にしてみてください。
↓↓↓

パチンコの期待値が理解できないのですが、どの台に座ったらいいですか?まとめ

期待値のあるパチンコ台を見つける方法

①期待値理論について理解する

②平常営業ではなくイベントなどを活用する

③初めて行くイベントでは前日の下見もできるだけ行う

④資金的に厳しいならデータから回転数を逆算して台を絞り込む

⑤稼働したデータはしっかり残して次回の稼働につなげる

こういったことを1つ1つやっていけば、1ヶ月後には打つための根拠が出そろってくると思います。

最初は何もない状況なので大変だと思いますが、それは誰もが同じ条件ですからね。

僕が今、全く知らない土地に行ってパチンコで打てる台を見つけなさいと言われれば、とりあえず通えるホールはすべて足を運び、イベントを調べ、お店のメイン機種を調べ、客層を調べ、イベント当日の釘を調べ、稼働し、データを蓄積することに時間を使うと思います。

そうやって自分だけが知るデータを残すことができればそれが資産となり、自分の懐にお金を残してくれるようになるはずです。

最初から根拠を見つけるのは難しいので1つ1つ、勝つための要素を積み重ねていくといいのかなと思いますね^^

パチンコ&スロットの二刀流で月10万勝ち続ける教科書を無料プレゼント中!

パチンコスロット勝つ方法

毎月、パチンコやスロットで勝ち続けている人を輩出している教科書を購読してみませんか?

この教科書に出会ったことをきっかけに

スロットを1度も打ったことのない学生さんが2週間で13万円のプラス収支を達成したり、

同じく目押しすらできないサラリーマンパパが初月から+26万円を達成したり、

3ヶ月で20万以上負けていた主婦の方が2ヶ月で10万発の貯玉をためることに成功したり、

30年パチンコで負け続けていた人が3ヶ月で+25,000発&スロットで+5,000枚を達成という二刀流を極めたり、

仕事帰りにジャグラーやHANABIなどのAタイプを打って毎月3万負けていたサラリーマンが半年で+70万達成したり

どうやっても勝つことができなかった副業サラリーマンがパチンコの基礎を身につけてから稼働した結果、月+13万のプラス収支を達成したり、

稼働すればするほど負けていたサラリーマンが300台以上スロットを打って+55万以上の収支を達成したり

と、ここから勝ち組に駆け上った人はもはや計測不能です(笑)

が!!!

そうはいっても超怪しいと思うので証拠をお見せしましょう。

以下のページにパチンコやスロットで勝つために必要な手順をたった180秒で解説した動画を用意したので、まずはそちらを見てみてください。
パチンコスロット勝つ方法

(クリックで動画視聴ページに飛びます)

実際に教科書を見た方から
500件以上の喜びの感想
をいただいています!

記事が役立ったらクリックしてね▼

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

パチンコ&スロット依存症患者のさんパパです。高校生で100万負け人生が破滅、大学生になり独学で勝ち方を学び、パチ&スロで2,000万以上勝ち現役引退。引退後は社蓄リーマンとして10年働き、仕事と育児の傍ら経営学を学び不労所得戦略を身につけ月収40万突破、まもなく脱サラ予定です。