パチンコ屋のルールとマナー21選【出禁注意/暗黙の了解も解説】

パチンコ屋のルールについてまとめた記事のアイキャッチ画像

こんにちは、さんパパです!

初心者さん
パチンコ屋のルールや暗黙の了解について教えて欲しい

ルールを守らないとどうなるの?

出入り禁止や出玉没収はどういった時に起こる?

過去にそういった事例があれば教えて欲しい

あとパチンコを打つ時に意識してるルールがあれば知りたいかな

こういった疑問にお答えします。

僕のパチンコ来店歴30年程で、おばあちゃんに手を握られ5歳くらいからパチンコホールに通ってました。

出玉没収や出入り禁止にあった事例など、いくつか経験しているのでお話ししますね。

パチンコ屋での禁止ルール【ほぼ全店舗で禁止】

パチンコ屋での禁止ルール【ほぼ全店舗で禁止】

まず最初にどのパチンコ屋でもほぼ100%の確率で禁止されているルールについてお話ししていきます。

いずれも普通に遊戯していれば問題のないので、サクッと確認しておきましょう。

パチンコ台を叩く・引っ張る・揺する・ぶん殴る

パチンコ台を叩いたり引っ張ったりするのは禁止行為です。

昔の話ですがスロットの常連さんが新装初日に10万負け、腹いせにパネルにグーパン喰らわせたら液晶がパリンって割れて出入り禁止になったことがあります(翌日は調整中の札が貼ってあった)

負けてアツくなっている時に激熱リーチがハズレ、感情的になって台を叩いてる人を見かけたりしますが、1円の得にもならないのでやめておきましょう。

パチンコのハンドルから手を放して遊戯する

パチンコのハンドルにお金などを挟んで遊技するのは、風営法で決まっている禁止行為です。

が、現実はコインなどを挟んでハンドルを固定しているのが実情ですけどね。

詳細は『パチンコの打ち方(ストローク)と捻り打ち方法【動画と画像で徹底解説】』をご覧ください。

1パチの出玉を4パチに持っていく(逆もダメ!)

これが禁止行為でなければ1円で借りて4円で流せば、パチンコを打たなくても億万長者になれますね(笑)

低レートで連チャンしたりすると4パチだったらなぁ~とガッカリするかもですが、ちゃんとレートにあった場所で玉を流しましょう。

パチンコの交換率(換金率)を教えてもらう

パチンコの交換率(換金率)を教えることはどのお店でも禁止行為となっています。

パチンコは法律上ギャンブルではないため、お金に換金することを認めていないからですね。

お店の交換率を知りたい場合は『パチンコの交換率を調べる5つの方法【スマホがあれば大丈夫です】』を参考にすると簡単に調べられると思います。

パチンコ台の掛け持ち遊戯

2台以上の台を同時にキープしたり、遊戯したりすることは禁止行為です。

■グループで抽選を引いて先に入った人が、後から来る人の台をキープする

■確変中にお目当ての台が空いたから、とりあえずキープして確変を消化する

こういった行為はルール違反となりますので気を付けましょう。

会員カードの2枚持ち

パチンコ屋の会員カードは1人1枚ですので、2枚以上持つことはルール違反です。

作成時に運転免許証などの身分証明書が必要なため2枚以上は作れないのですが、友人などに作ってもらうことは可能です。

非等価のお店ではカードの複数枚持ちにより、貯玉再プレイ遊技の上限を引き延ばし、勝つ可能性を上げることができたりします。

詳細は『パチンコの持ち玉とは何か?【意味を知らずに現金使うと破産します】』をご覧ください。

パチンコ玉を拾って遊戯したり交換する

床に落ちているパチンコ玉やメダルを拾うのは禁止行為です。

スロットコーナーでたまに見かけますが、遊技台に残っている1,2枚のメダルをクレジットオフボタンを押して拾ったりするのもNG。

『パチンコ玉はお金に変えられる=お金と同等の価値がある』と考えると、玉を拾い歩く行為はお金を拾い歩くのと同じですのでやめておきましょう

残高の残っているカードを拾って換金する

極まれに残高の残っているカードを拾ったりすることがありますが、このカードをそのまま使ったり現金化してしまうことは、完ぺきな窃盗罪になるのでやめておきましょう。

僕も何度か拾いましたけど、無くしたこともあります。

自分が拾ったときは店員さんに渡すのに、自分がなくしたときは戻ってこない・・・。

理不尽な世界だなと思いますが、万が一、防犯カメラなどで調べられ、身元が割れてしまうと最悪、逮捕されます。

得られるリターンに対してリスクが大きすぎるので、そんなことをするよりも勝ち方を学んで利益を得ましょう。

長時間出玉を置いて席を離れる

パチンコを打っていて食事などに行くときは、必ず食事休憩を出すことが必要です。

あまり長い時間台を離れていると、お店から呼び出しをくらって、それでも席に戻らないと出玉没収になったりします。

もっともあとで理由を話せば没収された出玉が戻ってきたりすることもありますが、基本的に10分以上台を離れるなら食事休憩札をとるようにした方が無難ですね。

遊技止め終了後に打つこと

閉店間際に大当たりしているとそのまま閉店の音楽が流れて遊戯終了となるケースがあります。

そうした場合、店員さんが来て

この大当たり終了後で閉店となります

といったことを言われるのですが、それを言われたにもかかわらず、確変だからといって遊戯を続けることは禁止されているので注意しましょう。

今は出玉の保障などもなく、純粋に閉店取りきれず=損出となるので極力閉店間際の稼働は控えるようにしたいですね。

パチンコ屋での禁止ルール【お店により異なる】

パチンコ屋での禁止ルール【お店により異なる】

パチンコ屋にはお店ごとに決められたハウスルールというものが存在していて『このお店ではOKだけど、あの店はNG』といったルールが存在します。

このルールは同じ系列店であっても異なる場合も多く、それぞれのパチンコ屋に通うなどして情報収集しないと分からないのですが、ここでは僕が見てきたハウスルールについてお話しします。

出玉を持っての台移動は禁止

1円パチンコから4円パチンコといったレートの違う台への移動は禁止ですが『同じレートであっても出玉を持っての台移動は禁止』というルールのあるお店もあります。

低換金のパチンコ屋によく見られますが、こうした場合は店内の目立つところに『出玉を持っての台移動はお断りします』などの告知がされています。

はじめて行くパチンコ屋でせっかく持ち玉になったのに移動禁止では得られる期待値も減ってしまうので、店内の案内表示を確認するか、店員さんに聞いて確認しておきましょう。

出玉の共有禁止

これも低換金のパチンコ屋に多いのですが、出玉共有禁止のお店もあります。

低レートのお店は換金ギャップで利益の大半を得ている場合が多く、お客さんがお金を使ってくれてはじめて利益になります。

もし、あなたが出た玉を友人に渡し、現金を使う予定だった友人が持ち玉遊戯を開始してしまったら、換金ギャップで利益をあげることができなくなってしまいます。

パチプロ軍団と呼ばれる人たちは

誰かが最初に大当たりする

その出玉をグループで共有する

現金投資を少なくして利益(期待値)を出す

といった方法を取っているケースも多々あります。

だからパチンコ屋によっては出玉の共有を禁止にして利益を確保しているんです。

出玉の共有ができるか不安であれば店員さんに聞けば教えてくれると思います。

止め打ち・捻り打ちなどの禁止

止め打ちや捻り打ちが禁止されているお店もあります。

止め打ちをいくらやっても注意されないホールもあれば、ハンドルについているストップボタンを押しているだけで注意されたこともあります。

止め打ちを注意される場合

STEP1:アルバイト店員か社員

STEP2:再度アルバイト店員か社員

STEP3:白い服を着たお偉いさん登場

という3つの段階があり、白服店員が出てこなければたいした問題になることはありません(場合によっては店員→白服の2段階)

とは言っても注意されるのはいい気持がしないですし、何よりそのパチンコ屋が決めたルール違反しているわけですから、注意を受けた場合は指示に従いましょう。

ちなみに止め打ちや捻り打ちが禁止かどうかは自分で確認するしかないので、僕はとりあえず普通に止めてみます。

いきなり出入り禁止になることはないので、何か言われたらやめるし、言われなければ続けるといった感じですね。

止め打ちの詳細は『パチンコの止め打ちで日給8000円UP←今すぐできます【動画あり】』を確認してみてください。

勝ち勝ち君の使用禁止

お店によって勝ち勝ち君の使用を禁止していたりします。

※勝ち勝ちくん

勝ち勝ちくん

スロット専業者が多く存在していた時期によく張り紙がしてありました。

今はスマホのアプリも充実しているので、注意を受けた場合はアプリを使いましょう。

紙巻きたばこの禁止

2020年4月からパチンコホールも禁煙になりました。

電子タバコを吸うのはOKみたいですが、煙の出る紙巻たばこはホールの中に設置された喫煙所の中に入って吸う形になったので覚えておきましょう。

パチンコ屋の覚えておきたいマナー【経験則】

パチンコ屋の覚えておきたいマナー【経験則】

最後にこれまでのパチンコ経験から覚えておくべきマナー(暗黙の了解)についてご紹介しておきます。

お店のルールとは関係なく、お客同士のトラブルを防ぐためにも覚えておいた方がいいと思います。

隣の台をキョロキョロ見ない

リーチがかかるたびに周りの台をキョロキョロ見る人がいますけど、見られている方からするとあまり気持ちの良いものではありません。

まだパチンコで負けていた時『これは当たるでしょ!』という激熱リーチを超ドヤ顔で見ていたら通路を歩いていたおばちゃんが立ち止まり見事に外れたんです。

で、一言。

さんパパ
あー。このリーチ外したらもう当たんないわねー!

そう大きな声で話しながら去って行ったのです。

あの時はリーチが外れたことはもちろん、おばちゃんに対しての怒りも半端なかったです(笑)

激熱リーチがかかったのを横目で見るくらいならいいと思いますが、必要以上に覗き込んだりするのは気持ちの良い行為とは言えないのでやめておきましょう。

人がやめた台を勢いよくとらない

狙い台が空いた瞬間に走るような勢いで台を取りに行く人がいますが、席を離れた人からすると気持の良いものではありません。

しかもその後、すぐに当たりを引いてたくさん出されでもしたら、顔を覚えられて敵対心すら持たれるかもしれません。

どうしても座りたい台があって、その台が空き台になったら、さりげなく荷物を置いて一旦その場所を離れましょう。

最初に座っていた人の意識が離れてから遊戯を開始するだけでも周りの印象は変わってきますし、そもそも気持ちにゆとりを持って打たないとパチンコで勝つのは難しいです。

パチンコ屋の分煙ボードはゆっくりしめる

お店によっては台と台の間にたばこの煙をガードする分煙ボードがありますが、席に座った瞬間ものすごい勢いであのボードを閉められたりすると『何だこの人?』って思います。

自分がされて嫌なことは他の人も嫌なはずですから、無用なトラブルを防止するためにも分煙ボードはゆっくり閉めましょう。

個人的にボードがあるパチンコ屋では席に座ってすぐボードを閉めちゃいます。

他の人が来てから閉めるより、角が立たずに済みますからね。

データを見ている時に人が来たら一度その場から離れる

お店に台のデータを示すデータロボが設置してあると思いますが、後ろに人が来た時は速やかに譲りましょう。

人によっては10分以上だらだらデータを見てる人もいますが、実際は『今見ているデータを見終わったら交代する』のが暗黙のマナーです。

一般の人がデータロボを使う目的は自分がこれから打とうとしている台の情報、もしくは打っている台の情報を欲していて、ライバルの台やたくさんの狙い台を分析しているわけではありません。

そのためデータを見たとしても数分で終わりすぐに席に戻ってしまいますから、トイレに行って時間でも潰すといいかなって思います。

もっとも最近は台ごとに履歴データを見ることができるお店も増えているので、その場合は台をキープしてからゆっくりとデータを見ればOKです。

席が空いても液晶が回っていたら止まるまで待つ

稀に前任者の人が保留が残っている状態でやめていったりしますが、その場合は回転がストップしてから台に座りましょう。

残りの保留玉やその回転で大当たりした場合、その権利は前に座っていた人のものです。

以前、隣に移動したおじいさんが元の台に残っていた保留で大当たりしたのを見たことがあります。

もし、その台に僕が座っていたら『台を返せ』といったトラブルになりかねませんのでね。

確変や時短中の台が空いていたらどうする?

何かの用事で時間のない人が確変や時短中に遊技台をやめることがあります。

その場合、以下の対応を取りましょう。

■店員さんを呼んでいる
→おそらく電源を切られる

■パーソナルシステムで勝手にいなくなる
→台を取って打っても平気

■お店に行ったら確変・時短中の台が空いてた
→とりあえずキープして様子を見る

基本的に確変中の台を開放するのはNGなので、バレなければ・・・という感じです。

店員さんの目や周囲の目が気になるなら座らないのが無難ですね。

まとめ:トラブルになることはあまりないです

まとめ:トラブルになることはあまりないです

というわけで守るべきルールとマナーをまとめておきます。

パチンコ屋のルール【共通】
パチンコ台を叩く・引っ張る・揺する・ぶん殴る

1パチの出玉を4パチに持っていく(逆もダメ!)

パチンコのハンドルから手を放して遊戯する

パチンコの交換率(換金率)を教えてもらう

パチンコ台の掛け持ち遊戯

会員カードの2枚持ち

パチンコ玉を拾って遊戯したり交換する

残高の残っているカードを拾って換金する

長時間出玉を置いて席を離れる

パチンコ屋のルール【店舗により異なる】
出玉を持っての台移動禁止

出玉の共有禁止

止め打ち・捻り打ちなどの禁止

勝ち勝ち君の使用禁止

遊技止め終了後に打つこと

紙巻きたばこの禁止

パチンコ屋のマナー(暗黙の了解)
隣の台をキョロキョロ見ない

人がやめた台を勢いよくとらない

パチンコ屋の分煙ボードはゆっくりしめる

データを見ている時に人が来たら一度その場から離れる

席が空いても液晶が回っていたら止まるまで待つ

確変や時短中の台が空いていたら状況を見極める

いろいろ守るべきルールがあるように思えますが、一言で言えば常識的なことを守るだけです。

他人や店員さんとのトラブルは金銭面以上の負担になることも多いので、上記のことに気を付けながら遊戯していきましょう。




パチンコ&スロットの二刀流で勝つための教科書を作りました

パチンコとスロットは理論で勝つものです

新型コロナウイルスによってパチンコ業界はかつてない苦境に立たされています。

営業自粛、世間からのバッシング、20年近く業界を見てきた僕でさえ『このまま滅ぶんじゃないか』と思うくらい厳しい状況です。

ただでさえ安定して勝つことができるのは1割と言われる中、一般ユーザーがホールに行っても、遊ぶことすら許されずに回収されるのがオチです。

そんな中、あなたに与えられた選択肢は3つです。

選択肢①:パチンコ業界はもう終わりだから足を洗う

選択肢②:負けてもいいから気分転換に稼働する

選択肢③:会社の収入も減収になって厳しいから勝ち組になる

僕はパチンコで破産した過去があるので、負けてまで稼働することに意味はないと思ってます。

ですので実質的にとるべき選択肢は①か③と考えていて、①に関しては僕も挑戦しましたが、やめようと思ってやめられるものでもありません。

すると残された選択は③しかなく、そのためには勝ち方を学ぶことが絶対に必要です。

パチンコもスロットも正しい知識を持って稼働すれば、その瞬間から負債を減らし、勝つ可能性をアップすることができるゲームです。

過去には1000万円以上の貯金を失ったという方もいましたが、その人ですら理論を身にまとえばすぐに収支は上昇曲線を描きました。

今の段階で勝ち方を学ぶことで、これから先に失うはずだったお金を手元に残し、さらにホールから資金を回収することも可能です。

以下に僕が15年以上かけて実践してきた勝ち方に関するノウハウや考え方、細かい実践テクニックを解説した教科書や動画をまとめたプレゼントを用意したので1度、手に取ってみてください。

あなたが業界がより一層厳しくなる中、安定した稼働を続けたいと思うなら、その状態の手助けになるはずです。

記事が役立ったらクリックしてね▼

6 件のコメント

  • おおっ。すばらしいですね
    期待値を追って勝ってるならそこに問題などないはずです
    マナーを守るとか基本中の基本ですからね
    他人に迷惑をかけたくはないです!

    • イベント時の軍団はマナーの悪い人もいたりしますからね。

      自分も昔はあんな感じだったのかなと考えると申し訳なくもなりますが、今からでもしっかりとしたルールを守って遊戯をしていきたいところです。

  • お初です。
    昨日、居心地のいいパチスロ屋(大型店)でパチンコの初打ちしました。
    データベース見て、右肩上がりのグラフを描いていたので打っていたら。
    左側の道釘(ワープ入り口より左側上)と右側の最初の三角地帯の右下の釘。
    これが玉つまりしました。
    右は3回ほど。危うくV入賞のカウントダウン状態になりかけました。
    左側は6回ほど玉つまりしました。

    これは写メ撮って、警察に通報してもいいレベルですか?

    この機種の島全体(別の同型でも玉つまりしましたので)で店側の釘調整がマイナス方向のやり過ぎですか?

    • こんばんは!

      正月にガッツリ回収する気満々なんでしょうね。

      玉が詰まるということは店側がお客にとって有利な方向に玉が流れて欲しくないということなので、そこまで頻発するなら写メを残しておくといいです。

      警察に通報した結果、どうなるのか僕には分かりませんが、いずれ釘が戻った時にその差を見れば開いたかが分かるのと、店がその場所を調整するということなので今後、台を見るときはその部分を見ればアケか閉めかが分かるかも知れません。

      いずれにしてもピンチをチャンスに変える視点を持ちつつ、我慢ならないなら通報もありかなと(笑)

      普通にメーカーから入ってきた時点でそこまで玉が詰まることはあり得ませんからね。

  • 落ちているコイン拾うのは、犯罪と書いてあるけど、元々台から盗む訳ではないので、落ちているコインは速やかに拾わなければならない!
    落ちているコインは、店のコインはありません!
    お客様のコインです!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUT US

    パチンコ&スロットの二刀流で2000万以上勝ち続けた元専業パパ。19歳に勝ち始めて以後、15年以上プラス収支継続中。とはいっても最初の1年間は負け続きで、稼働を始めた高校時代に100万以上の負債を負って引きこもりになるなど、勝ち組と負け組の両面を知る。現在はフリーランスとして活動しながらパチンコやスロットで勝ちたいと思う人に向けてブログやメルマガ、オンラインコミュニティで情報を発信しながら自由に暮らしてます。