パチンコ釘の読み方【永久保存版!】1,000万稼いだ元専業者が全部ぶっちゃけ!勝ちたいなら知っておくべき12の釘読みのテクニック!

さんパパ
こんにちは!

パチンコの釘なんてヘソ以外
どれも同じだと解釈して、
ヘソが開いてるのに回らないのは
遠隔だと信じていたさんパパです!

前回は出玉の計算方法について
解説をしました。

パチンコはスロットと違って
出玉が人によって異なるので、
メーカー発表値を信じてしまうと
期待値を積んでるのに勝てない!
なんてことになりがちです。

まずは自分の目で確かめること、
それが一番確実な方法なので
1度実践しておくといいでしょう。
↓↓↓

それでは今日の本題に移りますが、
あなたはパチンコを打つ際、
何を根拠に台を選びますか?

新しい機種、
好きな機種、
打ちたい機種、
一撃に期待できる機種、
技術介入が効く機種、
連チャンしそうな機種(笑)、

いろいろあると思います。

もし、あなたがパチンコで継続的に
勝ち続けたいと思うのであれば、
絶対に避けては通れない道の1つに
パチンコ釘の見方(読み方)があります。

そもそも
パチンコ釘には1つ1つに意味がある
ということを知っていますか?

パチンコで負けていた頃の僕は

釘なんて適当にぶっ差してるもの、
どの台も全部同じ調整にしてる、

と思ってました。

なぜならパチンコで勝つには
良い台(たくさん出る台)に座ることが
一番大事だと思ってたので・・・

でも、実際は全然違っていて、
パチンコの釘にはすごい法則性
あったんですよね。

パチンコ屋は釘の調整をすることで
お店側は利益を出しています。

これはパチンコが生まれたときから
今日まで一度も変わることのない
事実の1つ
です(ホントは違法なんですけど(爆))

パチンコはお店側が出さない!
決めた台で勝つことはできません。

どんなにスペックの甘い台でも
釘の調整が悪ければ一瞬にして
超ボッタクリ台へと生まれ変わります。

そしてこの事実はこれから先も
ずっと変わることはありません。

だからこそ1度、きちんと勉強して
釘の読み方を覚えてしまえば、
どんな台が出てきても迷うことなく
台の良し悪しを判断できるのです。

もし、あなたが

★パチンコの釘なんて全部同じでしょ!

★パチンコ規制で釘は勝ち負けに関係なくなった!

★パチンコの釘が見れても当たらなければ意味がない!

★そもそもパチンコなんて勝てるわけがない!

といったことを思っているなら
一度、パチンコ釘の読み方を
じっくりと学んでみてください。

間違いなく上記のようなイメージは
ガラッと変わってしまうと思います。

★パチンコ初心者勝ち方講座★
パチンコで勝つ知識(マインド)編
STEP1.誰もが納得!パチンコが勝てるたった1つの方法がシンプルすぎてヤバい
STEP2.パチンコ&スロットの期待値ってなんのこと?絶対に負けない常勝理論をぶっちゃけ!
STEP3.パチンコのイベント日を検索してお店が還元する部分を狙い打つ6つの方法とは?
STEP4.パチンコ初心者が絶対に読むべきパチンコ屋のルールとマナー18選!
パチンコで勝つ実践(テクニック)編
STEP5.パチンコのやり方 遊戯方法~現金交換までの流れを覚えておこう
STEP6.パチンコの交換率(換金率)の計算と立ち回り戦術までを5分で解説!
STEP7.パチンコの持ち玉って何?低換金店必勝の秘密はここにあった!
STEP8.パチンコの打ち方・止め打ち攻略!初心者でも超簡単な5つ方法まとめ
STEP9.パチンコの期待値計算ができません!大当たり出玉を計測する方法とは?
STEP10.パチンコ釘の読み方【永久保存版!】1,000万稼いだ元専業者が全部ぶっちゃけ!勝ちたいなら知っておくべき12の釘読みのテクニック!
STEP11.【瞬殺期待値計算方法!】1,000万稼いだパチンコ期待値計算方法がコレ!
STEP12.パチンコ収支管理から負け組を脱出するためにあなたが今やるべきこと
パチンカー【必読】人生未来予測&人生成功物語編(←NEW)
STEP13.パチンコで勝ち続けることの【超絶リスク】は知っておくべし
STEP14.人生にどんづまったパチプロが起死回生を求めて乗り込んだ次なるステージ
STEP15.パチンコでも仕事でも恋愛でも成功確率を10倍アップさせる唯一の方法
▼このページのもくじです▼

パチンコ釘調整禁止の影響は?

パチンコ釘読み禁止

パチンコ釘を覚える前に
1つ気になることがありますよね。

パチンコって釘の調整が禁止されているんじゃないの?
今更、パチンコの釘読みを覚えてもあまり意味がないと思うんだけど・・・

そう思う人もいると思います。

(実際にそういった質問を
いただいたりもしました)

でも、安心してください。

パチンコの釘調整は
今でもちゃんと行われています。

そもそもパチンコ規制は
警察が抜き打ちで検査した際、

本来入るべき場所に
玉がまったく入らなかった、

ということが問題だったわけで
釘調整自体は昔から黙認されていたのです。

表向きでは

パチンコの釘調整は禁止ですよ!

と叫ばれてはいますが、
個人的な意見としてそれはあり得ず、

これからもパチンコ釘の調整は
当たり前のように行われる

と思っています。

そうじゃないと店の出玉に
メリハリをつけて集客することが
出来なくなってしまいますから。

今は設定付きパチンコも出ていますが
結局、回らなければ人が座らないので
最後は釘を叩いて調整する
のです。

その代わり警察が抜き打ち検査に来た際、
入るべき場所にしっかり玉が入るなど
台の仕様に問題ないことが確認できる、
といったことが前提ですけどね。

ですので、ネット上に散乱している

釘調整できないならパチンコはもう勝てないよ

とか

パチンコの規制が厳しくなってもう勝てないね

といった情報を簡単に信じるのは
やめておきましょう。

前にもお話ししましたがパチンコって
9割の人は負けているのですから
ネット上にアップされるコメントの多くは
勝てない人が書き起こしているもの
です。

そういった人々の書き込みを信じて

あぁ、パチンコは勝てないんだな

とへこんでしまっているようでは
一生勝つことは無理です。

僕はネットの情報をあまり見ていませんが
パチンコが勝てなくなるとは思わないです。

理由は必要な時に必要な情報を取りだし、
稼働できるお店にいけばいいので。

間違っても毎日、スマホで機種解析や
業界情報を細かくチェックするなんて
ことはしていません。

それよりも勝つために必要な知識と
実践経験を1つ1つ積み重ねていった方が
100倍勝ちあがるのは早くなる
と思います。

自分を日々、成長させれば
今まで見えなかった何かに気がつき、
新たな扉(=立ち回り)が開かれ、
勝利への道が見えるでしょう。

すべての成功法則は突き詰めると
自己成長以外ないのです。

たかがパチンコの釘、
されどパチンコの釘。

ちょっと見方を変えてみるだけで
そこには新しい世界が広がっているのです。

ヘソが開いていても回らない

パチンコ釘の見方

さぁ、ここからパチンコの釘について
お話をしていきます。

繰り返しますが

パチンコの釘なんて全部同じでしょ?

と思ってるあなたは人生変わるので
何度も読んでください(マジです)

今、パチンコの釘を見ましょう
と言われたらどこの釘を見ますか?

おそらくほとんどの人が
ヘソ(命釘)を見ると思います。

ヘソとは

パチンコヘソ釘

ここの部分ですね。

基本的に通常時のパチンコは
ヘソに入れるゲーム
です。

大当たりを引くまではどれだけ少ないお金で
たくさんヘソに入れることができるを
ひたすら考え続けるのですが、そのためには

ヘソが大きく開いている台に
座ることが一番大事!

そう思っていませんか?

僕がパチンコで負けていた頃は
釘の読み方なんて全然知らなかったので
とにかくヘソの大きさばかり見ていました。

ヘソが開いてる=回る=勝てるでしょ!!!

そう思っていたからです。

ですが不思議なことに
ヘソはめちゃくちゃ
開いているのに、
全然回らない!!

といった台ばかりでした。

土日のパチンコ屋は混雑していて
まわりはたくさん出ているのに、
自分が座る台は全然回らずに
ひたすらお金が吸い込まれていく…。

さんパパ
なんで自分が座る台は
こんなにも回らないのだろうか?

さんパパ
どうしてみんなの台は
あんなに当たっているのだろうか?

さんパパ
店員がカメラで見ていて自分が座る台を出さないように遠隔操作でもしてるんじゃないのか?

本気でそう思ったこともあります。

でも、今思えばこの現象は
パチンコ屋のマジックだったんです。

別に僕が座る台だけ回らない、
というのではなく、
どの台も均等に回らないように
調整されていた
だけなんですよね。

パチンコは確率で成り立っているので
どんなに回らなくてもたくさんの人が
一度に遊戯をすれば必ず誰かが当たって、
そのうちの何台かは連チャンして
あたかも出ているように見えるのです。

それにすっかり騙された僕は

さんパパ
この台はヘソが開いてるからいい調整の台だ、
さんパパ
さっきの台はたまたま悪かっただけで、今度の台はよく回るはずだ!

そうやってひたすら台移動を繰り返し
100万円以上負けてしまったのです。

もし、あなたがこのような失敗を
経験したくないのであれば、
ヘソばかり見ていてはダメです。

なぜならパチンコはヘソ以外にも
たくさん見るべきポイントがあって、

ぶっちゃけた話をすれば、
ヘソが小さくても良く回る台は
数えきれないくらいある
のです。

いったいどういうことか?

気になりますよね?

これからちゃんと説明するので
ついてきてくださいね。

パチンコ玉は川の流れのように・・・

パチンコ釘の読み方

パチンコの釘を読むためには
一部のポイントだけを見るのではなく
全体を通してみることが大切です。

全体というのは先ほどお話しした
パチンコ釘1本1本に意味がある
ということです。

パチンコ台に釘1本1本を並べていくと
それはまるで川を流れる水のように
規則正しく玉は誘導されていく
のです。

パチンコって玉を打つと
上から下に落下していくのですが、もし、
1本も釘が刺さっていなかったら
どうなるでしょうか?

ポーンと打ち出した玉は役物に当たって
アウトに一直線ですよね(笑)

だから釘を上手く並べることで
パチンコ玉がヘソに流れたり、
流れないように調整されている
のです。

そして釘調整がいい台は
ヘソに向かう玉が多く(優良台)、

釘調整の悪い台は
ヘソに玉が向かわなくなり、

この調整はお店側の方針で
自由に変えることができてしまう
のです。

さぁ、それでは一度、頭を切り替えて
水が流れる場面を想像してみてください。

例えばってあると思いますが、
滝は水が上から下に落ちるから
滝って呼ばれているんです。

水は下から上に登ることはなく
どんどん上から下へと落下していきます。

水の流れも同じで
川に流れている水は
川の形にそって流れていきます。

今、次のような水の流れを示す
川があったとします。

パチンコ釘の見方

この川の場合、
上流から流れてくる水は
A方向とB方向へ均等に流れます。

もし、この川の水を
A方向にだけ流したければ、
B方向の入口を
せき止めればいい
ですよね。

パチンコ釘の見方

こういった調整にすることで
B方向には水が流れなくなります。

そしたら今度はB方向を
半分だけせき止めて見ましょう。

パチンコ釘の見方

こうすると基本的には
A方向に水は流れていきますが、

B方向にもチョロチョロと
水が流れていきますよね。

よろしいでしょうか?

今はパチンコの釘読みの話を
しているんですよ?

何かピンとこないですかね?

実はここまでの内容が理解できれば
パチンコの釘は読めたも同然なんですよ!

だってパチンコ玉の流れって
川に流れる水の流れと同じ
なので。

川の傾斜が変われば
水の流れが変わるように、
パチンコ釘の調整が変われば
玉の流れも変わる
のです。

あとはそれぞれのパーツが

ヘソに向かいやすいのか
ヘソに向かいにくいのか

このどちらに当てはまるのかを考えれば
勝手に答えは出てくるのです。

次はパチンコ釘の構成について
解説をしていきますが、
この記事を読むことであなたは
パチプロレベルの釘読みスキルを身につけ
パチンコ釘を調整することもできます。

ある釘構成にすれば利益を出せ、
それとは反対の構成にすれば還元できる、
この法則を知ることができるので
あとは法則に沿った台を見つけることに
時間を費やせば勝ち組はもう目の前です!

パチンコ釘の構成は全部同じ!!

パチンコ釘読み

早速、結論から話してしまいますが、
すべてのパチンコ釘は逆三角形を基本として
構成されているのです。

この事実を知っている人は
パチンカーの1割もいないはずです。

つまりたった1つの事実を知った
今、この瞬間にあなたは数百万人の
ライバルをごぼう抜きし、
勝ち組と呼ばれる1割へと
大きく前進したことになるのです。

僕は幼稚園の頃からずっと
パチンコ台を見てきましたが、
この事実を知ったのは
それから20年後くらいです。

初めて気がついたときは
うるさいホールの中にいながら
隣の人も驚くくらい大きな声を
出してしまう衝撃を受けた
ので
あなたもガチでビックリしてくださいね!

【スルー釘の読み方】

パチンコスルー釘の見方

これはパチンコのスルー部分の写真ですが
どこに逆三角形があるか分かりますか?

ヒントは川の流れを意識して、

どういう地形にしたら
スルーに玉が流れやすくなるか

を考えてみると答えに辿り着くはずです。

答えは下に書いてありますが、まずは
自分で見つける努力をしてくださいね。

答えを聞いてばかりでは記憶に残らず
勝ち続けることは難しいです。

どんなホール、場面においても
目の前に起こっている事実を分析し、
最善の策を打てるようになることこそ
半永久的に勝ち続けるための真実です。

誰のためでもない、
自分のために探しましょう。

パチンコ釘の見方

上の写真に赤線を入れてみました。 

スルー手前の釘が逆三角形
になっていますよね。

ここが先程お話した
A方向とB方向に分かれる
川の分岐になります

パチンコ釘の見方
★スルー釘を見るポイント★

スルーを通過させたい場合は
A方向の流れを強くすればいいので、
B方向をせき止めれば
スルーに通りやすくなりますよね。

逆にスルーに玉が行かないようにするには
A方向をせき止めればいいわけです。

パチンコではこのせき止める作業を
釘を叩くことで調整しています。

出玉をたくさん出したいときは
スルーを甘くして(優良台)、
出玉を回収したいときは
スルーを辛くして(ボッタクリ台)、
お店側は自由に利益を調整しているのです。

釘師になってパチンコ釘をぶったたこう!

実際に(頭の中で)釘を叩いて、
玉の流れるイメージを身につけましょう。

最初に釘を叩いていない場合は
こんな形になっているとします。

パチンコ釘の見方

A方向とB方向へ均等に流れる調整のことを
無調整と呼んでいます。

この場合、玉はACとBCの間を
同じ割合で通過していきます。

パチンコ釘の見方

それではここで釘を叩いて
どちらか一方をせき止めてみましょう。

今回の目的は
スルーを通りやすくすることにします。

そのためにはACの幅がBCより広くなれば
玉は必然的にAC(スルー)へ流れますね。

調整の例はいくつかあるのですが
一番分かりやすい例として・・・
C釘を右上に叩いてみましょう。

すると・・・

パチンコ釘の見方

BCの幅が狭くなると同時に
ACの幅が広くなります。

この時の玉の流れは・・・

パチンコ釘の見方

こういった形でAC(スルー方向)へ
流れやすくなりますね。

この調整のことを
プラス調整と呼んでいます。

逆にACを狭くしてBCを広くすれば
玉はスルーへ向かいにくくなり、
電サポ中に電チューが開かず
玉が減ってしまいます。

これをマイナス調整と呼びます。

パチンコ屋はこうやって釘を調整して
出玉を回収しながら経営しているのです。

あまり露骨な調整にすると
玉が全くヘソやスルーに向かわず
お客さんが離れてしまうので、
ある程度は玉が流れるような調整にして
遊ばせながら回収することが理想です。

それさえできればあとは

どれだけマイナス調整の台に
お客さんを呼び込めるか?

ということだけを考えて
イベントを開いたり、
芸能人を呼んでみたり、
きれいな店員を採用してみたりと
色んな手段を使ってお客さんを呼べば
絶対に赤字にならない店の出来あがりです。

こんな感じでパチンコの釘を見る時は、
玉をどの方向に流したいのか
常に考えることが重要なんです。

ACを通したいのに、
C釘がA方向にひん曲がった台を打っても
回るはずがないですよね。

お店が釘を調整ということは、
何かしらの理由が必ずあります。

経営が厳しくお金を回収したいなら
ヘソに届かない釘調整にするでしょうし、
逆にグランドオープンで
常連のお客さんを作りたいなら
ヘソに玉が向かいやすい調整のはずです。

もちろんスルーにも
玉が通りやすくなるでしょう。

だからグランドオープンのお店は
クルクル回る台が多いのです。

パチンコの釘を見る時は
ヘソだけをみるのではなく、

パチンコ台全体を見ながら
玉の流れるルートを想像して
どこに玉が流れやすくなっているか、

といったことを常に考えておけば
遊技台を選ぶことに迷ったとき
自分自身で答えを出すことがでるでしょう。

【永久保存!】パチンコ釘の読み方ラッシュ!

ばら釘・鎧釘・ワープ釘の読み方

さぁ、ここからは実際の機種を使って
各釘の見方と玉の流れをホールで具体的に
イメージできるようにしていきましょう。

まずは、ばら釘・鎧釘・ワープ釘について解説していきます。

パチンコばら釘・鎧釘・ワープ釘の読み方

ばら釘と鎧釘は総称で寄り釘
呼ばれたりもします。

簡単に言えば玉を左右に振り分けて、
ヘソに向かうか(右方向)死に玉になるか
(左方向)を調整する釘です。

ワープ入口の釘をワープ釘と呼びますが、
役割はワープに玉が入るかどうかを
調整する釘ですね。

ここの調整が良ければ
ワープに玉が通りやすくなって、
回転率の向上が期待できます。

【ばら釘の見方】

パチンコばら釘の読み方

多くの台がパチンコ玉を発射して
最初に到達するのがこの部分ですね。

先ほど書いた通りここの目的は
パチンコ玉を左右に散らして、
ヘソに向かう玉と死に玉を
ふるいにかける最初の段階
です。

まずは復習してみましょう。

ばら釘の逆三角形を探してみてください。

チクタクチクタク

チクタクチクタク・・・

チクタクチクタク・・・・・・

チーン

さぁ、見つかりましたか?

きちんと探すという作業をすることで
脳への定着度は何倍にも跳ね上がります。

分かったつもりにならず、
きちんと考えてくださいね!

パチンコばら釘の読み方

ばら釘には他にも逆三角形はありますが、
今回はこの3つの三角形に注目してみます。

ばら釘で重要なのは緑の線で引いた部分に
玉がこぼれ落ちないこと
です。

この部分はこぼしと呼ばれていて、
ここに落ちた玉はほぼ100%ヘソに向かわず、
死に玉になる
のでここは必ず確認します。

スルーを通過した玉はまず、
赤い逆三角形で左右に振り分けられます。

ここで左に向かう玉は
ワープに入る確率がゼロになり、
さらに死に玉となるこぼしを
2箇所も通過しないとヘソに到達しません。

ですので、赤い逆三角形のC釘(下の釘)は重要
になることが分かると思います。

もちろん、A釘(左上)が左向き、
B釘(右上)が左下を向いていると
AC間が広くなり左に流れやすくなるので
注意が必要です。

ばら釘は基本的に

へそ方向(右側)に流れていく調整はプラス、
左に流れればマイナス

と覚えておけばいいと思います。

それぞれの形を見て右に流れやすいのか、
左に流れやすいのかをチェックしてみてください。

パチンコばら釘の読み方

赤はプラス
緑はマイナス

スルー真下の釘の位置が重要
ということが分かればOKです。

【鎧釘の見方】

パチンコ鎧の読み方

鎧釘とは風車を含めた部分全体のことです。

ばら釘の時と同じように、
ここでも逆三角形を探してみてください。

ちょっと分かりにくいかも知れませんが、
風車も釘なんですね。

釘に風車を付けているイメージです。

それを踏まえて考えると・・・

パチンコ鎧の読み方

ここに逆三角形がありました。

ここでは玉を左右に振り分けますが、
当然左に行く玉は全て死に玉になるため、
右に玉を流したいわけです。

そのためにどうするかを考えてみましょう。

パチンコ鎧の読み方

釘の見方もそろそろ
分かってきたのではないでしょうか?

ここではマイナス調整のパターンを
3つほど載せておきました(上図)。

共通するのは

AC間とBC間、
どちらに流れやすいか(大きく開いているか)

です(左上釘A、右上釘B、風車釘C)

特にAとB釘が叩かれやすい傾向があるので、
そこに着目します。

A釘の場合は、
上か左に打たれるとマイナス調整
下か右に打たれるとプラス調整

一方、B釘の場合は
下か左に打たれるとマイナス調整
上か右に打たれるとプラス調整

そしてC釘(風車釘)は
右に打たれるとマイナス調整
左に打たれるとプラス調整

これが基本的な調整方法です。

ただし、

釘は1本だけ変えるわけではなく、
2本以上をセットで変える

場合もあったりします。

例えばA釘を上にあげてB釘を下に下げれば
AC間が大きく開くため、超マイナス調整に
なってしまいます。

もちろん逆パターンもあるのですが、
そういったお店は稀なので、基本的には
疑ってかかったほうが無難だと思います。

鎧釘がマイナスだと玉がヘソに向かわず、
回転率に大きな影響を及します。

叩いているお店も多い場所ですので、
打つ前に確認してみてください。

【~ちょっと休憩①~】

パチンコ鎧の読み方

上の写真はゲーセンで撮った
別の機種の寄り釘です。

どう見えますか?

A釘が下、B釘が上、C釘が左方向に
叩かれているのが分かると思います。

これは鬼プラス調整ですね(笑)

実際に打ってみましたが、
ほとんどの玉が右に流れていきました。

ゲーセンの釘はかなり露骨に
いじられていることが多いので、
釘を見る練習としてはオススメです。

【ワープ釘の見方】

パチンコワープ釘の読み方

どこが逆三角形かわかりますか?

ワープ入口しか見る場所がないので、
分かりやすいと思います。

パチンコワープ釘の読み方

   
いつも通り左上をA釘、
右上をB釘、下をC釘とすると、
この場合はBC間を通したいので、
ABが狭く、BCが広い台を探すのが理想です。

パチンコワープ釘の読み方

あえてマイナス調整を書いてあるのは、
実際のお店ではこういった台が多いから
です。

100発の玉がワープの入り口に絡んだ時、

80発が左に流れ、20発がワープに向かう、
90発が左に流れ、10発がワープに向かう、

といったように基本的には左に流れる調整
なっていると思うので確認してみてください。

ワープが大幅プラス調整!みたいな台は
あまり見たことがないので、
大きくマイナスになっていなければOK、
という感じで見れば大丈夫ですね。

【道釘の読み方】

パチンコ道釘の読み方

まず、道釘の場所ですが、
鎧釘で右に流れた場所にある、
道のように細長くなっている所全体
ですね。

写真を見ると道釘の間に3箇所、
穴が空いているのが分かると思います。
(こぼしと呼んだりします)

道釘で玉を回収する場合、
ここに落ちるような調整にしてあるので
それを見極めます。

が・・・!

その前にまず注目するのが
道釘1本目の釘!

パチンコ道釘の読み方

この釘をからめて三角形になっている
場所があるのですが分かりますか? 

パチンコ道釘の読み方

ここに三角形があるので、先ほど
赤丸を付けた釘が右に曲げられていると、
玉は風車との間を抜けて死に玉となります。

パチンコ道釘の読み方

ここは意外と知らない人が多く、
かつ、調整されていることも多いので
チェックしましょう。

【道釘のこぼしについて】

道釘には3箇所のこぼしがあります。
(釘は各2本の合計6本)

パチンコ道釘の読み方

A~Fまでの名前を付けましたが、
見方は同じで

左の釘(ACE)は左に向いていると
マイナス調整、

右の釘(BDF)は右に向いていると
マイナス調整、

になります。

イメージとしてはこのような感じ・・・

パチンコ道釘こぼし

ACEを赤、BDFを黄色で示した時、
赤は左向きでマイナス、
黄色は右向きでマイナス。

要するにここはこぼしの幅が狭ければOK
だと思えばいいです。

ボッタクリ店ほどこぼしの幅が
広くなっている傾向にあるので
確認してみてください。

【道釘の死角について】

道釘についてこれで終わりかと思いきや
実はもう一つ重要なポイントがあります。

それは・・・

段差です。

今、道釘のこぼしをさかいにして、
複数の釘を1つのグループとして
考えてみます。

パチンコ道段差

先ほどの道釘の絵と
若干違和感がありませんか?
(色が塗られているわけではありませんよ(笑))

絵の下にも書いてある通り、
それぞれ左側のグループより
右側のグループの釘が上がっていますよね?

そうなるとどうなりますか?

釘読みの一番最初で書いた
滝は上からしたに落ちます、
といった話がここで登場してきます。
(=パチンコ玉も上から下に落ちます)

パチンコ道釘の読み方

   
道釘を通った玉はこぼしをさかいに、
右上に登らなくてはいけません。

そうなると玉は本来の流れに
逆らう動きをする事になるので勢いを失い、
3箇所のこぼしで力尽きて落下することに
なります。

逆に右のグループの方が下がっている場合、
玉は勢いを失うことなく転がっていくので、
こぼしに落ちにくくヘソに向かいやすく
なります。

まとめると、

左のグループより右のグループの釘が
あきらかに上げてある調整だと
こぼしが狭くても落下する玉が多くなるので、
できるだけ無調整(各グループ釘は平行)
以上の台を見つけたい

ということになりますね。

【~ちょっと休憩②~】

道釘の段差を見るときは手元にあるポップ
(台の説明書)
を使うと分かりやすいです。

ポップを最初の道釘と平行になるように当て、
右側全体が上がっているか下がっているかを
見る感じです。

ポップがなければお金(お札)でもできますね

最近はやらなくなりましたけど、
最初のうちはよくやっていたので
分からない人はやってみてください。

【必見】ヘソ釘とジャンプ釘の見方

パチンコヘソとジャンプ釘の見方

さて、いよいよ皆さんお待ちかね?(笑)
パチンコのヘソ釘の見方について
解説していきます。

パチンコは釘調整1つでお店側の
思うままに利益を調整できることが
分かったでしょうか?

すべての釘は微妙に調整され、
それぞれの分岐点で確率によって
振り分けられています。

ヘソに向かう確率が60%なのか、
それとも30%なのかで回転率は
大きく左右され、お店はその確率を
釘調整によって実現し売上を期待値
(割数)によってあげています。

僕らプレイヤーの視点で考えると
できるだけ少ない投資で
たくさん回すことができれば、
結果としてお金を使わずに
大当たりをGETすることになるので
得られる利益も増加
していきます。

そのためにはパチンコ釘を読み解き、
より良い条件であなたを迎えてくれる
優良台をゲットすることが大切なんですね。

そして数々のポイントを乗り越え
やってきたヘソ釘の調整で回転率は
大きく変わってきますので、
この部分もしっかり押さえておきましょう。

パチンコ釘の見方

ヘソ釘とはヘソの上についている
2本の釘で命釘とも呼ばれます。

ほとんどの人はヘソの上に刺さっている
2本の釘が開いているほど良い、

といったイメージがあると思います。

確かにその通りなのですが、
実はヘソが開いてなくても
よく回る台が存在したり、
逆にヘソが大きく開いているように見えても
実際に打ってみると全く回らない台も
数えきれないほど多く存在
します。

その理由の1つにジャンプ釘という釘が
大きな役割を果たしています。

そして道釘を含めた
合計3本の釘で逆三角形を作り
玉の流れを決定しているのです。

パチンコ釘の見方

ヘソ周辺で注目すべきポイントとして
ヘソに玉が入るためには

釘と釘の間を通すのではなく
玉をジャンプさせて
命釘を乗り越えなければならない

ということです。

パチンコ釘の見方

つまり道釘をA、左側の命釘をB、
ジャンプ釘をCとすると、
通ってほしくない場所は
AC間とBC間となります。

(ヘソに入らないから)

スルーでは両サイドのどちらかに
玉を流すためにせき止めることを
していたのですが、
今回は玉を上に上げなくてはならないので、
注目すべきはジャンプ釘となります。

ジャンプ釘が下げられていると、
左側の命釘との間隔が広がり、
ヘソの入り口がかなり遠くなります。

すると流れてきた玉は左の命釘、
もしくはヘソの役物にぶつかって
BC間へどんどんと落下
してしまいます。

この現象こそが
ヘソが開いているのに回らない!
という摩訶不思議な現象を生み出す
1つのロジック
なのです。

パチンコ釘の見方

いくらヘソが大きく開いていても
ジャンプ釘が下に下げられていれば、
玉は下から上には登ることなく
落下をし続け回転数は伸びません。

でも、見た目には大きく開いたヘソが
ポッカリと口を開いているので、

さっきまで良く回っていたんだし、きっとまた回るようになるはず。

きっと大丈夫・・・

といいながらズルズル投資をして
気が付いたら3万負けしまっている
呪いの連鎖状態に陥るのです。

ヘソを見る時は大きさだけではなく
ジャンプ釘にも注目しておきましょう。

命釘は大きさと段差に注意!

ジャンプ釘の話をしたので
命釘の段差についても書いておきます。

命釘に段差があると回転率が落ちる原因
になることがあります。

パチンコ玉は左側から流れてくるので、
左側の釘の方が高くなっていると
回転率が落ちます。

パチンコ釘の見方

逆に右側の命釘が上がっていると、

パチンコ釘の見方

これらも玉の流れを考えると
納得できますよね。

パチンコの釘はパッと見ると
適当に並べられているように見えますが、
実はすべてにきちんと意味があるのです。

釘を見れるかどうかは

釘調整の事実を知っているか、
知らないかだけの差

だということを
理解しておいてください。

プロだから釘を読めるのではなく
本気で釘を読む気があるのか?
ということの方が100倍大事

ということですね。

【騙し釘について】

騙し釘とは

命釘が途中から捻じ曲げられていて、
パッと見はヘソが大きく見える釘調整

のことです。

パチンコ騙し釘の見方

釘が広いけど回らないといったお店は、
このような調整になっている可能性も
あるので注意が必要です。

ヘソの先端だけ開かせておき、
奥は小さいサイズになっているので
結局、ヘソの小さい台を打つのと
変わらない感じになります。

僕がこの調整法を知ったのは
そんな前ではないのですが、
初めて聞いたときはパチンコ釘の
奥深さに驚きましたね。

【~ちょっと休憩③~】

命釘は基本的に上げ調整がいいのですが、
上げすぎには注意が必要です。

パチンコヘソ釘の見方

上の写真はゲーセンで取った写真ですが、
ヘソが開いて超上げ調整でした。

さんパパ
おぉ!!さすが、ゲーセン、良釘台じゃん!

そう思って打ってみたら
全く回りませんでした(笑)

なんでだか分かりますか??

チクタクチクタク

チクタクチクタク・・・

チクタクチクタク・・・・・・

チーン(2回目)

理由は

道釘からヘソに玉が乗っからず、
多くの玉が命釘にぶつかって落下したから

です。

パチンコヘソ釘の読み方

ヘソ釘下の役物に玉がぶつかりまくって
みーーんな下にはじかれちゃいました。

こんな感じで玉の流れを見ながら
回る・回らないの理由を説明できれば、
ヘソが開いているのに回らない理由を
自己解決できたりします。

すると無駄な投資をする前にその台を離れ、
別の台に投資することができるので、
結果的に勝つことにもつねがっていきます。

でもそれを知らない人は

これだけヘソが開いてるんだから回るはず!

勘違いしてどんどんお金を
入れてしまうわけですね・・・。

ヘソが開いていても回らない
典型的な例の1つとして
覚えておくと良いでしょう。

【電サポ釘の読み方】

電サポ釘の読み方

電サポは上からとサイドの両方から
玉が流れ込んでくるので、
見るべきところはいくつかあります。

ポイントとして

道釘から電サポにかけてあるこぼしに
玉が落ちなければいい

わけです。

電サポ釘の読み方

もちろん段差もNGです。

電サポ釘の読み方

そして道釘を超えた
最後の部分だけ見ればOKです。

電サポ釘の読み方

赤の釘が左、黄色の釘が右を向いていると
マイナスとなり、玉は電サポに入らず
落下してしまうので気を付けましょう。

現行機種は電サポ入賞時の賞球が
少なくなっている(1発や2初)ので、
電サポ付近がマイナスになっていると
上皿の玉がガンガン減っていき
致命傷になることも少なくありません。

特に甘デジのような1日を通して
電サポ時間の多い機種
については
しっかり確認しておきましょう。

ボーダーを超えているからと言って
続行しても実は電サポ中に出玉が削られ、
期待値が思ったほど伸びていないことは
良くある話ですからね。

【アタッカー釘の見方】

最後にアタッカー付近の釘について
解説しておきますね。

それではラスト問題です。

アタッカー釘の読み方

逆三角形はどこにあるか分かりますか?

チクタクチクタク

チクタクチクタク・・・

チクタクチクタク・・・・・・

チーン(3回目)

アタッカー釘の読み方

ここに逆三角形がありますね。

アタッカーに向かう玉は
ヘソや電サポに入らなかったこぼれ玉や
道釘の途中で落下した玉が集まってきます。

そしてここでアタッカーに入らなければ
アウトに入ることが確定
するので、
ここも調整の良い台を選びたいところです。

見る場所が一か所しかないので、
釘の見方は今までと同じです。

アタッカー釘の読み方

アタッカーの場合は釘を1本曲げただけでは
出玉を削りにくいので2本以上をセットで
曲げてある場合も多いです。

また、海物語のような左右対称の
構成になっている台では右と左の
アタッカー釘によって調整が
違ったりすることもあるので
両方見る癖
をつけておきましょう。

いずれにしても見るべきところは
アタッカーへ入るための釘の間隔と
アウトに流れる釘の間隔を比較して、
どちらに玉が流れやすい調整になっているか
を確認することです。

海物語を打っている時、
右側のアタッカー釘が良ければ
大当たり中はハンドルを捻って
右打ちした方が出玉が多く
取れるかも知れませんからね。
(他の釘も見る必要はありますが)

どんな場所の釘でも玉の流れを意識する、
ということを忘れないようにしてください。

パチンコ釘の読み方【永久保存版!】1,000万稼いだ元専業者が全部ぶっちゃけ!勝ちたいなら知っておくべき12の釘読みのテクニック! まとめ

パチンコ釘の読み方まとめ

お疲れさまでした!

結構長い記事だったので
疲れてしまったかもしれませんが、
これで一通りのパチンコ釘の読み方を
マスターできたと思います。

最後にパチンコ釘の読み方についてまとめておくと・・・

パチンコ釘の読み方まとめ

〇パチンコ釘は適当に並べられているだのではなく1本1本に意味がある

〇パチンコ屋は釘調整をすることで利益を得ており、釘調整禁止になった現在(2017年8月末)においても普通に調整されている

〇パチンコ釘の調整の基本は逆三角形型であり、川の流れをイメージすればどちらに玉が流れるか簡単に理解することができる

〇ヘソが開いていても回らない理由は各ポイント(ばら釘・鎧釘・道釘等)においてヘソ方向に向かわない玉を増やすため、最終的に”100発打つと40発しかヘソに絡まない”といった形で回転率を下げていたりする(ヘソに絡めば高確率で回るのでムラが大きい)

〇お店で釘の見方が分からなくなったら自分で釘を叩いてみれば良く(頭の中で)、その時に重要なのはどういうルートをたどって玉が流れてほしいのかをイメージする

こうしたところを意識するといいでしょう。

パチンコはヘソが開いていれば
クルクル回るわけではなく、
パチンコ全体の調整で回転数や
出玉を調整していることが
分かってもらえたと思います。

ここに書いたのは本当に基礎の基礎で、
他にも見るべき部分はたくさんあります。

少しずつ釘を見る癖をつけていけば
自然と理解できるようになると思うので、
根気よく見続けてみてください!

おまけ ヘソが開いているのに回らないその他の理由とは?

最後にこの記事を読んだ
読者からいただいた質問と回答を
載せておくので参考にしてください。

さらに聞きたいことがあれば
お問い合わせフォームから連絡をください!

パチンコ釘の読み方が
とても印象的で
目からうろこが落ちました。

今までこんなに分かりやすく
釘の解説をしているサイトは
見たことがありませんでした!

そこで1つ質問なのですが
私の近くのお店は高換金率のお店が
多いのですがヘソが開いています。

これは20回程度回るだろうと思って
座ってみるのですが、ムラが多く、
全然回らないことも多いです。

これも釘の影響なのでしょうか?

もしよかったら教えてもらえると
嬉しいです。

さんパパ
質問ありがとうございます!

ヘソが開いているのに
回らなくなってします理由は
いくつか考えることができます。

①ばら釘が悪い
②寄り釘が悪い
③ワープ釘が悪い
④道釘が悪い
⑤ジャンプ釘が悪い
⑥騙し釘の可能性
⑦台の寝かせが悪い

パッと思い当たるだけでも
これだけの要素がでてきました。

実は僕の通っていたお店も
このパターンのお店があって、
ヘソだけはガッツリ開いてますが
まったく回らないんですよね。

ムラも激しくて1,000円で25回くらい
回ったりすることもあれば、
10回しか回らなかったり。

他の台もヘソが開いているので
カニ歩いて台移動をするのですが、
どれも同じ感じ。

で、気が付くとあっさり
1万2万負けてしまう・・・

みたいなことを繰り返していました。

それを打開するには
パチンコ玉の流れを意識し、

お店がどういう意図を持って
釘を調整しているのか?

ということまで
考えていく必要があります。

お店の経営方針を考える、
というイメージですかね。

ヘソが開いているのに回らない
事実が存在するということは
その結果を作っている原因
必ずあります。

そしてその原因を解決しない限り
ずっと同じ台に騙され続けてしまい
無駄なお金を垂れ流してしまう
のです。

今日、お話をした内容というのは
実は釘読みに関する基礎中の基礎で
本当はもっと細かく読むことができます。

例えばさっき例にあげた

ばら釘、
寄り釘、
ワープ釘、
道釘、
騙し釘・・・

といった各パーツ部分の釘を読んで
全体的な玉の流れを意識し、
なぜ回らないのかを考えれば
結果は出てくるのかなと思います。

※例えばヘソが開いているけど
ヘソに絡む玉が少なければ
回転率は低下してしまいます。

釘はお金を使わなくても
自由にみることができます。

知識と経験を積めば積むほど
無駄なお金を使わなくなり、
その節約したお金は
自分の利益となって戻ってきます。

釘読み1つ知っておけば
これから負けるはずだった
数万、数十万、あるいは
100万円以上のお金を失わずに
済むことも十分考えられます。

(というかそうなるはずです。)

パチンコで勝ち続けたいのであれば
釘読みについてはできるだけ細かく
理解しておくに越したことは
ありません。

大切なのは先入観に惑わされず
目の前で起きている事象の要素を
細かく分解し分析していくことです。

そしてその分析の結果が積み重なり
1つの答え(勝つか負けるか)を
決定していると僕は考えています。

まとめるとヘソが開いているけど
回らないのは店全体がヘソを広くし
他の釘をマイナスにしている
可能性が高いと思います。

寄り釘部分で玉がアウトに向かう
調整にされていないか?

バラ釘部分で玉がアウトに向かう
調整にされていないか?

そういった釘を確認しながら
ヘソに到達する玉の数にも
注目してみるといいのかなと
思います!

次回はパチンコで勝つための王道ルート、
期待値計算について解説していきますので
しっかりとついてきてくださいね!
↓↓↓

★パチンコ初心者勝ち方講座★
パチンコで勝つ知識(マインド)編
STEP1.誰もが納得!パチンコが勝てるたった1つの方法がシンプルすぎてヤバい
STEP2.パチンコ&スロットの期待値ってなんのこと?絶対に負けない常勝理論をぶっちゃけ!
STEP3.パチンコのイベント日を検索してお店が還元する部分を狙い打つ6つの方法とは?
STEP4.パチンコ初心者が絶対に読むべきパチンコ屋のルールとマナー18選!
パチンコで勝つ実践(テクニック)編
STEP5.パチンコのやり方 遊戯方法~現金交換までの流れを覚えておこう
STEP6.パチンコの交換率(換金率)の計算と立ち回り戦術までを5分で解説!
STEP7.パチンコの持ち玉って何?低換金店必勝の秘密はここにあった!
STEP8.パチンコの打ち方・止め打ち攻略!初心者でも超簡単な5つ方法まとめ
STEP9.パチンコの期待値計算ができません!大当たり出玉を計測する方法とは?
STEP10.パチンコ釘の読み方【永久保存版!】1,000万稼いだ元専業者が全部ぶっちゃけ!勝ちたいなら知っておくべき12の釘読みのテクニック!
STEP11.【瞬殺期待値計算方法!】1,000万稼いだパチンコ期待値計算方法がコレ!
STEP12.パチンコ収支管理から負け組を脱出するためにあなたが今やるべきこと
パチンカー【必読】人生未来予測&人生成功物語編(←NEW)
STEP13.パチンコで勝ち続けることの【超絶リスク】は知っておくべし
STEP14.人生にどんづまったパチプロが起死回生を求めて乗り込んだ次なるステージ
STEP15.パチンコでも仕事でも恋愛でも成功確率を10倍アップさせる唯一の方法

パチンコやスロットで月10万円稼ぐために才能なんて一切不要!

パチンコスロット勝つ

神アツ

パチンコやスロットで2,000万以上勝ち続けた
秘密を語った無料メルマガを発行しています。

登録していただくと10秒以内に
パチンコ&スロットで勝ち続ける
100ページに渡る勝つための教科書を
無料で差し上げています。

このレポートをきっかけに

■スロットを打ったことのない
初心者が2週間で13万稼いだり、

■同じくスロットを打ったことのない
初心者が初月から+25万を達成したり、

■パチンコで20万負けていた主婦の方が
2ヶ月で10万発の貯玉を貯めてみたり、

■Aタイプばかり打っていたサラリーマンが
立ち回りを改善して万枚突破したり、

といった実例が多数出ています。

論より証拠を示しましょう!

まずは下記のページを読んで
どんな内容が話されているのか
確認してみてください。

また、教科書を呼んだ読者の方からも
たくさん感想をいただいているので、
登録することが不安な人はそちらを
読んでから登録してみてください。

※登録は無料で役に立たなければ
3秒で配信解除できます。

安心してご登録ください^^

記事が役立ったらクリックしてね▼

2 件のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    パチンコ&スロット依存症患者のさんパパです。高校生で100万負け人生が破滅、大学生になり独学で勝ち方を学び、パチ&スロで2,000万以上勝ち現役引退。引退後は社蓄リーマンとして10年働き、仕事と育児の傍ら経営学を学び不労所得戦略を身につけ月収40万突破、まもなく脱サラ予定です。