パチンコ規制の更なる強化とその先の時代を生きるために必要なこと

Pocket

パチンコ規制の更なる強化とその先の時代を生きるために必要なこと

この前ヤフーニュースを見ていたら
こんな記事が載っていました。

警察庁は、パチンコの標準的な遊技時間(4時間)に客が得られるもうけの上限について、現行の十数万円から5万円を下回るよう出玉規制を強化する方針を固めた。

 スロットなどについても同水準に規制を強化する。もうけの上限を引き下げることで、負けた分を一度に取り戻そうとのめり込むリスクを減らすのが狙い。11日に風営法施行規則などの一部改正案を公表し、一般から意見を募る。

 カジノ解禁を柱とする統合型リゾート(IR)推進法が昨年12月に成立したのを受け、政府のギャンブル依存症対策の一環として実施する。

 警察庁によると、パチンコ依存問題の相談機関「リカバリーサポート・ネットワーク」に相談した人の約7割が、1カ月当たり5万円以上の損失を出していた。

 改正案では、遊技時間4時間でパチンコ玉の獲得総数が発射総数の1.5倍に満たないものとする新基準を設けた。現行の3分の2程度に規制を強化し、大当たりの出玉の上限も現行の2400個(9600円相当)から1500個(6000円相当)に引き下げる。

 パチンコ店の店長など管理者については、依存問題に関する従業員への指導・教育や客への情報提供などを、施行規則で定める業務に追加するなど規則の一部改正も行う。 

引用元パチンコ出玉規制強化へ=客のもうけ5万円以下に―ギャンブル依存症対策・警察庁

文面から想像すると4時間打つと最高でも
5万円しか勝てないスペックになるようです。

一撃性を減らしてパチンコの魅力を軽減しますから、
そんなにパチンコに熱中しないでね、

ということでしょうか。

パチンコは完全確率で成り立っているので
そこまで制御できない気がするのですが、
今話題になっている封入式と関係あるのか・・・。

どちらにしても”パチプロいじめ”が
加速していることは間違いなさそうです(笑)

パチンコの限界

パチンコの規制がどうなろうとも、
個人的にパチンコで勝ち続けるには
限界があると思っています。

というのもパチンコは稼げるパイ(範囲)が
1人1台+1日12時間程度と決まっているので、
稼げる金額の上限も自然と決まります。

具体的には時給2,000円の期待値であれば
1日最大でも25,000円程度しか稼ぐことができません。
(期待値での話、収支は度外視です)

しかも最近はそれすら難しいという・・・。

僕は子供のころからパチンコやスロットに
触れ続ける生活を続けてきたので、
今でも打ちに行くことは嫌いではありません。

むしろパチンコで稼ぐことを引退してからも
趣味で行くことは普通にあります。

昔みたいにお金を稼ぐことだけにこだわらず、
自分の趣味的に立ち回ってるところもあるので
やっぱり純粋に面白いですからね。

僕はパチンコやスロットが好きです(笑)

でも、それでずっと生きていけるかというと
それはまったくの別問題です。

そもそも僕らが現役の頃は”パチンコ業界の絶頂期”
ともいわれる時代で30兆円産業と言われていました。

連日お店の前には100人を超える長蛇の列ができ、
平日なのに仕事は??って人もたくさんいて、
どこのお店もイベント時は賑わいを見せていました。

しかし、スロットの5号機発表をきっかけに
業界は大きく衰退の方向へとたどり、
ついには20兆円をも下回る傾向に・・・。

更に今検討されている封入式パチンコや
今回のような出玉規制が立て続けに行われ、
当時に比べると稼ぐための労力のわりに
費用対効果が減っているなというのが本音です。

そしてこの傾向はこれからも当面続き、
パチンコで勝ちたいと思う人にとっては
厳しいものになっていくでしょう。

1つにこだわらず総合力で生きる時代が来ている

パチンコ規制の更なる強化とその先の時代を生きるために必要なこと

それでもパチンコ業界の人気は根強いようで、
こうして記事を更新すれば毎日数百人規模の
読者がブログを訪れてくれます。

なかには勝ち続けている人もいると思いますが、
やはり多くの人は負けているでしょう。

そんな人に伝えたいのはあまり1つの稼ぎ方
(=パチンコ)にこだわらず、その先の未来を
考えてみたらいいのにな
ってことです。

確かにパチンコで負けていると頭に血が上り
冷静な判断ができなくなる時があります。

でも、だいたいはお店の中のはなしであって、
家に帰って風呂にでも入ると落ち着くものです。

そんな時にでも一度考えてほしいのですが、
もし、パチンコで月100万勝ったらどうします?

もうパチンコやめますか??

たぶんやめられないと思いますよ。

むしろ俺にはパチプロの才能がある、
とか勘違いして余計にハマってしまうかも・・・。

確かにパチンコで勝てるようになれば
好きなものは買えるし、
時間があれば旅行にも行けるし、
彼女にプレゼントが買えるし、
コンサートに行くこともできるし、
憧れの留学も可能かもしれません。

でも、実際に勝てるようになると
ほとんどの人はそんなことをしません。

では、どうするのか??

毎日同じペースでパチンコに行くだけです。

同じ服を着て、
同じ靴を履いて、
同じ時間に並んで、
誰とも話さず狙い台に座り、
台にスマホとパンを用意して、
淡々とデータをスマホにメモして、
予想した期待値通りかどうかを確認して、
閉店が近くなったらやめ時を模索して、
近くのコンビニでささっと食事を済ませ、
夜も遅いので簡単に風呂に入って眠り、
また明日も同じ時間に起きてパチンコに行く。

そしてその10年後。

家庭を持ったあなたは毎日の仕事と家庭に時間を取られ、
パチンコで稼げるスキルをまったく生かせず、
毎日馬車馬のように労働に明け暮れるのです。

なぜ、そんなことが分かるかって?

それは僕自身が体験してきたことであり、
僕の周りの友人もみんなそうだからです。

誰一人、今、パチンコで勝ち続けて
人生ハッピーだよなんて人はいません。

パチンコは年齢とともに稼ぐことに限界が来ます。

今はそれに加えて規制という限界も来ています。

この機代を乗り越えたとしてもまた次の波がやってきて
不安になる日がやってくるでしょう。

家族はいらない、友人もいらない、
世間体もいらない、親の面倒も見ない
パチンコが人生のすべてだ!

というならいいですが、
普通の人であれば難しいでしょう。

個人的な意見を言えば
いつかは稼げなくなる不安と
次々にやってくる規制強化及び業界の衰退、

このような厳しい環境の中、
あえてパチンコで勝ち続けるという
嵐の中に突っ込まなくても、

現代社会がもらたす恩恵、
すわなちインターネットの世界は
パチンコに変わる収益源となります。

30代でのセミリタイアすら可能にした情報化社会

パチンコ規制の更なる強化とその先の時代を生きるために必要なこと

インターネットの出現は僕にとって
パチンコ以上に人生を変えたツールです。

電車やバスに乗ればみんなスマホを見ています。

老眼鏡をかけたおばあちゃんも
電話をかけるためにスマホを持っています。

大人だけではありません。

知り合いの子供は毎日Youtubeを見るため
夜の8時には食事・風呂・宿題を済ませ、
連夜1時間テレビの前に座っているそうです。

これからの時代、学校教育に関しても
インターネットを使ったオンライン教育が
どんどんと入ってくるでしょう。

インターネットは自宅に居ながら
外の世界とつながれる格好のツールです。

そして僕自身、パチンコで稼げなくなり
次の収入源を模索していたとき、
インターネットでビジネスを始めました。

ビジネスといっても名ばかりで
やったことはブログを書いたくらいです。

それくらいだったら仕事と子育ての合間でも
時間を見つけて作業することができたし、

そもそもコストがほとんどかからなかったので
パチンコで稼げなくなってもビジネスを始めるための
お金には困りませんでした。

もし、僕が結婚をせず、就職をせず、
ひたすらパチプロとして生きてきたら、

きっと今、これからどうしようといった
不安におびえて暮らす毎日だったと思います。

たぶん稼げるだろう、
何とかなるだろう、
俺はきっと大丈夫、

そういった思いでパチンコを打ち続けた結果、
時給数百円のアルバイトをしていたり、
体を壊してお先真っ暗だったかもしれません。

だからパチンコだけに頼っている人は
そろそろパチンコ以外の収益源を
見つけることも考えた方がいいと思います。

専業・副業問わずです。

専業の人はリスクが大きすぎるし、
副業の人は出世すればパチ屋に行けなくなります。

今パチンコで負けている人は
パチンコで勝てないから勝てるようになったら・・・

という気持ちはわかりますが、
じゃあいつになったら稼げるようになるのでしょう?

業界の縮小、規制強化、身の回りの環境、
どれをとっても稼げる要素がなくなっていくのに
ひたすらパチンコを打ち続けてしまう・・・

僕自身が体験してきたことなので、
当時の僕と似た思考を持っている人は
僕と同じ壁にぶつかるだろうなと思っています。

自分にネットビジネスは無理
決めつけてしまっている人も多いです。

確かにインターネットの世界をのぞいてみると
パチンコで勝つ方法を書いているものはたくさんありますが、
その後の世界を語っている人はほとんどいません。

みんなパチンコで勝つことにしか興味がないか、
それ以外に稼ぐ手段を持っていないのでしょう。

今はパソコン1台でサラリーマンの生涯年収を
20代のうちに稼ぎ、その後は働かずに暮らすという
ノマドライフを送ることができる時代です。

実は僕もそろそろ脱サラを考えていて
早ければ年内には仕事をやめようと思ってます。

住宅ローンを抱えた父親が
仕事をやめるんですよ?

残るのは借金だけです。

一昔前なら考えられないですよね?

でも、インターネットがあれば
それも可能になるのです。

たった1時間家に帰って作業を続けるだけで
40年以上朝から晩まで働き続ける生活から
脱却できるんです。

パチンコで勝つことよりも夢があると思います。

規制も何も関係ありません。

やればやるだけネット上に資産が貯まり、
あなたの口座にどんどん振り込まれていきます。

ってことで、パチンコで稼ぐことに
熱中しすぎてしまっている人は、

先ほど紹介したような業界ニュースによく目を通して
これからの未来を考えておきましょう。

業界は衰退するばかりなのでずっと不安を抱えていたら
自分だけではなく周りの人にも負のオーラが波及してしまいます。

パチンコで稼ぐ限界を知り、
その先の時代を生きる力を身につけましょう。

追伸.

自分で稼げるようになると
こんな形で報酬をあげることができます。

パチンコ未来1
パチンコ未来2
パチンコ未来3

ネットビジネスのいいところは
自分が何も作業しなくても、

自動で商品が売れて
勝手に報酬が発生することです。

僕なんかは副業で実践しているため
昼間はパソコンに向かうことができません。

パチンコであれば仕事中は100%
利益を出すことはできませんが、
ネットビジネスならそれも可能です。
(自動ですべてが完了するので)

インターネットが家庭に普及したことで
資金や人脈やスキルや学歴のない人でも
超大手に働くエリートサラリーマンを
ぶち抜くほどの利益を出すこともできます。

パチンコ規制であなたが悩んでいても
正直、個人ではどうすることもできません。

それだったら個人の頑張り次第で
はるかに結果の保証されている
ネットビジネスに参入した方が
人生で得られる期待値は高まります。

僕のメルマガではそういった
パチンコで稼ぐという域を越え、
常に時代の最先端のノウハウで
バブルを維持し続ける方法も公開してます。

すでに500人以上が参加され、
月10万円の不労所得を僕の指導のもと
作り上げた方もいます。

あなたもそういった世界を手にしたければ
ぜひ、メルマガに登録してみてください。

10年前には実現不可能だった
理想の世界を体感できることでしょう。
↓↓↓
自動で稼げる仕組みを構築してパチンコ規制に不安のない未来を実現する

Pocket

さんパパ
初心者から上級者まで必見!
ブログの要点だけを確認したい方は
▼こちらから一覧ページにジャンプできます^^▼


パチンコ記事まとめ一覧

さんパパ

月収10万を現実化させる10個のプレゼントを無料で配布してます!
続々と”稼げる自分”に成長する人が誕生しています^^
▼詳細は下記の画像をクリックしてください▼

パチンコメルマガ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

パチンコ&スロット依存症患者のさんパパです。高校生で100万負け人生が破滅、大学生になり独学で勝ち方を学び、パチ&スロで2,000万以上勝ち現役引退。引退後は社蓄リーマンとして10年働き、仕事と育児の傍ら経営学を学び不労所得戦略を身につけ月収40万突破、まもなく脱サラ予定です。