パチンコ依存症によって失われたもの&やめたくれもやめられない恐怖

Pocket

期待値もへったくれもなく
自らの感覚だけを頼りに
スロットを打ち続けた結果、

18年間かけて貯めた貯金は
みるみる減っていきました。

最初の頃は破産したことにすら気が付かず、
家にある貯金箱を片っ端から引っ張り出して
お金を捻出していましたが、

毎日万単位で負け続けていたので
そんなお金もすぐに尽きてしまいました。

それまで当たり前のようにあった
引き出しの中の貯金がすべてなくなり、

たった1ヶ月足らずで圧倒的貧困状態へと転落し、
精神的に追い込まれて行きました。

パチンコ破産して失われたもの

パチンコ依存症で失ったもの

友人との付き合いができなくなった

高校生ですから夜に飲みに行く
ということはありませんでしたが、
学校の帰りにガストやサイゼリアによって
時間を潰すことはよくありました。

食事をしても1,000円前後で済むのですが、
それすら払えない・・・。

友人には勉強すると言って
付き合いを断っていましたが、

もちろんそんなことはウソ
実際はパチ屋に行ってふらふらするだけです。

そして徐々友人との距離が開いていき・・・。

最後は連絡をもらえなくなりました・・・。

欲しいものが何も買えなくなった

友人との付き合いすらできないわけですから
自分の欲しい物なんて何も買えません。

携帯、ゲーム、洋服、家電、本、おかし、
小物、ネックレス、車、旅行、食事、香水・・・

お金がある時は欲しくないものでも、
実際、何も買えない状況におちいると
欲しいものがどんどんとでてきました。

もちろんすべてを我慢するしかなく、
そんなお金があったらパチンコに・・・・・・です。

彼女を作ることができなかった

高校生でしたからね。

まぁ、好意にしている方はいましたよ。

お付き合いできませんでしたけど。

結局、お金のない自分と付き合ったとしても、
相手を幸せにすることなんかできない、

そんなふうに思い込んでいました。

デートするお金もないし、
食事に行って支払ってあげることもできないし、
ディズニーランドに連れて行ってあげることもできない。

そして何より

彼女ができてもパチンコのイベントがあれば
そっちを優先してしまう

そんな精神状態でしたから。

お金がない

身だしなみが整えられない

自分に対して自信をなくす

一生一人で生きていく、
彼女なんていらない!

と自暴自棄になる・・・

こんな感じだったと思います。

パチンコのことが頭から離れなくなった

朝から晩までパチンコのことが
頭から離れなくなりました。

朝起きて、トイレに行って、通学中、学校の授業中、
食事中、風呂の中、布団の中、などなど、

頭に浮かぶのはスロットでカチ盛りしている姿や
パチンコで確変が連チャンして大勝ちした光景ばかり。

ドヤ顔しながら周りの常連の注目をあびる姿に
あこがれを抱いてました。

クソなプライドが邪魔してアルバイトができなかった

当時、母親から何度もバイトをしたら?
といったことを言われていました。

僕もこのままではマズイと思って
何度もバイトの求人雑誌に目を通しました。

でも、どうしても行動に移すことができません。

何故か??

過去のこととはいえ、今思い返しても
マジでクソだなって思いますが、

今更時給数百円のバイトをしても
負けたお金は取り返せない。

パチンコで一発当てるしかないんだ、

そんな思考が頭の中を常に巡回して
自分の行動にブレーキをかけていたんです。

普通に考えて100万くらいであれば
学生でも頑張れば取り返すことができるし、

何よりパチンコで取り返すことよりも
はるかに現実的です。

が・・・。

当時の僕には何を言ってもムダ。

せっかくのアドバイスも

どうせ俺にパチンコをやらせないために
バイトでもしろっていうんだろう。

といったひねくれ坊主的な考えで
まったく聞く耳を持たず。

人生のすべてをパチンコにささげていたと言っても
大げさではないほど洗脳されていたんです。

少しでもお金を持つと体がムズムズする

バイトをしないくせに小遣いくれ、
と平気で母親にお金をせびるのですから

どこまで性根が腐っているんだ、と
そろそろドン引きされそうですが、

これも実際に起こった出来事です。

高校生の頃は月5,000円の
お小遣いをもらってましたが、

そんな紙切れは10分、20分で
いつもパチ屋に消えてしまいました。

バイトもしてないわけですから
唯一の収入源が親からの小遣いです。

小遣いをもらう前は

今度小遣いをもらったら
絶対にパチンコに行かないで
お金を貯めるんだ!

そう心に誓うのですが、
実際に財布にお金が入った瞬間、

体の全身が徐々にムズムズしてきて
ちょっとだけ見に行ってみるか、
という感じでパチ屋へ。

んで、実際にお店をふらふらして・・・

この台なんか出そう。
よし、1,000円だけ打とう、

といって左手が上に上がっていくんです。

そして1度、玉貸しボタンをプッシュしたら
もう止まりません。

15分後に涙目で店を後にするのが
いつものパターンでした・・・。

見栄を張って地獄を見る

大学入学当初、なぜか1度だけ
飲み会に参加したことがありました。

たしか前日くらいにたまたま勝っていて
お金を持っていたからだと思います。

で、飲み会で僕が話すのは
決まってスロとパチの話。

みんな自分より知識のない人だから
自分の知ってることを話すだけですごく感心され
僕もいい気分になってどんどん語りだす。

で、調子に乗って勝った時の話ばっかりするから
みんなも僕が金持ってると勘違いして、

“そんに勝ってるならおごってよ”
“今日はさんパパのおごりだー”

となって断るに断れず、
なけなしの金をはたいたことも。

で、それを取り戻しにパチ屋に行けば
当然のように全額回収。

周りからは

“また飲みに行こう!”
“今日は勝ったの?”

と傷口を突かれまくり、
自分で自分を追い込んでいきました。

1,000円札がペリカに見えた

ペリカは半分ギャグですけど、
お金が紙切れ以外に見えなくなったのは本当です。

スロットって1回遊ぶのに
1,000円もかかるんですよ?

当時、僕が見たアルバイトの求人は
時給800円程度が相場だった気がします。

つまり1時間働いても
スロットを打つことができないんです。

そんな大金を僕はじゃぶじゃぶとつぎ込み、
2万負けた、3万負けたと騒いでいるんです。

3万円あったら何ができますか?

家族で温泉に行ったり、
彼女にプレゼントしたり、
小遣いで買えないものが買えたり、
ゲームソフトが何本も変えたり、

ちょっとしたぜいたくを
満喫できますよね。

そんな大金を僕は連日負けていたんです。

他に収入源がないのに。

もう完璧に金銭感覚は崩壊していました。

パチンコをやめたくてもやめられなかった

最後はこれです。

僕はどんなに負け続けても
パチンコとスロットがやめられませんでした。

高校を無一文で卒業した僕は
大学生になっても相変わらず負け続けました。

親には学業に専念するといいバイトはせず、
車の免許を取るために母親からもらったお金を
パチンコにつぎ込み何度もお金を催促しました。

たぶん普通の人の倍近く
教習代がかかっていたと思います。

もうパチンコはやめよう、
本気でアルバイトをしよう、
ちゃんと勉強していい会社に就職しよう、
大学生のうちに就職に役立つ資格を取ろう、
サークルに入って友人と一緒に思い出を作ろう、

パチンコで負けるたびに毎日そう思っていました。

でも、やめられませんでした・・・。

パチンコで負けた直後はやめると心に誓うのですが、
朝起きると変に強気な気持ちが出てくるんです。

今度こそ勝てるかもしれない・・・って。

で、またパチンコに行って負けて
涙目になって店を後にして、

自宅で黙って食事をして、
ふろに入って布団にもぐり、

そこでまたしくしく泣きながら
後悔することの繰り返しです。

今振り返ると同じことを繰り返し続けていた

成長しなければ勝てない

僕は高校3年生から大学1年生の1年間を
地獄の1年と表現しているのですが、
当時の暮らしを超簡単に書くとこんな感じ。

起きる

パチ屋

負ける

後悔する

もうやらないと思う

寝る

起きる

今日は勝てるかもと
謎の感情が沸き上がる

パチ屋に行く

負ける

金欠

もう絶対にやらないと決心する

引きこもる

家族に怪しまれる

学校に行くふりして
公園プラプラ

とりあえずパチ屋徘徊

今度はあの台を打つと決める

お金が手に入る

爆死

以後、365日ひたすら継続

これが僕の高校~大学1年に味わい、
死すら考えた地獄の1年間の暮らしぶりです。

結果として僕は勝ち組になることができましたが、
その道のりは決して平たんなものではなく、
人には言えない秘密がありました。

10年以上経った今だからこそ、
笑い話として語ることができますが、

当時は本当に腐った魚のような目をして
生気も抜けた状態で生きていたと思います。

何をやってもつまらなかったし、
夢中になれるものが本当になかったし、
人とかかわることも嫌で仕方なかったし、
何よりもお金の悩みが本当につらかった。

パチンコで負けてお金がないという理由だけで
ここまで苦しまなければならないのか

って人生ではじめてお金の怖さを知りました。

人が命を削って働いてお金を稼ぐ意味が
なんとなく分かったのもこの時期だったと思います。

お金が無くなってからはパチンコが怖くなり
パチンコに行きたいとすら思わなくなる時が
あったりもしました。

どうせ行っても勝てないんだから
今日はおとなしく家にいよう。

そう思っていても・・・

本当に不思議なんですけど、
やっぱり時間がたつと打ちに行ってしまうんです。

今度こそ勝ってやる!って。

はたから見れば“やめればいいじゃん”って
その一言で済ませてしまいそうですよね?

それは本人も十分わかっているんです。

でもやめられない。

それが本当でできないんですよ。

なんでか分かります?

パチンコ依存症だからです。

今でこそ人の行動は価値観に由来するものだと
ある程度、論理的に語ることができますが、
当時の僕にそれは到底無理な要求でした。

結局、ただただ時が流れるのを過ぎ、
何かのきっかけがなければひたすら
ダラダラと時間だけが過ぎていく、

そして有限である命が短くなること、
大切な家族や恋人や友人を失うこと、

自分の存在価値を見失い
生きる気力がなくなること、

返す当てのない借金だけが
どんどんと増えてしまうこと、

それがパチンコ依存症の真の怖さだと
僕は思ってます。

次回はパチンコ依存症で廃人化していた僕が
勝ち組へと登るきっかけについてお話しします。

今、どれだけ負けている人でも
きっかけ1つで人生を変えることはできます。

頭ごなしに”そんなことは無理“と否定すれば
それは確かに無理かもしれませんが、

そこに可能性を見つけ、
信じて前に歩み出すことで
未来を変えることは十分可能なのです。
↓↓↓
番外編 パチンコ依存症チェックリストでパチンコ依存症度を確認してみよう!へ続く

さんパパオリジナル!『本当にあったパチンコ依存症物語』
第1章【パチンコ依存症物語】たかがパチンコに人生を狂わされた高校生の話
第2章 パチンコ依存症になった原因は幼少期の頃の家庭環境だった?
第3章 パチンコ依存症で負け続けていた時の立ち回りは設定1の狙い撃ちだった
第4章 パチンコ依存症によって失われたもの&やめたくれもやめられない恐怖(今ココ)
【番外編】パチンコ依存症チェックリストでパチンコ依存症度を確認してみよう!
第5章 定期代としてもらった1万円をパチンコに・・・その選択が人生を変えた
第6章 パチンコ依存症をついに克服!?負け組からの脱出と訪れた夢の時間
第7章 パチンコ依存症の後遺症?漫画喫茶でカイジを読んでたら就職が決まった話
第8章 パチンコを打ち続けた代償がついに来た、そして夜逃げした友人・・・
第9章 念願のパチプロ生活がついに実現!24時間がなくなるからオール自由!
Pocket

さんパパ
初心者から上級者まで必見!
ブログの要点だけを確認したい方は
▼こちらから一覧ページにジャンプできます^^▼


パチンコ記事まとめ一覧

さんパパ

月収10万を現実化させる10個のプレゼントを無料で配布してます!
続々と”稼げる自分”に成長する人が誕生しています^^
▼詳細は下記の画像をクリックしてください▼

パチンコメルマガ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

パチンコ&スロット依存症患者のさんパパです。高校生で100万負け人生が破滅、大学生になり独学で勝ち方を学び、パチ&スロで2,000万以上勝ち現役引退。引退後は社蓄リーマンとして10年働き、仕事と育児の傍ら経営学を学び不労所得戦略を身につけ月収40万突破、まもなく脱サラ予定です。