パチンコ依存症になった原因は幼少期の頃の家庭環境だった?

Pocket

僕は18歳でパチンコ依存症になりました。

原因は幼稚園の頃から
親と一緒にパチ屋に行ってたからです。

小3の頃には目押しができました(爆)

スロットアニマル
©アークテクニコ

※人生で初めて目押しができたアニマル

僕がパチンコを始めたきっかけは
幼少期の家庭環境にありました。

僕の両親は若くして結婚したため、
経済的にあまり豊かな家庭ではありませんでした。

家は築20年以上の平屋でトイレは汲みとり式、
万が一トイレに落ちればう○この中で死ぬんだな
って何度もビビった記憶があります(笑)

お風呂は何故か壊れていて
生まれて10年間その家で過ごしましたが
1度も自宅のお風呂に入ったことがありません。

その代わり自宅から数メートル離れた同じ借家に
父親の両親と叔父が3人で暮らしていました。

両親は共働きだったため、
僕は学校が終わると祖父母の家に帰り、

そこで食事や風呂に入って
両親が帰宅すると家に帰って寝るのです。

が・・・

残念ながら学校が終わって自宅に帰っても、
祖父母の家には誰もいませんでした。

何故か???

はい、そうです。

ばあちゃんがパチンコに行っていたからです(笑)

飛行機の羽モノで野球ゲームをゲット

僕が子供の頃は大人5と暮らしていましたが
母親以外の4人はみんなパチンコ好きでした。

両親は共働きのため自宅にいるのは祖母だけでしたが、
家事が終わるとパチンコに行ってしまいます。

そのため学校が終わって家に帰っても誰もいないので、
僕は祖母が通うパチンコ屋にランドセルを背負って
帰るのが日課でした。

自宅の鍵は持たせてもらえませんでしたし、
友人にはその行動を知られたくなかったので、

途中まで友人と一緒に帰り、別れた後、
誰にもばれないようにパチンコ屋に向かいました。

パチンコ屋に着くと
コインロッカーにランドセルを放り投げ、
近くのゲーセンで遊んでいました。

遊ぶといってもお金は持っていなかったので、
ひたすらデモ画面のゲームを見ながら
時間を潰していただけです。

それでも楽しいこともありました。

ゲーセンには僕と同じ年くらいの子供が何人かいて、
頻繁に顔を合わせるうちに仲良くなりました。

調子に乗って近くあった公園にいって
夜遅くなるまで遊んでいると、

帰ろうと思って僕を探しに来た父親が
僕がいないことを心配し、

見つけた瞬間に鬼のような形相で
怒られたこともあります。

そんな家庭環境で育ったわけですから、
まぁ子供の頃からパチンコに興味を持ちますよね。

僕が初めてパチンコを打った記憶は
幼稚園の頃、真ん中に飛行機の役物がある
羽モノだったのを覚えています。

やり方はまわりの大人を見ていたので知っていたし、
当時は子供が出入りしても怒られたりしなかったので
良く祖母の隣で打っていました。

僕が人生で初めて交換した景品は
おもちゃの野球ゲームでした。

初めてのパチンコ景品

※イメージ図

ボタンを押すとボールが発射され、
それをバットで打つというシンプルなものでしたが、
めちゃくちゃうれしかったのを覚えています。

小学生の頃はファミコンやスーパーファミコンの
ゲームソフトを交換するのが楽しみでした(笑)

ゲーセンで競馬ゲームにハマって絡まれた相手がまさかのスロプロ

中学生になると部活で忙しくなり、
パチンコ屋に行く回数も減りました。

んが・・・。

残念なことに今度は新しくできた
ゲーセンに入り浸るようになったのです。

当時、ゲームセンターで爆発的な人気を誇っていたのが
スターホースという競走馬を育てるメダルゲーム。

小5くらい?でダービースタリオン
(通称ダビスタ)にハマり、

その影響もあって僕はこのゲームに
メロメロとなりました。

毎日部活→ゲーセン→部活→ゲーセン
という日々を繰り返していましたが、
実はこのゲームめっちゃお金がかかるんです。

競走馬を購入するのにメダル40枚、
レースに出走させるのに10~30枚、
食事や調教をさせるのもメダルが必要で、

1,000枚程度のメダルがあっても
1日でなくなってしまいます。

当時はまだ中学生だったので
メダルを買うお金もなかった僕は
メダルを増やすことを決断、

実際に当時合ったメダル落としゲームで
必勝法を見つけて5万枚くらいメダルを
貯めまくったんです。

すると当然、目立ちますよね。

毎日ゲーセンでドル箱抱えてるんですから(笑)

で、事件勃発。

ある日、かなりガタイのいい高校生くらいの兄ちゃん
2人組に絡まれました。

“兄ちゃん毎日メダル持ってるね~
少し譲ってくんないかな”

“え?何でですか。無理ですよ”

“いいじゃん、増やしたら返すから”

“どうやって増やすんですか??”

“お前、この台知ってるか??”

そう言われて目の前にあったのは
当時のスロット業界に旋風を巻き起こした
クランキ―コンドルだったのです。

パチンコ依存症になった原因は幼少期の頃の家庭環境だった?
©ユニバーサル

スロプロとの出会いで人生が変わる

“ちょっとメダルかしてみ”

そういうとその兄ちゃんは
勝手にスロットを打ち始めました。

僕としてはかなり腹立たしかったのですが、
抵抗すればぶん殴られそうだったので
とりあえずその場でじっと見ていました。

当時はスロットで勝てるという概念を
まだ持っていない時期だったので、

どうしてこの人はこんな台を打つんだろう、
これじゃあメダル減っちゃうよ、

そんな感じで考えていました。

しばらくして・・・

“お、入った”

と彼が一言発言した先にあったのは
上段青テンと呼ばれるリーチ目でした。

上段青テン

“何ですかこれ?”

“リーチ目だよ、
ほれ、ここに青7狙ってみ”

そう言われたので僕が青7を狙うと
あっさり7が揃いました。

“うわ、すごっ”

コンドルはここを狙って打つと
取りこぼしがなくて儲かるんだよ、

まぁ、今のはたまたまBIGだったけど
バケの時もあるからガッカリしないように(笑)

彼はドヤ顔で台の説明をしていましたが、
僕には何のことかさっぱり分からず。

BIGボーナスが終了すると
彼はクレジットボタンを押して
メダルを全部払いだしました。

そして再びメダルを入れ
1枚入れたり2枚入れたりしながら
よく分からない行動をとり始めました。

これ、何してるんですか??

設定判別だよ。
この台の設定が分かるんだ。

え??マジっすか。

ほら、これ見てみな。

そういって渡されたのは
雑誌の切り抜き記事でした。

そこにはクランキーコンドルの
設定判別に関する記述がされていて、

ある特定の手順を踏むと台の設定を
見抜くことができるというものでした。

あーこりゃー(設定)1かもな。
まぁ、ゲーセンなら仕方ないけど。

ほらよ、ちょっとは増えただろ。

そういうと彼は残ったメダルを僕に手渡し
どこかへ行ってしまいました。

スロプロに感激

カッコいい・・・。

絡まれたはずの僕は
すっかりその高校生にほれ込み、

スロットについての知識を
根掘り葉掘り聞きだしました。

すると彼はゲーセンの
すぐ近くのお店で稼働しており、

毎日1~2万円勝っては学校に行く、
という暮らしをしていると言っていました。

いわゆる学生スロッターであり、
当時の収入で月10~20万程度を稼ぎ、

財布はルイ・ヴィトンを使っていて
この人凄いな~って思いました。

僕は自分のメダルを全部あげるから
スロットで勝つ方法を教えて
とお願いしました。

すると彼は笑いながら
そんなもんタダで教えてやるよ
といって頻繁にゲーセンに来てくれたのです。
↓↓↓
第3章 パチンコ依存症で負け続けていた時の立ち回りは設定1の狙い撃ちだったへ続く

さんパパオリジナル!『本当にあったパチンコ依存症物語』
第1章【パチンコ依存症物語】たかがパチンコに人生を狂わされた高校生の話
第2章 パチンコ依存症になった原因は幼少期の頃の家庭環境だった?(今ココ)
第3章 パチンコ依存症で負け続けていた時の立ち回りは設定1の狙い撃ちだった
第4章 パチンコ依存症によって失われたもの&やめたくれもやめられない恐怖
【番外編】パチンコ依存症チェックリストでパチンコ依存症度を確認してみよう!
第5章 定期代としてもらった1万円をパチンコに・・・その選択が人生を変えた
第6章 パチンコ依存症をついに克服!?負け組からの脱出と訪れた夢の時間
第7章 パチンコ依存症の後遺症?漫画喫茶でカイジを読んでたら就職が決まった話
第8章 パチンコを打ち続けた代償がついに来た、そして夜逃げした友人・・・
第9章 念願のパチプロ生活がついに実現!24時間がなくなるからオール自由!
Pocket

さんパパ
初心者から上級者まで必見!
ブログの要点だけを確認したい方は
▼こちらから一覧ページにジャンプできます^^▼


パチンコ記事まとめ一覧

さんパパ

月収10万を現実化させる10個のプレゼントを無料で配布してます!
続々と”稼げる自分”に成長する人が誕生しています^^
▼詳細は下記の画像をクリックしてください▼

パチンコメルマガ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

パチンコ&スロット依存症患者のさんパパです。高校生で100万負け人生が破滅、大学生になり独学で勝ち方を学び、パチ&スロで2,000万以上勝ち現役引退。引退後は社蓄リーマンとして10年働き、仕事と育児の傍ら経営学を学び不労所得戦略を身につけ月収40万突破、まもなく脱サラ予定です。