年末年始のパチ屋は回収必至!?負けずに乗り切る4つのテクニック!

年末年始のパチ屋は回収必至!?負けずに乗り切る4つのテクニック!
Pocket

2016年も残すところ2週間を切り
パチンコ屋もいよいよ回収時期に
突入するころでしょうか。

ボーナスも出て、
長期休みもあって、
こたつでおせちを食べて、
パチ屋で負けて・・・

なんてことにならないには
一体どうしたらいいのか?

個人的な経験談をお話ししていきますね。

年末年始のパチ屋攻略 その1 回収営業前提で行くこと

年末年始は基本回収営業だと
思っておきましょう。

1年間働きまくったお父さんに
ようやく訪れるつかの間の休息。

外は寒く、旅行先は人ごみ、
高速に乗れば帰省ラッシュ、

あぁ、正月くらい
家でゆっくりしたい

それがサラリーマンパパの
本音なのです。

で、ふと財布に目をやると、
ボーナスをもらって万札がちらほら。

正月番組も飽きて
気軽に行くとこと言えば・・・。

そう、パチ屋。

今年最後の大勝負!

今年最初の運試し!

良し勝つぞ!!

って思いながらこたつを出て玄関を開け、
たくさんのお客さんがやってくるのです。

そんな人にお店側が
還元するのかと言えば…。

答えはノー

年末年始に来るほとんどの人は
一時的なお客さんです。

実家に帰省してきて
はるばる遠くから来た人もいるでしょう。

お店側からすると
いつもくる人には還元して
常連になってほしいけど、

単発的にしか来店しない人は
おもいっきり回収したいのです。

しかも負けているお客さんは
出ないお店ではなく行き慣れたお店、

遠いお店よりも近いお店に行きたがる
傾向があります。

いちいちほかの店をリサーチして
良い台を探しになんていかず、

とにかくパチンコに行って
当たるか当たらないか、
勝つか負けるかが大事で、

細かいノウハウやテクニックは
まったく気にしないのです。

で、あれば・・・。

そりゃお店は回収しますよ。

取れる時に取っておかないと
お店が潰れてしまいますからね。

実際、知り合いの店長に聞きましたが
年末年始、ゴールデンウィーク、
お盆時期はパチスロはベタピン
(全台設定1=つまり出ない)に
設定2を入れる程度だと言ってました。

もちろんお店によっては
あえて年末年始に出して、

お客さんを引き込むといった
戦略も可能ではあるのですが、

どこも経営が厳しい時代ですから
難しいと思っておいた方が無難です。

年末年始のパチ屋攻略 その2 出ているのは錯覚

パチンコ屋って人が多いと
どんなにキツキツの調整でも
出ているように見えるんですよ。

1島20台あったとして
その半分の台が箱を持ってれば

パット通路から見た人は
うわ、この店でてるなーっ
思ってしますからです。

でも、実際に打ってみると
1,000円で10回とか12回とかで、

ぜーんぜん回らない!
ってことがかなり多いです。

僕もパチンコで負けてる時は
この術中にはまっていて、

お客さんが誰もいないお店は
ボッタクリ店だと思ってました。

そして業界No.1のブランド力を持つ
某お店はいつも満席だったので
あの店はいつも出ている、
と思い込んでしまったのです。

もし、あなたがパチンコで勝てず
年末年始にパチンコを打ちたいなら、

お店の出玉には目をくれない方が
賢明な判断ができます。

出玉=出ている、ではなく
出玉=人が多いだけ、です。

これを間違えると
超ボッタクリホールの中、

何で自分だけ出ないのだろ、

何で自分の打つ台は
こんなに回らないのだろう、

そういった疑問を抱え続けながら
無駄なお金をじゃぶじゃぶ失います。

年末年始のパチ屋攻略 その3 交換率を落として負けないことを徹底する

先ほどお話ししたように
年末年始のパチ屋は回収が基本で、

交換率があがるほど
その影響は大きくなります。

個人的な経験則ですが
年末年始に等価のお店で
パチンコを打った記憶はない
です。
(遊びでならあったかも??)

僕はもともと高換金の店より
低換金のお店が好きなので
出ないと思い込んでいたのもありますが、

それでもスロットを打ちながら島の状況を
のぞいたことは何度もあります。

が、打った記憶はありません。

もちろん絶対ではないですよ。

もしかしたら等価のお店にも
いい台があるかも知れません。

でも、パチンコで勝つのに
『かも』とか『もし』とかはいらないんです。

『この台は勝てる』
断言することが必要です。

それが年末年始の高換率店では
ものすごく見つけにくいということです。

僕ができるアドバイスとしては
とにかく負けないことを意識すること。

何も考えず近くの等価店に行き
勝てたらいいなーって気持ちで打つと
97%返り討ちにあいます。

3%くらいの確率でオスイチで当たって
誤爆する可能性があるので、
97%と言ってみましたが(笑)

あなたがやるべきことは
そんな奇跡を望むのではなく、

できる限り負けを少なくするため
覚悟を決めて交換率を落とし、

換金ギャップで利益を取って経営している
お店を狙うのがセオリーとなります。

もちろん低換金点でも
ボッタクリホールはたくさんありますが、

相対的に見て等価の店より調整が甘く
勝負しやすい台にたどり着く可能性は高くなります。

年末年始のパチ屋攻略 その4 グランドオープン狙い

12月はパチンコ屋の新規オープンが
多い時期でもあります。

今なネットがあるのでスマホでググればすぐに
グランドオープンの情報がすぐに分かります。
↓↓↓
パチンコグランドオープン情報

グランドオープンは新装開店とは違い、
その地域でこれから営業していくため
新規のお客さんを集めることが
大きな目標となります。

そのため最初は嫌でも甘い調整にし
お客さんにいいお店だと認識してもらう
必要が出てくるので、釘は甘いです。

僕も何度かグランドオープンのお店に
繰り出したことがありますが、

台に座れればある程度の期待値は
出せるような調整が多い印象はあります。

台に座れれば・・・ね。

実はこのグランドオープン戦略、
一見、甘いように見えて実は超激戦
台に座るのも一苦労。

先ほど言ったように年末年始は
基本的に回収営業です。

そんな時期に
うちはこれから頑張ります!
どんどん出しますよー!!

ってお店があったら
それはみんな行きますよね。

みんなが集まるとどうなるかというと
当然台に座れない人も出てきて、

通路に人がウヨウヨしはじめて
カイジの沼状態になり
パチンコどころではなくなるのです。

しかもグランドオープンとは言え
回収台もそれなりにあるので、

そういう台が何人かコロコロ変わるだけで
良い台はほとんど最初に座った人が粘ってします。

なのでグランドオープンと言っても
①台に座れればラッキー
②その台が良く回ればラッキー

といった感じで考えておくべきです。

年末年始のパチ屋攻略 まとめ

ネットでもたくさん出ていると思いますが
やはり年末年始のパチ屋は回収必至です。

行楽地のホテルや旅館の値段を
見たことがありますか?

ああいう場所って年末年始やお盆などの
長期連休の時だけ値段が高くなっているんです。

それは放っておいてもお客さんが
どんどんやってくるからなんですよ。

逆に仕事の休みが少ない6月とかは
ホテルもガラガラの場所が多いので
値段が安かったりします。

パチ屋もそういった場所と同じように
人が集まるときはお金をかき集めて、

お客さんが少ない時は
ある程度還元するようにしている、

そう考えるとつじつまが合いますよね。

年末休暇までもう少しですが
パチンコに行く予定があるのであれば、

とりあえず無料プレゼントを読みながら
作戦を立ててみてください。

今からでも十分、
パチンコで負けない知識を
身につけることができますので^^
↓↓↓
たった4日でパチンコで負けない知識を手に入れる

Pocket

さんパパ
初心者から上級者まで必見!
ブログの要点だけを確認したい方は
▼こちらから一覧ページにジャンプできます^^▼


パチンコ記事まとめ一覧

さんパパ

月収10万を現実化させる10個のプレゼントを無料で配布してます!
続々と”稼げる自分”に成長する人が誕生しています^^
▼詳細は下記の画像をクリックしてください▼

パチンコメルマガ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

パチンコ&スロット依存症患者のさんパパです。高校生で100万負け人生が破滅、大学生になり独学で勝ち方を学び、パチ&スロで2,000万以上勝ち現役引退。引退後は社蓄リーマンとして10年働き、仕事と育児の傍ら経営学を学び不労所得戦略を身につけ月収40万突破、まもなく脱サラ予定です。