パチンコ依存症の後遺症?漫画喫茶でカイジを読んでたら就職が決まった話

Pocket

腹をくくってスロットの勉強をした僕は
圧倒的な速さで勝ち組へと駆け上り、

気が付けばたった半年で車を購入し
あちこちを駆け回りながら
自由奔放な暮らしをしていました。

大学には勉強しに行っているというよりも
世間体を保つために通っている感じで、

朝、スロットに行って打つ台がなければ
暇つぶしに学校に行っていました。

数時間学校に滞在した後は再びお店に戻り、
育った狙い台を物色しながらハイエナ活動、

毎日朝と夕方に稼働しながら
月30万~50万くらいを稼ぐ暮らしが
およそ3年半にわたって続いていました。

迫りくる不安・・・。再び狂い始めた歯車

大学4年生を迎えた頃、
僕はある不安を持っていました。

それは大学を卒業するということです。

卒業するということは就職を意味し、
就職ということは自由を失うことを意味します。

自由を失えば当然稼働できなくなり、
パチ・スロで稼ぐことも不可能です。

そしてどれだけパチスロでお金を稼いでも、
大学を卒業してしまえばニートです。

僕はニートでも人生楽しければいいじゃん、
そういった考え方をしていたのですが、

大学の学費は親に払ってもらっていたし、
世間的にもそれはまずかろうと思ってました。

最悪、学費は自分で支払うことができたので
金銭的な不安はなかったのですが、

親族は僕が4年生大学に入ったこともあり
就職はどうなったんだと聞かれることが
たびたび増えてきました。

有名学校ではないですが
一応、4年生大学を卒業していたので、
就職先についてはいくつか候補がありました。

ゼミの友人も毎日のように就職相談センター
(学校の敷地内にある)へと足を運び、

進路相談の先生と一緒になって就職先を絞り
せわしなく就職活動をしています。

昨日はどこどこの面接に行った、
来週は本命会社の面接だから緊張する、

大手企業の内定をもらっているけど
もう少ししっかり活動するつもり、

自分は3年の頃から就活してきたから
もう行く場所は決まってる、

そんな会話が友人の会話としてあがる中、
肝心の僕はというと・・・。

大学4年の夏休みを目前に控えても
就活すらせずパチンコを打っていました。

構内にある就職相談センターには
1度も顔を出したことがありません。

就活?うーん、もう少ししてからかな。
まぁ、何とかなるっしょ。

周りから何を言われても聞く耳持たず、
ひたすら現実から目を背けていました。

そんなある日。

いつものように稼働を終えた僕が
帰宅しようとすると、

一緒に稼働していた友人が
就活したいから漫画喫茶に付き合ってよ、

と誘ってきたのです。

最初、彼が何を言っているのか
さっぱり意味が分かりませんでした。

は??満喫でどうやって就活すんの?

リクナビってやつがあるんだよ。
そこに登録すると就活できるんだって。

リクナビ?聞いたことあるかも。
満喫でもできんだ?

パソコンがあればいいみたいよ。

そっか、まぁ、俺もカイジ読みたいし付き合うよ

ってな感じで僕は彼と一緒に
漫画喫茶に行くことになったのです。

この誘いがのちの僕の人生を
さらに思わぬ方向へと導くことも知らずに・・・。

1人で行くの嫌だから一緒に行ってくんない?

漫画喫茶に着いた僕は早速リクライニング席に座って
お目当てのカイジを読み始めました。

まだちゃんと読んだことがなくて
1巻のエスポワールからニコニコしながら

ドリンクバーの飲み物を目の前において
くつろぎタイム。

も・・・、

稼働の疲れからかすぐに爆睡(笑)

結局、カイジをほとんど読むことなく
眠ってしまった僕を誰かが起こすではありませんか。

そう、僕を満喫に誘った友人です。

ん?どした?もう朝だっけ?
並びに行くか?

この頃の僕らの生活は起きたらパチ屋に行き、
ツモれなければ一旦帰宅して、

閉店近くにパチ屋に再集合して
翌日の狙い台チェックをした後に会合、

というのがお決まりのパターンだったので
“朝起きる=並ぶ”ということが本能として
体内にインプットされていたのです(笑)

いや、いまさぁ、リクナビに登録して
会社説明会の予約をしたんだけど、
1人で行くの嫌だから一緒に行ってくんない?

はぁ?なんで俺が行かなきゃならないの?
めんどくさいからやだよ。

いいーじゃん。
お前も興味ある業界だぜ?

どこよそれ。

〇〇業界

マジか(笑)

あー、うん。じゃあいいよ。
のり打ちするよ(笑)どうやって登録すんの?

ってな感じで半分寝ぼけながら
彼に言われるがまま僕はリクナビに登録し、

会社名すらまともに知らない
会社の説明会へと行くのでした。

マジではめられた?会場貸切に苦笑い・・・

会社説明会当日。

実は僕、ちょっと前に学校で開かれた就職説明会で
別の企業から内定をもらってました。

あまりに就活をしない僕を見かねたゼミの友人が
この説明会には絶対に行った方がいい!

とごり押ししてきたので、
話のネタに顔を出してみることにしました。

母親と一緒にイオンにあるテナントで買った
ほとんど新品同様のリクルートスーツを来て、

○時ごろにはパチンコに行けるな、
そう思って自宅を出ました。

会場について5分も立たないうちに
あまりの熱気に嫌気がさし、
もう帰ろうかなーと外に出てしまったんです。

でも何か見ないと就活してるふりすらできないので
意を決して会場に戻っていろんなブースを見ていました。

だけど、どこのブースを見てもそこにいるのは
スーツを着た就活生ばかり。

ノートとペンをもって必死に話を聞いてメモを取り、
笑顔でうなずきながら話を聞いています。

僕もその場に加われればよかったのですが、
既にスタートの段階から出遅れた僕は
話をまともに聞くことすらできず
ただひたすらウロウロとさまよっていました。

そんな時、あるブースの担当者が
僕に声をかけてきました。

パッとる振り向くと綺麗な女性の方が
僕の方を見ていたんです。

就活
※写真はイメージです

あ、どうもこんにちは。

こんにちは!
どこかのブースのぞいてみましたか?

いや、まだ来たばかりで。

そうなんですか!もしよかったら
うちのブースも見ていってください。

こちらにどうぞ^^

そう言われるがままブースに案内され
椅子に座った僕はそのまま会社の説明を受けました。

時折スーッと流れる風と一緒に漂う
大人の女性の香水の匂いに癒されながら、

僕は就活しているネタができたと思いつつ、
どんな会社なんだろうと話を聞いていました。

そして気が付けば1時間近くその人と会話をし、

さんパパさんはうちの業界にピッタリですよ!
一度うちの会社に来てみませんか?

といった話になり、そのままトントン拍子で
内定が決まってしまったのです。

今だからぶっちゃけてしまうと
興味があったのは会社よりも
この女性の方だったんですが(笑)

そんな経緯があり、
僕はすでに内定をもらっている会社に
お世話になることを決めていたので、

友人と一緒に説明会に参加するだけして、
次の面接にはいかないつもりでした。

友人も最初だけ来てくれればそれでいい
ということだったので、

旅行気分でパチやスロの話しをしながら
電車に揺られて面接会場に行きました。

で、着いた場所というのがすごかった。

高いの駅近くの高層ビルの一室で
ここは結婚式場なのか?というくらい
高級感があふれていて、

僕ら一般庶民はとてもじゃないけれど
縁のなさそうな空間。

ホントにここなのか?
何か、すごい場所じゃないか?

いや、俺もそう思って場所を見てるんだけど
やっぱりここなんだよ、ホラ。

二人でホテルの名前と説明会場を確認し、
少し早いので近くのパチ屋で時間つぶし。

今考えればもし、パチ屋にいるところを見られたら
それだけで一発アウトのような気がするのですが、
まぁ、そのあたりを気にする僕らではありませんでした。

そしていよいよ会社説明回に乗り込むわけですが、
1つだけ気になることがありました。

そう、僕ら以外に人のいる気配がないんです

普通、会社説明会の場所であれば
もっと人気があるはずなのですが、
本当にだーれもいない。

もしかして時間を間違えた?

いや、この時間であってるよ。

とりあえず行くしかないべ。

そう二人で話しながらエレベーター乗り込み
案内に書かれたフロアに辿り着くと・・・

そこにはたしかに〇〇会社
会社説明会場のような案内がありました。

エレベーターを降り少し歩くと
僕らと同い年くらいの女性の方が
こんにちは、と声をかけてきました。

あ、どうも。こんにちは。

会社説明会ですか?

あ、はいそうです。

〇〇さんとさんパパさんですね?
お待ちしていました、そちらの席にどうぞ^^

(あれ、この人なんで俺らの名前分かるんだ?
たくさん人がいるはずなのに・・・)

そんな疑問をいだきながら通された部屋には
3人くらいの若い男性が立っていて、

たくさん並べられた机の上に
2枚だけパンフレットが置かれていました。

ゴットフリーズ

完全にフリーズする僕。

隣では友人もフリーズ。

(お前、マジでいい勘してるよ・・・。
俺を誘わなかったらお前1人だったじゃん)

そう、心の中でつぶやきながら
席に座って説明を受ける僕と友人。

今更じたばたしても仕方がないので
とにかく説明だけはしっかり聞こうと
ノートを取り出してメモを始めたのです。

絶対に断れない次へのステップ

会社説明は少し偉そうな男性が映像を使いながら
とても分かりやすく説明してくれました。

福利厚生もあって無借金経営で、
潰れる心配もないと言っていました。

僕はすでに内定が決まっていたのもあり、
次へのステップは断るつもりでいました。

んが!!!

これも彼らの作戦だったのでしょうか?

今日は人数も少ないし
ざっくばらんにいきましょう!

みたいな感じで急に世間話がはじまり
僕らとの会話が盛り上がったんです。

話しを聞くと僕らの1つ2つ上で
入社1年目、2年目とかの先輩でした。

自分たちと年齢が近い方が
就活生にとっても親しみやすい、
という会社の方針だったようです。

彼らは実際に去年就活をした時の事、
会社に入社してよかったこと、
想像と違っていたこと、
社会人になって変わったことなど、

途中、若干の下ネタもはさみながら
たくさん話してくれました。

そして会話はどんどん盛り上がり、
話題は今後のスケジュールについて。

今日は遠いところまで
ありがとうございました。

これからの予定になりますが、
次回は〇〇会場で筆記試験となっています。

日付は〇月〇日となっていて、
こことは違う会場になりますので
間違えないように気を付けてくださいね。
(というか受けますよね?って小さく聞かれた)

以上です、何か質問はありますか??

うへ??

断る選択肢ないの???

えーマジで困るんだけど・・・。

って思いながら隣を見ると
友人もこっちを見て苦笑い。

あー、でも、今更断るとかできないし、
まぁ、筆記試験を適当に受けて落ちるか。

そう考えた僕はたくさんの案内をもらって
会場を後にするのでした。

そして帰りの電車にて・・・

つーか、なんだよあれ!
俺らしかいなかったじゃんか(笑)

わりー、さすがに俺もビビった。

今回はたまたま他に人がいなかった、
って言ってたけどホントなのかな?

いや、分からない・・・。

話しを聞く限りだとよさそうな会社だけど
今更二次に行かないとか無理だよなー。

たしかに、あれは断れないわ。

とりあえず試験は受けるけど、
ほどほどにやって落ちるからな。

おう、分かったわ。

と、まぁ、こうして僕ら2人だけの
会社説明会は幕を閉じたのでした。

筆記試験に臨んだそれからの展開は?

で、気になるのは
その後の展開ですよね?

何の勉強もせずに筆記試験に向かった僕は
もちろんテストが何もできず・・・

の予定だったのですが、
あまりにも簡単すぎるテストに拍子抜けし
あろうことかすべてに答を書いて合格。

そのまま面接会場に移動させられ
スーツ姿のおじさんと面接。

すごく気さくな人で僕も調子よく話し、
この面接も余裕のパス。

で、いよいよ最終面接。

友人も当然ながら残っていて、
僕らは揃って面接会場に行きました。

先に最終面接を受けたのは友人でしたが
予定していた時刻よりもずいぶん短く、
さっぱりした顔で出てきました。

あぁ、いい出来だったんだな
彼の顔から推測するのは容易でしたが、
自分としては微妙な感じでした。

なぜなら自分は1つ、
内定をもらった企業があったから。

今更こっちが受かったのでごめんなさい
ということに悩んでいたのです。

だからと言って今更最終面接を辞退する、
なんてことができるはずもありません。

そんな心の葛藤を受けながら
僕は最終面接の扉を開いたのです。

面接の前から合格は決まっていた?

トントントン。

はーい。どうぞ。

失礼いたします。

本命企業でないにしても
最終面接はやはり緊張します。

扉を開けるとそこにいたのは
いかにもお金持ちのような重役さんでした。

はい、こんちわ。

どうぞどうそ、座って。

はい、失礼します。

まぁ、まぁ、そんな堅くならずに。

話しは聞いてるよ。
うちにピッタリのイメージってね。

いえいえ、そんな。

~ここから重役さんの思い出ばなしが
ひたすら語られること15分くらい~

まぁ、あれだな。

予想していたよりもしっかりしていて
きみはしっかりしているじゃないか。

(え?何も話してないけど(笑))

まぁ、二人には期待してるから
頑張って会社を盛り上げてくれよ。

(え?なにそれ?俺ら合格なのか??)

あ、そうそう。

来週、内定者と去年入社した先輩たちの
懇親会があるんだよ。

君たちはまだ内定が出ていないけど、
大丈夫だと思うから参加するだろ??

え?あ、はい。

詳しいことは担当の〇〇から
話しがあると思うから聞いといてや。

じゃあ、他に何か聞きたいことある?

いえ、とくにはありません。

じゃあ、面接終了!

そう一言言われ、
ぼくの最終面接は終了したのでした。

(帰りの電車にて)

おい、来週、内定者の懇親会があるってよ。
内定出てないけど来いってさ。

お前も言われた??

うん、言われた言われた。

ってかなにあの面接(笑)

俺、自分のこと何も話さなくて
ずっと重役さんの話を聞いてただけで
“うちに向いてる”って言われて合格になったんだけど。

俺もそんな感じだったよ。
少しは話をしたけど。

マジか、俺ら合格ってことだよな。
あーどうしよう。

前の会社のことかぁ。
いいじゃん、断っちまえば。

そうだよなぁ。
今更こっちの会社断ったら
お前のメンツも潰れるもんなー。

一緒に仲良くやろうや。

だなー。

こうして僕は内定をもらっていた会社に断りを入れ、
パチプロの友人と某業界へと就職する決断をしたのでした。

そして僕の人生の歯車はさらに予想もしない方向へと
加速的に狂っていくのです・・・。
↓↓↓
第8章 パチンコを打ち続けた代償がついに来た、そして夜逃げした友人・・・へ続く

さんパパオリジナル!『本当にあったパチンコ依存症物語』
第1章【パチンコ依存症物語】たかがパチンコに人生を狂わされた高校生の話
第2章 パチンコ依存症になった原因は幼少期の頃の家庭環境だった?
第3章 パチンコ依存症で負け続けていた時の立ち回りは設定1の狙い撃ちだった
第4章 パチンコ依存症によって失われたもの&やめたくれもやめられない恐怖
【番外編】パチンコ依存症チェックリストでパチンコ依存症度を確認してみよう!
第5章 定期代としてもらった1万円をパチンコに・・・その選択が人生を変えた
第6章 パチンコ依存症をついに克服!?負け組からの脱出と訪れた夢の時間
第7章 パチンコ依存症の後遺症?漫画喫茶でカイジを読んでたら就職が決まった話(今ココ)
第8章 パチンコを打ち続けた代償がついに来た、そして夜逃げした友人・・・
第9章 念願のパチプロ生活がついに実現!24時間がなくなるからオール自由!
Pocket

さんパパ
初心者から上級者まで必見!
ブログの要点だけを確認したい方は
▼こちらから一覧ページにジャンプできます^^▼


パチンコ記事まとめ一覧

さんパパ

月収10万を現実化させる10個のプレゼントを無料で配布してます!
続々と”稼げる自分”に成長する人が誕生しています^^
▼詳細は下記の画像をクリックしてください▼

パチンコメルマガ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

パチンコ&スロット依存症患者のさんパパです。高校生で100万負け人生が破滅、大学生になり独学で勝ち方を学び、パチ&スロで2,000万以上勝ち現役引退。引退後は社蓄リーマンとして10年働き、仕事と育児の傍ら経営学を学び不労所得戦略を身につけ月収40万突破、まもなく脱サラ予定です。