定期代としてもらった1万円をパチンコに・・・その選択が人生を変えた

Pocket

パチンコにハマってしまったおかげで
かけがえのないものを失ってしまった
高校~大学時代の自分。

やり直すにもその気力すら失い、
周囲のアドバイスをひたすら無視し続け、

どんどん自暴自棄に孤立していく様を
誰一人として知るものはいませんでした。

せめて彼女(恋人)でもいたら
少しは変わっていたのかもしれませんが、

当時の僕を好きでいてくれる人なんて
世界中探してもいないと思ってましたし、

何より自分自身が恋愛を怖がっていました。

パチンコで勝つまで彼女は作らない、
そう強がってね・・・。

学生だから助かった。借金してたらそれこそ人生終わりだった

パチンコ借金

パチンコで連日負け続けていた頃の僕は
パチンコでお金を稼ぐということ以外に
一切の興味がなくなりました。

パチンコなら1日で10万勝つこともある、
ちまちまバイトなんかしてられない、

根本的な思考がねじれていました。

パチンコで勝てればすべてが上手くいく

ただただ、その思いを背負い、
パチンコで勝つことだけを夢見ていました。

が・・・

現実は悲惨なものでした。

周りの友人はバイトを始め、
サークルに入って新しい友達を見つけ、
大学生活を満喫しています。

“彼女ができた”と連絡をしてくる友人もいました。

僕は自分が理想としていた学生生活を
彼らが満喫している姿を羨ましく思いました。

友人の彼女を見たときに
自分はみじめだなって思いました。

無理やり笑顔を作って話してましたが
内心は早くその場から逃げ出したかったです。

でも、逃げ出しても行く場所がありません。

その頃の僕は定期を解約してしまったので、
学校にすら通えない状態まで陥っていました。

彼女どころか友人と遊ぶお金、いやいや、

明日はどこで時間を潰そうか?
公園ならお金もかからないし人目にもつかないなぁ・・・。

そんなことを毎日考えていました。

定期が無いので学校に通えないのですが、
自宅にいると家族に怪しまれるので
自宅は毎日決まった時間に出ます。

そしてそのままパチンコ屋をふらふらし、
隣のゲーセンや公園で時間を潰し、

適当な時間になったら帰宅する、
という生活を送っていました。

パチンコ依存症末路

このころの僕は間違いなく
人生のどん底だったと思います。

お金はなかったし、
孤独だったし、
夢もなかったし、
すべてが無気力で、
何もかもが嫌でした。

借金こそしなかったものの、
もしお金を借りるという選択肢があれば、
100%借金地獄に転落していた
と断言できます。

パチンコで負けて布団にくるまり、
泣いた日もありました。

負けすぎて死にたくなったことも
数えきれないくらいありました。

パチンコがやめたいと何度も心から思いました。

なんでこんな家庭に生まれてきたんだと
自分の運命を呪ったこともありました。

今考えればただのバカですが、
ギャンブル依存症に陥った僕は
冷静な判断ができなくなっていたのです。

頼れる友人も彼女もいなく、
僕はどんどん孤立していきました。

当たり前ですが、パチンコで負け続けて
得られるものは何一つないです。

金銭面、
精神面、
健康面、
人脈、
価値観、

そのすべてが崩壊していきます。

僕は高校3年から大学1年の中ごろまで
ひたすらスロットとパチンコで負け続け、

お金を失い、
あらゆることへのやる気を失い、
不眠症に悩まされたり猛烈に歯が痛くなったりし、
友人との付き合いができなくなりました。

知り合いなんかいなくてもいい、
俺は一匹狼で生きるんだ。

自分のくだらない小さなプライドだけが
どんどん高くなっていきました。

もう一度言います。

パチンコで負け続けると人生が崩壊します。

サラリーマンであれば会社で働いて給料をもらう目的が
パチンコ代にあてるため、になってしまいます。

そうなると給料日の前にお金が無くなり、
コンビニやパン、カップ麺で食事を済ませ
健康にも悪影響が出る人もいるでしょう。

そしていざ、給料日になると貯め込んできた
ストレスを爆発させるためにパチ屋に行き
一瞬で根こそぎ刈り取られてしまうのです。

そしてまた1ヶ月タダ働きかぁ
精神的に追い込まれていくんですね。

僕はそんな人をたくさん見てきました。

僕もそういう経験をうんざりするほどしてきました。

だからパチンコで負けて
苦しんでいる人の気持ちがよく分かるし

余計なお世話かもしれないですが
助けたいとも思います。

パチンコで勝つと人生が一変する、
ということも知っているから・・・。

母親がくれた1万円が人生を変えた

パチンコ依存症克服のきっかけ

ある日、学校の定期代として
母親からもらった1万円を握りしめ、

1000円だけと決めて
スロットを打ちに行きました。

負けてしまえば定期を買うことができず、
学校に通うことができなくなってしまうので、
ある意味、留年覚悟の大勝負です。

学校に行けなければ単位が取れず、
留年となるので両親にもバレます。

スロットが原因で学校を留年したとなれば、
さすがの両親も怒鳴り散らしてきたと思います。

(退学や学費を自分で支払うことになったかもしれません。)

しかし、当時の僕はそういったことまで頭が回るほど
精神状態が安定していなかったので
何も考えずにパチンコ屋へと向かいました。

もちろんお目当ての台などなかったので、
いつものように適当な台に座るだけです。

で、座った台がコレ。

パチンコ依存症克服 ギンギン丸
©ロデオ

ロデオが出していたギンギン丸という台。

なぜ、この台に座ったのか、
はっきり言って分かりません。

単なる偶然。

それこそふらふらっと宝くじコーナーに行って
何万枚もある宝くじの中から1枚ください
といって購入したようなものです。

そしたらその宝くじが当たってしまった。

それ以外に言葉がないのです。

今までのお約束のパターンは
心に決めた1000円が2000円になり、

2000円が5000円になり、
5000円が1万円になって全部負ける、

ってパターンなのですが、
この日だけは違いました。

なぜかこの台がすぐに大当たりし、
そのまま夜まで出続けたのです。

どのくらい出たかというと、
その日1日でサラリーマンの月収分くらい。

15,000枚越えの出玉を確保したので
金額にして30万円以上のお金を稼ぐことができました。

つい今朝まで、学校に行くお金すらなかった人間が
たった半日で30万円という大金を手にしたのです。

その結果、どうなったと思いますか?

普通なら興奮して
いろんな人に言いまくったり、

今まで我慢してきたものを買いあさって
散財したくなると思うのですが、

このときの僕はまったく別の
依存症ならではの感情を持っていました。

そしてこの感情こそ、
僕が1年に渡り地獄の暮らしを抜け出す
最も重要な気づきだったのです・・・。
↓↓↓
第6章 パチンコ依存症をついに克服!?負け組からの脱出と訪れた夢の時間へ続く

さんパパオリジナル!『本当にあったパチンコ依存症物語』
第1章【パチンコ依存症物語】たかがパチンコに人生を狂わされた高校生の話
第2章 パチンコ依存症になった原因は幼少期の頃の家庭環境だった?
第3章 パチンコ依存症で負け続けていた時の立ち回りは設定1の狙い撃ちだった
第4章 パチンコ依存症によって失われたもの&やめたくれもやめられない恐怖
【番外編】パチンコ依存症チェックリストでパチンコ依存症度を確認してみよう!
第5章 定期代としてもらった1万円をパチンコに・・・その選択が人生を変えた(今ココ)
第6章 パチンコ依存症をついに克服!?負け組からの脱出と訪れた夢の時間
第7章 パチンコ依存症の後遺症?漫画喫茶でカイジを読んでたら就職が決まった話
第8章 パチンコを打ち続けた代償がついに来た、そして夜逃げした友人・・・
第9章 念願のパチプロ生活がついに実現!24時間がなくなるからオール自由!
Pocket

さんパパ
初心者から上級者まで必見!
ブログの要点だけを確認したい方は
▼こちらから一覧ページにジャンプできます^^▼


パチンコ記事まとめ一覧

さんパパ

月収10万を現実化させる10個のプレゼントを無料で配布してます!
続々と”稼げる自分”に成長する人が誕生しています^^
▼詳細は下記の画像をクリックしてください▼

パチンコメルマガ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

パチンコ&スロット依存症患者のさんパパです。高校生で100万負け人生が破滅、大学生になり独学で勝ち方を学び、パチ&スロで2,000万以上勝ち現役引退。引退後は社蓄リーマンとして10年働き、仕事と育児の傍ら経営学を学び不労所得戦略を身につけ月収40万突破、まもなく脱サラ予定です。