ゴールデンウィークのパチンコは出ない??負けない立ち回りは限られる!

パチンコゴールデンウィーク

もうすぐゴールデンウィークですね!

普段は会社の中でストレスを抱えている
サラリーマンもたまには仕事のことを忘れて
パチンコ!!と言いたいところですが。

あっという間に数万負けて、ストレス倍増・・・。

なんて話はよくあることです。

そうならないためにどうするか?

過去の経験をもとにお話ししてみますね。

ゴールデンウィーク中のパチンコは出ないわけではない

まず1つ、パチンコが出ないということを
勘違いしている人がいるので解説すると、

ゴールデンウィーク中のパチンコも
大当たりする確率は変わらない!

ので気を付けてくださいね。

出ない=当たらない

ではなく

出ない=釘が渋い=回らない&出玉少ない

です。

うちの父親なんかはいつも、

連休中はボタンで出さないようにしてんだ!

みたいなことを言っていました。

が、

そんなことはないです(^_^;)

釘の甘い台に座ることが出来れば
通常営業と何も変わらないわけですね。

なぜ、連休中は釘を閉めるのか?

これは簡単です。

普段は仕事でパチンコに行けないサラリーマンが
ホールに足を運んでくれるからです。

日本のパチンコユーザーは減ったといっても
1千万人程度はいます。
(参考:パチンコホールの売上、参加人口、活動回数)

なので、その人たちが同時に休みに入れば当然、
お店に足を運んでくれることは容易に想像できます。

つまり、お店は多少釘を渋くしていても、
勝手にお客さんが来てくれるので、ただ儲け
みたいな
状態になるのです。

だから連休中に限らず土日の釘が、
平日に比べて閉まっているというのは本当の話
です。

パチンコホールも慈善事業ではないですからね。

回収できる時にしておかないと
死活問題に発展してしまうので、
これは仕方ないです。

集客を逆手に取ったお店を探し出す

お店側も、連休中はお客さんが増加するのは
当然と思って厳しい調整で回収しようとします。

ですが、ごく一部のお店は
この集客時期を逆手にとって還元するお店もある

のも事実です。

あまりこの時期に見られることはありませんが、
グランドオープンをしたばかりのお店は
固定客(常連)を付けるのに必死ですから、

この機会をチャンスととらえて、
通常と変わらない調整にしたりします。

そうすると、あの店は連休中でもよく回るんだよ
といった情報が出回り、じゃあ行ってみようか、
となりますよね?

この狙いは連休後もそのお店に
通ってくれることを期待するわけです。

いくつかのお店を周ってみることで、
そのお店の経営方針が見えたりするので、

できれば地域全体のホールは見て
状況の確認はしておきたいところです。

朝一ランプは落ちやすいけど・・・

稼働が上がる分一般客レベルは確実に落ちます。

更に稼働が上がることで閉店間際まで
打っているお客さんも増加します。

それによって朝一ランプは普段より狙い目
なることが考えられます。

お店側の考え方として、
朝一ランプを残しておけば朝一の稼働アップ、
出玉のアピール等のメリットもあるので、
ある程度、意図的に放置する店もあります。
(単に気づかないだけかも知れませんが(笑))

もちろんライバルも増えることは予想されますが、
ライバルがいるということは喰えるということですし、

いなければ狙ってみる価値はあるしで、
一番堅実な立ち回りだとは思います。

いずれにしてもゴールデンウィーク、
お盆、年末年始は放っておいても
お客さんがわんさかやってくるので

普通にお店に行って打っていたら
厳しい勝負になることは明らかです。

こちらの記事に”年末年始の立ち回り”
というタイトルで書いた記事があるので
参考にしてみてください。
↓↓↓
年末年始のパチ屋は回収必至!?負けずに乗り切る4つのテクニック!

記事が役立ったらクリックしてね▼

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

パチンコ&スロット依存症患者のさんパパです。高校生で100万負け人生が破滅、大学生になり独学で勝ち方を学び、パチ&スロで2,000万以上勝ち現役引退。引退後は社蓄リーマンとして10年働き、仕事と育児の傍ら経営学を学び不労所得戦略を身につけ月収40万突破、まもなく脱サラ予定です。